ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

お気に入りブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

<   2010年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ブランデンブルク門へ歓喜のゴール

e0038811_6142416.jpg
お蔭さまで、昨日の17時頃、弟は無事ブランデンブルク門をくぐり、約2ヶ月に及ぶ大旅行の幕を閉じることができました。その時の顛末は彼がこちらで書いている通りですが、母がゴールに待ち構えているというサプライズには本当にびっくりしていました。母から私のところに「ベルリンに行こうかしら」というメールが突然入ったのは3週間ぐらい前だったでしょうか。昔から一度決めたらさっと自分で行動するタイプなので、最初聞いた時それほどの驚きはなかったとはいえ、何も知らされていなかった弟は、「まさか・・・」という表情でしばらく立ち止まっていました。その他にも、友達やTwitterを見て来てくださったという方もいて、思い出に残る時間となりました。

e0038811_6144144.jpg
カメラマンの峯岸進治さんに撮っていただいた1枚。日曜日のドイツ統一20周年祭の準備を控え、あちこちで封鎖が始まっているブランデンブルク門前でした。取り急ぎのご報告ですが、この場をお借りして、彼の旅を支援してくださった全ての方々にお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-09-30 23:51 | 欧州を感じる旅 | Comments(2)

弟の自転車旅、明日完結!

たびたびこの話題で失礼します。8月初頭から西ヨーロッパを自転車をメインに旅を続けて来た私の弟(ブログはこちら)が、明日の午後、ゴールのベルリン・ブランデンブルク門に到着する予定です。2ヶ月のうちに(観光もしながら)西ヨーロッパ全域を自転車だけで回るというのは、ほとんど不可能に近いので、途中電車も使いつつ自転車で走った1800キロという距離は、本人としては納得していない面もあるようですが、計画段階からここまで1人でやってきたことの大きさを考えると、ベルリンではあたたかく迎えてやりたいと思っています。

もしお時間があるという方、明日(29日)の16時半頃、ぜひご一緒に弟のゴールを迎えていただけると嬉しいです。ブランデンブルク門のパリ広場側でお待ちしています。どうぞよろしくお願いいたします。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-09-29 01:50 | その他 | Comments(6)

雑誌『グリーン・モビリティ』バルセロナ特集

e0038811_8292724.jpg
ご紹介が遅くなりましたが、7月のバルセロナ取材が形になりました。自転車とエコライフをテーマにした『グリーン・モビリティ』というフリーペーパーのバルセロナ特集を、トラベルジャーナリストの柏原文さん(http://berlincafe.info)と共同で担当させていただきました。

今回はスペインの中でも独自の文化が育まれているこの街の、「人と自転車の風景」を多方面からレポートしました。私にとってはほぼ初めての海外取材でしたが、この夏で一番楽しかった仕事と言えるかもしれません。先日手元に届いた雑誌の写真を眺めながら、いろいろな記憶がよみがえってきました。大変なこともあるけれど、こうして1回1回の取材が「作品」として残るのはこの仕事の醍醐味かなとも思いました。

フリーペーパーといってもなかなか中身の濃い雑誌です。全国の主要自転車屋さんの他、東急ハンズ、ビックカメラ、三省堂書店、紀伊国屋書店などにも置いてあるので、お立ち寄りの際は手に取っていただけるとうれしいです(配布先の詳細はこちらより)。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-09-26 23:57 | その他 | Comments(0)

NHK「テレビでドイツ語」10月号

e0038811_429591.jpg
NHK「テレビでドイツ語」10月号のテキストが発売になりました。ベルリンの新シリーズは9月号で終了となりますが(10月からは昨年度前半の再放送ですが、こちらもベルリンが舞台)、私の連載「映画で歩くベルリン」はもうあと半年続きますので、今後もお付き合いいただけると幸いです。10月号では壁を舞台にした映画『トンネル』を取り上げています。

(ちなみに、ブログで書きそびっていたこの3ヶ月間のラインナップは、
7月号 『オリンピア』
8月号 『ヒトラー〜最後の12日間〜』
9月号 『ワン・ツー・スリー』
です)

表紙の写真は、真っ青な空を背景にしたアレクサンダー広場の世界時計。最近の写真だろうと思ってよく見たら、背後のデパート「カウフホフ」が改装前(つまり東ドイツ時代)の姿ではないですか。少なくとも6年以上前に撮られた写真のようです。

●10~3月(NHK出版のHPより)
今、ドイツで最も刺激的な街と言われる首都ベルリン。「ベルリンの壁」の跡、旧東ドイツの建物、カフェ、トルコ式浴場……。激動の歴史から生まれた多彩な文化をバーチャル体験しながら、旅行などで使える基本表現を身につけましょう!テキストでは中級者用のコーナーも設けています。
講師 矢羽々 崇
(2009年4月~9月の再放送)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-09-23 21:40 | ドイツ語関連 | Comments(8)

兄弟座談会 - ベルリン-パドヴァをつないで -

8月初頭から自転車で西ヨーロッパを旅している私の弟と(ブログはこちらより)、昨夜スカイプを通じて座談会のようなことをしました。内輪の内容も混じっていますが、以下にまとめてみたので、興味のある方はご覧いただけたらと思います。


M: こんばんは、今日はどこに滞在しているのかな。

Y: 今はパドヴァという、イタリア北部の街にいます。ヴェネチアから自転車でやってきました。

M: 早いもので、8月頭にフランクフルトからスタートして、もうゴールまで約2週間だね。ここまでの道のりを振り返ってみて、今感じることは?

Y: やっぱり、毎日のように日本はいい国だなぁって思うかな。トイレはきれいだし、スリもいないし、シャワーは快適だし、水はタダだし・・・日本を離れてみて、改めて日本の良さに気付いた気がするよ。帰ったら、日常のものに感謝しなきゃいけないね。

M: なるほど、時々日本に帰る度に僕もそう思う。でもそれだけだったら、海外に出たがらない今の若い人は「やっぱり日本の方がいいや」で終わってしまう(笑)。あえて、こういう旅をしたからこそ得られた体験も聞いてみたいな。日本の日常生活ではなかなか感じない充実感というのもあるんでしょう?海外1人旅の魅力は?

Y: なんか、日本から遠く離れた場所で、言葉もわからない、どうやっていいかもわからない。いろいろと不安があるんだけど、結局どこの国の人でも、人間であることには変わらなくて、困ったことがあれば助けてくれるし、言葉が通じなくても、食べて、寝て、働いて、と同じように生きているから、何を求めているのかわかってくれる。だから言葉は通じないけど、あまり不自由はしなかった。毎日そういう経験を重ねるごとに、人間として強くなっていく気がするよ。「できない」と思っていたことが、やってみればできるものだし、そういう挑戦する機会って、不自由のない今の日本では味わいにくい。そんな生活に慣れ切ってしまうと、人として弱くなってしまう気がするよ。そんなところかな。まだまとまりのない言葉だけどね。時間が経たないとうまく答えられないね。

More
by berlinHbf | 2010-09-17 13:44 | 欧州を感じる旅 | Comments(3)

秋の味覚、ブランデンブルク州産のキノコを食する

e0038811_3534693.jpg
数日前、ベルリンの友人の峯岸進治さんから、「週末にブランデンブルク州の森の中でキノコをたくさん採ってきたので、おすそ分けします」というありがたいお話をいただきました。峯岸さんは写真家で、驚くほど料理が堪能。少し前に発売されたNumber 760号に、松井大輔選手の見開き写真でこの有名なスポーツ誌にデビューしたのは、友達として誇らしい気持ちでした。さて、今朝、彼から受け取ってきたのは、Maronenpilzと呼ばれるキノコ。日本語ではニセイロガワリというちょっと風変わりな名前です。見た目から立派で、色合いもつややか。食欲がそそられます。早速妻に調理してもらって、今晩いただきました。

e0038811_3541032.jpg
1品目はクリームパスタにして。このキノコ特有(?)のぬめりけのある食感が、パスタと絶妙に絡み合います。

e0038811_3544764.jpg
そして2品目はホイル焼きにして、バターとしょうゆの味付けでいただきました。シンプルだけど、ぜいたく。どちらもおいしく、秋の味覚を堪能しました◎

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-09-14 21:42 | ベルリンあれこれ | Comments(3)

政治を間近に感じる日

e0038811_6531219.jpg
連邦ジャーナリズム局(Bundespresseamt)にて

8月21、22日の週末、毎年この時期恒例となっているドイツ連邦政府の一般公開が行われました。今年はベルリンの16の省庁がその扉を開き、各省庁との間は無料のシャトルバスが運行。2日間で15万人の市民や観光客が訪れ、特にメルケル首相の仕事場である連邦首相府だけでも、訪問者は3万人を数えたそうです。

e0038811_6424222.jpg
連邦内務省(Bundesinnenministerium)

まだ一度も訪れたことのない省庁をと思い、私はまずシュプレー川に面した現代的な建築の内務省に行ってみました。ここでは1時間ごとに内部の見学ツアーが開催されていたほか、各ブースでは内務省が普段どういう業務を扱っているのか、現場の職員が訪れた人に直接説明する場面も多く見られました。中庭には食べ物の屋台が並び、特設ステージではトーマス・デメジエール内相が、冬季オリンピックで3度の金メダルを獲得したスピードスケートのグンダ・ニーマン=シュティルネマンや、この夏の陸上欧州選手権で走り幅跳びの金メダリストになったクリスティアン・ライフといったスポーツ選手らと、「ドイツ再統一20年」というテーマでトークショーを行いました。スポーツの振興も内務省の仕事の柱の1つなのだそうです。壁崩壊まで東ドイツでスケートをしていたシュティルネマンさんと、西ドイツ出身で当時まだ5歳だったライフさんですが、一般によく言われる東と西の隔たりというものは、スポーツ界に限って言えばどんどんなくなりつつあるのではないかというポジティブな変化を感じました。

e0038811_64383.jpg
内務省でのトークイベント。左からライフ、ニーマン=シュティルネマン各氏とデメジエール内相

次に訪れたのは、フリードリヒシュトラーセ駅前にある連邦ジャーナリズム局。ここはドイツ内外のジャーナリストがよくお世話になる場所です。中に入るとここでもやはりドイツ再統一20年をテーマにした新聞の展示があり、子どもが楽しめるコーナーも用意されていました。そこを突き抜けて行くと、緑豊かな大きな中庭で人々がくつろいでいる姿が目に入りました。外観からではわからない意外な場所を発見するのも、オープンデーならではの楽しみと言えるかもしれません。

e0038811_6448100.jpg
緑あふれる連邦ジャーナリズム局の中庭

e0038811_6555536.jpg
最後に、連邦ジャーナリズム局から徒歩5分の場所にあるフランクフルター・アルゲマイネ(FAZ)紙のベルリン支局に行ってみました。ドイツを代表する高級紙も、この期間に合わせて一般公開をしていたのです。約100年前に銀行として建てられた建物の中にFAZ紙の支局はあり、メルケル首相が年に2回、取材を受けるために訪れるという談話室や支局長の仕事部屋など、重厚かつシンプルな内装に目を奪われました。
ドイツニュースダイジェスト 9月10日)

今日、所用で連邦ジャーナリズム局に行く機会があったので、早速この記事をアップしてみたくなりました。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-09-08 23:57 | ベルリン発掘(全般) | Comments(3)

発掘の散歩術(2) -シュパンダウの旧市街-

e0038811_19134892.jpg
前回「キーツ」の原点を訪ねたので、もう少しベルリンの原初風景を求めて歩いてみたい。だが、現在のベルリンで中世の街並を見つけるのは極めて難しい。かろうじて、ベルリン最古のニコライ教会の周りに、メルヘンに登場するようなかわいらしい街並みが見られるが、これは東ドイツ時代にあくまで再現して造られたものである。そこで私はシュパンダウ(Spandau)に行ってみようと思い立った。独特の響きを持つこの街はベルリンよりもさらに起源が古く、1920年までは独立した街だった。

地下鉄U7のAltstadt Spandauで降り、大通りを横切って北に少し歩くと、お堀に架かる小さな橋がある。この橋を渡って、後ろを振り向いた時に見えるのがこの写真上の眺めだ。レストランのテラスの奥に6メートル近くはあろうかという城壁が建ち、その向こうには幅の狭い古めかしい建物が行儀よく並んでいるのが見える。実はここが、シュパンダウの中でも最古と言われる一帯「コーク」(Kolk)である。12世紀にスラブ人が定住したことに起源を持ち、今も残るこの城壁は14世紀前半のもの。

e0038811_19151788.jpg
時の流れが止まったかのようなKolkの風景

さらに進むと、駐車場の向こうにまさにKolkという名の通りが続き、狭い路地にこぢんまりとした木骨の家屋がいくつか並んでいる。さすがに中世とまではいかないが、なにがしかの雰囲気は感じ取ることができる場所だ。アパートの窓枠を几帳面に磨いているおじいさんに話しかけてみた。「この建物は約250年前のもの。最近はさすがに傷んできて、中の木を取り替えなければならないんだよ」。Kolkの向こうには聖マリーエン教会が建っている。ベルリンで2番目に古いカトリック教会であり、華麗な内装は一見の価値がある。

e0038811_19154253.jpg
シュパンダウはクリスマスマーケットで名高い。毎年11月末から旧市街全体が真冬のメルヘンという雰囲気に

地図を見ると、シュパンダウはハーフェル川とシュプレー川というベルリンの2大河川が合流する地点に生まれ、発展してきた街だということがよくわかる。それゆえ、1197年にSpandowの名で文書に初めて登場して以来、ここは軍事戦略上重要な意味を持つ街だった。

e0038811_1935176.jpg
中でも名高いのは、ルネッサンス様式の星形要塞ツィタデレ(Zitadelle)だが、ここの紹介は別の機会に譲るとして、Kolkから旧市街を南へと歩いてみよう。第2次世界大戦で爆撃を受けたので、戦後の建物と背の低い歴史的建造物が奇妙に隣り合わせになっていたりする。それでも、600年以上の歴史を持つゴシック様式の聖ニコライ教会とマルクト広場を軸に、旧市街の核の部分はかなり残されていると言っていいだろう。ぶらぶら歩いていると、ベルリンがヨーロッパの一辺境都市だった時代のスケールは、このくらいだったのではと思わせてくれる。

あまりに巨大になったベルリンに少し疲れたら、中央駅からSバーンに乗って25分ほどのシュパンダウを訪れてはどうだろう。とにかく、「違う街に来た」という感覚を持てることだけは請け合いだ。
ドイツニュースダイジェスト 9月3日)


Information
ゴシック・ハウス
Das Gotische Haus

e0038811_19273223.jpg
シュパンダウの旧市街を訪れたら、ぜひ立ち寄ってみたい場所。ベルリン最古の建造物の1つで、ファサードの前に立つと、15世紀後半に建てられた一番古い部分とそれ以降に拡張された部分との違いが目で見てわかるようになっている。内部は観光案内所と郷土博物館になっており、親切なスタッフが対応してくれる。

開館:月~土 10:00~18:00
住所:Breite Str. 32, 13597 Berlin-Spandau
電話番号:(030)333 93 88
www.partner-fuer-spandau.de


コンディトライ・フェスター
Konditorei Fester

e0038811_19275955.jpg
散策に疲れたら、マルクト広場に面したこのお店で休憩するのはいかが。1926年創業のコンディトライで、約70種ものケーキやトルテに目を奪われる。内部はカフェにもなっているので、ゆったりくつろげる。客の年齢層はやや高めで、シュパンダウの貴婦人が落ち合う場所といった雰囲気。

開館:月~日 8:00~18:00
住所:Markt 4, 13587 Berlin-Spandau
電話番号:(030)333 58 72
www.konditorei-fester.de

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-09-04 12:41 | ベルリン発掘(西) | Comments(4)

ヤノフスキ&ベルリン放送響のベートーヴェン・チクルス

e0038811_02269.jpg

●昨シーズンの後半に聴いたコンサートの中で、とりわけ強烈な印象が刻まれたのが、マレク・ヤノフスキ指揮ベルリン放送響によるベートーヴェンの交響曲チクルス。5月に5公演が集中して行われ、そのうちの3公演を聴きましたが、ベートーヴェンの音楽に浸れる喜びを心から味わわせてくれるものでした。もう大分時間が経ってしまいましたが、新しいシーズンが始まる前に振り返っておこうと思います。

●プログラムのラインナップを見ても、彼らの強いこだわりが感じられる。まず、演奏頻度が高い第9は敢えて外し(ドイツでは年末に第9を演奏する習慣はないが、このコンビは毎年大晦日に演奏している)、その代わりにというべきか、「ミサ・ソレムニス」を。交響曲のカップリングも、第1番から順番に並べて演奏するのではなく、ヤノフスキの言を借りると「古典的な第1番と革命的なエロイカで一組に。まだ古典的だけれども、より攻撃的なところも併せ持つ第2番は、舞踏的な衝動を備えた第7と。しばしば過小評価されるが、『古典的』という意味では完璧に磨き上げられている第4番は、第5番とのカップリングがふさわしい。リリックな〈田園〉は、ハイドン風という意味で第8と『結婚』」という具合に、明確な意図が感じられるものだった。

●とはいえ、コンセプトが先歩きすることなく、肝心の演奏がまた素晴らしい。ラトル&ベルリン・フィルやバレンボイム&シュッターツカペレに比べると、職人気質のヤノフスキの存在は確かにやや地味ではあるが、その充実ぶりは勝るとも劣らず、RSBとの関係はいままさに円熟期にあるのではないだろうか。〈英雄〉、〈運命〉、第7番は、すべてコントラバスが8本の16型で、しかも倍管という近年ではほとんど見られなくなった大編成。これだけでもすごい迫力だったが、彼の棒にオーケストラは鋭敏に反応し(その姿は献身的でさえあった)、大きな音楽的なうねりと奥行き感が生まれる。〈運命〉の第1楽章は、フェルマータまで取っ払ってしまわれたかのような音楽の推進力が圧倒的。2楽章では、一転して巧みなバランス感覚を見せて、音楽の構造が鮮やかに浮かび上がってくる。ベートーヴェンの音楽に不可欠な構築感があり、かつそこから絶えずはみ出そうとするパトス、即興性とのせめぎ合いが、実にスリリングだった。久々にドイツらしいオーケストラでベートーヴェンを聴いたなという感じ。

●このチクルスでもうひとつユニークだったのが、弦楽四重奏というベートーヴェンのもうひとつ重要なジャンルと組み合わせたことだろう。それぞれの交響曲とゆかりの深い作品が選ばれ、ハーゲン、アルテミスといった名門の他、Apollon-Musagète-Quartett、Belcea-Quartettといった若手の団体がゲストに呼ばれた。最後の日を例に取ると、ベト2の後で休憩、ベト7の後でさらに休憩が入り舞台が片付けられ、カルテットが登場という流れ。フィルハーモニーでフル編成のオケを聴いた後に、同じ場所で最小編成のカルテットを聴くというのも初めてだった。でも、これがまたよかった。ベト7のフィナーレで聴衆が熱狂して、お祭りのような雰囲気になった後、少し間を置いてから、ハーゲンカルテットが登場し、《弦楽四重奏曲 第14番 嬰ハ短調》作品131のあの祈りに似た深いフーガを奏で始める。ホールの空気がまたがらっと変わる。そしてまた、ベト7とは違うベートーヴェンの晩年の心象風景のようなものが、目の前に立ち上がってくる。その時すでに2時間を優に超えていたが、誰もが引き込まれて聴き入っていた。最高のチクルスだった。


So 09.05.2010 | 20:00 Uhr
Philharmonie Berlin, Großer Saal
MAREK JANOWSKI
Apollon-Musagète-Quartett | Streichquartett
Rundfunk-Sinfonieorchester Berlin
Beethoven-Zyklus III
Ludwig van Beethoven
Sinfonie Nr. 4 B-Dur op. 60
Ludwig van Beethoven
Sinfonie Nr. 5 c-Moll op. 67
Ludwig van Beethoven
Streichquartett c-Moll op. 18 Nr. 4

So 23.05.2010 | 20:00 Uhr
Philharmonie Berlin, Großer Saal
MAREK JANOWSKI
Artemis-Quartett | Streichquartett
Rundfunk-Sinfonieorchester Berlin
Beethoven-Zyklus V
Ludwig van Beethoven
Sinfonie Nr. 1 C-Dur op. 21
Ludwig van Beethoven
Sinfonie Nr. 3 Es-Dur op. 55 ("Sinfonia eroica")
Ludwig van Beethoven
Streichquartett f-Moll op. 95

Mo 24.05.2010 | 11:00 Uhr
Philharmonie Berlin, Großer Saal
MAREK JANOWSKI
Hagen-Quartett | Streichquartett
Rundfunk-Sinfonieorchester Berlin
Beethoven-Zyklus VI
Ludwig van Beethoven
Sinfonie Nr. 2 D-Dur op. 36
Ludwig van Beethoven
Sinfonie Nr. 7 A-Dur op. 92
Ludwig van Beethoven
Streichquartett cis-Moll op. 131

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-09-01 17:13 | ベルリン音楽日記 | Comments(2)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング