ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

<   2011年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

発掘の散歩術(9) -ドメーネ・ダーレムで体感する農村生活-

e0038811_18535261.jpg
ドメーネ・ダーレムの広大な牧草地

19世紀後半、ドイツ帝国の首都となるまで、ベルリンはヨーロッパの一地方都市に過ぎない規模の町だった。当時の地図を見ると、現在のミッテを囲む城壁の外は、広大な牧草地や畑が広がり、時おり村が点在する程度だったことがわかる。ヴィルマースドルフやツェーレンドルフなど、Dorf(村)が語尾に付く地名にその名残は残っているわけだが、今回はベルリン市内に残る貴重な農村生活をご紹介したい。

地下鉄U3ダーレム・ドルフ駅(Dahlem-Dorf)に降り立つと、わらぶき屋根の何とも味わい深い駅舎が迎えてくれる。都心部に比べて、心なしか空気までもが澄んでいるように感じられるほどだ。そう遠くない昔、ここは確かに村だったのだと思いながら、大通りを渡ってすぐ左側の入り口から「ドメーネ・ダーレム」の中に入った。久々に足を運んだ3月最後の日曜日、偶然にも「春祭り」が開催されており、大勢の家族連れで賑わっていた。

「ドメーネ」とは、「公用地、御料地」を意味する。ここの歴史は800年以上に及び、騎士農場だった時代を経て、1841年からはプロイセンの王立御料地となった。19世紀後半、人口が100万人に到達しつつあったベルリンにおいて、ここで生産される牛乳は、とりわけ重要な供給品だったそうだ。戦後、郊外の宅地化が進み、ほかの農場は次々と閉鎖されたが、市民の努力の甲斐あって、ここだけは農業と食文化をテーマにした広大な野外ミュージアムとして残されたのである。

e0038811_1854818.jpg
現存するベルリン最古の建物の1つ、領主の館

ミュージアムと言っても、この中に入ると、誰もが突然田舎の農場に紛れ込んだような気分になるだろう。まず訪れるべきは、領主の館(Herrenhaus)。何度か増築されているものの、元々は1560年に造られたベルリン最古の住居の1つである。ベルリンの農業や食文化についての企画展のほか(展示は季節によって変わる)、特に楽しかったのは1階の「エマおばさんの店」。1920年代のベルリンでは街のいたるところにあった商店が、実際に使われていた家具や容器と共に再現されている。当時の衣装を着たおばさんが、笑顔で飴などを売ってくれる。

e0038811_193641.jpg
3月末の春祭りから

館の前の中庭には、馬小屋、馬車置き場、鍛冶屋などが当時のまま並んでおり、天気の良い日には屋外でオーガニックの食事も楽しめるようになっている。また、ここで栽培された野菜や果物を買えるお店(Hofladen)もある。

その奥は広大な牧草地だ。道なりに沿ってのんびり歩いていると、時々女性の手に率いられた馬とすれ違ったり、牧草にたたずむ牛や羊の群れ、案山子に出会ったりする。どこか気持ちが和らいでくるのは、普段あまり感じない土の感触と匂い、見渡す限り広がる緑、そこでくつろぐ動物たちの姿、たまに聞こえる「モオー」という鳴き声、これらが五感を通して伝わってくるからだろうか。公園の緑とはまた少し違った自然の恵みに感謝したくなる。

特にこれからは最高の季節。ツォー駅から地下鉄でわずか20分ほどの、大都市の中の田舎をぜひ体感してほしい。
ドイツニュースダイジェスト 4月15日)


Information
ドメーネ・ダーレム
Domäne Dahlem

e0038811_1971981.jpg
エマおばさんの店

月~土の日中は敷地内のHofladenで有機栽培の野菜や新鮮な肉類が販売されているほか、毎週土曜の8時~13時にはエコマーケットが開催されている。4月のイースターエッグ探し、5月のソーセージ選手権、秋のじゃがいも祭りや収穫祭など、家族連れで楽しめる行事も定期的に開催されており、子ども向けのワークショップも盛んだ。

開館(博物館):火曜を除く10:00~18:00。1~2月は閉館。
3月は週末のみ開館。
住所:Königin-Luise-Str. 49, 14195 Berlin
電話番号:(030)6663 000
URL:www.domaene-dahlem.de


ダーレム博物館 
Museen Dahlem


ダーレム・ドルフ駅からベルリン自由大学に向かって徒歩5分、プロイセン文化財団運営による博物館。民族学博物館とアジア美術館から成り、主に非ヨーロッパ系の充実したコレクションを揃えている。江戸時代の町人文化を克明に描いた絵巻物『熈代勝覧』(きだいしょうらん)のオリジナルは、ここに所蔵されている。

営業:火~金10:00~18:00、土日11:00~18:00
住所:Lansstr. 8, 14195 Berlin
電話番号:(030)830 1438
URL:www.smb.museum

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2011-04-28 12:09 | ベルリン発掘(西) | Comments(2)

ベルリンで経験した東日本大震災

e0038811_2015262.jpg
日本大使館に記帳されたメルケル首相のメッセージ

東日本大震災の翌週、日本大使館の前を通ったところ、臨時の献花コーナーが一面花で埋まっていました。私はその時、震災がベルリン在住の日本人のみならず、この街に住むあらゆる人々にもたらした衝撃の大きさを実感しました。同じ週にはヴルフ大統領、そしてメルケル首相が相次いで日本大使館を訪れ、神余隆博大使に日本へのお見舞いと励ましの言葉を伝えたと言います。メルケル首相の記帳の全文をここでご紹介しましょう。
大地震と恐ろしい津波の犠牲者へ黙とうを捧げます。
日本の皆様が力を得られますよう願うとともに、
ドイツ連邦共和国による支援を約束します。
友情を込めて 
アンゲラ・メルケル
一方、震災当初から、センセーションを過度に強調するドイツのメディアの報道姿勢には違和感を覚えることも少なくありませんでした。そのような状況下、ドイツの知人友人から電話やEメールで届けられた、率直な哀悼の意が込められたメッセージは、私の心を落ち着かせてくれました。

日本から遠く離れた場所にいて「何かをしたい」という思いから、在留邦人を中心としたチャリティー活動も活発化しています。

震災から1週間後の19日夜、カイザー・ヴィルヘルム記念教会で急きょ開催された核戦争防止国際医師会議チャリティー・コンサートに足を運んでみました。22:30という遅い時間の公演にもかかわらず、30分前に会場に着いたら、大部分の席が埋まっている状態でした。

e0038811_2011983.jpg
カイザー・ヴィルヘルム記念教会で行われたチャリティー・コンサート

最初にベルリン・ブランデンブルク州の元主教ヴォルフガング・フーバー氏が犠牲者追悼のメッセージを読み上げ、全員で黙とうを捧げました。ドイツでの黙とうはそれまでほとんど経験したことがなかったのですが、人種や国籍を越えて人と人とが連帯することの意義を、私は教会の静寂な時間の中で感じ取りました。その後、ヴァイオリニストのコリヤ・ブラッハー氏によってバッハの《シャコンヌ》、ベルリン・フィル12人のチェリストによるヴェルディの「聖歌四編」から《アヴェ・マリア》などが、厳かに奏でられたのでした。

チェルノブイリ原発事故から25年目にあたる4月26日、IPPNW(核戦争防止国際医師会議)はユニセフを通して、子どものためのチャリティー・コンサートをベルリン・フィルハーモニーで行う予定です。これは以前から企画されていた公演ですが、この度の福島の原発事故を受け、「チェルノブイリと日本の原発事故の犠牲者に捧げる」という文字がポスターに加わりました。日本の一地方都市がチェルノブイリと並んで語られることに、ショックを感じずにはいられません。現在進行形の大災害が少しでも早く収束に向かうことを願うばかりです。
ドイツニュースダイジェスト 4月22日)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2011-04-22 13:06 | ドイツから見た日本 | Comments(2)

春の訪れに日本を想う

e0038811_7305551.jpg
Weißer See (2011-04-11)

長いような短いようなこの1ヶ月だった。ベルリンの街を歩いていても、ここでは3月11日以前と何ら変わりがないように見える。だが、海外在住とはいえ日本人として途方もない災害を経験し、現在も脅威に直面している今、街を歩いていてもふと震災の映像や人々の声が脳裏に浮かんでくることがある。

数日前、福島の原発事故がチェルノブイリと同じレベル7に引き上げられたというニュースがこちらのメディアでも大きく取り上げられた時は、2005年にキエフのチェルノブイリ博物館を訪れた時の記憶が鮮明によみがえってきた。

2階に上がる階段の上に、地名らしき文字を記した看板がたくさん掲げられていた。階段を上がり終えてから振り返った瞬間、それが原発事故で廃墟と化した町や村の名前だと知り、唖然としたのだ。

関連記事:
ウクライナ紀行(7) チェルノブイリは終わらない (2005-10-28)

もちろん、現時点ではチェルノブイリの規模には至っていないが、取り返しのつかない事態が現実として起こっているのもまた確か。そのことがどうしようもなく悲しく、つらい気分にさせる。住み慣れた場所を離れざるを得なかった人々、かけがえのない人を失い、いまだ避難所暮らしの続く被災者の方々の苦しみに至っては、想像すらできない。

かれこれ10年もの間、私が海外で比較的平穏に暮らせてこれたのも、日本が平和で物の豊かな国だという漠然と抱いていた前提があったからこそだと今になって思う。いつでも家族や友人と連絡を取ることができる、実家に帰るといつも真っ先に食べるのを楽しみにしている新鮮な刺身やしらす、厳しくも変化に富んだ地方の愛しい自然・・・。その気になればいつでも帰れる故郷があるという安心感が、海外に住む私たちをどこかで支えてくれていた。今回の大震災で、その何かが揺らいだ。

震災後、チャリティーコンサートにも比較的多く足を運んだが、日本の状況を想うと音楽を聴いてもなかなか以前のようには楽しめない自分がいる(一方で音楽の癒しの力は以前より感じているが)。音楽は、音楽を奏でる人間と聴く人間がいてこそ成り立つ。それ以前に、やはり最低限の衣食住が備わってこそ、芸術を楽しむ気持ちになってくると考えるべきだろう。生活の基本となる水、胸一杯に吸い込める空気にさえ、安心できないとしたら?

ベルリンの音楽家の友人知人らは積極的にチャリティーコンサートを行い、被災地に義援金を送り続けている。もちろん音楽だけに留まらず、ベルリンならでは(?)のクリエイティブな活動が、今至るところで行われている。先週ベルリンで大きなチャリティーコンサートを主催した音楽家の友人は、昨日会った時にこんなことを言っていた。「限られた時間の中での準備は本当に大変で、ここまでしてやる意義はあるのかと最初は自問していた。でも、ドイツの同僚たちがいかに日本のことを想い、心配してくれているかを肌で感じ、それが大きな力になった。今回だけで終わらせてはいけないんだと思った」。

ベルリンでも春の気配が感じられるようになってきた。が、ふと思う。私たちはもう3月11日以前に戻れないのだと。だが、それでも前を向いて生きていかなければと思う。もう少ししたらブログもまた以前のように更新していきたい。想像を絶する災害を前にしてしまったからこそ、私は先人たちが遺してきた文化や歴史の歩みを今まで以上に大切にして綴っていきたいと思っている。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2011-04-15 00:55 | ドイツから見た日本 | Comments(8)

指揮者・山田和樹さんのドイツ・デビュー

e0038811_20335046.jpg
ベルリン放送交響楽団とのリハーサルで指示を飛ばす山田和樹さん ©Marco Borggreve

2月11日、ある日本人音楽家がベルリンでデビューを飾りました。指揮者の山田和樹さん(32歳)。2009年にブザンソン国際指揮者コンクールに優勝したことで躍進し、昨年はサイトウ・キネン・オーケストラやパリ管弦楽団などの著名なオーケストラを指揮して大きな成功を収めた、今最も注目を集めている若手指揮者の1人です。すでに欧州でも本格的に活動している山田さんですが、ドイツで指揮をするのは今回が初めてとのこと。その記念すべきデビュー公演に立ち会うことができました。

当夜の会場は東駅から徒歩5分の複合文化施設、ラディアルシステムV。テレビの司会などでも有名なカバレティストのヘルベルト・フォイヤーシュタインさんが進行役となってベルリン放送交響楽団が演奏する、ユニークな趣向のコンサートでした。

冒頭、まだどこか初々しさの残る山田さんがオッフェンバックの《青ひげ》序曲を颯爽と指揮すると、いきなりブラボーの声が飛び、会場は期待感に包まれます。フォイアーシュタインさんが、オペラにおける愛の形を政治風刺も交えながら語り、お客さんから笑いを誘ったかと思うと、山田さんはビゼーの《カルメン》や、R.シュトラウスの《バラの騎士》組曲、ショスタコーヴィチの《ムツェンスク郡のマクベス夫人》組曲を振って、日頃オペラを演奏することはほとんどないこのオーケストラから、きらきらした色合いとドラマチックな響きを引き出していました。後半は有名な《モルダウ》を含むスメタナの交響詩《わが祖国》から3曲ほかを指揮し、山田さんのことを知らないおそらくほとんどの聴衆の心にも、鮮やかな印象が残るコンサートだったと思います。

その数日後、数年前から山田さんが拠点とするベルリンのご自宅でお話を伺いました。目まぐるしく動いた昨年、そしてクラシック音楽の今後にも話題が移ります。「つい最近、ナントのラ・フォル・ジュルネ音楽祭に出演する機会があったのですが、お客さんはいっぱいだし、すごい熱狂ぶりでした。でも、この中で日頃からコンサートに足を運ぶ人はどのぐらいいるのだろうかとも感じました。いかにしてファンやリピーターを増やすことができるか。それは自分のオリジナリティーをどこまで深められるかに掛かっていると思います」。

今年から来年にかけて、山田さんは首席客演指揮者への就任が決まったスイス・ロマンド管弦楽団のほか、パリ管弦楽団、ドレスデン・フィル、プラハ交響楽団、バーミンガム市交響楽団など、欧州の名門オーケストラへの客演が決まっています。今後の夢について聞いてみたところ、こんな答えが返ってきました。「オペラをやりたいですね。そして、いつかベルリン・フィルやウィーン・フィルを振ってみたい。できれば60、70歳になっても継続的に指揮できるような存在でいたいです」。

やさしい語り口調の中にも音楽への飽くなき情熱が垣間見える山田さん。今後の活躍に目が離せません。
ドイツニュースダイジェスト 3月18日)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2011-04-02 13:37 | ベルリン音楽日記 | Comments(4)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング