ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

<   2009年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

「壁とベルリン」第6回 - ゲッセマネ教会の英雄交響曲 -

e0038811_891449.jpg
ベートーヴェンの交響曲第3番の浄書総譜表紙(Wikipediaより)

11月2日、旧東側のプレンツラウアーベルク地区のゲッセマネ教会で、「非暴力への記念コンサート」と題する入場無料の公演が行われた。演奏は、ダニエル・バレンボイム指揮のシュターツカペレ・ベルリン。このコンサートは、20年前のある出来事を思い起こさせるものだった。

1989年の秋、ゲッセマネ教会は、平和と東独政府の改革を求める人々の牙城となっていた。50万人以上が集まったと言われる、11月4日のアレクサンダー広場でのデモのわずか翌日、緊迫した状況の中、シュターツカペレ・ベルリンがこのゲッセマネ教会で「非暴力コンサート」を行った。演奏されたのは、ベートーヴェンの交響曲第3番「英雄」だった。

「寛容を要求するならば、まず自分が寛容でなければならない」というオーケストラのチェリスト(当時)、ホルスト・クラウゼの20年前のスピーチが、満員の聴衆の前で再び読み上げられた。「私が当時何を話したか、ほとんど何も思い出せないのですが、あの時感じた恐怖ははっきりと覚えています。前日に大きなデモがあったとはいえ、権力はまだ党の側にありました。その夜がどのような形で終わるか、誰にもわからなかったのです」。そういう状況下、指揮をしたロルフ・ロイターは聴衆に向かってこう言った。「壁はなくならなければならない!」。クラウゼは息が止まりそうになったという。11月9日の4日前にして、まだ誰も頭に描いていなかった言葉が発せられたのだ。

「このコンサートを指揮することは私にとって大変名誉なことです。なぜなら20年前のあのコンサートで、シュターツカペレのメンバーは象牙の塔にこもるのではなく、音楽を通して人を、そして世界を理解できることを示したからです」と挨拶したダニエル・バレンボイムによって、当時と同じ「英雄」の冒頭の2つの和音が力強く鳴り響いた。ベートーヴェンが旧体制からの打開を込めて書き上げたこのシンフォニーが、これほどの迫真をもって鳴り響いた例は、少なくとも私の中ではかつてなかったと思えるほど、感動的な演奏だった。

私の2列先にはヴァイツゼッカー元大統領が座っていた。教会の中を不思議な熱気と一体感が包んでいた。社会的な立場云々は問題ではなく、意思を持った人間が集まり体を寄せ合っている親密な空間。私は、直接には知らない20年前のコンサートを追体験しているような錯覚さえ抱いた。

e0038811_803085.jpg
終演後、20年前のコンサートで指揮をしたロイターの未亡人に花を手渡すクラウゼ。それを見つめるバレンボイム

2009年の今年、印象に残ったのは「平和革命」という言葉を目にすることがかつてないほど多かったことだ。89年を指すのにこれまで一般的だった「転換期」(Wende)という言葉をしのぐほど、人権主義者のみならず、学者やメディアの間でも頻繁に用いられるようになった。11月9日の記念式典では、政治家のスピーチとドミノ倒しに注目が集まったが、一方で旧東独の人権活動家も多く招待された。アレクサンダー広場の「平和革命展」にはすでに100 万人以上が訪れ、来年10月までの公開延長が決まったという。

89年秋の出来事は転換ではなく、革命だった。ただ、ベートーヴェンが英雄交響曲を書くきっかけとなった、その200年前のフランス革命とは違って、非暴力の革命。「自由」は、ゴルバチョフやブッシュら政治指導者から与えられた贈り物ではなく、人々が自らの意思と勇気で勝ち取ったもの。派手なドミノ倒しは巨大なショーのようでもあったが、人々がこの価値ある事実を忘れなければ、大規模な20周年祭は意義があったと言えるのではないだろうか。
ドイツニュースダイジェスト 11月27日)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-11-28 00:15 | ベルリン音のある街 | Comments(12)

アカーツィエン通りのCafé Sur

e0038811_8581983.jpg
今年はカフェでゆったりする時間的余裕がなかなかありませんでしたが、数日前、取材先からの帰り道に前から気になるカフェに立ち寄ってみました。『素顔のベルリン』のP97の地図で紹介している、ハウプト通りからアカーツィエン通り(Akazienstr.)の坂を下っていくと、Belziger Str.と交差する場所にCafé Surというお店があります。これは今年4月の写真ですが、いつも賑わっているので一度入ってみたかったのでした。

e0038811_8573595.jpg
メニューはイタリアンが中心のようで、その日のメニューが手書きで書かれています。店員さんは感じがよく、1人でも躊躇しないで入れる雰囲気があります。

e0038811_8574843.jpg
カプチーノの他にカルボナーラを頼んでみたのですが、これがおいしかった。やや短めのパスタなのですが、しっかりとアルデンテで、ソースとの絡みもよく最後まで飽きることなくいただきました。隣の人が食べているハンバーガーもおいしそうでしたよ。

Café Sur
Akazienstraße 7
10823 Berlin

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-11-26 23:57 | ベルリン発掘(西) | Comments(0)

C.アバドのメンデルスゾーン

e0038811_1002378.jpg
メンデルスゾーンが、ライプチヒ通りの家に住んでいた時代に書いた『真夏の夜の夢』序曲は、(確か)高校3年生の時に出会って以来、昔も今も私の大好きな音楽です。特に躍動的な主部に入ってからは、何度聴いても魅了されます。クラリネット(2度目はフルート)のメロディーに誘われて流れる、あのとろけるような第2主題。十分にロマンチックでありながら、少しも厚ぼったくない。同じメロディーメーカーのモーツァルトともシューベルトとも違う、清澄な味わい。16歳にしてこの早熟な音楽を書いたことには、いまさらながら驚かされます。

名盤といわれる録音はたくさんあるのでしょうが、このライプチヒ通りからほど近いフィルハーモニーで録音された演奏を挙げたいと思います。アバド指揮ベルリン・フィルによる1995年のジルベスターコンサートのライブ録音。これは自分が浪人生をやっていた当時、テレビの生中継を観たので、よく覚えています。今年久々に再発売され、懐かしい思いで聴きました。

アバドの指揮するメンデルスゾーンはとてもいいですね。私が実演で接したのは2002年の交響曲第2番『賛歌』ぐらいですが、それも素晴らしかった。このマエストロの音楽的な品の高さが、メンデルスゾーンの音楽を相思相愛の関係で結びつけるのだと思います。このCDのカップリングの交響曲『イタリア』も豊かな歌に溢れています。

アバドの後任のラトルは、対照的にメンデルスゾーンはまったくといっていいほど振らないのではないでしょうか(ヴァイオリン協奏曲の伴奏ぐらいはあるのかもしれませんが)。逆にメンデルスゾーンを振る印象の薄いドイツ人指揮者のC.ティーレマンは、何度かその演奏を耳にしており、特に2002年にベルリン・フィルを指揮した交響曲第5番『宗教改革』は、全ての声部が有機的に絡み合った非常な名演でした。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-11-24 02:03 | ベルリン音楽日記 | Comments(2)

橋口譲二氏講演会のお知らせ - ベルリン日独センター -

ベルリンの日独センターより、興味深い講演会のご案内をいただきました。『ベルリン物語』を始め、ベルリンと縁の深い写真家橋口譲二さんが、今週の木曜日、同センターにて講演会及び対談を行うそうです。80年代よりベルリンをつぶさに見てこられた橋口さんにとって、現在も変貌を続けるこの街はどう写っているのか、これはとても興味深いところです。ぜひ足を運ばれてはいかがでしょうか。以下、日独センターのHPより。

橋口譲二氏講演会「日本人写真家がとらえた変貌するベルリン」
開催予定日: 2009-11-26
会場: ベルリン日独センター
協力機関: 在独日本国大使館(ベルリン)

2009年11月26日、19時開演


講演者:橋口譲二氏
講演後に橋口氏と写真歴史家カタリーナ・ハウゼル氏の対談があります。司会は、ガブリエレ・クナップシュタイン氏(ハンブルガー・バーンホーフ美術館学芸員)。

なお、この講演会は日独の同時通訳がつきます。

入場無料
お電話によるお申し込みをお願いします:Tel. (030) 839 07 123


e0038811_19561129.jpg
„Ex-Border of East and West Berlin, Spree River", 1991 © HASHIGUCHI George

橋口譲二(1949年鹿児島生まれ)大学を中退して、日本全国を放浪の後、写真家になる。近代社会における人間の存在、社会との関わりをテーマに作品を作り続けている。代表作1982年「俺たちどこにもいられない」、1988年「17歳の地図」、1989年「ZOO」、1992年「BERLIN」、「カップル」、2008年「17歳2001~2006」など多数。2000年より現在まで国際交流基金と文化庁のサポートもと、ベトナム、インド、ドイツを中心にカメラを使ったアートワークを各地で試みている。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-11-23 12:10 | ベルリン文化生活 | Comments(4)

ライプチヒ通りのメンデルスゾーン

e0038811_20132914.jpg
前回「メンデルスゾーン・レミーゼ」をご紹介しましたが、作曲家のフェリックス・メンデルスゾーンが住んでいた家は、そこから少し離れた場所にありました。

e0038811_2095924.jpg
それが、ポツダム広場からほど近い、ライプチヒ通り(Leipziger Straße)3番地の邸宅です。1825年、フェリックスの父アブラハムがこの家を購入し、一家は移り住みました。

1851年にこの屋敷は国に売却され、1904年、プロイセン貴族院がこの地に建てられることになります(現在はドイツ連邦参議院となっているこの建物は、以前紹介しました)。そういうわけで、メンデルスゾーン邸の跡は、残念ながら何もありません。わずかに、連邦参議院の一番右のドアの横に、(写真の)プレートが掲げられているのみです。そこには、この家が芸術と学問の社交の場になっていたこと、フェリックスがここで『真夏の夜の夢』序曲を作曲したこと、姉のファニー・ヘンゼルが有名な日曜音楽会を開催していたことなどが記されています。

関連記事:
ドイツ連邦参議院を見学! (2008-08-17)

e0038811_20215684.jpg
裕福なメンデルスゾーン家だけあって、立派な邸宅だったようです。通りに面した建物を抜けると、両翼の建物、そしてその美しさで知られる公園までありました。日曜音楽会は、暖かい季節に庭に面したホールで行われていたそうです。この水彩画はファニーの音楽部屋。明るい光が差し込む、さぞや素敵な部屋だったのだろうと想像させてくれます。

e0038811_2014083.jpg
先日、「メンデルスゾーン・レミーゼ」のEva Ghoshさんに案内していただいた時、この2つの椅子はファニーがライプチヒ通りの家で実際に使っていたものだと教えてくれました。確かに上の絵に見られる椅子との類似性は明らかです。近くで見ると、これが細かな装飾で縁取られた、とてもいい椅子なのです。

e0038811_2015535.jpg
この十字架の飾りは、ファニーがイタリア旅行の思い出として購入したものらしく、やはり上の音楽部屋に飾っていたものだとか。後にライプチヒに移り住むフェリックスと違い、、(この記事によると)ファニーは1847年に亡くなるまで、このライプチヒ通りの家に住んでいたそうです。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-11-21 13:39 | ベルリンの人々 | Comments(2)

メンデルスゾーン家を知るために

e0038811_9334890.jpg
今年は作曲家フェリックス・メンデルスゾーン=バルトルディ(1809-47)の生誕200年に当たります。ベルリンは、ライプツィヒと並んでメンデルスゾーン家にゆかりの深い街。今回は、金融から芸術まで、世界に大きな足跡を残したこのユダヤ系一家を知る格好の場所をご紹介しましょう。

e0038811_950972.jpg
(http://www.haus-mendelssohn.de)より借用

ミッテのジャンダルメンマルクト傍のイェーガー通り(Jäger Str.)は、古くからベルリンの銀行街として知られていました。2つの国立銀行に挟まれ、ベルリン最大の私営銀行として確固たる地位を築いたのが、 1795年創業のメンデルスゾーン銀行です。1815年、著名な哲学者モーゼスの息子にして銀行の創業者であるヨーゼフとアブラハム(フェリックスの父)がこの通りの51番地に越して以来、同地は100年以上にわたってメンデルスゾーン家の生活と活動の拠点になりました。現在、その中庭に面した建物が「メンデルスゾーン・レミーゼ」(Mendelssohn-Remise)という名で、一家にまつわる常設展を開催しています(入場無料の代わりに募金の形をとっています)。

e0038811_934155.jpg
モーゼス・メンデルスゾーン(1729-86)の胸像

館内はコンパクトながら、メンデルスゾーン家ゆかりの品々や資料を集め、展示内容は充実しています。順番に見て回ると、この家系全体に貫かれているある種の「精神」が見えてきます。たとえば、銀行を経営しながらも様々な分野の人との交流を重んじたことです。サロン文化が花開き、博物学者フンボルトや哲学者ヘーゲル、あるいは作曲家クララ・シューマンら、そうそうたる顔ぶれがここに出入りしていました。そのことが若きフェリックスの音楽に大きな影響を及ぼしたことは言うまでもありません。また、慈善活動や今で言うメセナ活動にも力を入れ、世界的名声を得る前の、マネ、セザンヌ、ゴッホ、ピカソらの作品を集めていたことも注目に値します。

e0038811_9502769.jpg
(http://www.haus-mendelssohn.de)より借用

メンデルスゾーン銀行のシンボルマークは鶴をモチーフにしており、その下には「ICH WACH」(私は目覚めている)と書かれています。鶴は古代から注意深さや介護の象徴で、怠惰や無関心とは正反対の概念です。社会、経済、文化、学問に対して関心と責任を持ち、保護育成しようとする。それがメンデルスゾーン家のモットーだったのです。

一時代を築いたメンデルスゾーン銀行ですが、やがて悲劇に見舞われます。反ユダヤ主義のナチスが政権を握ると、フェリックスの音楽はコンサートのプログラムから外され、1938年にはメンデルスゾーン銀行が解散させられるに至るのです。もともと銀行の馬車置き場として使われていたことからレミーゼと呼ばれたこの建物は東ドイツ時代、ガレージとなっていました。ドイツ再統一後にようやく改修が進み、2004年に「イェーガー通り歴史フォーラム」が運営する施設として生まれ変わりました。

不遇な過去によって、フェリックスの音楽やメンデルスゾーン家の研究はドイツ本国においてさえ遅れていると聞きます。彼らに新しい光が当たるのはこれからと言って良いでしょう。メンデルスゾーン家の精神を受け継ぎ、このレミーゼではコンサートなどの文化的な催しも頻繁に行われています。
ドイツニュースダイジェスト 11月20日)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-11-19 01:56 | ベルリンの人々 | Comments(3)

新博物館が再オープン

e0038811_912781.jpg
10月17日、新博物館(Neues Museum)がついに再オープンしました。修復作業中の内部の様子は、2年前に紹介したことがあります。実に70年ぶりの開館で、これにより博物館島5つのミュージアムが全て見学できるようになったわけです。もちろんベルリンでも大きな話題となりました。

関連記事:
修復中の新博物館が一般公開 (2007-10-25)

e0038811_914531.jpg
入り口は、新ナショナルギャラリーの横にあります。メルケル首相も参列しての記念式典の翌週、様子を見に行ったのですが、ご覧の通り長蛇の列ができていて、今回入るのは諦めました。新博物館のチケットは時間指定制になっていて、買った段階ですぐに入れるわけではないのです。一番いいのは、こちらのサイトから日時を予め指定してチケットを買っておくことだとか。

e0038811_945311.jpg
現在の人気ぶりは当分続きそうですが、最近観に行った知人は、「ペルガモン博物館より素晴らしかった」とまで言っていました。有名なネフェルティティの胸像を始め、古代エジプト美術や先史時代の美術を収めたコレクションはもちろん、戦争の傷跡と現代的要素を目に見える形で融合させた内部空間も、大きな見ものだろうと思います。

来年には、新博物館のこの西側の部分に、博物館島の総合エントランスホールの工事が始まるそうです。

素顔のベルリン』のP25には、新博物館の開館時間の記載が間に合わなかったので、よかったら以下の情報をお書き込みください。

(開)日~水10:00~18:00、木~土10:00~20:00

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-11-17 23:57 | ベルリン文化生活 | Comments(6)

オーバーシュプレー・ケーブル工場でのコンサート

e0038811_7425073.jpg
Kabelwerk Oberspree (2009-9-22)

しばらく音楽の話題から遠ざかっていたので、また折に触れてここ数ヶ月で聴いたり見たりしたものを書いていきたいと思います。

もう2ヶ月近く前になりますが、ラトル指揮ベルリン・フィルのショスタコーヴィチ交響曲第4番の演奏に衝撃を受けたということを書きました(その時の記事はこちら)。その約1週間後、トレプトウ・ケーペニック地区のオーバーシェーネヴァイデ(Oberschöneweide)のケーブル工場で同曲が再び演奏されるというので、チケットを持っていなかったにも関わらず、足を運んでみました。

旧東のSバーンのシェーネヴァイデ(Schöneweide)の駅で降り、トラムに乗ってシュプレー側を渡ると、対岸にオーバーシェーネヴァイデの古い工場群が見えてきます。この場所は19世紀末から20世紀初頭のドイツの工業史と深いかかわりを持っており、現在はそれらの建物の多くが文化財になっているそうです。

ベルリン・フィルは2007年のヨーロッパコンサートをここで行っており、その縁から今回のケペニック800周年記念コンサートがここで開催されることになったのではないかと思います。しかし、このコンサートは数ヶ月前から売り切れで、当日行っても聴けるかどうか定かでなかったのですが、「チケット求む」の札を下げてしばらく立っていたら、運よくチケットを譲ってくれた方がいました。それが、「壁とベルリン」第5回 - WISTAに見る東独の再生例 -でご紹介したヨアヒム・メルケさんです。一緒に行くはずだった奥さんが来れなくなったためとのことですが、私にとってはラッキーな出会いでした。メルケさんにはその後もよくしていただいています。

e0038811_7431818.jpg
1890年以降、オーバーシェーネヴァイデには電気メーカーAEG社の拠点があり、1897年にこのケーブル工場が操業を開始します(当時1800人が働いていたとか)。ナチス時代はここで強制労働も行われていたそうで、フルトヴェングラー指揮の戦時中の工場での演奏もここが舞台だったと聞いたことがありますが、本当なのでしょうか。それはともかく、中に入るとその広さに圧倒されました。

e0038811_7462235.jpg
この奥に舞台があります。当夜は冒頭にベートーヴェンの交響曲第2番が演奏されたのですが、これだけ広い空間にも関わらず、音が明瞭にすっきりと響くのに驚きました。

e0038811_7433286.jpg
演奏自体はフィルハーモニーで聴いた時の方が上だったものの、東独時代は国営のコンビナートだったこの場所で、ショスタコーヴィチの第4を聴くというのは何ともいえない体験でした。

近年、オーバーシェーネヴァイデでは、これらの古い工業施設などを再利用して文化活動が盛んになってきているそうで、ぜひまた訪れたいと思います。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-11-16 01:33 | ベルリン音楽日記 | Comments(20)

『素顔のベルリン』、出版記念パーティー

e0038811_7594327.jpg
ご報告がすっかり遅くなってしまいましたが、11月1日(日)に『素顔のベルリン』の出版記念パーティーを行い、予想を超える多くの方々にお越しいただきました。どうもありがとうございました!

まず会場の空間がなかなか面白かったです。もともとは20世紀初頭に造られた古い給水塔なのですが、80年代中期に地区から援助を受けて若者の一種の文化センターになっています。写真のカウンター形式の部屋の他、奥にはちょっとしたコンサートもできるホールがあり、予想以上に広かった。卓球台やサッカーゲームのある部屋もあって、パーティーの後半はそちらで盛り上がっている方々もいました。

ゲストの皆さんは本当に多彩で、私がベルリンに来て最初に知り合った古い友達から、ブログを見て来てくださったという初対面の方、はたまたハンブルクやチューリヒといった遠方からお越しの方までいて、大いに盛り上がりました。日頃のブログや本のご感想などを直接聞くことができたのはうれしかったですし、新たなネットワークも生まれたりして、私にとって貴重な時間でした。

e0038811_964548.jpg
生まれて初めて、サイン会なるものをさせていただいたのですが、慣れないことをしたせいか、とんでもないポカもしてしまい・・・^^;)。

準備段階から当日まで細やかなサポートで、この素敵なパーティーを演出してくださった「クニさん」を始め、『素顔のベルリン』を迅速に発送してくださった「地球の歩き方」の伊澤さん、そして本の制作に力添えをいただいた方々に改めてお礼を申し上げます。本当に楽しかったし、エネルギーをもらいました。次の仕事に向けて、また精進したいと思います。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-11-15 00:46 | ベルリンあれこれ | Comments(10)

2009年11月9日のベルリン

e0038811_142915.jpg
ポツダム広場にて(2009年11月9日)

数日前、ようやく自宅のネットが開通し、新居での生活が快適になってきました。12月に日本に一時帰国するまでの間、また折に触れてブログを書いていきたいと思います。

さて、11月9日の「平和の祭典」の日ですが、この日は雨天だったにも関わらず、やはり昼間からそわそわしていました(初めてYouTubeの映像を使って、いくつかご紹介します)。



まず、この日の15時から最初に壁が開いたボルンホルマー通りの検問所でメルケル首相やゴルバチョフさんが参加しての式典があるというので、Sバーンに乗って見に行くことに。が、新聞をよく見ると、「参加希望者は身分証明書持参で、1時間前までにはそこにいること」と書かれており、橋の上が人で溢れるその下の駅を電車は見事に通過していきました(笑)。昔の幽霊駅を通過する時もこんな感じだったのかなあという思いでしたが(分断時代、この駅は実際に幽霊駅でした)、まあ残念。この式典では、旧東独の民主化運動指導者だった約100人が招かれていたというニュースが興味深かったです。

関連記事:
ベルリンの壁:崩壊20年式典 旧東独民主化指導者を評価 毎日新聞 小谷守彦記者
(小谷記者の「天使は降りたか」という連載も、自分にとって身近なテーマで面白かったです)
18年前の歓喜 - ボルンホルマー通りにて - (2007-11-09)

上の映像では1:00から、ベルナウアー通りの壁記録センターでの式の様子が写されています。記録用の壁と壁の緩衝地帯に、最近監視塔が新たに再現されたのですが、それも写っていますね。



さて、夜の部ですが、「自由の祭典」に先立ち、ベルビュー宮殿で行われたケーラー大統領による各国首脳歓迎会の中継映像が面白かった。いくらベルリンでも、30カ国の首脳が一堂に会する機会などそうそうありませんから。ヒラリー・クリントンはやっぱり華があるなあ、なんて思ったりも。

その後の注目のドミノ倒し。まだご覧になっていない方は、上のハイライト映像でどうぞ。



こちらは英語のニュース映像。ところで、1999年の壁崩壊10周年の記念式典はどういうものだったか覚えている方はいるでしょうか。当時、私は大学4年生で、ドイツ語を教えてもらっていた留学生の下宿先で、彼が録画したBSのベルリンの映像を一緒に見た記憶があります。いずれにしろ、10周年の時より、お祭りとしての規模ははるかに大きいものだったはず。ドミノ倒しが派手だった分、一夜限りのイベントやショーとしてだけで終わってほしくないなという思いも同時に抱きました。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-11-14 19:06 | ベルリンのいま | Comments(2)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング