ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

<   2010年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

コンクリートになったオストクロイツ駅

e0038811_23525033.jpg
Berlin Ostkreuz(2月25日)

先週、ケペニックに行った帰り、久々にオストクロイツ駅に通ったら、風景が激変していました。考えてみたら、最後にこの駅の様子をお伝えしてから1年になるんですね。というわけで、ベルリン好きにはファンが多い(?)、オストクロイツ駅の最新の様子です。

e0038811_2341587.jpg
ここ半年の最大の変化といえば、環状線の古いホームと土台部分が完全に解体されたことでしょうか。渋い色の赤煉瓦が織りなす風景は、ほぼ完全に過去のものとなりました。

e0038811_2340431.jpg
この跨線橋から眺める(奥の)ホームで電車を待つ人々の様子を、私の知人は「アンゲロプロスの映画のワンシーンのようだ」と評していましたが、全てがコンクリート製になってしまうと、何とも味気ないものですなあ。

e0038811_23412713.jpg
一方では、おそらく余命わずかながら、残された古い建物も。

e0038811_23415433.jpg
ゾンターク通り側出口付近の「Schnellinbiss」と書かれた昔のインビスの建物もまだありました。

e0038811_23421536.jpg
記録用にもう1枚。この小さな建物をめぐっては、「黄昏のオスト・クロイツ駅」に書いてくださった方のコメントが興味深いです。

e0038811_23431062.jpg
写真奥の鉄橋も、昨年夏以来、列車はもう走っていません。着々と変貌を遂げる駅の横を、ICEが通り過ぎて行きました。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-02-28 17:37 | ベルリン発掘(東) | Comments(8)

ポツダムのアルター・マルクト広場

e0038811_5395669.jpg
Alter Markt Potsdam (2008年12月4日)

先日書いた「ポツダムへの道(1) - もう1つの王宮再建 -」の続きとして、かつて王宮があったアルター・マルクト広場(Alter Markt)を紹介したいと思います。

アルター・マルクトは「旧市場」の意で、戦前の写真を見ると、いくつもの市が並び、ポツダムの台所だったことを伝えてくれる。もともとは、18世紀半ば、フリードリヒ大王がイタリアの広場(Piazza)にならって造り変えたこの広場。第2次世界大戦末期の空爆とDDR時代を経て、かつての華やかさはすっかり消えてしまった。いま広場の中央に立って南側を見ると、こんな風景が広がっている。右側が王宮の跡地、ぽっつりと建っているのは東独時代のビル(現メルキューレ・ホテル)、左側の丘に突き出ているのが現在のブランデンブルク州議会だ。

e0038811_5401499.jpg
アルター・マルクトで一際目立つ建築物が2つある。1つは広場に面したかつての王宮の厩(Marstall)だ。1685年に建てられ、18世紀半ばに拡張されて今の姿になった。現在は映画博物館(Filmmuseum)として使われている。王宮が再建されたら、この厩とどういう調和を見せるのか、楽しみではある。

e0038811_5404169.jpg
もう1つの目立つ建物は、やはりシンケルが設計したニコライ教会だろう。神殿を思わせる古典様式のこの教会が1837年に建てられた当時は、てっぺんのドームはなく、平べったい形だった。78メートルのドームが完成したのは、シンケルの没後だったという。

e0038811_5405316.jpg
広場中央に立つ大理石のオベリスクは、1979年に再建されたもの。

e0038811_541954.jpg
旧市庁舎(ちょうど改装中だったので写真はなし)の2つ隣のクノーベルスドルフハウス(Knobelsdorffhaus)は、その名の通り、建築家ゲオルグ・ヴェンツェスラウス・フォン・クノーベルスドルフ(1699-1753)の作品。

ベルリンとポツダムで、この人が残した建築は一体いくつあるのだろう。代表的なものだけでも、ベルリンの州立歌劇場、聖ヘトヴィヒ大聖堂、シャルロッテンブルク宮殿の拡張、ポツダムの王宮の改築、そしてあのサンスーシ宮殿・・・。

グリーンのファサードは、かつては輝いていたのだろうが、近付いて見ると至るところで表面が剥がれ落ちていた。王宮も含めて、ポツダムの中心部がよみがえるのは、まだしばらく先になりそうだ。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-02-24 23:41 | ドイツ全般 | Comments(0)

ベルリン・ブランデンブルク空港のいま

e0038811_759769.jpg
人里離れたBBI-Infotowerのバス停(1月18日)

昨年12月、シェーネフェルトに2011年10月末開港予定の新空港の正式名称が、「ベルリン・ブランデンブルク空港」(Berlin Brandenburg Airport)に決まり、さらに愛称として元西ドイツ首相ヴィリー・ブラントの名前が冠せられることになりました。現在は“BBI”の略称が用いられていますが、開港後の空港コードは、シンプルに“BER”となることが見込まれています。

ところで、現在行われているヨーロッパの空港工事の中でも最大と言われるこの新空港の工事現場を、きれいに見渡せるスポットがあるのをご存知でしょうか?先日、その「BBIインフォタワー」に足を運んできました。

e0038811_7592761.jpg
未来的なフォルムのインフォタワーは、毎日10~16時の間オープン

Sバーン46号線の終点に近いグリューナウ(Grünau)駅で降り、263番バスに乗ります。この路線、平日は1時間に1本(毎時14分)しか出ていないので、ベルリン交通局(BVG)のHPで事前に調べてから行かれることをお薦めします。バスが住宅地を通り過ぎて森の中に入り、いったいどこまで行くのだろうと不安になり始めた頃、視界が開けて遠くに巨大なクレーンが見えてきます。終点のBBI-Infotowerで降りると、そこは完全に人里離れた場所。特異にねじれた形のインフォタワー以外には何もありません(帰りのバスの時間をチェックするのもお忘れなく)。

e0038811_801755.jpg
建設中の旅客ターミナル。手前の広大なスペースの地下は鉄道駅になる

入り口で入場料2ユーロを払って、らせん階段かエレベーターで上ります。32メートルの塔のてっぺんからは、一面雪に覆われた銀世界のすばらしい眺望が楽しめました。塔内に展示されている空港の設計図を頭に入れて眺めると、サッカー場2000個分と言われる広大な敷地にこれから建つ予定のものをより具体的にイメージできるでしょう。クレーンがいくつもそびえる一番大きな工事現場は旅客ターミナル。今年前半には上棟式が行われる段階まで進みます。展望台に設置された双眼鏡らしきものを覗いてみると、そこには見た先の未来映像が広がっていました。タワーの入り口ホールには完成後のシミュレーション映像が流れ、中央駅から電車で空港の地下へ到着し、荷物チェックを受けるところまで想像できました。私が夢見たのは、将来ここから日本への直行便が飛んで、ベルリンとの距離が縮まることです。

e0038811_85930.jpg
隣接するシェーネフェルト空港

素人目には、果たしてこのペースで来年の秋までに完成するのだろうかとも思いましたが、一度はここに来られることをお薦めします。天気の良い日にはテレビ塔方面まで望めるそうですし、何よりベルリンの未来予想図がリアルに感じられるはずです。
ドイツニュースダイジェスト 2月19日)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-02-19 00:07 | ベルリン発掘(全般) | Comments(6)

Darumaのカツ丼、再び!

e0038811_2532589.jpg
もう2年近く前になりますが、「ベルリンでカツ丼が食べたくなったら・・・」というエントリを書いたところ、結構な反響があり、いまだに「ベルリン カツ丼」のキーワードでこのブログにたどり着く(?)方が毎月何人かはいらっしゃいます(笑)。現地に住む方か旅行者かはともかく、日本人にとって「カツ丼」の威力というのは恐ろしいものですね。

昨年の初頭だったか、久々にDarumaに行ったら、「2人ともそろそろ歳なので、引退したいと思っているんです。いま後継者を探しているところです」とおかみさん。正直、もうこのカツ丼も食べられなくなるのではないか、そんな不安もよぎったんですが、杞憂に終わりました。その数ヶ月後、こちらでのコック歴の長い梅坂さんご夫妻が引き継いでくださったからです。しかもうれしいことに、メニューも値段も、私の見た限りではほぼそのまま。

先日、久々にお邪魔し、店主が変わってから初めてカツ丼をいただきました。つやつやした半熟の玉子がいやが上にも食欲をそそります。実際、味は最高でした^^)。以前のものも十分おいしかったのですが、梅坂さんはさらに改良を重ね、日本人好みの味を意識されたとのこと。すばらしい…。レジの横に置いてある奥さん手作りのどら焼き(1ユーロ)にもつい手が伸びてしまいましたが、こちらも美味。

新装Darumaの営業時間は以前より少し延びて、土曜日も開いています。もちろんメニューはカツ丼だけではありませんが(個人的にはだるま弁当も一押し)、やはり時々食べたくなるカツ丼、よかったらぜひお試しください。

Daruma
Uhlandstrasse 61 (U3 Hohenzollernplatzから歩いてすぐ)
10719 Berlin
Tel. 030 - 873 61 31
Fax 030 - 873 50 05
月-金 12.00-20.00
土 12.00-18.00

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-02-17 21:20 | ベルリンあれこれ | Comments(15)

ポツダムへの道(1) - もう1つの王宮再建 -

e0038811_6511848.jpg
ベルリンからポツダムに入る方法は大きく分けて2つある。1つはオーソドックスに鉄道で行く場合だ。モダンなポツダム中央駅で降り、徒歩かトラムでハーフェル川に架かるLange Brückeという大きな橋を越えると、この風景が目に飛び込んでくる。

e0038811_6513396.jpg
近くに寄ってみると、昔ここにあった建物の地下部分ということがわかる。巨大な遺跡現場だ。初めて見た時、これは一体何だろうと、私は写真を撮りまくった。

e0038811_784676.jpg
このAlter Marktという広場には、かつて王宮があった。かのフリードリヒ大王の時代の1744年から51年にかけて、建築家クノーベルスドルフの設計によって建てられたバロック様式の王宮である。第2次世界大戦末期に爆撃を受け、1959年に東独政府によって爆破された。このあたりの経緯は、ベルリンの王宮と非常によく似ている。

e0038811_79087.jpg
それがこの度、オリジナルの様式に倣って再建されることになった。完成の暁には、現在、中央駅南側の丘の上にあるブランデンブルク州議会が、ここに移る予定だ。とはいえ、ベルリン王宮の再建同様、再建方法や使用用途をめぐって、そこに至るまで長い道のりがあった。歴史的な王宮を再建するとなると、当然大変な費用がかかる。そのため、一旦はモダン建築にすることで決まったのだが、市民団体をはじめそれに対する反対の声も強かった。こういう状況の中、Hasso Plattnerというソフトウェア会社が2000万ユーロという巨額の寄付を申し出たことで、王宮再建の方向に一気に傾くことになったのである。

e0038811_6514569.jpg
2008年12月4日の様子。正面のドームは、19世紀前半シンケルが設計したニコライ教会。ローマのサン・ピエトロ大聖堂をモデルにしたものらしい。左隣のDDR時代に建てられたプラッテンバウは、今となっては何ともみすぼらしい。ニコライ教会の右隣の覆いがかぶさっているのが、旧市庁舎。

e0038811_6521041.jpg
ほぼ同じアングルから、2009年10月9日の撮影。旧市庁舎の覆いが外され、よく見えるようになった。

e0038811_6533974.jpg
しばらくの間ずっと工事中だったトラムの路面も最近新しくなった。ポツダムの王宮再建は間もなく始まり、2013年には完成する予定。ベルリンだけでなく、ポツダムもいま大きく変わろうとしている。

関連記事:
ポツダム再発見! (2008-12-17)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-02-14 00:38 | ドイツ全般 | Comments(4)

ちゃりんこ旅日記(4) - 13日目に九州へ上陸 -

e0038811_9241760.jpg
11日目は広島。原爆ドームと厳島神社、世界遺産を2つも見学してしまい、贅沢な一日になった。次の日の朝は山口県の東端、岩国市にある錦帯橋に立ち寄った。1673年に作られた錦帯橋は、当時の岩国藩の土木技術の高さを物語っていた。美しい見事なアーチで、川への反射がまたきれいだ。

e0038811_9244014.jpg
そして、ついに13日目の昼。下関は壇ノ浦にやってきた。目の前に関門大橋があり、すぐ先に見えているのは、紛れもなく九州の大陸だ。「ついに着いた…」。当たり前のことだが、横須賀から九州まで、一本の道でつながっていた。自分の家の目の前にある道は、途切れることなく九州までつながっていた。地図で見れば当たり前のことだ。でも、一生のうちでそれを確かめる人が、どれくらいいるだろうか。

これまでの全走行距離は1250km。あまり実感はわかなかったが、確かにぼくはここまで自転車だけでやってきた。「バカだなぁ。新幹線なら5時間で着くのに」なんて言う人もいるかもしれない。でも物事は一長一短。時間をかけたから得られた経験もある。新幹線や飛行機では寝てても着いてしまうが、自転車を漕いでいる間は寝ることができない。だからぼくは、途中にある全ての道を自分の目で確かめながらやってきた。日本の約半分の距離を、自分の体で走った。日本の大きさがどれくらいなのか、感覚として体に刻み込まれた。これはどんな億万長者にも買えない財産だ。

さて、旅は前半戦を終えた。ツール・ド・西日本の伝説はここから始まる。さあ、九州一周編のスタートだ!


(現時点で「はまかぜ新聞」に掲載された原稿はここまでです。続きはまた折に触れて紹介させていただきます)

作者である弟のブログはこちらより:夢!冒険!ちゃいにっき!

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-02-13 01:31 | ニッポン再発見 | Comments(0)

ちゃりんこ旅日記(3) - 5日目〜11日目まで -

横須賀を出て5日目、滋賀県・彦根から琵琶湖沿いに南下。琵琶湖大橋を渡って大津を通り、ついに京都にたどり着いた。その8月16日は、偶然にも大文字焼きが行われる日であった。京都五山で炎が上がり、お精霊(しょらい)さんと呼ばれる死者の霊をあの世へ送り届けるとされる、夏の京都の名物行事である。ぼくはニュースでしか観たことがなかったが、幸運にもこの目で観ることができた。

6日目は兵庫県の三田市に泊まり、7日目は姫路へ向かう。閉館10分前、超ギリギリで姫路城に着いた。世界遺産の姫路城は圧巻の大きさ。この旅では色々な城を訪れたが、やはり姫路城が一番見応えがあった。 

e0038811_7421228.jpg
続く8日目は午前中だけで90kmを走る快走を見せ、お昼過ぎに岡山駅に到着。午後は岡山城と日本三大庭園の一つである後楽園を観光。9日目は少しコースから離れ、フェリーで瀬戸内海に浮かぶ直島を半日観光。ここは香川県である。島全体にアートが散りばめられた直島は、大学の友達に勧められてぜひ行こうと思っていた。島の様々なところに巨大なオブジェや、不思議な美術館が置かれている。安藤忠雄が設計した「地中美術館」で観た、壁一面のモネの「睡蓮」には心底感動した。

e0038811_7424036.jpg
11日目。尾道の浄土寺山展望台から見た景色は絶景だった。船が行き交う尾道水道。やはり横須賀で育ったぼくには海が落ち着く。

毎日この上ない快晴が続いている。この頃は既に筋肉痛は無くなり、旅の「流れ」に乗った感覚が確かにあった。ハンドルに取り付けたメーターは、もうすぐ1000kmを超える。

(つづく)

作者である弟のブログはこちらより:夢!冒険!ちゃいにっき!

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-02-11 23:48 | ニッポン再発見 | Comments(0)

ちゃりんこ旅日記(2) - 初日〜4日目まで -

台風9号が過ぎ去った8月12日。旅は幕を開けた。「自転車だけで無事に九州までたどり着けるのだろうか」。

そんな不安や緊張も、青い空と海を見ながら湘南海岸を走り抜けるうちに次第に消えていった。お昼前に小田原に入り、本州で一番の難所である箱根の山登りも、自転車を降りることなく一気に頂上まで登り詰めた。初日は133kmを走り切り、静岡県の富士市までやってきた。

e0038811_8484586.jpg
疲労と筋肉痛と猛暑に泣かされながらも、2日目(~浜松)、3日目(~知多半島)も無事に乗り越える。4日目は名古屋からのスタート。木曽川沿いに北上し、岐阜県に突入。途中、『養老の滝』という看板。「確か、滝の水がお酒になったという伝説の滝だ」。いつか古文の授業で習ったのを思い出した。「本当にあったんだ…。行ってみたい」。寄れば大きなタイムロスになる。でも行かないで後悔するのはイヤだ。「もうどうにでもなれ。何でも見てやろう」。そんな気持ちで行った。自転車を降り、しばらく山を登ると轟音と共に見えてきた養老の滝。そのあまりの迫力に目を奪われた(来て良かった!)。

再び勢いよく自転車を漕ぎ出し、関ヶ原の決戦場跡で天下を獲った気分に浸り、米原で見たピンク色の夕日に感動する。それらの興奮がパワーに変わり、自転車のスピードは更に上がる。19時半、なんとか滋賀県は彦根に到着。汗と疲れを洗い流しに銭湯へ行くと、人々の話し声はいつの間にか関西弁に変わっていた。「あぁ、ついに西日本に来たんだな」と実感。4日目までの総走行距離は460km。明日は西の都、京都。いよいよツール・ド・西日本は本編を迎える。「旅は寄り道」、そう感じた想い出に残る一日だった。

(つづく)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-02-10 23:57 | ニッポン再発見 | Comments(0)

ちゃりんこ旅日記(1) - 旅立ちにあたって -

『ベルリン中央駅』の読者のみなさん、はじめまして。
中村真人の弟、中村洋太です。
現在早稲田大学の3年生で、就職活動を行っているところです。

ぼくは去年の夏に、「ツール・ド・西日本」と題し、自転車で西日本を一周しました。1ヶ月間で2700kmを走行し、旅先での数々の出会いと共に、人の優しさを知り、思い出に残る一人旅となりました。

さて、旅が終わってからずいぶん時間が経ちましたが、今回はそのときの旅をテーマに、ご縁があって地元紙(はまかぜ新聞)に連載を書かせていただくことになりました。
月に一度の小さな連載ではありますが、自分の旅を振り返り、そこで感じた大切なことを思い出す良い機会となっています。

現在はブログもできるだけ毎日更新しているので、少し覗いていただけたら幸いです。「ツール・ド・西日本」の日記も、ブログで見ることができます。


実は、今年の夏に自転車でヨーロッパを一周しようと思っています。

現在は先の見えない不安な時代で、「やりたいことをやる」という当たり前のようなことでさえ、何かと理由をつけて諦めてしまう人も少なくないと思います。
しかし、そんな時代だからこそ、ぼくはリスクを負ってでも挑戦したい思っています。

今のぼくには、その資金もないし、時間が確保できるかもまだわかりません。しかし、「お金がないから」、「時間がないから」と、できない理由を考えていても何も始まりません。「どうしたらできるか」と実現に向けて少しでも前向きに考えることにしています。

自分の挑戦を通じて、ひとりでも多くの人が、「自分も何か挑戦してみよう」と感じてくれたらこの上ない喜びです。

まだ実現できるかわかりませんが、やれるだけの努力をしますので、よかったらご応援よろしくお願いいたします。

中村洋太

---------------------------------------------
そういうわけで、弟のことを応援してやりたい気持ちもあり、「ベルリン中央駅」でも彼の旅行記を掲載させてもらうことにしました。以下がその第1回目です。若さゆえの生意気な箇所もあるかもしれませんが、折に触れて読んでやっていただけると幸いです。中村真人
---------------------------------------------

はじめまして。追浜高校出身で、現在早稲田大学3年の中村洋太です。ぼくは高校1年のときに「ツール・ド・フランス」という世界最高の自転車レースをテレビで見て、自転車競技に興味を持ち始めました。それ以来、ロードバイクというタイヤが細くスピードの出る自転車を購入し、家から高校まで片道15kmの道のりを自転車で通っていました。

この夏休み、ぼくは一ヶ月間の一人旅に出ました。「ツール・ド・西日本」と題し、自転車だけで横須賀から九州まで行き、更に九州を一周して帰ってきたのです。全走行距離は2700kmを超え、旅行中更新し続けていたブログは日に日にアクセス数が増え反響を呼びました。

飛行機も電車も車もバイクもある中で、なぜわざわざ自転車で行ったのか。それは自転車が唯一、自分の力で行くことができる乗り物だったからです。坂道はもちろん辛い。でも乗り越えたときの達成感は他の乗り物では味わえません。また、もし横須賀から鹿児島まで自力で行けたら、日本の大きさの約半分の距離を走ったことになります。ぼくは日本がどのくらいの大きさなのか、体で感じてみたかったのです。

e0038811_6105748.jpg
台風9号が過ぎ去った8月12日の朝6時、両親に見送られていよいよ横須賀を出発。しかし、最初のペダルを漕ぎ出した瞬間、言葉を失いました。(お、重い…)テントを始め多くの荷物を積んでいるので、二人乗りしているような感覚。両親に手を振り返すも、自転車は右へ左へふらふら。少しでも気を抜くとバランスを崩して倒れてしまいます。「無事に九州までたどり着けるだろうか」「そもそもこんな自転車で箱根の山を登りきれるんだろうか…」

不安は山済み。しかし後には引き返せません。こうして、中村洋太のツール・ド・西日本は幕を開けたのです。

(つづく)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-02-09 22:27 | ドイツから見た日本 | Comments(0)

ベルリン氷雪模様

e0038811_4411469.jpg
最近撮った中から、ベルリンの雪の風景をお届けしたいと思います。1枚目はフリードリヒ通り駅前のヴァイデンダム橋にて。無数に砕けた雪塊が荒涼とした風景を形作っています。

e0038811_4415092.jpg
それに比べると、シュロス橋(Schloßbrücke)から見た川面の氷は、板チョコみたいでおいしそう(笑)。

e0038811_4443863.jpg
最近、歩道はもちろん、階段を上り下りするのは本当にこわい。ここ数日は路面が完全に凍結して、怪我人が続出しているそうです。皆さんもお気をつけて。北駅(Nordbahnhof)にて。

e0038811_4435646.jpg
この天気でも、巨大クレーンは回り続ける。北駅前に建設中のビルは、大分形になってきました。

e0038811_4432034.jpg
ベルナウアー通りの壁記録センター近く。この先には誰も足を踏み入れないので、雪面がまっさらできれいでした。

e0038811_5135336.jpg
最後にプレンツラウアーベルクのKopenhagener Str.にて。歩道を歩いていると、アパートの屋根から雪塊が落ちてくることがあるので、こちらも要注意です。私も最近、深夜歩いていたら、首根っこにそれが直撃し、すごい衝撃が。何が起きたのかと一瞬パニくりました。幸い首の痛みはその後消えましたが、もしもつららが頭に落ちていたらと思うと、ぞっとします。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-02-07 22:37 | ベルリンのいま | Comments(12)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング