ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

<   2010年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

テレージエンシュタット訪問記(1)

e0038811_1252645.jpg
5月のプラハ旅行の最終日、以前から一度訪ねてみたいと思っていた場所に、行ってみることにした。ドイツ名はテレージエンシュタット、チェコ名はテレジンというこの街が、プラハから約60キロの距離にあるというのは少々以外だった。夕方のベルリン行きの列車に間に合うよう戻って来なければならないが、何とかなるだろうと思い、テレジン行きのバスが出る街の北側のHolešoviceのバスターミナルに地下鉄で行ってみた。が、そこはだだっ広い乗り場があるだけで、人も少なく、とてもバスターミナルという雰囲気ではなかった。停留所を1つ1つ回りながらTerezinの文字が書かれた路線の乗り場を探し、何とかたどり着く。バスに乗り込む際、運転手に「このバスでいいのか?」と確認したら、後ろのおじさんが親切に答えてくれた。彼の後ろに席を陣取ると、車中英語でいろいろ話をしてくれた。あれはチェコの有名な伝説の舞台になった山だ、とか、あの古い列車は近郊の小さな街の間を40年ぐらいひたすら行ったり来たりしているんだ、という話だったが(冒頭のかわいらしい気動車)、さすがに半年経つと記憶は薄れてきている。新緑の美しい季節、1時間ぐらいののんびりとしたバスの車中だった。

(テレジンはプラハの郊外だが、結構広い上にバスの便は決してよいわけではないので、午前中のうちに出かけるべきだろう。少なくとも午前中は1時間に1本はバスが出ている)

e0038811_1265954.jpg
持参してきたドイツ語版のlonely planetのガイドに、テレジンのことは比較的詳しく紹介されていた。ただ、「要塞として建設され、その後ナチスの強制収容所になり、いまはまた普通に人が住んでいる」と言われても、一体どういう場所なのか、ひまひとつ想像がつかなかった。見どころは大きく2箇所あるというので、まず手前のTrezin Blovetaで降りて「小要塞」に行ってみることにした。少し戻るようにバスの道を歩いて行くと、そこから左に延びる大きな並木道が見えてきた。隣は国立墓地になっていて、無数の墓石が並んでいた。

e0038811_1271427.jpg
ここが「テレジン小要塞」の入り口。テレージエンシュタットは、ハプスブルク帝国時代の18世紀末、ヨーゼフ2世によってエルベ川とオフジェ川が合流する地点に要塞都市として作られた。女帝マリア・テレジアの栄誉を称えるためにこの名前になったのは、有名な話だ。とにかく、ここが昔要塞だったというのは、この前に立てば一目瞭然だ。入場料を払って中に入る。地図付きの日本語のパンフレットが用意されていたのにはびっくりしたし、とてもありがたかった。

e0038811_1272655.jpg
入り口から左手に歩いて行くと、やがてアウシュヴィッツでもベルリン郊外のザクセンハウゼンでも目にした、あのおなじみの標語を掲げた門が見えてきた。すなわち、「労働は人を自由にする」。

(つづく)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-11-28 18:50 | 欧州を感じる旅 | Comments(4)

NHK「テレビでドイツ語」12月号

e0038811_2391583.jpg
NHK「テレビでドイツ語」12月号のテキストが発売になりました。ジャンダルメンマルクトのクリスマスマーケットが今月の表紙。今年ももうそんな季節なのですね。

私の連載「映画で歩くベルリン」も残り4回となりました。今回は名作『善き人のためのソナタ』を取り上げています。久々にこの映画を見直して感動を新たにし、新鮮な気分で舞台の場所を訪れました。中でも強烈な体験として胸に刻まれたのが、ホーエンシェーンハウゼンにあるシュタージ刑務所跡を訪れたことでしょうか。詳しくはテキストをお読みいただけたらと思います。

最新号のトピック(NHK出版のHPより)
今月も、ベルリンの穴場スポットを紹介。旧東ドイツの集合住宅を改修したホテルやペンション、のみの市に、ベルリンスタイルのカフェを訪ねます。ドイツ語のフレーズは「自己紹介」「haben を使う言い方」「値段の聞き方」を覚えましょう。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-11-19 18:51 | ドイツ語関連 | Comments(3)

徳島大学のベルリン講義

e0038811_839014.jpg
徳島大学総合科学部にて

今年の春、「『素顔のベルリン』が大学の教科書に」でご紹介した徳島大学総合科学部の「記憶の都市/都市の記憶 ベルリン」という授業が10月から始まったそうです。講義を担当する弘田陽介助教によると、100人近くの学生が集まったそうで、初回講義後の学生の感想など、その様子は折に触れて伝えてくださっていました。

e0038811_8511578.jpg
「記憶の都市/都市の記憶 ベルリン」の授業風景(写真は弘田さん提供による)

昨日、18時までの講義が終わった後、弘田先生の研究室に集まった学生たちとベルリンの私の自宅とをスカイプでつないで、お話しする場が設けられました。画質はあまりよくなかったですが、何とか学生さんの顔は識別できるレベル。当初は3、4人ぐらいと聞いていたのが、予想を大きく越える(?)11人の方が集まってくれました(ありがとうございます^^)。時間割を組む関係上、理系の学生の割合が高いそうで、教養課程の授業ゆえ、ほとんどの皆さんがまだ20歳にも満たないという若者。ドイツが再統一した時にまだ生まれていなかった若い人たちと、こういうご縁でお話するのはちょっと不思議な気分でした。

「今の気候は?」「ドイツの人はどういうものを食べて生活しているのか?」といった素朴な疑問から、「なぜベルリンに惹かれたのか?」「最初大変だったことは?」など、私自身のことまで、皆さん素直に自分の疑問や意見を投げかけてくれました。「ドイツを旅行してみたい」「一度海外に住んでみたい」という学生さんも数人。自分なりにあれこれお答えし、最後に(ベルリンとは直接関係がないけれど)昨日読み終えたばかりでまだ興奮が収まらない『オリガ・モリソヴナの反語法』(米原万里著)をご紹介しました。お開きになる頃には、1時間半ぐらいが経っていたでしょうか。

スカイプを使って日本の大学とつなぐというのは私自身初めてのことでしたが、とても面白くまた意義深い経験でした。ヨーロッパと日本とを映像付きで同時中継し、それを学びの場に活用するという、一昔前ならそれこそテレビ局でも雇わなければできないようなことが、こうしていとも簡単に(しかもほぼ無料で)実現できてしまうのですから、ネット社会のすごさとありがたさを実感します。これを生かさない手はありません。授業の期間中、こういう機会はまた作ってくださるそうなので、楽しみにしています。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-11-17 01:36 | ベルリンを「読む」 | Comments(5)

ホテル・ボゴタの末宗美香子さん

e0038811_2205490.jpg
今年初頭にご紹介する機会のあったホテル・ボゴタには、Lichthofと呼ばれる吹き抜けのホールがあります。しばらく前から、写真家の橋口譲二さんとホテルのオーナーのリスマンさんのアイデアで、このリヒトホーフに日本人アーティストの作品が定期的に展示されています。

関連記事:
橋口譲二さんが案内するホテル・ボゴタ (2010-1-27)

e0038811_221219.jpg
ちょうど今、画家の末宗美香子さんが、11月30日のオープニングに向けて作品を製作中というので、その様子を見に行ってきました。末宗さんは神奈川県在住の作家で、約2ヶ月間プレンツラウアー・ベルクに住みながら、ほぼ毎日ホテル・ボゴタに通って絵を描いている日々だそうです。

e0038811_2214234.jpg
末宗さんが描く絵はやさしい色合いの水彩画。基本的に人物をモチーフにしているのですが、近くに寄ってよく見てみると人間のようであり、どこか動物のようだったり。初めて見るのに、一方でどこか懐かしさも覚えます。彼女の絵は、子供が描く絵から影響を受けているそうですが、そのことにつながる気がします。タイトルがまたユニーク。アルファベットで書いてあるので一見英語かと思うのですが、例えば手前の絵は"MORI WO KAKENUKE TADORITSUKU"、その奥の絵は"SHUPPATSU NO JUMBI WA MOUSUDENI DEKITAKAI?"という題名が付いていて、そこからまた想像力が喚起されます。

e0038811_2221311.jpg
こちらの絵のタイトルは、"NAKISUGITA WATASHI WA MOU WARAUSHIKA NAINODESU"。

e0038811_2224770.jpg
最終的には全部で15作品ぐらいになる予定で、この吹き抜けに吊らされる予定だそう。これらのユニークな作品たちを、ホテルのいろいろな階から眺めるのはとても楽しいだろうと思います。末宗さんの展覧会のオープニングは、11月30日の18時半からホテル・ボゴタで開催されます。お時間がありましたら、ぜひ足をお運びください。

Hotel Bogota Berlin
Schlüterstr. 45
D-10707 Berlin
Tel. +49(0)30-881 50 01
Fax +49(0)30-883 58 87

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-11-15 15:46 | ベルリン文化生活 | Comments(6)

ベルリン300年の知の歩み

e0038811_7103149.jpg
リヒトホーフに置かれている、書庫を模した巨大インスタレーション
Regalinstallation im Lichthof Foto: © Roman März


2010年、ベルリンは「学術年」(Wissenschaftsjahr)を祝っています。というのも、今年から来年にかけて、ベルリンの歴史ある学術機関が軒並み記念の年を迎えるからです。例えば、国立図書館の創設350周年、欧州最大の大学病院「シャリテ」は300周年、フンボルト大学と自然史博物館が200周年、マックス・プランク協会とベルリン植物園が100周年といった具合です。現在、ベルリンは200以上の研究機関、約20万人もの学生や研究者を抱えていると言いますから、この記念年の副題通り「知の首都」と呼ぶことができるでしょう。

e0038811_7145782.jpg
少し前までポツダム広場に設置されていた「ベルリン学術年」のインフォボックス。ドイツ語で「学問」を意味する“Wissenschaft”の頭文字Wがシンボルマーク

先日、この学術年のハイライトを飾る展覧会、マルティン・グロピウス・バウで開催中の「WeltWissen(世界を知る)」に足を運んできました。

まず、吹き抜けホールの書庫を模した巨大なインスタレーションに目を奪われます。それぞれの棚にはベルリン生まれの展示品が置かれ、解説付きの望遠鏡で覗き込むという仕組みです。そこからは、1710年から現在に至るまでのベルリンにおける学術の歩みを年代別に展示した部屋が続きます。例えば、200年以上も昔のものとは思えない生々しい動物のホルマリン漬け、哲学者ヘーゲルがフンボルト大学での講義のためにしたためた原稿、物理学者ヴェルナー・フォン・ジーメンスが制作した炭素アーク灯など、多くがその実物と共に展示されているので、誰でも楽しめると思います(説明はすべて独英表記)。

e0038811_7194714.jpg
私が特に感動したのは、最後の部屋に置かれていたベートーヴェンの第9交響曲の2冊の直筆の総譜。なぜ2冊あるのかというと、第2次世界大戦の末期、もともと何巻かに分かれていた直筆譜が東西に散らばってしまい、1997年に全巻が再びベルリン国立図書館に収蔵されるまで、56年もの歳月を待たなければならなかったためです。まさに、「ベルリンの壁」崩壊以降の展示室に置かれるにふさわしい至宝でした。

これで終わりかと思いきや、「知への道」と題したもう半分の展示が残っていました。こちらはテーマ別に部屋が分けられ、展示の仕方にもさらに工夫が凝らされていて面白かったです。例えば、「計算」という部屋ではコンラート・ツーゼによる世界最初のコンピューターが、「旅」という部屋では探検家アレクサンダー・フォン・フンボルトの世界旅行の軌跡が示されます。また、アインシュタイン、哲学者ライプニッツやベンヤミン、建築家のシャロウンらが独自の理論や建築を生み出す元となった草稿やスケッチを展示する部屋もあり、天才たちの思考と想像の現場に居合わせたかのようで、いくら眺めていても飽きることがありませんでした。同展は来年1月9日まで開催されています。www.weltwissen-berlin.de
ドイツニュースダイジェスト 11月12日)


追記:
初めて生で見たベートーヴェンの第9のスコア。1つは1楽章(?)、もう1つは4楽章のコーダのページがめくられており、音楽が目の前に立ち上がってくるかのようで、気持ちが高ぶりました。意外に周りのドイツ人は淡々としていて、ゆっくり眺めることができたのもよかったです。その隣の部屋の、ライプニッツやヴァルター・ベンヤミンの過剰なまでに細かい字でぎっしり書かれた思考の軌跡、アインシュタインの相対性理論の草稿や、シャロウンによるフィルハーモニーのスケッチなど、ここだけでも訪れる価値はあると思いました。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-11-11 23:46 | ベルリン文化生活 | Comments(4)

11月9日、ファザーネン通りのユダヤ人協会にて

e0038811_21312720.jpg
Jüdische Gemeinde Berlin (2010.11.9)

昨日11月9日は「ベルリンの壁」が崩壊して21年、そして反ユダヤ主義の暴動「水晶の夜」(Kristallnacht)が起こってから72年という記念の日でした。その前日、両方の出来事に関する追悼式典の告知が新聞に載っていたので、私はその両方に行ってみました。

クーダムから一歩入ったファザーネン通りにあるユダヤ人協会(Jüdische Gemeinde)の中に入るのは初めてでした。その前を通ることは何度もあっても、常にものものしい警備が張られていて、何か特別な理由がないと入りにくい雰囲気があったのです。昨日18時の追悼式が始まる少し前に会場に着いたら、大勢の人が集まっていたので、今回は特に気後れすることなく門を抜けました(とはいえ、中に入ってすぐに、やはり厳しいセキュリティーチェックが待っていましたが)。入り口の小ホールでは、ガラスケースの中にハヌッキーヤーと呼ばれる燭台などが飾られ、そばにモーゼス・メンデルスゾーンの胸像も置かれていました。その奥は図書館。さらに上の階に行くと、右手にレストラン、左手に進むと大きなホールがあります。

e0038811_2131439.jpg
当然ながら会場には、ユダヤ人が多く集まっていました。キッパと呼ばれる帽子をかぶり、長いひげをたくわえ、いかにもという風貌の人から、「おそらくユダヤ人だろう」と思われる人までさまざま。ドイツ人も多くいましたが、東洋人は他に見当たりません。何というか、自分がまだまだ知らない、もう1つのベルリンの中にいるような気分でした。ナチスが政権を握る前まで、一見してユダヤ教徒とわかる人は、ごくごく頻繁にベルリンの街角で目にしていたはずです。しかし、あのおぞましいホロコーストを経て、ベルリンのユダヤ人の数は激減し、このような特定の場所に行かないとユダヤの人々をまとめて目にする機会はほとんどなくなってしまったのかと・・・。

ヴォーヴェライト市長やユダヤ人協会の代表者らの追悼の挨拶の後、ライプチヒ・ゲヴァントハウスの児童合唱団がナチスの犠牲になったユダヤ人作曲家の曲を何曲か歌いました。悲しみに満ちた音楽だけでなく、希望を感じさせる明るい音楽もあっただけに、余計心に沁みました。最後に演奏されたハンス・クラーザのWiegenliedは、テレジエンシュタットの強制収容所で作曲された子どもオペラの終曲で、上演の後、多くの子供が殺された悲しい歴史を持つ音楽です。

e0038811_3394970.jpg
1時間余りの会が終わって、外に出ると、火が焚かれた前で、ユダヤ人のラビ(?)が、ホロコーストで犠牲になった人々を追悼する朗詠をしていました(冒頭の写真)。もの悲しい、独特の抑揚を持つメロディーが、時々隣のSバーンの音にかき消されながらも、夜空に響き渡りました。1938年11月9日から10日にかけての「水晶の夜」では、かつてこの場所にあったシナゴーグも放火されています。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-11-10 15:16 | ベルリンのいま | Comments(0)

発掘の散歩術(4) - 出発進行!子ども鉄道 -

e0038811_7285011.jpg
ベルリンの中心部から東のエルクナー(Erkner)行きのSバーンに揺られること約30分、ヴュールハイデ駅で降りると、跨線橋を隔てた向こうにもう1つ小さなホームが見えた。

「ヴュールハイデ公園鉄道」と書かれたホームに立って待っていると、やがてうなるようなディーゼル音に導かれて一編成の車両が入線してきた。赤、青、紫のカラフルな客車。線路の幅は隣のSバーンの半分に満たない、わずか600ミリほど。おとぎの国に連れて行ってくれそうなかわいらしい車体だが、小さいのは列車だけではなかった。駅員も車掌も、ほとんどが皆あどけない顔立ちをした10代の子どもたちなのである。

e0038811_7572093.jpg
ゴトンと音を立てて木造の客車が動き出すと、列車は森の中に入っていく。大きな音を立てて走る割に、時速は15キロほどののんびりしたものだ。車内販売の少年がコーヒーやお菓子を載せたカートを引いてやって来たかと思うと、隣の席では小学6年生ぐらいの車掌さんが、必死に業務メモを取っている。列車が駅に着く度に、慌ててホームに出て行っては乗降確認も怠らない。その様子を眺めていると、なんとも微笑ましい気分になった。

ヴュールハイデ公園鉄道は、広大な公園内を走る全長7.5キロの狭軌鉄道。何と言ってもその存在をユニークなものにしているのは、ほとんどの業務が11歳から18歳までの青少年によって運営されていることだろう。「子どもの頃から勉強と実務を同時に学べるように」という子ども鉄道の考えはソ連で生まれ、1930年代にはすでにいくつもの大都市で運行が営まれていたという。戦後、この理念は同盟国である東ドイツの少年少女組織「ピオニーア団」にも受け継がれ、ベルリンを始め東独全土で12のピオニーア鉄道が走っていた。東西統一後、廃止された鉄道もあったが、ベルリンの場合は存続を求める声が強く、公園鉄道と名前を変えて今に至るまで走り続けている。

e0038811_715994.jpg
公園鉄道の「中央駅」で出会ったかわいらしい鉄道員たち

現在ここに「勤務」しているのは、約160人の一般の青少年たち。年齢によって役割分担と受講コースが決まっている。「中央駅」で降りて、彼らの仕事ぶりを観察してみた。ホームの先端に電話台があり、列車の到着が近付くと監視役の12歳ぐらいの男の子が連絡を受ける。それを隣で伝え聞いていた、やはり同年代の女の子がハンドルをぐるぐる回して踏切の遮断機を降ろす。若い声の車内アナウンスが流れ、列車が入線。さすがに経験が必要とされる駅長や運転手といった業務は、いくつもの過程を経た最高年齢の18歳の青年が担っていた。どのコースもかつてここで勤務経験がある大人たちから教えを受けるという。印象に残ったのは、誰もが嬉々としていて、それぞれの役割に責任を持って取り組んでいるように見えたことだ。将来、鉄道員になるとは限らないのに、こんな経験を積める彼らが、ちょっぴりうらやましかった。

ヴュールハイデ公園は想像以上に広く、モデルパークやFEZ(Information参照)まで含めると、丸1日は楽しめる。列車が再び走り始める春になったら、小さな鉄道員たちに会いに出掛けてみてはどうだろう。
ドイツニュースダイジェスト 11月5日)


Information
ヴュールハイデ公園鉄道
Parkeisenbahn Wuhlheide

e0038811_7595222.jpg
停車中の蒸気機関車。公園鉄道は3台の蒸気機関車と4台のディーゼル機関車を保有

運賃は往復4ユーロ(子ども2.50ユーロ)。Eichgestell駅から徒歩5分にあるFreizeit- und Erholungszentrum (FEZ)-Berlinは、かつてのピオニーア団の施設を改造した、子ども、若者、家族のためのレジャー施設としては欧州最大規模。野外劇場やプール、レストランなどを備え、様々なイベントが定期的に開催される。

営業: 毎年3月末~10月末までの週末。ニコラウスの日の前の週末(12月4・5日)にはクリスマス・スペシャル運行も。
住所: An der Wuhlheide 189, 12459 Berlin
TEL:(030)53 89 26 60
www.parkeisenbahn.de


モデルパーク ベルリン・ブランデンブルク
Modellpark Berlin-Brandenburg

e0038811_8153727.jpg
2007年にオープンした、ヴュールハイデ公園内にある「ベルリン唯一のミニチュア公園」。戦勝記念塔からライヒスターク、ラインスベルク城に至るまで、ベルリン・ブランデンブルク地方を代表する約60の建築物を模型で再現。どれも思わず見入ってしまうほど精巧に作られており、楽しい仕掛けも施されている。

開園:4月5日~10月31日の毎日9:00~19:00
入場料:4ユーロ(子ども2ユーロ)
住所:Eichgestell 4, 12459 Berlin
TEL:(030)473 784 20
www.modellparkberlin.de

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-11-05 23:57 | ベルリン発掘(東) | Comments(10)

街角スナップ - ロンドンのタクシー -

e0038811_19372618.jpg
9月末に週末を利用してロンドンに行って来ました。その気になればベルリンからすぐ行けるロンドンですが、学生時代、飛行機のトランジットを利用して数時間街を歩いたのを別にすれば、初めてでした。今回はロンドンに赴任している妻の会社時代の先輩を訪ねるのが目的だったのですが、何かそのような目的でもないと、私にとっては近くて遠い感のある都市でした。

ロンドンの街を歩いていて、一際目に付いたのはやはりダブルデッカーのバスとタクシーです。特にタクシーは黒塗りのクラシックな車体に加え、運転手に最初に行き先を伝えること(場所によっては断られることもあるとか)、運転席と乗車席の間はガラス戸で厳密に区切られている、といったルールが、私には新鮮でした。ロンドンのタクシー運転手は、街の全ての地理事情に通じていなければならず、厳しい試験を通った彼らは世界一優秀との評判の高いのだとか。そんなこともあり、街角で、窓越しからタクシー運転手に声を掛ける人々の姿は、ロンドンというと私が真っ先に思い浮かぶ光景になりました。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-11-04 12:23 | 欧州を感じる旅 | Comments(5)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング