ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

<   2010年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

フルトヴェングラーの生家

e0038811_20461146.jpg
先日、NHKドイツ語講座の連載「映画で歩くベルリン」の取材でシェーネベルクを歩いていたら、前々から探していたあるものにようやく出会いました。タイトルにある通り、指揮者ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(1886–1954)の生家です。

Uバーンのノレンドルフ広場(Nollendorfplatz)駅の南側にマーセン通り(Maaßenstraße)という賑やかな通りが続いていますが、この一角にあります。写真右手に見えるのが、ノレンドルフ広場の地上駅、左手のビル内には格安の語学学校Hartnackschuleがありますね(私もベルリンに来て間もない頃お世話になっていました。本館はモッツ通りの5番地)。

e0038811_20462378.jpg
フルトヴェングラーの生家はマーセン通り1番ということは知っていたのですが、どうしてもこの番地が見つからない。で、歩き回ってわかったのは、現在のNollendorfplatzの8-9番地にかぶさっているようでした。駅前のスーパーKaiser'sが目印のモダンなアパートがそれです。

e0038811_20455568.jpg
ドアの上のプレートには、「フルトヴェングラーの生家がここにあった」と確かに書かれていました(生まれたのは1886年1月25日)。「ベルリン・フィルの常任指揮者」の他に、「作曲家」だったとも記載されています。フルトヴェングラーは青春期をミュンヘンで過ごすことになるので、実際ここに住んだのはどのくらいの期間だったのでしょうか。

それにしても、フルトヴェングラーの生家が、こんな身近な場所にあったとは!ちなみに、お墓はハイデルベルクにあるそうなので、いつか訪ねてみたいと思っています。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-03-29 14:28 | ベルリン発掘(西) | Comments(16)

ヤナーチェクと私(2) - シンフォニエッタ! -

高校3年生の時、初めて聞いたヤナーチェクの音楽に再び出会ったのは、それから5年後のことだった。大学3年生だった1998年、当時所属していた早稲田大学のオーケストラが、秋期演奏会でヤナーチェクの「シンフォニエッタ」を取り上げることになったのである。このオケは、普段はベートーヴェンやブラームスなどの所謂「ドイツもの」を取り上げることが多かったので、チェコ音楽をやるにしても、「スメタナでもドヴォルザークでもなく、なぜよりによってヤナーチェク?」と私だけでなく他の団員も思ったに違いない。なにせ金管楽器のファンファーレ隊だけで10人ぐらい必要とする曲だ。アマチュアはもちろん、プロのオケでさえ取り上げることはめったにない。それを敢えてワセダの普通の学生が挑もうとしたのは、金管にメンバーが揃っていたのと、翌年ドイツへの演奏旅行を控えていて、その候補曲としての目論見があったからと思われる。

「シンフォニエッタ」はレコード芸術誌の「名曲300選」の類いには入っていたから、存在自体は知っていたけれど、聞く機会はそれまでなかった。自分は乗り番でないし(演奏は4年生中心だった)、当初はあまり興味が持てなかったのだが、練習を聞いているうちにじわじわと惹かれていった気がする。

まず金管のファンファーレがかっこいい。木管楽器のソロも多く、特殊楽器も大活躍する。楽譜を見ればわかるが、変拍子が出てくるなど音楽の構造は相当凝っているのに、聞こえてくるものは素朴で、みずみずしく、作り物めいた感じがまったくしない。同じヤナーチェクでも、後に出会うオペラや弦楽四重奏の世界と違って、ここではどこを取ってもある種「健全な」空気が流れている気がする。冒頭のメロディーを始め東洋的な響きには親しみを感じるし、日本の刑事ドラマの主題歌に使われそうなテーマがいきなり出てきたりして、真面目なのにどこかユーモラス。

「シンフォニエッタ」でもう1つ思い出すことがある。このオケでは夏合宿の最終日に、パートごとに宴会芸を披露するのが恒例となっているのだが(今でもそうなのかな?)、ファゴットパートがこの曲をネタに芸をやったのだった。先輩に1人卓越したコメディアンがいて、彼が振り付けなどを考えたらしい。内容はもうほとんど忘れてしまったが、これが抱腹絶倒で、今でもCDを聞いていてある楽節に差し掛かると、あの時を思い出してニヤリとしてしまう。

そんなこともあって、晩年のヤナーチェクが体育協会のために書いたこの音楽は、襟を正して聞くというよりも、愉快でどこか憎めない友達のような存在になっていた。それは、「シンフォニー」ではなく、「シンフォニエッタ」という響きにも表れている。そして翌年、今度は自分たちがこの曲を演奏する番になった。

(つづく)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-03-27 23:57 | ベルリン音楽日記 | Comments(2)

ベルリン氷雪模様(3)

e0038811_1193733.jpg
クロイツベルクのViktoriaparkにて(2月9日)

しばらく慌ただしくしているうちに、前回の更新から1週間が経ってしまいました。書きたいことがたまっているのですが、まずは「ベルリン氷雪模様」の最終編をお届けします!

e0038811_119218.jpg
このツルツルの路面に何度足を滑らせそうになったか(でも、今年は一度もコケなかったのが自慢)。Kreuzbergstr.にて。

e0038811_0512343.jpg
オーバーバウム橋からトレプトウ方面。これとは全然違うのだろうが、いつか北海道の流氷も見てみたいと思う。

e0038811_119235.jpg
『素顔のベルリン』の裏表紙とほぼ同じアングルから。Warschauer Straßeの坂からオーバーバウム橋を臨む。

e0038811_120918.jpg
S-Bahn Warschauer Straßeの橋の上からテレビ塔方面。ここも好きな眺め(以上、2月8日撮影)。

e0038811_0521013.jpg
2月19日、ようやく雪が溶け出した。クレーンで雪を除去する清掃局の人たち。シェーネベルクのHohenstaufenstr.にて。

e0038811_0523780.jpg
もう冬も終わりだと誰もが思った3月14日、いきなり大雪が襲ってきて、あれには参った。シェーネベルク市庁舎前。

e0038811_0544327.jpg
3月25日のクーダムの様子(このブログでは初めてのモノクロ写真かも)。今日は気温が21度まで上昇。明日の深夜、夏時間に変わります!

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-03-26 18:05 | ベルリンのいま | Comments(8)

ベルリン氷雪模様(2)

e0038811_20553838.jpg
記録的に寒かった冬も、今度の今度こそようやく終わる見込みで、来週末には夏時間に切り変わります。いやあ、長かった。この冬、折に触れて撮ってきた写真を2回ぐらいに分けて、時系列順にご紹介したいと思います。あの冬の日々をもう一度!

e0038811_20555435.jpg
U-Bahnhof Eisenacher Str.にて。正面は使徒パウロ教会(1月10日)

e0038811_20563144.jpg
シェーネベルクのCrellestraßeとHelmstraßeの角(1月10日)

e0038811_21522710.jpg
U-Bahnhof Kleistpark(1月16日)

e0038811_21231192.jpg
ツォー駅にて。Sバーンの車内より(2月8日)

e0038811_21243158.jpg
中央駅に面したフンボルト湾(Humboldthafen)も、ほぼ完全に凍結(2月8日)

e0038811_21241621.jpg
中央駅のホームにて

e0038811_22193456.jpg
2006年の中央駅の開業前、よく定点観測していた橋のたもとに久々に立って、1枚撮ってみました。あれからもう4年が経つのかと思います。

関連記事(4年前はこうでした):
中央駅のいま(12) 「この10ヶ月、こう変わってきた」 (2006-05-20)

(つづく)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-03-19 14:29 | ベルリン発掘(全般) | Comments(8)

NHK「テレビでドイツ語」新開講と新連載のお知らせ

e0038811_17305653.jpg
3月は別れと出会いの季節。新たなことを始めてみたくなる時期でもないでしょうか。昨日、NHK「テレビでドイツ語」の4月号のテキストが私のもとに送られてきました。実は、4月から1年間、このテキストに「映画で歩くベルリン」という連載を持たせていただくことになったので、ここにお知らせしたいと思います。これは文字通り、ベルリンを舞台にした映画を取り上げて、そのロケ地や縁のある場所を紹介するというシリーズです。第1回目は「マレーネ・ディートリッヒ」。観光案内的な要素も加えているので、1年間お付き合いいただけると幸いです。

このNHK「テレビでドイツ語」ですが、テキストの表紙を見ていただければわかる通り、テーマがベルリンなのです。2009年の前期もベルリンでしたが、それとは別内容。「ベルリンでエコな暮らし!」と題し、家探しから始まって、実際にベルリンに住んでみようという講座です。ぱらぱらめくっているだけでも、これがとても楽しい。完全にゼロの知識から始められますし、中級向きのページもあります。さらに、ベルリンのアパートやWG(ヴェーゲー)についてのコラムがあったり、他の連載も久保田由希さんの「ベルリンからの小さな旅」、「スイスってこんな国」(小山千早さん)、「名作に原書でチャレンジ」(増本浩子さん)など多彩なラインナップで、これで380円は安い!と思ってしまいます。講師は吉満たか子さん。ナビゲーターは原沙知絵さん。18日発売です。

大学でドイツ語を教えている友人や恩師などと話すと、「最近ドイツ語を選択する学生が減ってしまって・・・」と何かと明るい話題を聞かないのですが(苦笑)、ドイツ語を学ぶといいことや楽しいことはたくさんあります。この「テレビでドイツ語」(もちろんラジオの「まいにちドイツ語」も)をきっかけにドイツ語学習人口が少しでも増えればいいなと願っています。一緒に勉強しましょう!

P.S.
ベルリン講座の副読本として「素顔のベルリン」もよろしくお願いします^^)。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-03-17 12:00 | ドイツ語関連 | Comments(27)

建設が進むツォーフェンスター

e0038811_8352594.jpg
ベルリンの大きな工事現場というと、昔壁があった境界線沿いや旧東というイメージが強いですが、最近はかつての西ベルリンの中心地も盛んになってきています。数日前、そばを通りかかったら大分建設が進んできていて、思わずカメラを取り出して何枚か収めておきました。

e0038811_8383537.jpg
その場所とはツォー駅前の、ハルデンベルク通りとカント通り、ヨアヒムスターラー通りがちょうどぶつかる三角地点。カイザー・ヴィルヘルム記念教会のすぐ西側になります。ここに以前何の建物があったのか、もう思い出せなくなっています。

e0038811_841315.jpg
では何が建つのかというと、Zoofensterという名の118メートルの高層ビルで、高級ホテルやオフィス、アパートなどがこの中に収まる予定だそう。ベルリンにまた1つ、しょうもない(というと語弊がありますが)商業施設が増えることになります。もっとも、そう感じているのは私だけではないようで、モルゲンポスト紙はこちらの記事で「シティウェストでもっとも醜く、同時にもっともVIP級の領域に向けて建設が動き出した」と書いています。

e0038811_83695.jpg
そういえば、ツォー駅のすぐ裏手に欧州最大級の観覧車を造るというプランがあるのですが、最近とんと聞かなくなりました。不況の影響で、ホテルや商業施設の建設プランがいくつか取りやめになったという記事を今年に入って読んだので、ちょっと気にはなります。
ツォーフェンスターは来年初頭に完成予定。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-03-16 01:21 | ベルリン発掘(西) | Comments(0)

国際シンポジウム『MISHIMA! 』のご案内

ベルリンの日独センターから今週開催の国際シンポジウムのご案内をいただきました。テーマは『MISHIMA! その国際的インパクトと複合文化的源泉』。こちらから詳細の内容を見ることができますが、ドナルド・キーン、三浦雅士、平野啓一郎、横尾忠則などなど、ゲストの面々がすごい。私もかなり興味を抱いています。以下は同センターのHPより。


国際シンポジウム『MISHIMA! その国際的インパクトと複合文化的源泉』

開催予定日: 2010-03-18 - 2010-03-20
会場: ベルリン・ブランデンブルク学術アカデミー、ベルリン自由大学
協力機関: ベルリン・ブランデンブルク学術アカデミー、ベルリン自由大学


 三島由紀夫は今でも、日本を代表する文学者として世界中から認められている。その死から現在に至る何十年かの間、三島という名は、世界における日本文学・文化の受容のかたちに影響を与え続けてきた。しかし、そんな三島の影響を比類ないものにしているのは、彼が世界中の芸術家や知識人達に与えてきたインパクトのためでもある。三島はあらゆる形で、映画、演劇、バレー、オペラ、文学など多くの分野の芸術家に刺激を与えてきたのである。日本においても最近、この作家への新たな関心の増大を見ること出来る。三島は存命中、“高度な文化”とサブカルチャーの間を自由に行き来し、そこにある多くのジャンルを使いこなしていたが、長い間、過激な反動作家と見られてきた三島が、今では“クール”な日本を象徴しているのだろうか?一体、三島の何が世界中の芸術家達を魅了したのか?三島の創造性の源泉はどこにあるのだろう?

 三島由紀夫のセンセーショナルな自死から丁度40年。この会議は、三島由紀夫という文学者の魅力、同時にその問題性を掘り下げることを目指して開催される。集まった一般聴衆を前に、三島文学がこれまで国際文化の世界へ与えてきたものへの反響を具体的に紹介しようとするのが、会議の前半である。会議の後半は、学術的性格のより強いものとなり、ヨーロッパやアジア文学・文化と三島の作品の関連について、世界各国の研究者達が発表する。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-03-15 18:30 | ベルリン文化生活 | Comments(0)

ベルリン地下鉄の怪

e0038811_19513979.jpg
ベルリンの地下鉄は地上を走ることもかなり多いのですが、私の好きな車窓の1つに、U1のKurfürstenstr.の地下の駅を出てしばらく、突然視界が開けてポツダム広場方面が一望できる場所というのがあります(写真は2007年8月撮影)。

e0038811_1952198.jpg
戦前、ポツダム方面へ行く列車の操車場だったこのスペースは、いまもその名残が残っています。この奥に打ちっぱなしのゴルフ場があったのですが、昨年初頭ゴルフ好きの知人をお連れしようと思って行ったら、いつの間にかなくなっていました(笑)。現在この一帯は大規模な公園として整備している最中なので、もともと一時的なものだったのでしょうね。

関連記事:
天使の降りた場所(12) - 都心の中の無人地帯 - (2006-10-16)
100年の重みに耐えた橋 - 天使の降りた場所(13) - (2006-10-18)

e0038811_19523998.jpg
さて、本題はここから。先ほど「U1のKurfürstenstr.の地下の駅を出てしばらく、突然視界が開けて」と書きましたが、その境の場所に行ってみると、こんな風になっているのです。地下鉄のトンネルがアパートに丸ごと突っ込んでいるという何ともシュールな光景。これはベルリンに詳しい友達から聞いた話なのですが、左に見える鉄橋と次のKurfürstenstr.駅とは標高差が19メートルあるとのこと。高さ10メートルの鉄橋から、山もないのにいきなりトンネルに入るというのは、考えてみたらあり得ないわけです。電車はアパートとその中庭を突き抜けて、徐々に下って行くというトリックなのでした。この路線が造られた100年前、今よりも地下が高かったことへの苦肉の策だったようですが、今のところこれ以上のことは知りません。

e0038811_19525772.jpg
近くに寄ってみるとさらに迫力があります。そのアパートの入り口にはごく普通に表札がかかっていましたが、地下鉄がすぐ真下を通るアパートに住むのって、どういう気分なんだろうねえ。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-03-12 12:48 | ベルリンあれこれ | Comments(11)

ヤナーチェクと私(1) – 最初の出会い -

e0038811_2156791.jpg
例えば、バッハやベートーヴェンの音楽を生まれて初めて聞いたのはいつだっただろうかと振り返ってみても、「いつの間にか出会っていた」としか言いようがない(モーツァルトは少し別なのだが、それはまたいつか)。だが、レオシュ・ヤナーチェクの音楽に関して言えば、間違いなくあれが最初の出会いだったと振り返れる日がある。

1993年の初夏、ベルリン・フィルのコンサートマスターだった安永徹さんが夫人のピアニスト市野あゆみさんと横須賀市の文化会館でデュオリサイタルを開いた。当時高校3年生だった私は、両親と聞きに出かけた。チケットは確か一律1000円だったが、それでもお客さんの入りは6割ぐらいと記憶している。

プログラムは、ベートーヴェン、ヤナーチェク、フランクのヴァイオリンソナタ。いずれも初めて聞く曲だった。ベートーヴェン(確か『春』だったと思う)は、当時すでにベルリン・フィルの大黒柱として活躍されていた安永さんの美しいヴァイオリンの音色にうっとりとさせられた。フランクのヴァイオリンソナタは、第2楽章の情熱的な歌い回しと派手な終わり方がかっこよく、確かプログラムに「曲はここで終わりではないので、うっかり拍手してしまわないように」などと地元のお客さん向けに書かれていた(笑)。それはともかく、フランクのソナタは今でも大好きな音楽で、うまいヴァイオリニストのリサイタルの演目にこの曲が並ぶと、食指が動く。

で、ヤナーチェクなのだが、とにかく不思議な音楽だなあと思った。リズムも節回しも、ベートーヴェンともフランクとも全然違う。(抽象的な言い方だけれど)聞いている間の時間の流れ方さえもが違うように感じられた。中でも印象に残ったのが4楽章。ピアノの旋律をさえぎるかのように何度も出てくるヴァイオリンの鋭い動機は、強く心に刻まれた。全体的に強い緊張感がみなぎっている一方、冒頭のヴァイオリンのむせび泣くようなメロディーなど、どこか東洋的で、なつかしい気持ちにもなった。

初めて聞いたヤナーチェクの音楽、好きとも嫌いとも思わなかったが、私の中で何かが残ったのは確か。とはいえ、それからCDを買ってじっくり聞いてみるようなこともなく、年月が過ぎていった。ヤナーチェクの音楽に再び出会ったのは、その5年後だった。

(つづく)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-03-07 13:51 | ベルリン音楽日記 | Comments(11)

街角にやって来たベルリナーレ

e0038811_80577.jpg
U7 Eisenacher Str.にて(2月19日)

ベルリン国際映画祭(通称ベルリナーレ)で、例年最も注目を浴びるのはコンペ部門であり、メイン会場「ベルリナーレ・パラスト」の赤じゅうたんを歩く世界中から集まったスターたちです。とはいえ、ベルリナーレを世界3大映画祭たらしめているのは、聴衆の大部分を占めるベルリンっ子たち。今年60回目を迎えたベルリナーレでは、そんな地元の映画ファンにあるプレゼントが用意されました。“Berlinale Goes Kiez”というシリーズです。

「キーツ」とは、自分が住む界隈のことを(時に愛着を込めて)呼ぶ際、ベルリンでよく使われる言葉。最新の設備を備え、ハリウッド系の大作を中心に上映する大きな映画館(いわゆるシネコン)だけではなく、規模はずっと小さいながらも、地元の人々と共に歴史を歩んで来た、いわば街角の映画館がベルリンにはいくつも存在します。

“Berlinale Goes Kiez”では、映画祭の期間中、毎日1カ所キーツの映画館が選ばれ、そこで2本の映画が上映されました。コンペ作品もあれば、ノイケルンの映画館では『Neukölln unlimited』、ケーペニックの映画館では旧東ベルリンを舞台にした新作『ボックスハーゲナー広場』といった風に、それぞれの地域に縁のある作品が取り上げられることも。ヴィム・ヴェンダース、カトリン・ザース、トム・ティクヴァなど、毎回異なるゲストが登場してキーツの映画館への思い入れを語ったり、監督や出演者が顔を揃えたりしたのは、やはり国際映画祭ならではと言えるでしょう。ベルリナーレの雰囲気が近所の小さな映画館でも味わえるということで、ほぼすべての上映が完売という盛況ぶりでした。

e0038811_7515188.jpg
赤じゅうたんが敷かれたキャピトル・ダーレム前

そんな中、私も1本だけこのシリーズを体験することができました。ダーレム地区にある「Capitol Dahlem」は、戦前の古い邸宅を改造して作られた座席数160席ほどの映画館。そこで、トルコ人のセミ・カプラノグル監督による『はちみつ』(Bal)という作品を観ました。これは『卵』『ミルク』に続く、同監督の3部作の最後を飾る作品で、アナトリアの山岳地方で養蜂業を営む父と7歳の息子をめぐる物語です。台詞はとても少ないのですが、詩情の豊かさと卓越した映像美に魅せられました。

e0038811_7522377.jpg
「この作品が人間と自然の関係を考えるきっかけになれば」と舞台挨拶をするカプラノグル監督

ご存知の方も多いと思いますが、この『はちみつ』は、記念すべき第60回のベルリナーレで金熊賞に輝きました。ドイツでの一般公開もそう遠くない先に始まるでしょう。この佳作が多くの人々の心に届くことを願っています。
ドイツニュースダイジェスト 3月5日)

e0038811_803094.jpg
冒頭のベルリナーレのポスター、近寄って見ると、過去60回の上映作品がぎっしりと印刷されていた。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-03-05 23:57 | ベルリン文化生活 | Comments(2)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング