ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

<   2009年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

TBSの「THE 世界遺産」 - ベルリンの近代集合住宅群 -

ネットでたまたま見つけた情報なのですが、本日24日の18時よりTBSの「THE 世界遺産」で、ベルリンの近代集合住宅群が紹介されるようです。ちょうど今この時代(1920年代)についていろいろ調べていたこともあって、個人的にもとても興味があります(以下、番組のHPより)。

TBS 5月24日(日)/BS-TBS 5月30日(土)
ベルリンの近代集合住宅群(ドイツ)


ユートピアめざした共同住宅

20世紀はじめ、アメリカに次ぎ、世界第2位の工業国へと躍進したドイツ。
首都ベルリンでは増えつづける人口に対し、住宅不足が深刻な問題となっていました。その頃、建築家ブルーノ・タウトは、鉄やガラスを使ったパビリオンを博覧会に発表、注目されていました。そんな彼に、集合住宅の設計依頼が舞い込んだのです。ベルリンの集合住宅建設には、前衛的な建築家が多く加わりました。しかし、勤労者のための集合住宅は、建設費用を抑えるため、画一的にならざるをえない宿命を抱えていました。そこでタウトは、色彩を多用することで、コストをかけず、同じつくりの家に個性をもたせたのです。ブルーノ・タウトは、現代に繋がるモダンな住まいへの扉を、開きました。目指したのは、勤労者の為のユートピア。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-05-24 02:00 | ベルリン発掘(西) | Comments(3)

ドイツ建国60周年

e0038811_17345326.jpg
先日のベルリン空輸終結60年のフェストからまだ2週間も経っていませんが、今日23日はボン基本法制定、同時にドイツ連邦共和国の建国から60年という記念の日です。ブランデンブルク門と6月17日通り周辺では夜の10時までお祭りが行われています。5時半からは特設ステージで、バレンボイム指揮シュターツカペレがベートーヴェンの第9を演奏するそう。内容はほかにも盛りだくさんです。ベルリン在住でお時間のある方は、ぜひ足を運ばれてみてください(詳細はこちらより)。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-05-23 11:29 | ベルリンのいま | Comments(2)

ドイチュラント・ハレの閉鎖

e0038811_8425728.jpg
見本市を目的にベルリンに来られた方は、少なくないのではと思います。
ベルリンの見本市といえば、SバーンのMesse Nord駅で下車するとすぐに見える宇宙ステーションのような外観の国際会議センター(ICC)や見本市会場がよく知られていますが、その裏手にこんな建物があるのをご存知でしょうか?

ドイチュラント・ハレ(Deutschlandhalle)という名の鉄骨製の大きなホール。約1万人を収容することができます。最近この建物の取り壊しに関するニュースを耳にし、興味が沸いたので実物を見てきました。

歴史を紐解くと、なかなか興味深い過去を持つホールです。ベルリン・オリンピックに合わせて建設されたドイチュラント・ハレは、1935年にヒトラーの同席のもとでオープン。翌年のオリンピックでは、ボクシングや重量挙げの会場として使われました。第2次世界大戦中に爆撃を受けましたが、戦後再建され、やがて西ベルリン最大のイベント会場として、コンサートやスポーツに頻繁に利用されることになります。モハメド・アリ、ローリング・ストーンズ、デヴィッド・ボウイといったスターたちが観衆を熱狂させ、中でもジャズ・シンガーのエラ・フィッツジェラルドがこのホールで公演を行った時のライブ録音「マック・ザ・ナイフ~エラ・イン・ベルリン」は、名盤として今日でも広く愛聴されています。
e0038811_8484161.jpg
東西分断時代、このように陸の孤島だった西ベルリンの人々に多くの楽しみをもたらしたホールですが、近年は老朽化が進み、ベルリン市はついに今年4 月末での閉鎖を決定しました。取り壊しの後には、見本市会場の延長として新しいホールが建てられる予定だそうです。その歴史的な意義から、地元のシャルロッテンブルク地区やCDUの議員の間では取り壊しに対する反対の声が根強いようですが、おそらく市の決定が覆ることはないでしょう。

e0038811_843281.jpg
ベルリンでは昨年秋、東駅の前に“ O2 World“という最新の設備を備えた多目的アリーナが完成しました。文化財にも指定されたドイチュラント・ハレですが、その前に立ってみると色あせた感が目立ちます。役目はもう十分に果たしたということなのかもしれません。
ドイツニュースダイジェスト 5月15日)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-05-15 01:50 | ベルリン発掘(西) | Comments(9)

30歳 - 130枚のブックマーク

e0038811_18582573.jpg
ベルリンで出会った人たちが日本やそれぞれの故郷に帰って、活躍している話を聞くのはうれしいものです。2007年の11月に展覧会をご紹介した建築家の光嶋裕介くんもその1人。翌年日本に帰国し、現在は建築事務所を主宰して旺盛な活動を展開しているようです(HPはこちら)。

先日、そんな彼から封書が届きました。
30 Years - 130 Bookmarks
と書かれた包みを開くと、しおりと日本語と英語で書かれた手紙が入っていました。それを読んで、そのアイデアの素晴らしさに思わず唸りました。

どういうことかというと、4月15日に30歳の誕生日を迎えた彼が、家族や友人、恩師などへの感謝の気持ちを1枚のドローイングにすることにしたんだそうです。

そこから先は彼の説明を引用した方が早いので、以下に抜き出してみます。
大きな一枚のドローイングを130の短冊サイズ
つまり「しおり」に分割し裁断します。
そのパズルのピースを一枚、一枚を僕が着色し
この「しおり」を世界中にいる友人たちに対する
僕からのささやかなプレゼントとしました。
そしてまた
同じ「しおり」の白紙のパズルも同封し、
おのおのに自由に着色してもらい、返信を求めるのです。

すると
僕が描いた一枚の大きなドローイングは、
130人の世界中の友達たちの下に
配られて散らばっていき、個々の読む素敵な本たちに
はさまれていき「しおり」として仕事をする。
後にその130人から
違った風に自由に着色された「しおり」が
新しいもう一枚のドローイングとなって僕の下に帰ってくる。

世界に一つしかない二組の同じドローイングがここに完成する。

ささやかなこの「プロジェクト30」を
皆さんへの感謝の気持ちをもって実行することで
僕は最高の30歳を迎えたいと考えました。

昨日、私も色鉛筆で白紙のしおりに着色し(写真右)、裕介くんから送られてきたしおりと並べてみました。やがて、どういうドローイングが完成するのでしょうか。いまからとても楽しみです。

関連記事:
展覧会/CONNECTED BORDERS - Yusuke Koshima - (2007-11-28)
CONNECTED BORDERS展のオープニング

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-05-10 12:30 | ベルリンの人々 | Comments(4)

ベルリン空輸終結から60年

e0038811_4222436.jpg
今年は、前回お話した11月のベルリンの壁崩壊20周年に加え、ドイツの基本法制定60周年、大統領選挙(どちらも5月23日)、夏の世界陸上、秋の連邦議会選挙と(特に政治の)重要な行事が目白押しで、首都のベルリンは大忙しです(ちなみに今日は麻生首相がベルリンを訪れました)。私もその恩恵にあずかって最近は忙しくしているのですが、来週もうひとつベルリンにとって重要な日がやって来ます。

それは、西ベルリンの人々を救ったあのベルリン空輸作戦終結(1949年5月12日)から60年という記念の日。来週12日(火)の14時から20時半まで、昨年閉港された旧テンペルホーフ空港の敷地内で一般公開のオープンイベントが行われるそうです。インフォメーションコーナーやライブ演奏、建物の見学、空輸作戦に関わった連合国の食べ物の屋台が並ぶなど、盛りだくさんの内容になっています(詳しくはこちらより)。お時間がある方は、ぜひ足を運んでみてください。

関連記事:
テンペルホーフ空港の終焉 (2008-11-15)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-05-05 22:00 | ベルリン発掘(西) | Comments(2)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング