ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

<   2009年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ベルリン・ドイツオペラの《利口な女狐の物語》

e0038811_2312139.jpg
Bernd Uhlig (c) 2002

最近観た中では、クリスマスの《くるみ割り人形》や大晦日のベルリン・ドイツ響とイタリアのサーカス団によるジルベスターコンサートも大変楽しめるものだったのですが、ここで書くにはやや賞味期限切れの感があるので、今年最初に観たオペラの話でも。ベルリン・ドイツオペラの《利口な女狐の物語》です。

ヤナーチェク作曲のこの愛すべき作品については、先月ネットで観られるパリ・オペラ座の上演でご紹介しましたが、あの後日本在住の何人かの方から「どうしてもネットにアクセスできない」とのメールをいただきました。どうやら日本からのアクセスが何らかの事情(もしくは意図)によりブロックされていた模様。詳しい背景はわかりませんけど、大変残念に思いました。

劇場の入り口の中に入ると、にぎやかな子供たちの群れが目に飛び込んできます。どうやら学校の授業の一環で引率の先生と聴きに来ていた模様。確かに教育用のオペラとしては、動物の着ぐるみがたくさん出てくるなど親しみやすい面はありますが、このオペラの思想はなかなか深いものがあるし、劇中の3人の中年男に見られる人生の悲哀なんて子供にはわからないだろうなあという思いも。途中で飽きて騒ぎ出すんじゃないかと正直ちょっと心配でした。

演出はカタリーナ・タールバッハ(Katharina Thalbach)。もともとは東ベルリンの出身の女優なんですが、1976年のヴォルフ・ビアマンの市民権剥奪事件に反抗して西側に移住したという、なかなか興味深い経歴を持つ人物です。昨年Bar jeder Vernunftというカバレット劇場の"Zwei auf einer Bank"という音楽劇でこの人のことを知り、そういえばその前の年に観た、映画「Du bist nicht allein」(旧東ベルリンの高層アパートの日常を好タッチで描いた佳作)で中年夫婦を演じていたことも思い出しました。 まさかヤナーチェクのオペラまで演出する人だとは。

この日はまずローター・ツァグロゼク指揮のオケがよかったです。透明感のあるアンサンブルが保たれつつも、2幕以降は時おり匂い立つような官能的な響きも聞こえてきて、ヤナーチェクが紛れもなく20世紀の作曲家なのだということを改めて思いました。タールバッハの演出は、先日のパリのに比べるとやや説明調で子供受けを狙ったところも感じなくもなかったですが、作品のよさを素直に味あわせてくれたし(ラストシーンではやはり泣いてしまう)、びっくりしたのは子供たちが最後まで静かに聴いていたこと(途中で休憩を挟まないのもよかったかも)。カーテンコール中は大歓声で、客入りはあまりよくなかったけれど、大変後味のいい舞台でした。

YouTubeに《利口な女狐の物語》のアニメ版を発見(BBC製作。演奏はケント・ナガノ指揮ベルリン・ドイツ響)。これ、前から一度観てみたかったんです。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-01-11 15:08 | ベルリン音楽日記 | Comments(4)

「天然ガス」 BZ Lexikon (173)

ロシアからウクライナへの天然ガス供給停止問題は、ドイツのメディアでも大きく取り上げられています。この寒さの中、暖房が使えない(!)被害を受けている東欧の人々のことを思うと、まったく人事とは思えません。1月10/11日の紙面より。

Lexikon: Erdgas(天然ガス)

Erdgas ist ein brennbares, farb-und geruchloses Naturgas (wird für die Erkennbarkeit nachparfümiert) mit einer Zündtempratur von rund 600 Grad Celsius. Es ist leichter als Luft und kommt in unterirdischen Lagerstätten vor. Häufig tritt es zusammen mit Erdöl auf, da es auf ähnliche Weise entsteht - unter Luftabschluss, erhöhter Temperatur und hohem Druck aus abgestorbenen und abgesunkenen Kleinstlebewesen. Erdgase bestehen hauptsächlich aus Methan, je nach Fundstätte unterscheidet sich die chemische Zusammensetzung erheblich. Häufig enthält Erdgas größere Anteile von Ethan, Propan oder Butan. Der Energiegehalt von einem Kilo Erdgas entspricht 1,5 Litern Benzin.

訳)天然ガスは可燃性を有する無色無臭の自然ガスであり(ただし区別できるように後から香料が加えられる)、発火温度は約600度である。空気より軽く、地下の貯蔵庫に存在する。天然ガスはしばしば石油と一緒に発生するが、それは死滅し沈下した小型生物による空気の遮断、温度の上昇、そして高い圧力と、両者の生成の仕方が似ているからである。天然ガスは主としてメタンから成り、見つかる場所によって化学的な組成は大きく異なる。天然ガスはしばしばエタン、プロパン、ブタンの割合が多くを占め、1キロの天然ガスのエネルギー量は1,5リットルのガソリンに相当する。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-01-10 15:26 | BZ Lexikon (151-200) | Comments(5)

「国境の駅」 フリードリヒ通り駅の100年(2)

e0038811_17442849.jpg
Bahnhof Berlin Friedrichstraße(1984年5月8日)

「フリードリヒ通り駅の100年」の後編は1980年代に入る。
この時代になると、旅行や留学生活、仕事の出張などでフリードリヒ通り駅を利用したという方もいらっしゃるのではないだろうか。

e0038811_22314695.jpg
当時この駅がいかに複雑な内部構造になっていたかは、私の手元にある"Grenz-und Geisterbahnhöfe"というパノラマ地図(www.panorama-berlin.de)を見ると何となくわかる。西ベルリンから東ベルリンに「入国」する場合(赤の矢印)、そして「涙の宮殿」を通って西側に戻る場合(青の矢印)、いずれも複雑に込み入った経路を通らなければならなかった。特に地下鉄(右下)から東側に入る場合、地上の構内に出るまでどれだけ歩かなければならなかったのだろう。

e0038811_17444627.jpg
1985年6月18日。Sバーンのホームから西側方面を望む。

e0038811_174567.jpg
1989年のある日。あまりに古めかしいSバーンの表示板は、字体からいっても戦前のものではないだろうか。

e0038811_17452756.jpg
壁崩壊4ヶ月前の1989年7月。東側のコンコースらしいのだが、今となってはその名残はどこにも見られない。

関連記事(壁崩壊前日の東ベルリン):
壁崩壊、そして - メヒティルトさんに聞く(8) - (2007-03-19)

e0038811_1746379.jpg
東西統一を控えた1990年4月17日の様子。

e0038811_17462245.jpg
大改装工事真っ最中の1996年3月。私が初めてベルリンの地を踏んだのは1998年3月だが、その時も工事は続いており、大きく迂回してフリードリヒ通り駅の中に入ったのをよく覚えている。

e0038811_1811542.jpg
ドイツ鉄道の長期ストにより、人気がまばらなホーム(2007年11月16日)。

フリードリヒ通り駅の構内はすっかりきれいになって、迷路のように複雑だった内部はもはや想像するのさえ難しい。最近、駅の北側には奇抜なビルが建ちそびえ、過去の遺物となった「涙の宮殿」を見下ろしている。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-01-08 15:59 | ベルリン発掘(境界) | Comments(20)

白銀のティーアガルテン

e0038811_832057.jpg
一体どこの雪山かと思われたかもしれませんが、れっきとしたベルリンの中心部の風景です。数日前からベルリンは猛烈な寒波に襲われていて、昨日がそのピーク。日中でも零下15度、夜は20度近くまで下がったのではないでしょうか。これほどの寒さを味わうのは、個人的には3年前の1月以来で(その時の記事)、さすがにもう参っています(しかもこんな時に限ってアパートのシャワーの調子が悪く、明日は大家さんに訴えなければ。トホホ・・・)。

冒頭の写真は、200番のバスに乗っている時、目に入ったティーアガルテンの風景です。寒そう!と思いつつも、都心のど真ん中のこの公園の中を歩いてみたい欲求に駆られ、たまたま時間のあった午後散策することにしました。

e0038811_8101913.jpg
庭園内の池は完全凍結。今頃ヴァンゼーの湖も凍っているのではないかしら。

e0038811_885052.jpg
手袋をしていても、15分歩けば痺れを感じる寒さでしたが、快晴の雪原の中を歩く気分はいいものでした。

e0038811_835788.jpg
散歩している人もちらほらいます。

e0038811_841396.jpg
Bellevuealleeにて。この道をひたすら真っ直ぐ歩くと、べレビュー宮殿にぶつかる。

e0038811_842936.jpg
フィルハーモニーの室内楽ホールを奥に。今度、この日も訪れたティーアガルテン内にある私のお気に入りの場所を紹介したいと思っています。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-01-07 01:20 | ベルリン発掘(西) | Comments(8)

「国境の駅」 フリードリヒ通り駅の100年(1)

e0038811_115597.jpg
Bahnhof Berlin Friedrichstraße(1910年頃の絵葉書より)

2009年はドイツ連邦共和国の建国60周年にして、ベルリンの壁崩壊20周年。新聞でもそのテーマで大きな記事が組まれるなど、私は年頭から興奮する気持ちを抑えられずにいる(笑)。

昨年の夏、フリードリヒ通り駅の構内を歩いていたら、あちこちに駅の昔の写真が展示されているのを見つけた。これまで見たことのない写真が多く、私はしばらく夢中で眺めていたのだが、その時撮った写真を2回に分けてここで紹介しようと思う。壁メモリアルイヤーの冒頭は、ドイツの激動の歴史を眺め続けてきたこの駅からスタートしよう。

e0038811_1162084.jpg
1914年の駅の改装前に撮影されたもの

e0038811_1163638.jpg
駅の北側(1942年)。アドミラルパラストのほぼ正面の位置と思われる。

e0038811_1183423.jpg
駅の南側(1957年7月5日)。蒸気機関車がアレクサンダー広場方面に発車する瞬間。この写真を5秒間じっくり眺めてから次の写真に移ってください。

e0038811_1411959.jpg
上の写真とほぼ同じ地点から(2008年7月31日)。50年経っても、駅を囲む風景は大きく変わっていないことがわかる。ただしそれはごく狭い範囲での話。周辺の建物はこの15年で激変した。

e0038811_1184938.jpg
再び50年前の駅の北側へ(1960年頃)。2階建てバスは東側でも走っていたのかとふと思った。戦後建てられた画面左側の建物は何だろう。

e0038811_1191996.jpg
当時の女性の夏ファッションがなんとも・・・(1962年8月2日)

e0038811_1242699.jpg
やがて姿を現す、東から西への出国所、通称「涙の宮殿」(1964年1月4日)。

この建物については以下の記事をご参照ください:
フリードリヒ・シュトラーセ駅の「涙の宮殿」 (2006-12-22)
壁のあった時代(上) - メヒティルトさんに聞く(5) - (2007-03-13)

e0038811_1244516.jpg
1979年冬のある日。右手に人々の行列が見える。当時フリードリヒ通り駅唯一のタクシー乗り場がそこにあり、これはなかなかやって来ないタクシーを待つ人々の行列なのだと、当時をよく知る方から後で教えていただいた。

関連記事:
変貌するフリードリヒ・シュトラーセ駅周辺 - 壁建設の日に - (2008-08-13)

(つづく)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-01-04 19:17 | ベルリン発掘(境界) | Comments(8)

ヴェンダースの尾道

e0038811_6543084.jpg
1ヶ月ほど前、あるデザイナーの方をガイドした際に1冊の写真カタログをいただいた。

題して「ヴィム&ドナータ ヴェンダース写真展 尾道への旅」。

数年前、ヴェンダース夫妻が日本を旅した時の写真をもとに個展を開いたのは知っていたが(そして大変興味はあったのだが)、じっくり見る機会はなかった。尾道から近い岡山在住のその方は、私が以前「ベルリン・天使の詩」の舞台を訪ねたシリーズをブログに載せていたのを知っていて、たまたま手元にあったというカタログを持って来てくださったのだった。こういう目に見えない親和性というのはとてもうれしい。

ヴィム・ヴェンダースが撮ったThe Dead Treeというタイトルの冒頭の写真に思わず息を飲んだ。画面をゆったりと占める1本の枯木の存在感がすさまじい。その向こうには尾道の街並みと瀬戸内海が雄大に広がる。手前の分厚い雲と青空との不思議なコントラスト。そして、その狭間から一瞬のタイミングできらめく太陽の光。

確かに1枚の写真なのだが、映画のワンシーンのような、これから何かが動き出すような予感性に満ちているのだ(写真家の藤原新也氏は、隣のページで「はじまりの予感と終わりの余韻」と表現している)。

デザイナーのAさん(と仮にさせていただく)によると、この写真は浄土寺山という尾道の有名なビューポイントから撮影されたものらしいが、「尾道をこんな風に撮った人はいない」と地元の人々の間でも一時期話題になったそうだ。

カタログの冒頭で、ヴェンダース夫妻がメッセージを寄せている。夫人のドナータが「自分は自然体の人々を撮影する写真家だ」と述べているのに対して(「和の心」を感じさせる陰影豊かな彼女の写真も印象に残った)、ヴィムはこう語る。
私は風景を撮る写真家です。初めての土地に行って、自分の足で歩き回ることが何より好きです。そして、そこで写真を撮ることによって、私は何かを「発見」するのです。そのとき、私の見た街路、家並み、川、海、山は、特別な意味を帯びたものになる。私にとってそれらは、初めて出会ったその瞬間に見た風景とはもはやまったく違うものになっているのです。
枯木の写真に満ちた予感性とヴィム・ヴェンダースのメッセージから感じた共感。このブログの2009年の冒頭にぜひ書き記しておきたかった。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-01-02 23:57 | ドイツから見た日本 | Comments(6)

新年を迎えて

e0038811_016113.jpg
2009年が明けました。昨年は結婚という一大転機があったためか、10月以降は時が経つのがいつになく早かった気がします。本年もどうぞよろしくお願いいたします(喪中のため、新年のご挨拶は控えさせていただきます)。

写真は、2年ぐらい前近所のバルコニーの写真を撮り歩いている時に出会った一瞬の光景。丑年なのにすみません(笑)。ベルリンはこの1週間激寒だったせいで、私はすっかり風邪を引いてしまいましたが、日本の皆様はまだしばし穏やかな正月をお過ごしください。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-01-01 20:11 | その他 | Comments(14)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング