ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

<   2011年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

タイトル画像に末宗美香子作「ベルリンに跳ねる○○?!」

e0038811_2472311.jpg

怒濤の5月が終わりに近づき、ようやくブログを更新する余裕が少し出てきたので、このタイミングでブログのタイトル画像を変えることにしました。実は、昨年秋にHotel Bogotaでの展覧会で何度かご紹介したアーティストの末宗美香子さんが、このブログのタイトル画像用に新作を描いてくださったのです!以下は作家ご本人からのメッセージです。
イメージは「ベルリンに跳ねる○○?!」でしょうか。。。ご想像にお任せします。描き込まれている文字TOTTOは赤い子の名前。あとの言葉はこの子のつぶやきのようなものです(読みにくくあえて描いてます)。(最近は登場人物に名前をつけています)。

艶のある紙に絵の具+カラースプレーやカーボン紙等をつかって描いています。絵画用ではなくエナメル質の光沢のある紙なのですが、普通の水彩紙と全くことなる描き心地で、出てくる形や線の変化にも影響がありました。なかなか面白い素材です。
末宗さんには、「ベルリン」をテーマにした絵の製作をお願いしていたのですが、人物を描きながらもこの町の躍動感が伝わってくる素敵な作品を描いてくださり、私自身大変喜んでいます。末宗さん、本当にありがとうございました!

※末宗美香子さんの作品は、現在もHotel Bogotaにて展示されています。
関連記事:
末宗美香子展のオープニング (2010-12-27)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2011-05-30 11:30 | ベルリン文化生活 | Comments(5)

マスタードの専門店『ゼンフ・ザローン』

e0038811_2222439.jpg
天気の良いある日、クロイツベルクを散歩していたら、通りの半地下にちょっと気になるお店を見付けました。その名も『ゼンフ・ザローン(Senf Salon)』。「ゼンフ」とは、ソーセージなどに付けて食べるお馴染みのマスタードのこと。名前に惹かれて階段を下りていくと、そこには黄色のラベルが貼られたマスタードの瓶がぎっしりと並ん でいました。驚いたのは、一言でマスタードと言ってもその種類が半端ではないことです。はちみつ入り、しょうが入り、なんとバナナ入りまで。何種類か試食させてもらうとどれも美味しく、後日オーナーのシャンバッハさんに改めて話を聞かせていただくことにしました。

e0038811_22183287.jpg
『ゼンフ・ザローン』の創業者、エネルギッシュなシャンバッハ夫妻

シャンバッハ夫妻はブランデンブルク州出身。夫のクリストフさんは作曲家、 夫人のメーリットさんは写真家という芸術家カップルです。10年近く前、彼らに創業のヒントを与えたのは有名な子ども番組だったそう。「ある日、『マウス といっしょ』を見ていたら、マスタードにちょっと風変わりな材料を混ぜるということをやっていました。中にはバナナを混ぜたものまであって、私たちはびっくりしたのですが、出演者は『マスタードには何を混ぜても美味しい』と言っている。2人とも料理好きなので、興味を引かれて自分たちでもいろいろ試してみたら、すっかりはまったというわけです。友人たちにも食べさせてみると評判が良く、『次はどんなものを作って持ってくるのか』と向こうも期待し、そうこうする内に、しょっちゅうバーベキュー に呼ばれるようになりました(笑)」。

2003年10月、折しもドイツ政府が失業者対策として導入したばかりの Ich-AG(自分株式会社)という制度を使って、2人は『ゼンフ・ザローン』を創業します。当初は副業として始めたそうですが、アイデアの面白さと美味しさからメディアの注目を集め、旧東独出身の カップルがIch-AGで成功した例として知られるようになりました。現在、その製品はドイツ中のお店で扱われ、各国の旅行ガイドブックでも紹介されているとか。

e0038811_22185041.jpg
地下鉄メーリングダム駅から徒歩5分、クロイツベルクのハーゲルベルガー通りにある店舗

約35種類あるというマスタードの中から、クリストフさんお勧めのものをいくつか紹介してもらいました。フルーティーで特にチーズとよく合う「洋梨マスタード(Birnensenf)」、ニンニクと辛さが食欲をそそる「メキシコ風マスタード」、バニラアイスやチョコレートにも合うという「オリエント風マスタード」などなど。

「マスタードは3000年以上の歴史がある奥深い調味料で、肉、魚、チーズなど何にでも合います。まずはいろいろ試食してみてください」と語るクリストフさん。ゼンフ・ザローンでは、マスタードだけでなく自家製のジャムも作っており、こちらも美味でした。
ドイツニュースダイジェスト 5月20日)

Senf Salon
Hagelberger Str. 46, 10965 Berlin
営業時間:月~金11:00~18:00、土~15:00
www.senfsalon.de

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2011-05-21 15:29 | ベルリンあれこれ | Comments(5)

発掘の散歩術(10) -世界ベスト10に選ばれた絶景トラム-

e0038811_1741076.jpg
アルト・シュメックヴィッツ駅に停車中の68番トラム

「雑誌『ナショナルジオグラフィック』が選ぶ『世界のトラムベスト10』に、ベルリンの路線がランキング入りしたんです」。最近、ある方からこんな情報を教えてもらった。早速、同社のHPにアクセスしてみたら、トロント、サンフランシスコ、香港、リスボンなど名立たるトラムの都市の路線に混じって、ベルリンの68番が8位に入っているではないか。この路線には数年前に乗ったことがあるのだが、天気の良い日を選んで、改めて乗りに出掛けることにした。

参照:
Top 10 Trolley Rides (National Geographic)

e0038811_17552647.jpg
ケーペニック城と後述するカフェ ムッター・ルスティヒ(右手)

中央駅からSバーンで東に30分ほど行くと、ケーペニック駅に着く。ここが68番トラムの始発点だ。いきなり乗ってもいいし、まずは歩いてみてもいい。駅から延びる長い通りを左に折れ、橋を越えるとケーペニックの旧市街が見えてくる。ケーペニックはシュプレー川とダーメ川が交わる地点に位置し、実はベルリンよりも公式の起源が数10年ほど古い。スラヴ人の漁村、そして城塞都市の名残が随所に残り、シュパンダウと並んでベルリンではほぼ唯一、中世の息吹が感じられる街かもしれない。この魅力的な水都は別の機会に改めて取り上げるとして、市庁舎前からいよいよ68番に乗り込んだ。

平日も休日も1時間に3本走るこの路線、乗車率はなかなか良い。旧市街に別れを告げると、2両編成の電車はダーメ川に沿って走る。この辺りはまだどこか工業地帯のようでもあり、交通量も多く、街中を走っているという感覚から抜けることはない。電車は一旦右に折れ、Sバーンのグリューナウ駅に立ち寄る。松の木の森を駆け抜けて、再びダーメ川が見えてくると、今度は風景が一変していた。隣の道幅はぐっと狭くなり、森と水の風景が同時に展開する。向こう側にはヨットの姿も視界に入り、何とも心が晴れ晴れとしてきた。「グリューナウ水浴場」という名の停留所も過ぎたが、ここは夏になったらさぞ行楽客で賑わうのだろう。

e0038811_17404546.jpg
ダーメ川に沿ってひた走るトラム68番

カロリーネンホーフという小さな集落を過ぎ、再び森の中を抜けると、終点のアルト・シュメックヴィッツ(Alt-Schmöckwitz)に到着した。停留所の裏手にはかわいらしい教会が構え、5分も歩けばダーメ川とゼディンゼーという湖に架かる橋が見えてくる。ここからの眺望がまた素晴らしい。その奥には人工のビーチも見えた。ケーペニックから水辺の村を結ぶ約30分の小さな旅、世界のトラムベスト10に選ばれるだけの魅力的な路線だということは、十分納得できた。

e0038811_1821673.jpg
アルト・シュメックヴィッツ駅からほど近い湖

ところが、68番トラムの将来は決して安泰ではないのである。この路線の歴史は意外に古く、創業は99年前。今まさに大規模な改修工事が急務とされている。だが、ベルリン交通局は利用客が少ないグリューナウからアルト・シュメックヴィッツまでの南側の部分について、工事の甲斐はないとし、数年前から廃止を検討している。この部分こそがもっとも風光明媚なのだが……。一方で、地域住民の廃止反対の声も強く、4月上旬、彼らは7.5キロの「人間の鎖」を作って、抗議の意志を示した。

果たしてどうなるのだろう。創業100周年を迎える来年、この愛すべき路線が乗客を乗せて走り続けていることを願うばかりである。
ドイツニュースダイジェスト 5月6日)


Information
ケーペニック ツーリストインフォメーション
Touristinformation Köpenick


ケーペニックに来たら、旧市街にあるツーリストインフォメーションを最初に訪ねてみてはどうだろう。「ケーペニックの大尉」事件で有名な赤煉瓦の市庁舎の裏手、王宮広場に面しており、各種観光情報を入手できる。旧市街一体は歴史的な街並みもよく保存されており、ベルリン在住者でも観光気分を味わえること間違いなし。

営業:月~金9:00~18:30、
土10:00~16:00(10月~4月は、土は13:00まで)
住所:Alt-Köpenick 31-33, 12555 Berlin
電話番号:(030)655 7550
URL:www.berlin-tourismus-online.de


カフェ ムッター・ルスティヒ 
Café Mutter Lustig


旧市街の南端にあるカフェ。目の前にダーメ川の漁村、右手にはケーペニック城が望める絶好のロケーションにある。天気の良い日にはオープンカフェにもなり、水辺でのんびりとくつろぐ人々の姿が見られるだろう。飲み物のほか、フラムクーヘンやニシンの料理など、しっかりとした食事をすることもできる。

営業:冬期11:00~19:00、夏期11:00~22:00
住所:Müggelheimer Str. 1, 12555 Berlin
電話番号:(030)7439 1357

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2011-05-16 11:13 | ベルリン発掘(東) | Comments(7)

『街歩きのドイツ語』(三修社)のご紹介

e0038811_1813845.jpg

先日お知らせした『街歩きのドイツ語』(三修社)が5月末に無事発売されることとなったので、今日はもう少し詳しくこの本をご紹介したいと思います。

旅行会話集って、何となく旅先に持って行くけれども、結局あまり使わないで終わってしまうことが多いと思うんです。この本のお話をいただいた時、旅先で実際に使ってもらえる本になるよう、思わず口に出してみたくなるフレーズがたくさん載った、そしてドイツ人は実際にこういうことを言っているのか現地で確かめてみたくなるような、そんな本にしたいと思いました。もちろん実用性を重視しての上です。文法の説明はごく最低限に留めてあり、また通して話すのが難しいような長いフレーズもほとんど入れていません。私が初めてドイツに来た時、持参した会話集の最初のページには、「はじめまして」のドイツ語訳として"Ich freue mich, Sie kennenzulernen."と書かれていましたが、不思議なことにこのフレーズをドイツ人の口から発せられるのを一度も聞いたことがありません。もっともらしく聞こえるけれど、実際使われることがほとんどない言い回しは省き、例えばカフェのシーンなど、日常の中で頻繁に耳にするやり取りばかりを厳選して選びました。

といっても、個人旅行でドイツに来た場合、道を聞いたり、カフェやスーパーに入る時以外は、ドイツ人と会話のやり取りをする機会はそうないのが普通です。そのことを考え、単なるフレーズ集でなく、街を歩く時、こういうことを頭に入れておくと便利、もしくは歩くのが一層楽しくなる、という視点から(日本とは違う)ドイツの日常をたくさん紹介しています。例えば、トイレの使い方、番地を見つける時のコツ、街の看板や標識、アパートの建築様式、街で見かける動物、歴史プレート、スーパーでの買い物の仕方といったようなことで、旅行ガイドブックには意外と載っていない情報ばかりです。写真が豊富なちょっとしたドイツのミニ生活カタログ(?)として、いますぐ旅行に行く予定のない方にも楽しんでいただけたらと思っています。

著者は私になっていますが、いろいろな方々が寄せてくださった視点や意見を通して、本書は出来上がりました。出張でたまにドイツに来る友人、ベルリンに住み始めたばかりのカップル、ドイツ人の知人夫婦、他の街に留学している友達など、様々な立場の方から、「こういうフレーズを紹介しては?」とか「地下鉄に乗る場面で、あのことを説明してほしい」といった有益な意見をたくさんいただきました。特に、ベルリン在住2年の妻には多くの場面で助けてもらい、最後の方では連日の徹夜のチェック作業にも付き合ってくれました。10年もドイツに住んでいていると、大体のことが当たり前になってしまい、滞在して間もない人の意見に気付かされることが多かったです。

あと結構重要なポイントとして、この本はアクセントを入れて読むべきほぼ全ての箇所を太字にしてあります。これは結構な労力を必要とし、ボールド入れをしていない会話集もあるので、どうしようかと悩みました。最終的には、ネイティブチェックを引き受けてくださったOさんの、「ドイツ語はイントネーションが違うと、全く通じないことがあるから入れた方がいい」との意見から、彼に全てのフレーズを読んでもらって太字入れをしました。編集者やデザイナーの方にもかなり面倒な作業だったことと思います。この場を借りて、ご協力いただいた全ての方々にお礼を申し上げます。

ご覧のように、デザインも素敵な感じに仕上がりました。ドイツの三色旗のカラー、バウハウスの字体なども取り入れたデザインにもご注目ください。今月末発売の『街歩きのドイツ語』(三修社)、どうぞよろしくお願いいたします(Amazonでの予約はこちらから)。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2011-05-14 13:06 | ベルリンを「読む」 | Comments(12)

記憶の鉄路をたどる(1) - アンハルター駅跡 -

e0038811_2350427.jpg
Anhalter Bahnhof (2008.9)

かつてベルリンで一番格式の高い終着駅だったアンハルター駅。現在は正面のファサード部分をわずかに残すのみであるが、戦前は日本から陸路でベルリンを目指した際の終着駅だったことを思うと、いろいろな感慨が湧いてくる場所である。

関連記事:
駅が止まってる駅 - 天使の降りた場所(18) - (2007-01-30)

e0038811_2351356.jpg
2008年9月初頭、日本から来たお客さんと旧アンハルター駅の裏手を初めて歩いてみた。往年の名残を留めるものが何か残っていないだろうかと期待を持ってのことだった。右手に見えるサーカス小屋のような多目的イベント施設Tempodromを通り、さらに奥へと進んだ(2枚目以降の写真は昨年4月に撮ったもの)。

e0038811_23521463.jpg
やがて、緑あふれる公園が向こうに続いていた。だが、この公園、よく見ると普通の公園とは何かが違う。

e0038811_23512993.jpg
手前と奥の間にある段差は一体何だろうか。

e0038811_23525478.jpg
歩いて行くと、これらがアンハルター駅のホーム跡だということがわかってくる。

e0038811_23523554.jpg
ホームとホームの間の列車が通る部分は、土で埋め込まれ、その間を木の遊歩道がつないでいる。なかなか粋な演出である。後で知ったのだが、2008年6月、ドイツ鉄道の出資によってこの敷地は公園に整備されたとのことだった。

e0038811_23531461.jpg
これなどはホームそのものである。

e0038811_23533783.jpg
レールはさすがに残っていなかったが、昔の駅の遺物かと思われるものも見つけた。

e0038811_23543766.jpg
大ターミナル駅の何本もの線路が、ここでまとまる。

e0038811_23545456.jpg
そして、向こうに見える小さな橋を列車は渡り、アンハルター地方、しいてはヨーロッパ各地へと旅立って行ったのである。奥に地下鉄U1の地上線とドイツ技術博物館が見えるが、その向こうは今どうなっているのだろうか。2008年の夏のある日、ふと思い立って探索に出かけたことがある。

(つづく)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2011-05-08 02:28 | ベルリン発掘(西) | Comments(3)

三修社より『街歩きのドイツ語』を出版します!

今月末、語学書籍などの出版で知られる三修社より『街歩きのドイツ語』という新書サイズの本を出版させていただくことになりました。平たく言えば、ドイツ語の旅行会話集なのですが、ドイツ語の知識ゼロで旅行に来るという方はもちろん、ドイツ語がある程度できる方やドイツに住んだことのある方にも面白く読んでもらえる本にしようと努めました。また、日本と違うドイツの日常もたくさん紹介しています。ベルリンを中心とした街角の写真も私が撮ったものです。すでにAmazonのサイトにて予約できるようになっていますので(こちらより)、興味がおありの方、どうぞよろしくお願いいたします。詳細はまたこのブログで案内させていただくつもりです。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2011-05-06 15:29 | ベルリンを「読む」 | Comments(9)

JAL - SKYWARD 2011年5月「音楽家のベルリン」

e0038811_132988.jpg

寄稿させていただく機会のあった、JALの機内誌「SKYWARD」の2011年5月号が最近発売になりました。今月初めてベルリン・フィルを指揮する佐渡裕さんが旅人の特集「音楽家のベルリン」。取材コーディネートの他、佐渡さんのロングインタビューに登場するキーワードを解説するコラムを執筆させていただきました。福岡耕造さんによるダイナミックな写真と併せて、お楽しみいただけると幸いです。JALの機内で配布されている他、こちらのサイトより購入できるそうです。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2011-05-03 18:28 | ベルリン発掘(全般) | Comments(4)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング