ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

<   2009年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

家具屋という名のカフェ、石鹸屋という名の服屋

e0038811_5454745.jpg
Oderberger Str.にて(2008年6月9日)

プレンツラウアーベルク地区を歩いていて、このような古色蒼然たる風情のアパートに出会うと、思わず足を止めて眺め入ってしまう。壁崩壊から20年経って、この地区でボロボロの外観の建物はほとんど見かけなくなった。

e0038811_5462374.jpg
U2 Eberswalder Straßeの駅から徒歩5分、オーダーベルガー通りの古びた建物の1階にこのようなカフェがある。確かにカフェなのだが、入り口の上には大きくMöbel(家具)と書かれている。どうやら昔は家具屋だったが、過去の文字の痕跡はそのままにカフェになったのだと、連れて行ってくれた知人が教えてくれた。もう少し暖かくなったらまた行ってみたいお店だ。

e0038811_5465472.jpg
もう1軒、同じ通りの壁公園(Mauerpark)寄りにある店をご紹介しよう。ここは服屋なのだが、Seifen(石鹸)という文字がやはりそのまま残されている。
いずれも、この町が刻んできた年輪を垣間見るようで、なかなか味わい深い。

関連記事:
石炭屋さん (2007-12-01)
古いアパートに浮かぶ文字
(2008-06-04)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-03-31 00:03 | ベルリン発掘(東) | Comments(11)

夏時間へ

e0038811_22304343.jpg

しばらくご無沙汰していました。
先週は自分にとって仕事上の大きなプロジェクトが始動したこともあって、ブログを更新する暇がほとんど取れませんでした。忙しい1週間でしたが、大変充実していました。いつかブログでもその成果について報告できることを願いつつ、楽しみながら取り組んでいきたいと思います。そういうわけで、更新頻度はこれからしばらく落ちるかもしれませんが、引き続きどうぞよろしくお願いします。

先週末で夏時間に変わり、日本とベルリンとの時差は7時間になりました。今年の冬は、例年にないほど長く厳しいもので(晴天の日も少なかった)、さすがにうんざりしていますが、春の到来は確実に近づいているようです。早く自転車に乗って街に出たいなあという思いから、今日はこの写真を選んでみました(笑)。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-03-30 15:48 | ベルリンのいま | Comments(2)

特選ベルリン街灯図鑑(13) 「典型的オスト」

e0038811_962355.jpg
Gr.Hamburger Straßeにて(2月27日)

日本からのお客さんと一緒に歩いていると、「今自分がいるのは(壁のあった時代の)東側なのか西側なのか?」と聞かれることが少なくありません。大抵はすぐに答えられるのですが、そこがかつての壁際である場合、一瞬答えに詰まる時があります。ベルリンの壁というのは結構複雑に入り組んでいて、必ずしも地理上の東西と冷戦時代の政治区分上の東西が一致するとは限らないからです。そんな時、何度も私の道しるべになってくれたのがこれ。

e0038811_9101577.jpg
そう、東独時代に造られたこの街灯です。いつからいつの間にどのくらい製造されたものなのかはきちんと調べていませんが、旧東地区でこのデザイン以上に見かける街灯は他にありません。しかもまだ多くの数が現役で活躍している。ミッテやプレンツラウアーベルク地区の少々ピカピカになり過ぎた感のある通りを歩いている時、このシンプルで古ぼけた街灯に出会うと、心なしかちょっとほっとするものがあります。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-03-24 23:57 | ベルリンあれこれ | Comments(2)

安永徹さんドイツ連邦功労賞受章 - 「音楽の友」4月号 -

e0038811_18585083.jpg
現在発売中の「音楽の友」4月号に、2月のベルリン・フィル定期演奏会の模様と、最近同オケを退団された安永徹さんのドイツ連邦功労賞受章式のレポート記事を書かせていただきました。一読いただけるとうれしく思います。

昨年、安永さんの師匠にあたるミシェル・シュヴァルベさんにインタビューした時、ベルリン・フィルの第1コンサートマスターを約30年間勤め上げたことへの誇りを盛んに口にされていましたが、日本人の安永さんが同じポジションに就いてからいつの間にか26年の月日が流れているわけで、その偉業に改めて思いを馳せずにはいられません。

個人的には、高校生の時に横須賀の文化会館で初めて安永さんとご夫人の市野あゆみさんとのデュオを聴いた時の感動(フランクとヤナーチェクのソナタでした)、98年3月初めて本拠地でベルリン・フィルを聴いた際のコンマスが安永さんで、アバド指揮のマーラー交響曲第3番の叙情楽章で聞かせてくれたソロの凛とした美しさ・・・。私がベルリンに来てからは、アバドが病から復活した直後のマーラー7番とか、アーノンクール指揮での《音楽の冗談》やバッハ、ソリストとして弾かれたハルトマンなど舞台での思い出は数知れません。

安永徹さん、本当にどうもありがとうございました。
これからのご活躍とご多幸を願っています。

追記:
安永さんのベルリン・フィル退団に関連した、貴重な新聞記事を見つけました。これは必読の内容です(特にカルロス・クライバーとの共演について触れている箇所など!)。
安永徹:ベルリン・フィル退団 北海道に拠点、デュオ中心の活動へ
(毎日新聞 2009年3月4日 梅津時比古記者)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-03-22 14:47 | ベルリン音楽日記 | Comments(10)

「ゲルマニア」の幻影

e0038811_2184297.jpg
Kolonnenbrückeにて(2008年8月3日)

ベルリンでは何気ない場所にすごいものが存在するのだが、その例として、今日はこんなものをご紹介したいと思う。

それは、前回マレーネ・ディートリッヒの生家で紹介した「赤の島」とクロイツベルク地区がほぼ隣接した地点にあり、鉄道が走るコローネン橋からもこのように見渡せる。だが、画面中ほどの物体が目に入ったところで普通は通り過ぎてしまうのがオチだろう。もう少しそばに寄ってみよう。

e0038811_2191749.jpg
これは、高さ18メートル、12.650トンのコンクリート製の円柱だ。1941年から42年にかけて建造されたという事実は、注目に値するかもしれない。

e0038811_2115793.jpg
当時、第2次大戦はすでに始まっていたが、ヒトラーは第三帝国の首都ベルリンの改造計画、いわゆる「ゲルマニア計画」をまだ本気で夢見ていた。しかし、アルベルト・シュペーア設計によるモニュメンタルで巨大な建造物が、ベルリンの軟弱な地盤に耐えられるかどうか見極める必要があった。ヒトラーは、そのシュミレーションテストのために、Schwerbelastungskörperと呼ばれるコンクリート製のひたすら重い物体を作らせたのだった。

e0038811_2185998.jpg
幸いにしてゲルマニア計画は実現に至らなかったので、この円柱がヒトラーの野望実現のため実際に造られたわずかな建造物の1つということになる(現在は文化財に指定)。ヒトラーはこれを眺めながら、パリの比ではない巨大な凱旋門や18万人を収容できるドーム型のホールをイメージし、妄想を膨らませていたのだろうか・・・。奇妙な感慨にとらわれる建造物だ。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-03-19 23:33 | ベルリン発掘(西) | Comments(6)

「赤の島」のマレーネ・ディートリッヒ

e0038811_5495071.jpg
Leberstraßeにて(2008年8月)

ベルリン生まれのもっとも有名な女性といったら、今でもやはりこの人だろうか。

マレーネ・ディートリッヒ(1901-1992)。彼女の生家は、シェーネベルク地区東端の三角地帯、通称「赤の島」の中にある。昨年夏、Café Bilderbuchで友達とブランチした後、散歩がてら訪ねてみた。「赤の島」は昔から政治的に左寄りの人が多く住んでいることからこの俗称があるのだが、周囲に比べてアパートに装飾が少ないせいかいくらか殺風景な印象がある。20世紀の大女優はこういう界隈で生まれた。

関連記事:
天使の降りた場所(5) - ランゲンシャイト橋 - (2006-09-12) 「赤の島」について
シェーネベルクのCafé Bilderbuch (2008-07-26)

e0038811_550966.jpg
これが1901年12月27日、ディートリッヒが生まれたSedanstraße(現Leberstraße 65)のアパート。

e0038811_5502426.jpg
65番地のアパートには記念プレートが2つ掲げられている。1つはブロンズ製で、90年代終わりにこの地区によって寄贈されたもの。ディートリッヒの肖像画の周りに、「モロッコ」「嘆きの天使(Der Blaue Engel)」など代表作のタイトルが刻まれている。

e0038811_5504117.jpg
そしてこちらが昨年7月に除幕されたベルリン市公式の記念プレート。「彼女は国際的な意義を獲得した数少ないドイツ人女優に属する。ナチ政権の誘惑的な申し出にも関わらず、アメリカに移住し、アメリカ国籍を得た。死後の2002年、ベルリン市は彼女に名誉市民の称号を贈った」と記されており、その下の"Ich bin, Gott sei Dank, Berlinerin"という台詞が胸を打つ。「やれやれ、私はベルリーナーでよかった」というような意味になるだろうか。故郷ベルリンへの思いと、「ドイツ人」であることへの複雑な気持ちが秘められている気がする。

戦後、一部のドイツ人から裏切り者扱いをされたディートリッヒだが、90年代になっても、シェーネベルクでは彼女の名前を冠した通りを付けることに対して賛否両論があったという。その後、ポツダム広場近くに「マレーネ・ディートリッヒ広場」(ベルリナーレのメイン会場前)が生まれたが、今頃になってようやく生家に公式プレートが飾られたのもそういう背景と関係があるのだろう。現在この近くに建設中の大きな公園を「ディートリッヒ公園」とする案もあるのだろうだ(ドイツ語の関連記事)。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-03-17 23:51 | ベルリンの人々 | Comments(4)

ベルリンのもう1つの壁

e0038811_2214080.jpg
Hallesche Straßeにて(2006年8月25日)

ベルリン市が「壁崩壊20周年」キャンペーンを大々的に展開しているせいか、今年に入ってから街角や新聞で"Mauerfall 20 Jahre"の文字を頻繁に見かける気がする。今日は、20世紀の世界にインパクトを与えた「ベルリンの壁」に比べれば、おそらく今後も顧みられることはまずないであろう、もう1つの「壁」をご紹介したいと思う。

場所は、アンハルター駅近く。写真の奥にアンハルター駅の廃墟が写っているが、この南側に大きな空き地が広がっている一角が存在する。

関連記事:
駅が止まってる駅 - 天使の降りた場所(18) - (2007-01-30)

e0038811_2221035.jpg
もう数年前になるが、よく利用するM41バスがシュトレーゼマン通りを走る時、そういえば見慣れない不思議な物体があることに気付いた。普段何気なく見ているものの中に、意外な事実が隠されていることがベルリンでは結構多い。そういう時は、やはり自分の目で確かめてみるのが一番である。

e0038811_223945.jpg
この壁に記された案内板で疑問はすぐに氷解した。これは1734年から36年にかけて「兵隊王」フリードリヒ・ヴィルヘルム1世によって建造された関税門(Zollmauer)なのだった(画像はWikipediaより)。最近読んだ『パリ歴史探偵術』(講談社現代新書)という本の中で、18世紀の「徴税請負人の壁」が紹介されているが、役割はそれとほぼ同じものと見ていいのだろう。

この市壁は1868年に完全に解体されることになるが、それぞれの門の名前は今でも地名として残っている。特に地下鉄U1は、ハレ門以降東、ほぼ完全にこの城壁に沿って走るのでわかりやすい。

e0038811_2222739.jpg
この壁はオリジナルではなく、80年代に土台部分が発見された際、記念に再建されたものだそうだ。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-03-15 19:26 | ベルリン発掘(西) | Comments(6)

しばらく旅の日々 - ワセオケ・ベルリン公演 -

e0038811_792076.jpg
ベルリンの壁が飾られていたHotel Westin Grandにて(3月7日)

約2週間に及んだ旅の日々が終わり、一昨日母が帰国の途につきました。
フランクフルト・オーダー以降の日々をここでざっと振り返ってみたいと思います。

7日(土)
お昼頃、ワセオケ(早稲田大学交響楽団)のベルリン公演を聴くために駆けつけた真ん中の弟が合流。仕事の都合上、ベルリンに2泊しかできない強行日程ながらも、あまり疲れもみせず、午後からは満足げにレンタカーを運転していました。翌日はポツダムにも行ったのですが、落ち着いた雰囲気がとても気に入ったようです。

e0038811_7134356.jpg
夜は近所にあるお気に入りのギリシャレストランで食事した後、フリードリヒ通りとウンター・デン・リンデンの角にあるHotel Westin Grandへ。東ドイツ時代の末期に建てられた豪華ホテルで、山根寿代さんが壁崩壊のちょうど1ヶ月前にここに宿泊された時の話を聞いて、私も機会があればいつかと思っていました。hotel.deで調べたら、5つ星の割にそこまで高くなかったので、私たちも一緒に泊まることになったのでした(笑)。地上階から天井へまで続く吹き抜けが特徴的で、開放感ある造り。天井のドームもきれい。実は自宅から20分しか離れていないのに、この夜は旅の延長で、非日常の気分を味わいました。

8日(日)
11時からついにフィルハーモニー大ホールにてワセオケのベルリン公演。この日はいつも聴きに行くホールということは忘れ、ウィーン、ライプチヒ、フランクフルト・オーダーと公演を重ねて来た彼らの心情に自分を重ね合わせてみました。すると、このホールで演奏することの感慨が実感を持って迫ってきます。お客さんは8割以上入りました。そして若い彼らを迎える拍手があたたかい!《オイリアンテ》序曲、《英雄の生涯》と学生たちは最高の演奏を披露したと思います。今シーズンのベルリン・フィルのユースオケシリーズでは、昨年9月に聴いたドゥダメル指揮ベネズエラ・ユースオケの技術とパッションは確かにすごかったけれど、音楽的な充実度においてはワセオケの方が高かった。これはもう偽らざる実感です。今シーズンのコンミスの安田さんも持てる力を出し切ったのではないでしょうか。

e0038811_8292345.jpg
この公演は日曜日のマチネーの上、和太鼓の曲があったためか、小さいお子さん連れのお客さんも多く、(残念ながら)静かな部分で何度か子供の声で遮られてしまいました。それまではまだ和やかな雰囲気が支配していましたが、《日本太鼓とオーケストラのためのモノプリズム》が始まる前の指揮者の睨みが効いて(笑)、ホールにきーんとした緊張感が生まれます。和太鼓の極度のピアニッシュモによる遥かなる冒頭は、1つ1つの音がくっきりと聞こえる。やはりフィルハーモニーの響きはすばらしい!と実感しました。終盤では、和太鼓が持つ多彩な技法・響きとオーケストラの不協和音が激しくぶつかり合い、圧倒的なクライマックスが築かれます。ワセオケの2006年のベルリン公演もすばらしかったけれど、今回のお客さんの熱狂ぶりは明らかにそれ以上でした。ベルリンでもめったに見られないスタンディングオーベーションを前に胸が熱くなります。弟はアンコールの《ラプソディー》で大太鼓を叩き、よく話していた最後の締めもうまくいったよう。2曲のアンコールを含め2時間50分のやたらと長いコンサートでしたが、親しい知人や友人もたくさん聴きに来てくれて喜びを分かち合うことができ、本当に忘れられない1日となりました。

この後のドレスデン公演も母と聴きに行ったので、我ながら物好きだったとも思いますが(笑)、彼らの演奏に不思議と飽きることはありませんでした。ワセオケのヨーロッパツアーも、明日(14日)のパリ・シャンゼリゼ劇場での公演が最後。平凡な言い方ですが、日頃忘れがちになっている何かを呼び起こさせてくれた気がします。本当にありがとう!

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-03-13 23:57 | ベルリン音楽日記 | Comments(11)

ノイケルン最新事情

e0038811_2043518.jpg
ベルリンのノイケルン。数年前に起きた公立学校での暴力事件以来、何かと悪しきイメージがつきまとうこの地区ですが、「決してそれだけではありませんよ!」という地元住民からのエールを込めて、今回はノイケルンの最近事情をご紹介したいと思います。

ここ1年半ぐらい、ノイケルンが地元の情報誌などで取り上げられる機会が増えてきました。特にクロイツベルク地区との境は、「クロイツケルン」などと呼ばれ、カフェやバーの数が増えて活気付いています。また、旧東のプレンツラウアーベルク地区の家賃が高騰するにつれ、そこに長く住んでいた学生や芸術家がノイケルンに越してきているという話も聞くようになりました。近くのテンペルホーフ空港が昨年閉鎖され、騒音問題が解決されたことは今後どう影響するのか。少なくとも、今ベルリンで1番「変化」が感じられる地区といえるかもしれません。

移民が多く住む新興地区というイメージの強いノイケルンですが、実はここには、ベルリンの中でもとりわけ長い歴史を持つ一角があります。フリードリヒ・ヴィルヘルム1世が、祖国を追われたボヘミアの新教徒を受け入れたことで知られるリクスドルフ(Rixdorf)。その起源は14世紀にまで遡り、地図を見れば、この一帯だけ道が迷路のように入り組んでいるのがすぐにわかるでしょう。まさに「都会の中の村」という趣を残しています。

関連記事:
ノイケルンでの第2アドヴェント - リクスドルフという場所 - (2007-12-13)

e0038811_20442415.jpg
リクスドルフにある落ち着いた雰囲気のバー「B-Lage」(Mareschstr.1)

夜に飲み歩くなら、ヴェーザー通りや前述の「クロイツケルン」地区がお薦めです。「Ä」(Weserstr.40)や「Freies Neukölln」(Pannierstr.54)は、飾り気はないけれども、居心地が良い飲み屋。ベルリンの多くの地域で失われつつある雰囲気を残しています。「Raumfahrer」(Hobrechtstr.54)というバーは、その名の通り「宇宙飛行」をイメージした内観が特徴で、現在のノイケルンのトレンドとも言える店かもしれません。古典を大胆に現代化することで定評のある「ノイケルン・オペラ」(冒頭の写真)など、文化面での充実ぶりも見逃せません。

プレンツラウアーベルクやクロイツベルクのように、オシャレでも垢抜けてもいませんが、発見する楽しみに溢れた場所であることは確かです。ぜひ1度お越しあれ!
ドイツニュースダイジェスト 3月13日)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-03-11 12:49 | ベルリン発掘(西) | Comments(6)

しばらく旅の日々 - フランクフルト・オーダー編 -

e0038811_647369.jpg
5日は、ライプチヒからベルリンへ一旦戻って、フランクフルト・オーダーへ。ドイツとポーランドとのこの国境の町のことは、3年半前に一度紹介したことがあります。

関連記事:
ポーランド日帰り国境越えの旅(1) (2005-10-05)
ポーランド日帰り国境越えの旅(2) (2005-10-06)

e0038811_6475162.jpg
あの時はパスポートを見せるだけでオーデル川の国境検問所を越えられたことに感動したものですが、2007年12月ポーランドにもシェンゲン協定が実施されたことで、いつの間にか検問所さえもなくなっていました。不思議な感慨を覚えます。川を越えるだけで、ポーランド側の町スービチェへ。

e0038811_648480.jpg
国境の行き来は自由になっても、スービチェの街並みは3年半前と変わっていませんでした。若い男が数人でたむろっている姿がなぜか目立ち、ちょっとこわい。それでも母と妻は、別世界のポーランドに足を踏み入れられたことを喜んでいました。

e0038811_648189.jpg
この夜はオーデル川のたもとのC.Ph.E.バッハホールにてワセオケの本番。教会を改造した不思議な作りのホールでしたが、この日は後ろの席まで満員の盛況。C.Ph.E.バッハのシンポジウムのオープニング・コンサートということで、フランクフルト・オーダーに縁のあるこの作曲家の作品も取り上げられました。この町は「東と西の架け橋」としてよく紹介されますが、「極東」からの学生オーケストラの演奏会にこれだけの人が来てくれたことにまず感動を覚えます。コンサートも盛り上がり、最後はお客さんの地響きのような足踏みが止みませんでした。

さて、明日はいよいよ大一番のベルリン公演。明日のコンサートのためにわざわざやって来た真ん中の弟も合流し(父だけは残念ながら留守番ですが・・・)、我が家はみんなハイテンションになっています。この前お話したとおり、明日11時(日本時間19時)の早稲田大学交響楽団のベルリン公演は、ベルリン・フィルの「デジタル・コンサートホール」にてネット中継されるので、日本の方々もご覧いただけるとうれしく思います(詳細はこちら)。私の弟も和太鼓で出演します。

早稲田大学交響楽団第12回海外公演「2009年ヨーロッパ公演」 ベルリン公演
日時:2009年3月8日(日) 日本時間19時開演 (現地時間11時開演)
指揮:田中雅彦
チェロ:ガブリエル・シュワーベ
曲目:ウェーバー/歌劇「オイリアンテ」序曲
    R.シュトラウス/交響詩「英雄の生涯」
    ヴァイオリン:安田真理奈(当楽団ソロ・コンサートマスター)
    J.S.バッハ=シェーンベルク/プレリュード 変ホ長調
    サンサーンス/チェロ協奏曲第1番
    石井眞木/日本太鼓とオーケストラのためのモノプリズム

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-03-07 23:22 | 欧州を感じる旅 | Comments(2)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング