ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

お気に入りブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

<   2009年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

最近のコンサートより -インバル、アントニーニ、フィガロ etc-

今年に入ってどうもゆっくりブログを更新する余裕がないまま、2月ももう終わりに近づいた。記憶から遠ざからないうちに、最近聴いたコンサートの印象をざっとまとめておこうと思います。

昨年異常なまでにテンションの高いショスタコーヴィチを聴かせたインバル指揮コンツェルトハウス管は、今回はブルックナーの交響曲第2番を演奏(1/10)。初めて生で聴いたブル2がなかなかいい曲で、2楽章終盤での波一つ立たない湖の水面のように静まりかえった部分には思わず息を飲んだ。フィナーレの高揚感も格別。1月はブロムシュテット&DSOの3番、小澤&ベルリン・フィルの1番となぜかブルックナーの初期交響曲が続いたが、残念ながらいずれも聴き逃してしまった。コンツェルトハウスで他に聴いたのは、フォーグラー四重奏団(ベートーヴェンの第14番とリーム)、Georg Schmöhe指揮コンツェルトハウス管の《カルミナ・ブラーナ》。

生誕200年のメンデルスゾーン関連では、アンサンブル・ライプチヒ=ベルリンによる弦楽八重奏曲のみを集めたプログラムを聴く(2/2)。ベルリン・フィルとゲヴァントハウス管のメンバーが中心だけに、両名門オケを凝縮したような深い響きが印象的。お目当てのメンデルスゾーンのオクテットは後半やや躍動感に乏しく、立派ではあるが自分好みの演奏ではなかった。むしろ、前半に演奏されたNiels Wilhelm Gadeというデンマーク人作曲家のオクテットが意外な発掘。メンデルスゾーンの同時代人で、ライプチヒで一緒に仕事もしていたそうで、作風が瓜二つなのだ。他にショスタコーヴィチの「2つの小品」。明日26日は、ヤノフスキ指揮ベルリン放送響が大曲《パウルス》を演奏するので、なんとか聴きに行きたいと思っているが・・・。

理屈抜きで楽しかったのは、古楽界の雄ジョヴァンニ・アントニーニがベルリン・フィルのアカデミー生から成るオケを振ったコンサート(1/20)。ヘンデルの「コンチェルトグロッソ」とハイドンの連作交響曲《朝・昼・晩》の組み合わせ。もうただただ最高!全席8ユーロで聴けるというのに、客入りがいまひとつだったのが本当に残念だった。昨年、手兵のイル・ジャルディーノ・アルモニコを連れて来た時は満杯だったのに。やはりネームヴァリューというのは大きいのか。

オペラでは、先週末に観たコーミッシェの《フィガロの結婚》の印象が強い。時期首席演出家コスキーの演出で、プレミエからもう何年も経っているが、細部までよく練れている。何より第1幕のドタバタ劇を、あれほどシンプルかつ狭い空間の中で演じ切ることができるのがすごいと思った。3幕は逆に舞台の奥まで空間がたっぷり使われ、「りんご」「ユダヤ人の結婚式」などびっくりするような演出に目が釘付けとなった。3月7、27日、4月13日に再演があるので、おすすめです。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-02-25 23:57 | ベルリン音楽日記 | Comments(0)

特選ベルリン街灯図鑑(12) 「カール・マルクス・アレー」

e0038811_8551618.jpg
1月に書いた、ナチス時代の街灯と合わせて紹介したい街灯が東側にあります。かつてのDDR政府が威信をかけて整備したカール・マルクス大通り。ここに1950年代に造られた街灯が並び立っています。

関連記事:
特選ベルリン街灯図鑑(11) 「『ゲルマニア』の跡」 (2009-01-30)

e0038811_8572057.jpg
この大通りのことは以前3回に分けて紹介したことがありますが、背の高い街灯の損傷は著しく、根こそぎ折れているものも珍しくありませんでした。それが、豪奢な社会主義建築がずらりと並ぶ割りに人通りが少ない、カール・マルクス・アレー独特の悲哀感を助長していたのですが。

関連記事:
カール・マルクス通りを歩く(3) (2005-09-15)

e0038811_856562.jpg
昨年の8月、久々にこの大通りを歩いたら、かなり多くの街灯が新しいものに置き換わっていてびっくりしました。カール・マルクス・アレーが文化財保護区域に指定されていることもあって、ベルリン市が多額のお金をかけて修復することになったのです。

e0038811_8553490.jpg
それにしても、この街灯はナチス時代の街灯と比較すると、デザインがよく似ていることに気付きます。両者とも古典主義の影響を多分に受けているせいでしょうか。「兵どもが夢の跡」という台詞を実感させずにはいられない、ベルリンに残る貴重な街灯2つをご紹介しました。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-02-24 01:30 | ベルリン音楽日記 | Comments(9)

メルキッシュ岸沿いに歩く(2)

e0038811_756102.jpg
前回ご紹介したRoßstraßebrückeからInselbrückeまでの2つの橋の間は、歴史的な建築物が立ち並ぶ。初めてここに来た時、「こういう場所がベルリンにあるのか」と結構感動したものだ。2年前に訪れたコペンハーゲン旧市街のニューハウンを何となく思い出す。建築様式的にも案外近いのではないだろうか。

関連記事:
北欧の雄、コペンハーゲン滞在記(1) (2007-09-26)

e0038811_7565021.jpg
もちろんコペンハーゲンのニューハウンには、目の前にこんな高層マンションは建っていない。このアンバランスさがベルリンの魅力だろうか・・・。そういうことにしておこう(笑)。

e0038811_821187.jpg
ついでに違う季節の写真も1枚。これは2006年9月に訪れた時の様子。運河沿いに気の利いたカフェでもできれば人だって集まると思うのだが、私が来る時は大体いつもこんな感じだ。近くのニコライ地区はともかく、ここまで来る観光客は非常に少ない。

e0038811_7595972.jpg
Inselbrücke橋のたもとからのテレビ塔方面の眺めは、とても好きだ(2007年4月撮影)。このすぐ近くにはベルリン史の宝庫、「メルキッシュ(辺境)博物館」もあるし、ベルリンの歴史を感じ入るには最高のエリアといえるのではないだろうか。

関連記事:
ベルリン史の宝庫、メルキッシュ(辺境)博物館 (2006-04-09)

e0038811_8585268.jpg
Johann Georg Rosenbergが描いた18世紀末頃のこの界隈の様子。のどかな漁村の風景が当時はまだ広がっていたのだ。

e0038811_7571038.jpg
ベルリンの原風景を想像しながら、私は次なる歴史的な地区へと向かった。

(少し間を置いてまた続きます)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-02-22 01:07 | ベルリン発掘(東) | Comments(2)

早稲田大学交響楽団ベルリン公演のご案内

e0038811_4375941.jpg
私もかつて在籍していた早稲田大学交響楽団のベルリン公演が近づいてきたので、ここでご案内させていただこうと思います。同オケ3年ぶりのヨーロッパツアーで、ベルリンは3月8日(日)の午前11時よりフィルハーモニー大ホールにて。今回の公演はベルリン・フィル主催のユースオケシリーズの1つに組み込まれており、これはなかなかすごいことだと思います。プログラムを見ると(下記参照)やたらと盛りだくさんですが(笑)、目玉は日本の学生オーケストラがR.シュトラウスの《英雄の生涯》を本場ドイツで演奏するということ。そして、石井眞木の《日本太鼓とオーケストラのためのモノプリズム》の再演でしょうか。前回聴きに来てくださった何人もの方から、「こんなにすばらしいとは思わなかった」という声をいただいたので、今回も(特に)ベルリン在住の方々にぜひおすすめしたいと思います。お越しいただけると幸いです(詳細はこちらより)。

関連記事:
早稲田大学交響楽団ベルリン公演 (2006-03-06)

今回のプログラム:
Waseda Symphony Orchestra Tokyo
Masahiko Tanaka Dirigent
Gabriel Schwabe Violoncello
Taiko-Trommler

Carl Maria von Weber
Ouvertüre zur Oper Euryanthe op. 81
Richard Strauss
Ein Heldenleben op. 40
Johann Sebastian Bach
Präludium und Fuge für Orgel Es-Dur BWV 552 (Orchestrierung von Arnold Schönberg)
Camille Saint-Saëns
Konzert für Violoncello und Orchester Nr. 1 a-Moll op. 33
Maki Ishii
Mono-Prism für japanische Trommeln und Orchester op. 29

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-02-21 22:38 | ベルリン音楽日記 | Comments(8)

ジャンダルメンマルクト広場の"Fassbender & Rausch"

e0038811_5555792.jpg
そばを通ることが頻繁にありながらこれまでなかなか入る機会のなかった、ジャンダルメンマルクト広場に面した"Fassbender & Rausch"で先日初めてお茶してきました。
"Fassbender & Rausch"は1863年創業の高級チョコレート店。1階は種々のチョコレートが売られており、観光客などで賑わっています。今回行ってみたかったのは2階の方でした。

e0038811_5595558.jpg
ここはカフェのほか、「ヨーロッパ初のチョコレートレストラン」(!)になっています。氷点下の寒い日だったこともあって、私たちは迷わずホットチョコレートを注文。ホットチョコはもともと大好きで多くのカフェで飲んできましたが、ここのはとりわけ濃厚で深い味わいがしました。3,6ユーロとベルリン水準からしたらやや高めですが、この味ならば満足!

e0038811_5563573.jpg
"Fassbender & Rausch"はドイツドームのほぼ真裏、モーレン通りとシャルロッテン通りが交差する地点にあります。U2のStadtmitte駅の東側出口を上がってすぐ。

Schokoladen-Café und Schokoladen-Restaurant :
Montag-Sonntag 11:00-20:00 Uhr

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-02-17 22:50 | ベルリン発掘(東) | Comments(6)

メルキッシュ岸沿いに歩く(1)

e0038811_76653.jpg
雪が降りしきる今日の午後、U2のシュピッテルマルクト(Spittelmarkt)駅で降りて、ベルリンの古層ともいえる地域を散策してみた。この駅からメルキッシュ岸(Märkisches Ufer)に沿った道は、ガイドブックなどで取り上げられることは普通まずないが、なかなか情緒があって私は好きである。写真の風景を後ろ目に見ながら、東に向かって歩いてみよう。

e0038811_7143490.jpg
シュプレー川の支流をはさむ左右の風景は対照的だ。右手は古い建物が結構残っているのに対して、反対側の「フィッシャー・インゼル」はDDR時代の高層アパートがずらりと並ぶ。かつてのケルン(Kölln)の南半分にあたる中世以来の古い地域だが、昔日の面影はもはや何もない。

e0038811_762228.jpg
それでもこの岸辺は、街灯も古いタイプのもので統一され、散歩道としてはなかなかいい。次回は夏の風景も紹介しようと思う。ところで写真に写っている左手の建物・・・。

e0038811_714073.jpg
今は廃墟のようだが、Roßstraßebrückeのたもとにあるこの建物がかつて何に使われていたのか、気になるところである。この橋を渡ると、風景がまた変わる。続きはまた次回に。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-02-15 23:57 | ベルリン発掘(東) | Comments(8)

「ベルリン パノラマ写真展 1949-1952」

e0038811_17165271.jpg
Pariser Platz, 1951, Aufgenommen vom Fotografen Fritz Tiedemann, rekonstruiert von Arwed Messmer 2008, 1,25 x 5,84 Meter

ベルリンに住んでいるとこの町ならではの展覧会に出くわすことが少なくないのですが、これは最近観た中でも白眉と言えるものでした。クロイツベルクのBerlinische Galerieで開催中のSO WEIT KEIN AUGE REICHT (BERLINER PANORAMAFOTOGRAFIEN AUS DEN JAHREN 1949 - 1952)です。

ユダヤ博物館から徒歩5分の距離にあるBerlinische Galerieは、私の好きなギャラリーの1つ。ギャラリーといっても、規模と内容からから見てもう立派な現代美術館です。その内部の一角、大きな長方形の部屋一杯に、戦後間もない時期に撮影された東ベルリンのパノラマ写真が展示されているのですが、これがただのパノラマではありません。まず1つ1つのサイズがとんでもなく大きい。入り口の壁に、約25メートルに渡って飾られている1枚の(!)写真にまず圧倒されました。フリードリヒスハインの労働者街、Fruchtstraßeのある日の日常がそっくりそのまま目の前に現出しているのです。アパートに戦争の傷跡が生々しく残る風景をゆっくり観察しながら、右から左へ歩いていくと、まるで自分がその時代にいるかのような錯覚にとらわれます。

e0038811_643476.jpg
一体なぜこんな写真が残っているのか?
実はこれら、Fritz Tiedemannという写真家が東ベルリンの当局から委託を受け、1949年から52年にかけて大判カメラで撮影した純粋に記録用の写真です。その数は約1500枚。60年近くの月日を経て、写真家Arwed Messmerがこれらの写真を組み合わせデジタル加工し、1枚1枚に仕上げたのが本展覧会の写真というわけです。その労力には拍手を送りたくなります。

なるほど、そういうことを知ると、確かに写真をよく見ると不自然な面があります。連続撮影ゆえ、1枚の写真に同じトラムが2台写っていたりする。それに、展覧会のサブタイトル通り、「人間の視界はこんなに広くない」。

ベルリンの古い写真は好きでよく見ますが、そのどれもが見たことのない風景ばかりでした。1953年の暴動で黒焦げになる前のコロンブスハウスから見たポツダム広場とライプチヒ広場のパノラマ。今と区画が全く違う市庁舎前の通りの風景。ヴァルター・ウルブリヒトスタジアムを建設中のショセー通り。王宮が取り壊された翌年のドーム周辺の風景は、共和国宮殿が解体されたばかりの現代の風景とだぶります。それにしても、観光客であふれる今と違ってどこも人通りが少ないこと。

カタログも出版されていますが、この迫力は本のサイズでは伝わらないでしょう。写真の持つ記録の力のすごさというものを思い知らされた展覧会でした。本来は今週末までの展覧会でしたが、会期が延長されて2月22日までとなったので興味のある方はぜひ。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-02-13 12:37 | ベルリンを「観る」 | Comments(0)

今週のシュピーゲル誌 「ベルリン、1945年夏」

e0038811_17523570.jpg
今年は壁崩壊20周年に加え、ドイツの建国60周年ということで、ドイツの戦後の歩みを振り返る機会がこれから増えてくると思うのですが、今週のDer Spiegel誌も「ドイツの60年」という特集を組んでいます。しかも今回はSpiegel TVのDVD付きで、テーマが「ドイツ零年。ベルリン、1945年夏」。ドキュメンタリーの方はまだ観ていないのですが、この本編の他、25分に渡ってひたすら1945年7月のベルリンの空撮を収めたボーナストラックが付いていて、非常に興味深かったです。今週中はまだキオスク等で買えるので、興味のある方はお早めにどうぞ。

このテーマに関連して、次回はある写真展をご紹介したいと思います。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-02-12 09:55 | ベルリンあれこれ | Comments(0)

「ベルリナーベア」 BZ Lexikon (176)

e0038811_942350.jpg

Lexikon: Berliner Bär(ベルリナーベア)

Der Bär als Berliner Wappentier taucht zum ersten Mal an einer Urkunde der jungen Stadt Berlin vom 22. März 1280 auf, dem Gildebrief für die Berliner Kürschner. Es handelt sich um ein Siegel mit der Abbildung zweier aufrecht laufender, gepanzerter Bären rechts und links als Schildhalter eines Wappens mit einem Adler. Seit dieser Zeit gehört der Bär bis heute ununterbrochen zum Hoheitszeichen Berlins. Die Theorie, er sei auf Albrecht I. "der Bär", Eroberer und Begründer der Mark Brandenburg, zurückzuführen, ist umstritten. Albrecht erhielt den Beinamen erst nach dem Tode.

訳)ベルリンの紋章動物としての熊は、1280年3月22日、新興都市ベルリンの文書の中に初めて登場する。それは毛皮加工職人へのギルドの手紙だった。直立で歩き装甲する2匹の熊が左右に配置され、鷲の紋章を支えている絵の描かれた印章が扱われている(上の写真)。その時以来今日に至るまで、常に熊はベルリンの市章である。ブランデンブルク辺境伯の支配者・創設者の「熊公」、アルブレヒト1世(1100年頃~1170年)に起源を求める理論は、意見が分かれる。アルブレヒトは死後になってその異名を得た。


最近なかなかゆっくり更新できないので、昨日の新聞に載っていたこんな記事を訳してみました^^)。今はベルリナーレの真っ最中です。
e0038811_9522023.gif

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-02-11 01:30 | BZ Lexikon (Berlin) | Comments(2)

黄昏のオストクロイツ駅

e0038811_1717430.jpg
1月の下旬ある夕方、ふと思い立ってオストクロイツ駅に行って来ました。昨年末に久々に訪れたら、駅舎の一部が取り壊されてたりと改造工事が着々と進行しているのを実感し、今のうちに記録に留めておきたいという思いが高まったのです。オストクロイツ駅ほど独特の詩情と味わいを併せ持つ駅は、ベルリンといえども他にほとんどありません。

関連記事:
ベルリン・オストクロイツ駅(2008-05-25)
フリードリヒスハイン散策(2) - 再びオストクロイツ駅へ - (2008-07-03)

e0038811_18204758.jpg
Dホームにて。Sバーンは全て最新式に変わったとはいえ、駅の構内の薄暗い雰囲気は戦前の駅を髣髴とさせる何かがある。

e0038811_17172346.jpg
ホームの先端まで歩くと屋根のない階段があり、そこから眺めた風景がこれ。今回はその先に行ってみたかった。

e0038811_18123323.jpg
人の気配が皆無のホーム。その向こうにはテレビ塔が輝いていた。てっきりもう使われていないホームかと思ったが、その直後にシェーネフェルト空港からのS9の列車がやって来たので、いまだ現役なのだった・・・。
それにしても何と古めかしいホームだろう。

e0038811_18125024.jpg
仮設の路線橋より。黄昏時は、蒸気時代の給水塔の存在感が一段と高まるように感じる。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-02-09 12:08 | ベルリン発掘(東) | Comments(8)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング