ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

<   2010年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ケーラー連邦大統領が突然の辞任

e0038811_18474089.jpg
6月1日の大衆紙BZの一面より

先日、マルティン・レーアさんのインタビューで取り上げたばかりの、ホルスト・ケーラー連邦大統領が、今日突然の辞任を発表。ドイツ中で驚きの声が上がっています。私自身、先ほどこのニュースを知り、とにかくびっくりしました。

------------------------------------------------
<ドイツ>ケーラー大統領辞任 アフガン発言で批判浴び
5月31日22時2分配信 毎日新聞
【ベルリン小谷守彦】ドイツのホルスト・ケーラー大統領(67)は31日、「我が国の重要で困難な問題について誤解を招く発言をした」として、辞任した。大統領は先に、アフガニスタンへのドイツ軍派遣について「ドイツの経済的利益のために軍事介入は必要」と発言し、批判を浴びていた。

ケーラー氏は04年7月に大統領に就任し、現在2期目。ドイツの大統領は国家元首だが政治的実権は限られ、象徴的な地位とされている。

------------------------------------------------

確かに誤解を招く発言ではありましたが、ケーラー大統領はそれまでも率直な物言いで知られており、今回のことで辞任に至るとは誰も予想していなかったのではないでしょうか。メルケル首相は12時頃、大統領からの電話で辞任の意向を初めて聞いて驚き、説得もしたそうですが、大統領の決意は変わらなかったそう。ドイツ連邦共和国の歴史で、国家元首である連邦大統領が任期半ばで辞任するのは、わずかな例外を除くと、初めてのことなのです。法律によると、30日以内に連邦会議(Bundesversammlung)で後継者を選ばなければならないことになっています。

それにしても、大統領のたった一言の発言が、命取りになるとは。先日のレーアさんのインタビューの中での、「そして特に大事なのが、政治的な事柄を考慮することです。大統領というのは、政治的なポジションにいるわけですから、大統領のやることなすことすべてがドイツという国家に帰せられます」という言葉の重さを痛感させられました。

関連記事:
マルティン・レーアさんインタビュー(1)(2)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-05-31 23:57 | ドイツ全般 | Comments(6)

ベルリンの春をおすそ分け

e0038811_540443.jpg
少し前になりますが、今月初頭メヒティルトさんとフレンツェルさん夫妻との恒例の集まりの日(この集まりについてはこちらを)、メヒティルトさんの馴染みの牧草地に連れて行ってもらうことになりました。車でベルリン西端のシュパンダウを超えて、旧東独側に入り、かつてベルリン五輪のオリンピック村があったデーベリッツ(Döbritz)に近い線路沿いにありました。春の訪れを感じることができた数少ない日、少しおすそ分けしたいと思います^^。

e0038811_54123100.jpg
まずは見事な桜(Kirschblüte)から。

e0038811_54142.jpg
リンゴ(Apfel)も花を咲かせています。

e0038811_5414864.jpg
久々に見たヒヤシンス(Hyazinthen)。ドイツ語読みだと、「フィアツィンテン」かな。

e0038811_5443894.jpg
タンポポは、ドイツ語でLöwenzahnといいます。直訳すると「ライオンの歯」!

e0038811_542632.jpg
5月のベルリンは気温が上がったり下がったり、なんだかぱっとしない天気が続きましたが(ブランデンブルク州の洪水のニュースも気になります)、この前読んだ記事によると、夏らしい天気になるのはワールドカップが開幕する頃だとか。そういえば4年前がまさにそんな感じで、ボンでの寒かった日々を思い出します。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-05-29 00:51 | ベルリンあれこれ | Comments(5)

プラハ、トラムのある風景

e0038811_18103147.jpg
久々に歩いたプラハ、トラムがとてもよく似合う街だなという印象を受けました。前から後ろからトラムがゴトゴト聞こえてくると、ついカメラを構えてしまいます。ここで何枚かご紹介しましょう。

e0038811_18104823.jpg
さて、プラハでもっともよく見かけるトラムが、タトラ社のこのT3と呼ばれるタイプです。Wikipediaによると、共産主義時代の1960年から1989年まで、約14000両が製造され、世界でもっとも多く造られた路面電車というから驚きです。ソ連や東ドイツなど、旧共産圏の各国へ輸出されました。旧東独のケムニッツでは、現在も走っているそうです。

e0038811_18172863.jpg
2006年からは、低床式のŠkoda 14Tという型の車両も走っています。デザインをしたのは、あのポルシェだそう。どうりでスタイルがいいわけです。

e0038811_18112598.jpg
保存車両でしょうか、戦前製のトラムが走っているのも見かけました。ちなみに、プラハで初めて電気式の市電が走ったのは1891年のこと(ベルリンは1881年なので、ちょうど10年後ということになります)。現在34路線、合わせて141キロのネットワークが張り巡らされています。

e0038811_18114135.jpg
ヴァーツラフ広場で、やはり昔のトラムを使ったこんなカフェを発見。

e0038811_18115779.jpg
最後は、フランク・ゲーリー設計による有名な建築「踊る家」の前を走るT3。プラハの新旧を象徴する組み合わせといえるかもしれません。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-05-27 11:52 | 欧州を感じる旅 | Comments(6)

「百塔の街」をパノラマで

e0038811_2122295.jpg
見知らぬ街に来ると(いや、それに限らずですが)、高い場所から街を俯瞰するのが好きです。プラハだとまずはやはりここでしょうか、プラハ城に上ってみました。

e0038811_19142785.jpg
バロック様式の聖ミクラーシュ教会方面。天気はいまひとつでしたが、雨が降らなかっただけでもありがたい。

e0038811_19135956.jpg
カレル橋の1つ南側、かわいいトラムが走行中のチェコ軍団橋方向を望む。重厚なアパート群が並ぶ中で、斬新な現代建築「踊る家」(また別の機会に)も真ん中に顔をのぞかせています。右側に見えるのはヴィシェフラト城でしょうか。

e0038811_19145564.jpg
こちらが有名なカレル橋方向。こうして見ると、「百塔の街」という形容がよくわかる気がします。

e0038811_19301575.jpg
プラハ城を下って出たすぐのところに(黄金小道はあいにく改装中)、ぶどう畑があり、そこからの眺めがまた素晴らしかった。8年前に来た時、このぶどう畑はなかった気がしますが、どうでしょうか。

e0038811_19151375.jpg
今回はドイツ語版のlonely planetで回ったので、何か日本語のプラハガイドが欲しいなあと思っていたのですが、さすがにプラハは日本語の案内本も土産物屋でよく見かけました。その中でも、黄金小道前の土産物屋で買ったプラハのパノラマ・マップ(ATPイフラバ出版社。日本語版もあり)はよくできた絵地図で、ベルリンに戻ってからも時々眺めては楽しんでいます。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-05-23 13:51 | 欧州を感じる旅 | Comments(4)

シェーネベルクのカフェ「ダブル・アイ」

e0038811_8242833.jpg
第2次世界大戦中にベルリンに住んでいた人の回想録を読むと、コーヒーにまつわる話がよく出てくることに気付きます。当時、コーヒー豆がいかに貴重だったか、そして人々がそれを手に入れるためにどう工面したか等々。例えば『ベルリン戦争』(邦正美著)という本には、コーヒー豆でガソリンが買えたという驚きの事実が記されています。そんな時代は遠い過去となりましたが、ベルリーナーとコーヒーにまつわる話を読むと、1杯のコーヒーがより味わい深く感じられるから不思議です。

前置きが長くなりましたが、今回はそんなベルリンでとびきりのコーヒーを飲ませるお店をご紹介しましょう。

シェーネベルクのアカーツィエン通りは、カフェやレストランがとりわけ密集する通り。地下鉄U7のアイゼナッハー・シュトラーセ駅(Eisenacher Str.)で降り、なだらかな坂を上って行くと、やがて右手にそのお店は見えてきます。2つの目をイメージした大きな看板が目印のカフェは、名前もそのまま「ダブル・アイ」。しばしば行列ができているので、すぐにそれとわかると思います。

e0038811_8254318.jpg
小さな店内は人でいっぱい。ようやく順番が回ってカプチーノを注文すると、バリスタが立派なコーヒーマシンで煎れてくれます。何より目を見張ったのが、きめ細やかな泡の上に彩られたハート型模様の美しさ。これはもう芸術品といっても過言ではないほどです。

気になるお味ですが、「これほどまろやかでコクがあるカプチーノは初めて」と言いたくなるぐらいの美味しさ。エスプレッソの苦みはしっかり効いているのですが、のど越しがよく、まさにコーヒーを飲むことの至福を堪能できました。

それも驚くことなかれ。「ダブル・アイ」のオーナー、アルノ・シュマイルさんは、数年前にバリスタ世界選手権でチャンピオンに輝いたこともある名手なのです。エスプレッソ77セント、カプチーノ1.79ユーロ、ラテマキアート2ユーロという割安感も魅力で、このコスト&パフォーマンスにもこだわりを感じました。

店内はとても小さく、ゆっくりくつろげるタイプのカフェではありません。頼んだものをテイクアウトして足早に去って行く人の姿もよく見られます。それだけに、「本当に美味しいコーヒーを求めて、みんなが集まってきている」と思わせてくれるカフェなのです。
ドイツニュースダイジェスト 5月21日)

Double Eye
Akazienstraße 22
10823 Berlin
月~金 09:31~18:29
土 10:05~15:29

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-05-21 01:30 | ベルリン発掘(西) | Comments(8)

「黄金の虎」でビールを飲んだ

e0038811_841191.jpg
昨夜、プラハから帰って来ました。考えてみたら、昨年末に日本に帰って以来、プライベートな目的でベルリンを離れるのは今年初めてかも。やはり旅はいいですね。異国の街を歩くと必ず新しい刺激を得て帰途につくことになります。隣国のチェコとはいえ、今回もそうでした。

さて、この旅でいろいろ書きたいことはあるのですが、まずはおいしかった話から。ワタシ的には何といっても、「黄金の虎」(U Zlateho Tygra)でピルスナーを飲んだこと、でしょうか。もう何年も前に、千野栄一氏の『ビールと古本のプラハ』(白水Uブックス)を読んで、そこに何度も登場するこのビアホールの存在が気になって仕方がなかったのですが(おそらくビール好きなら、これを読めば誰しもそう感じるはず)、ようやく念願が叶いました。

といっても、「今回どうしても」という強い気持ちは持たないようにしていました。『ビールと古本のプラハ』を読んだ限りでは、この店はいわゆるシュタムガスト(常連客)でほとんどの席が埋められており、観光客がのこのこ出かけて行っても飲めるとは限らない、という感じだからです。なので、ときめく気持ちをどこかでセーブし(笑)、土曜日の夜、密やかな期待を胸に足を運んでみました。

「黄金の虎」は、フス通り(Husova)という、有名な天文時計のある広場の裏手の小さな通りにありました。昼間もその前を通ったはずですが、全然気付かなかったほど地味な構えです。中に入ってみると、意外なほどこぢんまりしている。当然満席で、すごい熱気です。目の前の壁には、この店の中で作家フラバルとクリントン元大統領(その間にはハヴェル元大統領)が握手をしている、千野さんの本にも載っている写真が飾られていました。作家から大統領まで、あらゆる人々がここに集まってビールを飲み、談義に花を咲かせてきた、そういう店なのです。

黙々とビールを運び続ける年配のおじさんと目が合い、「立ち飲みでもいいので、1杯ここのビールを飲ませてくれないかなあ」というゼスチャーをしたのですが、ちょっと渋い表情。これは難しいかなと思いつつも、入り口近くでしばらく待っていたら、ものの5分ぐらいでしょうか。おじさんがこちらを向いて、「ここの角が空いているから座りな」と長テーブルの一番奥を指差してくれました。いやあ、ありがたい!私たちは、地元の4人組の女性がカード遊びをしている横に座りました。

「まずはメニューを見てから決めよう」とカフェや飲み屋での普段の感覚でいたら、突然目の前にビールジョッキが2つどすんと置かれました。一緒に行った妻はほとんど飲めないのですが、もう有無を云わせない感じ(笑)。周りを見ると、食べている人もいますが、ほとんどの人はビールを飲んでいるだけです。

e0038811_53665.jpg
「黄金の虎」で出しているビールは、ドイツでもよく知られている「ピルズナー・ウアクヴェル」。私自身たまにスーパーで買って飲んでいるので、味の想像は大体つくのですが、ここで飲んだのはまったく別のものではないかと思うほどでした。まずびっくりしたのは、泡のきめの細やかさ。よほど注ぎ方がうまいのか、ビールの管理状態がいいのか、おそらくその両方なのでしょう。いろいろなビールを飲んできましたが、泡で感心したことなどそうありません。やがて絶妙の冷え加減で喉を流れていく黄金の液体。これはもう格別でした。「ピルズナー・ウアクヴェル」は、どちらかというと苦みが効いた印象があったのですが、飲んでいる最中、苦みを感じることがほとんどなく、実に清冽ですがすがしい味わいです。ミュンヘンで、「これはうまい」と思ったヘレスをさらに上回る体験でした。

周りを見ていると、ジョッキが空になったら、ほぼ自動的に(?)ビールが運ばれてくる仕組みになっているようで、その度におじさんは机の上の白い紙に棒線を引いていきます。妻もこのおいしさはわかったようですが、結局私がほとんど2杯飲んで、もうお腹いっぱい。ちなみに、ビール1杯40コルナは約200円。プラハの旧市街ではもう他になかなかお目にかかれない安さではないでしょうか。店内の煙草の煙がちょっときつかったのが唯一の難ですが、芸術品とも言える偉大なビールに出会えて大満足の一夜でした。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-05-19 01:01 | 欧州を感じる旅 | Comments(8)

NHK「テレビでドイツ語」2010年6月号『エーミールと探偵たち』

e0038811_5232637.jpg
NHK「テレビでドイツ語」6月号のテキストが発売されました。今回の「映画で歩くベルリン」では、エーリッヒ・ケストナーの『エーミールと探偵たち』を取り上げています。この『エーミール』は、私が今住んでいるヴィルマースドルフが舞台なのです。原作や映画に描かれている場所を探しながらの散歩は、とても楽しい時間でした。お読みいただけるとうれしいです。テキストの本編では、ベルリンの動物愛護施設(Tierheim)、カフェやクラシック音楽についての記事も面白く、またピアニストのアリス=紗良・オットさんのインタビューも全文が再録されていて、聞き取りの教材としても使えると思います。

最新号のトピック(NHK出版のHPより)
6月のテーマは「夜を楽しもう」。レストランで食事をしたり、クラシックコンサートに行ったりと、ベルリンのナイトライフを楽しみます。レストランでの注文や感想の言い方、人を誘うフレーズや時間の言い方を覚えましょう。4言語比較コーナーでは、それぞれの国の夜の過ごし方を比べてみます。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-05-18 22:32 | ドイツ語関連 | Comments(5)

プラハに来ています

e0038811_17522227.jpg
週末を利用して、昨日からプラハに来ています。プラハに来るのは、あの大洪水直前の2002年8月以来なので、かれこれ約8年ぶり。ベルリンからの列車は予想外の大混雑で、ドレスデンまで座れませんでした。プラハは変わったといろいろな人から聞いていましたが、まずあの薄暗かった中央駅が完全に改装されていてびっくり。町並みも人々の表情もより明るくなっている気がしました。でも、あの核シェルターにも使えそうな地下鉄は当然そのままで、黄泉の国に続いていそうな深い地下の底をエレベーターから覗き込むのはスリル満点でした。

こちらはちょうどプラハの春音楽祭が始まったところで、昨晩は恒例のスメタナ「わが祖国」のコンサートもあったようですが、私たちは国民劇場(写真)でヤナーチェクの「イェヌーファ」を観ました。国民劇場の「イェヌーファ」は1999年の来日公演で実演に触れ、深い感動を味わった、私にとって特別な演目。今回観たのは2005年プレミエのあの時とは違う演出でしたが、ほぼ地元チェコ人のキャストで固められた歌手陣はさすがに安定した実力で聞かせてくれました。大感動とまではいかなかったものの、プラハでヤナーチェクのオペラを観れて幸せでした。

この週末、天気はあまりよくないようでしすが、これから街をぶらぶら歩くのが楽しみです。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-05-15 10:46 | 欧州を感じる旅 | Comments(2)

佐渡裕さんに『素顔のベルリン』をご紹介いただきました

今日、佐渡裕さんのベルリン・フィルへのデビュー(来年5月)が正式に発表されましたね。2008年2月、「音楽の友」誌へのインタビューで佐渡さんにお話を伺った際、「これからは海外での活動の重点をドイツに移していきたい」とおっしゃっていたのをよく覚えていますが、そのわずか2年後にベルリン・フィルとの共演実現の話を聞くことになろうとは、とてもうれしい驚きです。これも、特にここ数年、ヨーロッパの様々なオーケストラ(ベルリンだとベルリン・ドイツ響やコンツェルトハウス管)に繰り返し招かれ、客演という限られた条件の中で、オケ・聴衆ともに記憶に残る演奏会を積み重ねてきた成果ではないかと思います。陰ながら、来年の大舞台での成功を願っています。

その佐渡さんが、ご自身のブログ「佐渡裕の題名日記」の最新の記事の中で、私の本のことを紹介してくださいました。先日、ベルリンでお会いした際に『素顔のベルリン』を見てもらったところ、「中村くん、いい本だね。今度僕のブログで紹介するよ」と何気なくおっしゃったのですが、「なにせ多忙な人だからなあ」と私はどこか半信半疑。でも、約束通りちゃんと書いてくださいました。感激です。
ベルリンはいまだに生々しく戦争の歴史と向き合っている街でもあります。わずか20年前にこの街を舞台に壁は崩壊したのです。ベルリンの友人である中村真人君が書いた「素顔のベルリン」という本が最近出版されました。ベルリンを愛し、僕と同じようにこの街に惹かれた彼が、長年この街に住み、街の隅々の魅力を深く届けてくれる素晴らしいガイドブックです。ベルリンに来られる方も、旅行気分を味わいたい方も、ぜひ読んでみてください!
(「佐渡裕の題名日記」の「若き大演奏家達」より)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-05-12 23:57 | ベルリンの人々 | Comments(2)

マルティン・レーアさんインタビュー(2)

e0038811_015233.jpg
国際通貨会議での一場面。ケーラー大統領夫妻のすぐ横で

マルティン・レーアさんとのインタビューの後半をお送りします。

そもそも儀典(プロトコール)の規則というのはどのように決められたものなのでしょうか?

もともとは中世の時代、王侯と侯、あるいは別の関係との間にあった規則が、何百年もかけて発展してきたものです。時代の変遷に伴って今でも新しい問いが生まれており、そのため年に1回、ドイツ中で儀典の分野で働いている人々が一同に会して、新しい問題点について協議する機会が設けられています。また、EUレベルでも同様の場があります。

他人に会う際に、レーアさんが心がけていることは?また、他者にいい印象をもってもらうために何かアドバイスをいただけないでしょうか(笑)?

儀典長として、私はとにかくたくさんの人に会う機会があるのですが、その人が助けを必要とするか必要としないか、判断すべき場面がまた多くあります。例えば、大統領と大統領夫人、最初にどちらと握手をするべきなのか、贈り物はどうするのかといったことがわからないと、不安になりますよね。そういった場合、大抵の人は助けや説明を必要とし、またそれに対して喜んでくれますが、一方では自意識が強く、助けはいらないという人もいます。デリケートな問題ではありますが、その方が何を求めているかを即座に見極めるのも私の仕事です。

次のご質問ですが、そうですね(笑)、私が大事だと思うのはオープン(offen)でいることです。つまり、別の何かを演じたり、見せかけたりしないこと。自分を実際以上に大きく見せる必要はないし、かといって小さく見せる必要もありません。オープンで率直だということは、私にとって(他人を見る際の)ポジティブな指標です。

レーアさんの経歴を拝見すると、西ベルリン時代も含めて、職場はほとんど常にベルリンだったようですが、この町への特別な思いはおありですか?

私の人生でベルリンほど長く住んだ場所はなく、この町は私のアイデンティティと強く結びついています。ベルリンがいいと思うのは、まずオープンだということ。異質なものや人でも、すぐに溶け込むことができる土壌が備わっています。ドイツの他の都市や地方で、それは決して当たり前のことではありません。

また、連邦議会や大統領府などの政府機関がボンからベルリンに移ったことで、ベルリンはポジティブな発展を遂げたと感じています。それ以前の、少なくとも西ベルリンには、もちろんすばらしい文化がありましたが、自然に起こったものというよりはどこか人工的な感じでしたからね。

ドイツ再統一後、「大ベルリン」というよりはむしろ、より開かれた街になったのが、とてもいいことだと思っています。それゆえ、ベルリンを離れること、特にベルリンの豊かな文化生活を享受できなくなるのは寂しいですが、ルクセンブルクでヨーロッパのまた新しい側面を見られることを今は楽しみにしています。

e0038811_0153090.jpg
2003年夏、ベルビュー宮殿内を案内していただいた時に撮った1枚

お父様のお仕事の関係で、6歳から12歳までを日本で過ごされていますが、この経験はレーアさんに影響を及ぼしましたか? また、レーアさんにとって日本とは?

私は日本でとても幸せな少年時代を送ることができました。その時からドイツと日本が互いに尊敬し合っていることを子どもながらに感じていました。日本学を専攻した私の父は、留学経験もあって日本語が堪能でした。私も当時は周りの子どもたちと日本語で直接コンタクトを取って、よく一緒に遊んだものです。日独の間にある様々な違いを越えて、私は水を得た魚のようにのびのびとしていました。今でも日本とは多くの接点があり、また定期的に訪れていますが、感心したり驚いたりすることは少なからずあります。例えば、静寂に満ちたお寺がある一方で、騒音にあふれたパチンコ屋がある。それはあまり美しいものではありませんが、そんな両極端なものが、すぐ隣合わせにあることも珍しくない。このコントラストにはわくわくします。今思い出したものだと、四国の直島で出会った豊かな自然と安藤忠雄の素晴らしい現代建築とのコントラストも忘れられませんね。

この4月からはルクセンブルクの欧州司法裁判所に活動の場が移りましたが、どういう任務にあたられるのでしょう?

欧州連合の最高裁判所にあたる欧州司法裁判所で、儀典長として大きな会議や式典などを取り仕切ることが任務となります。また、EU27カ国、日本や韓国、米国といった国々の最高裁との交流も私の仕事と関わっています。欧州司法裁判所は多国間主義の組織なので、EUのすべての加盟国のメンバーから構成される65人の裁判官と法務官がいます。今までは1人のシェフ(上司)だったのが、今度からは65人。また、裁判所での作業原語はフランス語になるので、これも私にとっては大きな挑戦です。

新天地でのご活躍を心より願っています。どうもありがとうございました。
ドイツニュースダイジェスト 5月7日)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-05-09 17:35 | ベルリンの人々 | Comments(10)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング