ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

<   2010年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

グエル公園の十字架の丘から

e0038811_6171073.jpg
弟の自転車をメインとしたヨーロッパの旅も、ちょうど半ばに差し掛かり、数日前バルセロナに到達したようです(ブログはこちらより)。旅先からの写真を見ながら、7月にこの街を訪れた時のことを思い出していました。最終日の夕方、今回の滞在でお世話になった方に、「グエル公園に行くなら、地下鉄L3のVallcarcaで降りて、公園の裏口から中に入って、十字架のある丘に言ってみるといい。そこからの眺めは素晴らしいから」と言われ、その通りに行ってみました。公園内は広い上に、高低差が激しく、何度か迷いそうになりましたが、人々がてっぺんに密集している突起物が遠くに目に入ると、「あれに違いない」と一目散にそこを目指しました。

e0038811_6103965.jpg
一体いつ誰が造ったのでしょうね。石を積み上げてこしらえた小さな展望台のようものが、目の前に現れました。

e0038811_611404.jpg
らせん状の階段を注意深く上って行くと、十字架のある頂上にたどり着きます。爽快極まりない眺めが広がっていました。

e0038811_612676.jpg
ガウディ設計のサグラダ・ファミリア。

e0038811_6122872.jpg
その近くには、ジャン・ヌーベル設計のTorre Agbarが存在感を放っていました。2004年に初めて訪れた時はまだなかった建物です。

e0038811_6111923.jpg
ところで、7月のバルセロナ取材が最近形になりました。『グリーン・モビリティ』という、自転車とエコをテーマにしたフリーペーパーの海外特集に寄稿させていただきました。よかったらお手に取っていただけると幸いです。こちらの手元に届いたら改めてご紹介したいと思います。
http://www.green-mobility.jp

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-08-30 23:57 | 欧州を感じる旅 | Comments(0)

街角スナップ - S-Bahnhof Yorckstraße -

e0038811_20211455.jpg
S-Bahnhof Yorckstraße (2010-08-22)

日帰りでドレスデンまで往復した日曜日の早朝、Yorckstraße駅からSバーンに乗った。この駅は少し変わっていて、S1、そしてS25とS2が乗り入れるホームとが、少し離れた場所にある。階段を上り、S25のホームに着いた瞬間、ひんやりとした空気に体が包まれた。朝からさわやかな気分になって、カメラに収めたのがこの1枚。装飾が施された鉄骨を見てもわかるが、この駅には前世紀前半の鉄道駅の風情がいまだ漂っている。草木は荒れ放題だし、昔の線路が撤去されずに残っていたりするが、この駅の時間の流れが止まったような感覚がなかなか好きなのである。

e0038811_20213797.jpg

関連記事:
鉄橋の墓場 - 天使の降りた場所(14) - (2006-10-22)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-08-27 13:43 | ベルリン発掘(西) | Comments(8)

街角スナップ - Eberswalder Straße -

e0038811_620865.jpg
U Eberswalder Straße (2010.8.15)

外出する時にはいつもRICOHのGRをバッグに偲ばせておいて、街角で何かを感じた時、さっと取り出してカメラに収めるということをやっています。最近はモノクロ写真にも手を出すようになり、これから折に触れて、そんな何気ない街の風景をお届けしたいと思います。

今回は地下鉄U2のエバースヴァルダー・シュトラーセ駅のガード下にて。もうかなり前から、工事のため1つ手前のSenefelderplatzから北側へはバスによる代替輸送になっています。一体何の工事なのでしょうね。そしていつまで続くのか・・・ガード下は工事の資材などで雑然としており、カリーヴルストの有名な屋台「コノプケ」も、本来の場所から少し北側に移転中だそうです。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-08-22 23:53 | ベルリン発掘(東) | Comments(9)

壁の道に沿って(4) - 緑に囲まれた監視塔 -

e0038811_2252264.jpg
1989年まで「ベルリンの壁」が東西を分断していた全長約160kmの道程は、2007年に「壁の道」(Mauerweg)という遊歩道に整備され、かつての壁の跡をたどることができるようになっています。6月末、私もこの壁の道をたどってサイクリングに出掛けました。ボルンホルマー通りからスタートし、いくつもの湖や森を過ぎて、ベルリン北部のホーエン・ノイエンドルフが近付いてきた頃、ふと右手に冷戦時代の国境監視塔が目に入りました。

e0038811_2305110.jpg
どこか恐ろしいイメージのある監視塔ですが、何かのパーティーでしょうか、 人々が楽しそうにくつろいでいるのが見えます。思わずその様子に誘われて、中に入ってみました。細く急な階段をつたって塔のてっぺんに上ると、そこには一面緑の海が広がっていました。たまたまそこにいたブランデンブルク州の地方紙「メルキッシェ・アルゲマイネ」の記者ヘルゲ・トライヒェルさんが、現在は「自然保護塔(Naturschutzturm)」と呼ばれるこの塔をめぐる活動について話してくれました。

e0038811_2253514.jpg
壁が崩壊した直後の1990年、緩衝地帯だったこの監視塔の周りは、一面砂地の荒涼とした風景が広がっていました。

e0038811_22545882.jpg
その年、この地域の東西それぞれで環境グループを率いていたヘルガ・ガルドゥーン氏とマリアン・プルツィビラ氏の2人が、目的を失った監視塔を拠点に、共同で環境保護の取り組みを始めます。地域の子どもたちが森と自然について学べる機会を作ろうと、塔の周辺に8万本の苗木を一緒に植えたのもその1つ。また、監視塔を保存することによって、若い世代にドイツ分断の歴史を伝える活動も続けてきました(実際、1964年から80年にかけて、西側へ超えようとした4人の東ドイツの若者がこの近くで射殺されています)。この日は、偶然にも「自然監視塔」の活動20周年の記念祭だったのです。トライヒェルさん自身、学校の生物の教師だったガルドゥーン氏の下で、かつてこの活動に参加した1人でした。

塔の上で出会った地元の少年は、毎週金曜日に参加しているはちみつ作りについて語ってくれました。監視塔の周りには、多種多様な植物や花からなるビオトープが設置され、子どもたちが自然や生態系について学べる場となっています。また現在、この環境団体の事務所になっている塔の内部も、事前に連絡すれば誰でも見学可能です。

e0038811_22535015.jpg
最初、塔の上から当たり前のように眺めていた豊かな緑は、この20年の間に人々の努力によって再び育まれたものだったのです。これらの活動が評価され、ガルドゥーンとプルツィビラの両氏は、2010年のベルリン自然保護賞を受賞しました。http://naturschutzturm.de
ドイツニュースダイジェスト 8月13日)


ベルリンの壁サイクリングツアーは、ここで一旦お休みします。ホーエン・ノイエンドルフから再スタートできるのは、いつになるかなあ^^。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-08-17 16:03 | ベルリン発掘(境界) | Comments(0)

壁の道に沿って(3) - ライニッケンドルフの北端へ -

e0038811_445567.jpg
前回ご紹介したリューバースの湖を西に折れて、なだらかな坂を下って行くと、「壁の道」はライニッケンドルフ北側の住宅街を通って行きます。「壁の道」(Mauerweg)といっても、昔の壁のあった場所全てが道路になっているわけではないので、実際の壁のラインから少し外れることがあります。このあたりの住宅街は旧東側になるのですが、落ち着いたいい暮らしぶりが垣間見れて、ここが昔東西のどちらに属していたのか、ちょっと走っただけではもはやわかりません。

e0038811_452791.jpg
民家の庭に壁の1セグメントが丸ごと置かれていました。どこかのお金持ちがチャリティーオークションで買い取ったものなのかも。

やがて、Oranienburger Chausseeという交通量の多い通りに出ると、今度は北上します。途中マクドナルドを見つけたので、小休憩。暑い日だったので、「マックフルーリー」の冷たさと甘さが体に沁み入りました^^。

e0038811_46220.jpg
元気になったところで、再出発。このまま大通りを北に進めばわかりやすいのですが、「壁の道」は再び住宅街をうねうねし、やがて森の中へと突入します。「ベルリンの壁」というのがいかに複雑に入り組んでいたかを、体で実感します。

e0038811_462253.jpg
Hubertusseeという小さな湖をぐるりと回り、再び西へと走ります。この日の終着点ホーエン・ノイエンドルフが近づいて来た頃、思わぬ出会いが待ち受けていました。

(つづく)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-08-15 22:03 | ベルリン発掘(境界) | Comments(0)

壁の道に沿って(2) - リュバースまで -

e0038811_6285652.jpg
ライニッケンドルフのWilhelmsruher Dammにて

今日8月13日は、「ベルリンの壁」の建設が始まった歴史的な日。もう49年前になるのですね。壁の犠牲者を追悼しながら、かつての壁の道に沿って自転車で走るツアーを再開させましょう。

e0038811_6251973.jpg
団地街のMärkisches Viertelを越え、しばらく廃線に沿って走って行くと、突然視界が開けてくる場所があります。ここからのサイクリングは、とても快適でした。エリアでいうと、Rosenthalの少し北側あたりです。

e0038811_6283740.jpg
壁の残骸らしきものを見つけました。注意して走っていると、やはりこういうものが目に入ってきます。

e0038811_625526.jpg
廃線の線路から離れて、ここから小高い丘を上って行きます。

e0038811_6261153.jpg
ある程度上ったところで、後ろを振り返ると、遠くのテレビ塔まできれいに見渡せました。写真だと伝わりにくいですが、ここからの眺めもよかったなあ。

e0038811_6294843.jpg
Bahnhofstr.という通りを越えると、今度は一気に下り坂で気分爽快。この辺りはLübarsといい、ライニッケンドルフ地区の中で一番古い村。豊かな自然にも恵まれ、自然保護区域に指定されているようです。他に誰もいない湖で、一組の親子がひっそりとくつろいでいる姿が印象的でした。

(つづく)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-08-13 23:57 | ベルリン発掘(境界) | Comments(0)

発掘の散歩術(1) -「キーツ」の原点を訪ねて-

e0038811_292415.jpg
集落に2つある通りの名前は、それぞれ“Am Kietz”と“Am Fischerkietz”。かつてここが漁村だったことが偲ばれる

「ベルリンの人々は、それぞれの『キーツ』に住んでいる」という言い方がある。キーツ(Kiez)とは、ある広場や通りを中心にした地域のまとまりのこと。行政上の区域というよりは、社会的な関係性を重視した集合体といえるかもしれない。それぞれのキーツには、カフェや食料店など、日常生活に必要なインフラが揃い、近所同士はゆるやかなコミュニティーでつながっている。一度そのキーツを好きになると、ベルリーナーはなかなかそこを離れようとしない。この言葉が内包するものの中に、ベルリンの生活の心地よさを解く鍵がありそうだ。

もともとキーツとは、「小屋」や「家」を意味するスラブ語を語源とする言葉。中世の時代、それこそベルリンという都市が産声を上げる以前から、城の近くに位置し、川に面した漁村を指して呼んでいたらしい。

そんな本来の意味でのキーツが残っている場所があるという。6月のある日、ベルリンのズートクロイツ駅から電車で南に約15分、ブランデンブルク州のルートヴィヒスフェルデ(Ludwigsfelde)という街にやって来た。美しい新緑の季節、乗客の8割以上が地元の小学生というわいわい賑やかなバスに揺られ、いくつかの湖や集落が眼下を過ぎ、やがてグレーベン(Gröben)という村に到着した。19世紀の作家フォンターネが賞賛したかわいらしい教会を過ぎ、5分も歩くともう村の外れに出てしまう。草やわらのにおいが漂ってくる一本道を進むと、草原の中に浮かぶ島のような、さらに小さな集落が見えてきた。その名もキーツ(Kietz)。

e0038811_283935.jpg
日本のわらぶき屋根の家を想起させるKietzの古い家屋

現在普通に使うキーツとは一文字綴りが違うが、「キーツ」がそのまま地名として残っている例は珍しい。“Am Kietz”という通りの外れに、探していたものがとうとう目に入った。木やわらなどで作られた簡素で素朴な家屋がいくつか並んでいる。小さな沼のたもとには、古い木の小舟が静かに佇んでいた。博物館的な保存の仕方とは違い、小屋は現在も物置などに使われているようで、当時のKietzの人々の暮らしぶりが静かに伝わってきた。

e0038811_29979.jpg
草が生い茂った木の小舟

古い地図を見ると、Kietzの近くにはかつて城の土塁が築かれ、今はもうないヌーテ川の支流が流れていたことがわかる。小さな川を糧に漁業を営み、家畜に水をやり、ささやかな生活を送っていた人々の姿を想像するのは、それほど難しいことではなかった。パリやロンドンがすでに大きな都だった頃、シュプレー川という中規模の河岸に生まれたベルリンの、原風景にどこかつながるものがそこにあった。

大都市にもかかわらず、ベルリンが今でもどこか田舎の気質を備えているのは、人々がキーツという小さな村への愛着が強いゆえからか。この大都会の海の中で、お気に入りの「キーツ」を見つけることは、ベルリンを楽しむ1つの秘訣と言えるかもしれない。
ドイツニュースダイジェスト 8月6日)


先週から、ドイツニュースダイジェスト紙で新しい連載が始まりました。タイトルは、「ベルリン 発掘の散歩術」。ひとつの町に何年も住んでいると、どうしても決まった場所を行き来するだけになりがちです。間もなくベルリン在住10年になる私ですが、これからも未知の場所に足を踏み入れ、新しいものや、そこに隠された何かを発掘していきたいという思いから、このタイトルにさせていただきました。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-08-09 19:24 | ベルリン発掘(全般) | Comments(8)

ツェツィーリエンホーフ宮殿を歩きながら考える

e0038811_3505931.jpg
Schloss Cecilienhof (2009.4)

仕事柄、ポツダムのツェツィーリエンホーフ宮殿に来ることが多い。去年から急にその頻度が増え、この1年半の間に一体何度ここを訪れただろうかと思う。ポツダム観光のもうひとつのドル箱、サンスーシ宮殿も私は大好きだが、時間が限られた中でどちらか1つとなると、日本人にはやはりツェツィーリエンホーフ宮殿を勧めるだろうか。実際、「ここに来てよかった」と言って帰る方は少なくない。

日本人にとってツェツィーリエンホーフ宮殿で馴染みが深いのは、ここが「ポツダム宣言」の舞台であり、ポツダム会談の会期中にアメリカ大統領のトルーマンが広島への原爆投下を決定したことだろう(実際にその決定がなされたのは、ノイエ・バーベルスベルクの邸宅と言われているが)。

e0038811_3521827.jpg
皇帝ヴィルヘルム2世の息子、皇太子ヴィルヘルムとその妃ツェツィーリエのために造られたホーエンツォレルン家最後の居城。イギリスの別荘スタイルの建築様式が特徴的で、屋根の煙突1つを取っても、装飾がとても凝っているのがわかる。観光客の多くは、宮殿を見学したらすぐに帰ってしまうが、私がおすすめしたいのは、宮殿の裏側をぐるりと回ってHöhenstr.のバス停まで歩くことだ。裏手に回るとまず見えて来るのが、ツェツィーリエの書斎に面した小さな庭園。ここは初夏になると庭園の花々が本当に美しい。

e0038811_3524197.jpg
小道に出ると、ユングフェルン湖(Jungfernsee)に沿って、しばらく歩くことになる。まさにこの道に沿って、1989年までは「ベルリンの壁」が建っていたというのが、今となっては不思議だ。つまり、当時ツェツィーリエンホーフ宮殿の内部からユングフェルン湖への視界は、壁によって遮られていたことになる。

e0038811_3532913.jpg
やがて、ツェツィーリエンホーフ宮殿を裏側から一望できるポイントにやってくる。中央が、ポツダム会談の本会議場として使われた有名なホールだ。

e0038811_5312480.jpg
日本に住んでいた頃、(子供の頃に埋め込まれたイメージが強烈だったこともあり)ヒロシマとナガサキの原爆というと、おどろおどろしいイメージしかなかったが、ここに来ると物事がまた違って見えてくる。小鳥のさえずりを聞きながらのどかな道を歩いていると、これら美しい自然と原爆投下直後の地獄絵巻の光景とが、どうしても結び付かないのだ。1945年7月末も、この周辺の樹々は緑を咲かせ、ユングフェルン湖は今と変わらずそこにあったのだろう。この森や湖を背景に、たった1人の権力者の命令によって、人も自然も一瞬にして破壊する原子爆弾のスイッチが押されてしまったこと。そして、世界に核兵器が存在する以上は、今後もその可能性があり得ること。私の友人も言っていたが、これは戦勝国、敗戦国という枠組みでとらえることではない。人類全体の問題として、誰もが認識すべきことだと思う。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-08-06 23:28 | ドイツ全般 | Comments(4)

Blog「ベルリン中央駅」5周年!

e0038811_5353427.jpg
Neues Kranzler-Eckにて(7月29日)

お蔭さまで、8月1日をもって、当ブログも5周年を迎えました。2000年9月末、右も左もわからないままベルリンに住み始めて、もうすぐ10年になるのですが、その半分の年月をこのブログと共に歩んで来たのかと思うと、その重みを実感せずにはいられませんし、『ベルリン中央駅』が自分にとってますます大事な情報発信の場であり、同時に記録媒体にもなってきているのだと思います(逆に言えば、2000〜04年も、もう少し文章や写真で記録しておきたかったな)。

ここ1年半ぐらいは、他の仕事が忙しくなってきて、更新頻度も落ちてきてはいますが、それでも基本的には何も変わらずこうして続けていられるのは、読んでくださっている皆さんあってのことだとつくづく思います。私を刺激し続けてくれるベルリンにも感謝。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-08-05 22:57 | ベルリン中央駅 | Comments(9)

テンペルホーフ公園を歩く(2)

e0038811_4484922.jpg
Tempelhofer Park(6月5日)

コロンビアダムの入り口から入った後、グリルスペースを越えて、かつての滑走路の方に向かってみました。こちらは東側方面。遠くの方がかすんで見えます。

e0038811_4491897.jpg
やがて、かつての2本ある滑走路の1つに出ました。18mmの広角で撮影したとはいえ、この広さ、実感していただけるでしょうか。

e0038811_4501596.jpg
こちらが南側。この向こうに滑走路がもう1本、さらにその向こうにSバーンの線路があるのですが、肉眼でははっきり見渡せないほどです。真ん中に映っている人は、凧揚げ(?)をしています。

e0038811_454541.jpg
芝生でくつろぐカップルや家族連れもちらほら。ここで寝っこがっていたら、何か壮大なロマンを見られそう(笑)。

e0038811_4543123.jpg
ようやくかつての空港本館が見えてきました。前回触れたように、旧本館付近に入り口はないため、かなり大回りしないとここへは来ることができません。ローラースケートで犬の散歩をする人も。

e0038811_451276.jpg
フェンスが張ってあって、この向こうへは特別なイベントの時以外中に入れないようになっていました。

それにしても、かなり歩いたようでいて、地図を見たら全体の4分の1のスペース内しか移動していないことが判明。このテンペルホーフ公園、なんと386ヘクタールもあり、210ヘクタールのティーアガルテンを抜いて、いきなりベルリン最大の公園となっています。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-08-03 22:38 | ベルリン発掘(西) | Comments(4)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング