ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

お気に入りブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

<   2008年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

最近買った本・読んでる本

たまに日本に帰ってくると、いつもながら真っ先に本屋に向かってしまう。できるだけ多くの本をベルリンに持って帰ろうとすると、どうしても新書か文庫本が中心になるが、それでも本はかさばる。もう少し楽に運べないものだろうか・・・。


最近、永井荷風が、そのライフスタイルも含め再び注目されているらしい。
東京をよく歩き、舞台に書いた人として、私も大変興味があるので、まず「荷風随筆集(上下)」と「墨東綺譚」(岩波文庫)を、関連本として「荷風語録」と「大正幻影」(川本三郎著、岩波現代文庫)を買った。これはベルリンに戻ってから、カフェでゆっくり読もうと思う(日本では落ち着いて本を読める場所が少ない。時間の流れ方のせいもあるかもしれない)。

久々に寄ったブックオフでは、街歩き(路上観察)ものの古典(?)、「パリ 旅の雑学ノート」(玉村富男著、新潮文庫)を購入。

ちくま学芸文庫から、「武満徹 エッセイ選」(小沼純一編)というのが出ていたので、即購入。新潮社から出ていた武満の著作は、大型サイズの上高価だったので、文庫での再登場は大変うれしい。今月同時発売の「言葉を育てる―米原万里対談集」と「カフカ・セレクション」も買って帰ろうと思う。

最近、書店や雑誌で佐藤勝という名前を本当によく目にする。遅ればせながら、デビュー作の「国家の罠」(新潮文庫)を読む。驚くべき内容の本だ。近著の亀山郁夫氏との対談本、「ロシア 闇と魂の国家」(文春新書)も中身が濃そう。

そうこうするうちに、前々から一度読んでみたかった「ベルリン」(平井正著、せりか書房)全3巻が届く。父が古本サイトで調べたら、3冊で6000円の提供品を見つけ注文してくれたのだった(発売当時の定価は1冊5000円)。さて、この重い本をどうやってベルリンに持って行くか。1冊だけ持って帰ってもあまり意味のなさそうな本であるし・・・。平井正氏といえば近著の、「オリエント急行の時代」(中公新書)という面白そうな文化史の本も買う。やはり新書か文庫がありがたい。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-09-29 15:13 | ベルリンを「読む」 | Comments(6)

消えゆくブルートレイン

e0038811_1115610.jpg
先日の夕方、東京駅で人と落ち合った際、少し時間があったので10番線ホームに足を運んでみた。久しぶりに「ブルートレイン」を見たいと思ったのだ。

「夜行列車」や「ブルートレイン」という響きには、旅心をかきたてる魅惑的な何かがある。私は子どもの頃このブルートレインに憧れて、家族で東京に出るときは、両親にせがんでよく東京駅に立ち寄ってもらい、なんとはなしに列車が発車していくのも眺めていたものだ。1980年代の東京駅9、10番線ホームには、独特の華やかさがあったと記憶している。

e0038811_1116838.jpg
だが、ここ数年、夜行列車の凋落が著しい。乗車率の不振と車体の老朽化という理由から、東京発のブルートレインも次々に消えていった。乗る人がいないのだからしょうがないのだが、夜行列車が元気なヨーロッパのことを思うと、何とかならないものかという思いも一方である。

e0038811_11154687.jpg
発車まで少し時間があったので、車内をのぞいてみた。ちょうど20年前の夏休み、この「はやぶさ」に乗って九州に旅した頃から、内装や設備が全く変わっていないので驚く(A寝台個室とB寝台)。いかにもくたびれた感じで、乗車率も50%を明らかに下回っていた。

e0038811_11152683.jpg
それでも、マニアの皆さんの間では根強い人気があるようで、機関車の連結のシーンにはこれだけの人が集まっていた(一部女性の姿も)。

e0038811_11162761.jpg
18時03分、「はやぶさ・富士」号は夕闇の東京駅を発って行った。この列車も近い将来になくなるらしいと聞いたことがあるが、実際はどうなのだろうか。残念だけれど、おそらくもう乗る機会はないような気がする。

※追記:
残念ながら、寝台特急「はやぶさ」は翌2009年3月13日をもって廃止となりました。


人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-09-27 11:50 | ニッポン再発見 | Comments(6)

大東京散歩(1) - 皇居と政府地区 -

e0038811_0301813.jpg
先週の祝日、高校時代の親友が日帰りでわざわざ名古屋から出てきてくれるというので、東京へ。昼近くに東京駅で落ち合い、夕方まで散歩することにしました。赤レンガの駅舎は目下大改装中。まずは中央口から皇居の方に向かって歩いてみました。

e0038811_0304182.jpg
今までほとんど来る機会がなかった皇居へ。広々として気持ちがいい。

e0038811_0305837.jpg
外国からの観光客もたくさんいた二重橋。皇居周辺はジョギングをしている人もたくさん見かけました。その横は桜田門。どんな場所であろうと、実際に歩いてみると、地理や歴史の知識が様々にリンクされていくので楽しい。

e0038811_0311814.jpg
ここまで来たら東京の政府地区が見たくなって、警視庁の横を通って国会議事堂へ。考えてみたら、日本の議会の前に来るのは初めてだったかも。祝日のせいか、そばを通る人より竹やりのようなものを持った警備員の数の方が多かった。

e0038811_0313641.jpg
さらに行ってみたかったのが首相官邸。昨日麻生内閣が発足したので、この前が何度もテレビに映し出されていました。それにしても東京は起伏が多い。皇居から首相官邸へ来るまでも結構坂を上り、今度は内閣府の横を下って、溜池山王の駅へ。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-09-24 23:57 | ニッポン再発見 | Comments(2)

祖母の部屋

e0038811_126173.jpg
今回の日本滞在は比較的長いのですが、休暇というよりは、いくつかの目的のために帰ってきたので、半ば締め切りに終われるような気分で日々を過ごしています。先日そんな中、8月に亡くなった祖母のお墓参りに行って来ました。

祖母は叔父夫婦と一緒に住んでいたのですが、その部屋は敷地内の一番奥にあります。茨城の親戚の家に行くときは、玄関の横から続いている広い庭を抜け、最初に決まって祖母の部屋から訪れていました。そこでお小遣いをもらったり、お茶を飲みながら祖母と好きな旅行の話をしたりして、一息ついてから叔父夫婦に挨拶に行くというのが、私の子どもの頃からの決まったパターンだったのです。その習慣は不思議とどこかで残っていて、今回もまず奥の部屋に入りました。いくつかの家具を除いては、部屋の中もにおいもそのまま。しかし祖母は当然ながらそこにはおらず、「おばあちゃんは本当にあの世に逝ってしまったんだなあ」と不思議な気分になりました。

海外生活も8年になり、日本には時々しか帰って来ないでいると、その間の時の経過をふと(時には残酷に)実感することがあります。周囲の人間は確実に歳を重ねているし、自分もまた然り。テレビを見ていても、昔とあまり変わっていないなあという有名人もいれば、ここ数年で一気に老け込んだと感じさせる人もいる。8年前は新築直後でピカピカだった実家の壁も、ネコの引っかき傷が微妙に目立ってきました(笑)。ゆく川の流れは絶えずして、か。

この日は、病気で入院中の叔母のお見舞いもしてきました。快復を願うばかりです。本当に健康でいられることが何よりありがたい。今回の日本滞在は、自分の歩んできた道を振り返り、今後についてもじっくり思いをめぐらす貴重な時間になっている気がします。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-09-22 02:22 | ニッポン再発見 | Comments(13)

連邦政府の省庁が一般公開に

e0038811_15113520.jpg
8月23、24日の週末、毎夏恒例となっている連邦政府の各省庁の一般公開が行われました。ベルリンにある13すべての省庁が開放されるこの催しも今年で 10回目を数えるそうです。建物の内部を見学できるだけでなく、体験型のプログラムが多数用意されたり、閣僚も顔を出して市民と直接対話をしたりするところに、政府のオープンさを感じます。中でも毎年1番人気の首相府では、日曜日の午後にメルケル首相が直々に中を案内してくれるとあって、雨天にも関わらず多くの市民が詰め掛けたそうです。

e0038811_15131072.jpg
私が見て回った中で、1番見応えがあった外務省をご紹介したいと思います。セキュリティーチェックを受けて中に入ると、そこはいきなりガラス張りのモダンなホール。突き抜けて中庭に出ると、要人をエスコートする際に使われる警察の車やオートバイが止まっており、現場の任務にあたる人から直接話を聞くことができました。ちなみに、国家元首の公式訪問の際には15台ものバイクが前後につくのだとか。向かいにそびえる旧館はナチス時代の建築物で、かつて帝国銀行の金庫だったという地下室の扉は恐ろしいくらいに分厚く、現在は24時間体制の危機対応センターになっています。

e0038811_15134082.jpg
地上に戻って階段を上がると、そこは「世界ホール」と呼ばれる大きなホールで、国際会議などがここで行われます。公式晩餐会の様子が再現されていたり、潘国連事務総長がドイツを訪問した際のプログラムや同時通訳者の速記メモまで展示されていたりと、国際政治の舞台裏を垣間見た思いでした。

e0038811_1514270.jpg
さらに上の階では、社会主義統一党(SED)の本部がここにあった旧東ドイツ時代、最高指導者のホーネッカーが辞意を表明した「ビスマルクホール」から、現在のシュタインマイヤー外相の仕事部屋(写真)まで見学することができました。外相の部屋は意外にも簡素かつ機能的で、テレビでしか見たことのないドイツの外務大臣が普段はここで仕事をしているのかと思うと、政治の世界に急に親しみが沸いてきました。
ドイツニュースダイジェスト 9月19日)

数日前、自宅のPCが故障してしまったのですが、弟のノートブックを借りて何とか急場をしのいでいます。外務省の話の続きは、ベルリンに戻ってからゆっくりしましょう。ちなみにシュタインマイヤー外相使用のPCはマッキントッシュでした。マックブックほしい・・・

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-09-18 15:20 | ベルリン発掘(全般) | Comments(4)

麻布のドイツ大使館にて

e0038811_0385541.jpg
数日前、ちょっとした用事があって、久々に東京麻布のドイツ大使館に足を運んで来ました。日比谷線の広尾の駅で降り、セミが鳴く有栖川公園の脇を通って坂のたもとの大使館を訪れるのは、私がベルリンに来る直前にビザの関係で行ったのが最後なので、8年前になります。もうそんなに経つのかと、ちょっと信じられない思いでした。

その間、各種手続きをする部屋は変わったようで、8年前がどうだったか全く思い出せません。ただ、担当の方は変わっていないのがちょっとうれしかった(キャスターのようにハキハキしゃべる日本人の女性と言えば、あそこに行ったことのある方ならわかるでしょうか?)。写真は、館内で見かけたバディーベアー。「日本におけるドイツ年」のオープニングに合わせて作られたものだそうで、クマの首元には小泉元首相とケーラー大統領のサインも記されていました。

日本に戻って、こちらのテレビや新聞を見ていると、自分が今住んでいるドイツやベルリンというのは、やはり遠い世界なのかなあとふと感じることがあります。国際ニュースで報じられるのは、北朝鮮やアフガン事情などのアジア関係を除くと、相も変わらずアメリカばかり。そりゃあ、アメリカの大統領選が注目を浴びるのは当然のことではありますが、世界で起っているのはそればかりではないだろう。一昨日、NHKの「クローズアップ現代」がロシアのグルジア侵攻を特集していましたが、こういう報道は例外的です。日本のメディアだけに頼っていては複眼的思考を持つのは難しいと、自戒の念も込めてつくづく思いました。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-09-14 01:12 | ニッポン再発見 | Comments(9)

新シーズンを迎えた州立歌劇場

e0038811_961760.jpg
8月30日、ベルリン州立歌劇場の新シーズンが幕を開け、そのオープニングの2公演が大きな話題を集めた。初日のオペラ《フィデリオ》(ベートーヴェン作曲)は、歌劇場横のベーベル広場に設置された巨大スクリーンに舞台が同時中継されるという、いわばオペラのパブリックビューイングで、昨年の《マノン》に引き続いての試みだ。聴こえてくる音はスピーカーを通しているとはいえ、熱気溢れるライブの感興はかなり伝わってくるものがあった。
e0038811_932074.gif
その翌日は、同じくベートーヴェンの第9交響曲が広場の仮設舞台で演奏された。両日とも指揮を務めたダニエル・バレンボイムは、どのような上演形式だろうが、自分の演奏スタイルを決して変えない。強い日差しが照りつける中、聴き手にやや忍耐を強いるほどのゆったりしたテンポを終始保ったまま、重厚に音楽を練り上げていく。4楽章冒頭で低弦がメロディーを奏でるレチタティーボの部分は、大見得を切るような豪快さ。その濃厚な表情付けには好みと賛否が分かれそうだが、音楽にも人生にも信念を貫く氏の姿が垣間見られた。

e0038811_926461.jpg
2日間とも入場無料の上、天気にも恵まれたことで、熱心なオペラファンだけでなく、足を止めて聴き入る散歩途中の人から観光客まで、広場に面した通りの向こう側にまで人が溢れる大盛況だった。「すべての人にオペラを」をモットーに、ベルリンのBMWがスポンサーとなった今回の試みは、来年も続けられるという。オペラ上演の新たな可能性を探るものとなるだろうか。
 

昨シーズンのベルリン州立歌劇場は、舞台に関する話題以外で何度も新聞の見出しを賑わせた。劇場の支配人だったペーター・ムスバッハの突然の辞任劇、そして劇場の大規模な改修に関する問題だ。後者については昨年秋に当連載でも取り上げたが、改修費を巡る議論が一段落したかと思いきや、その後は客席の内観をどのようにするかで大論争となった。というのも、この春、コンクールで1等を獲得したクラウス・ロートのデザインが、1950年代に劇場が再建されたときのロココ様式とは完全に決別したモダンなものだったからだ。

e0038811_9103570.jpg
音楽監督のバレンボイムは、フリードリヒ大王の時代に建てられたオリジナルの劇場の構造に触れ、「オペラ座は(特定の層だけではなく)全ての人に開かれたものであるべきだ。いまの構造では音響の大幅な向上も望めない」とロート案を支持。一方で、改修費用の一部を受け持つ歌劇場の友の会は、「ロート案が採用されるならばお金は出さない」と主張し、それにベルリンのCDUとFDPの議員が後ろ盾をするなど、議論は政治色の濃いものへと発展した。

結局6月になって、市のトップの話し合いにより、「劇場の内観は大きく変更しない」という条件でデザインを新たに公募するという異例の事態で今後の方向が決まった。歌劇場の改修工事は、2010年の夏から約3年半かけて行われる予定だ。それまであと2年、ドイツ屈指の伝統を誇るオペラ座の将来にも関わる大事なシーズンが始まった。
ドイツニュースダイジェスト 9月12日)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-09-12 09:30 | ベルリン音のある街 | Comments(4)

9月のセミ

e0038811_115357.jpg
今年の夏はセミが鳴き始める時期が遅かったようで、9月も10日を回ったのにそ気配は止むことがありません。これが環境という意味でいいことなのか悪いことなのかはわかりませんが、日本に帰ってきた日、京急の最寄り駅に降り立った瞬間に四方から聞こえてきたセミの音は、懐かしさで心がいっぱいになりました。毎日山間の階段を下りるときも、一昨日近所にある神社の境内を歩いたときも、私の記憶から落ちかけていた種々のセミの迫力豊かな共鳴に包まれていると、思わず足を止めて聞き入ってしまいます。

e0038811_1134628.jpg
神社を抜けたところに広がっている風景。高台から東京湾を望むことができ、前回ご紹介した猿島が、ひょっこりひょうたん島のように浮かんでいるのが見えますね。ドイツではまず見られない電柱も、どこかしら郷愁を誘います。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-09-11 02:00 | ニッポン再発見 | Comments(6)

潮風に吹かれて - 三笠公園 -

e0038811_1610046.jpg
今日は私の地元横須賀のスポットを1つご紹介しましょう。京急横須賀中央駅から徒歩10分の場所にある、三笠公園です。数日前、久々に足を運んで来たのですが、どうも天気がいまひとつだったので(同じ場所から撮った今のトップ画像と比べてみてください)、2年前の秋に撮った写真を使うことにします。

e0038811_16174337.jpg
この公園で有名なのは、名前の由来にもなっている戦艦三笠でしょう。手前に立っているのは東郷平八郎の像。三笠の中には、幼少期に1,2度入ったことがありますが、ほとんど覚えていません。

e0038811_16175988.jpg
戦艦三笠の奥へと歩いて行くと、高さ18メートルの平和のモニュメントが見えてきます。その向こうに見えるのは東京湾唯一の自然島、猿島。三笠公園の横からは、島への船が出ています。

e0038811_16104093.jpg
小さな湾の向こう側は、もう米軍横須賀基地です。地元の人は「ベース」と呼んでいます。年に何回か一般の人も入れる機会がありますが、私はここも子供の時、フェストの日に一度入ったことがあるだけですね。

e0038811_1616011.jpg
それにしても、自分が生まれ育った場所を紹介するのって難しい^^;)。戦艦三笠も米軍基地も、人に語れるほど知らず、一体何を書けばいいのかよくわからないというのが正直なところです(笑)。最初から興味を持ってやって来たベルリンとはそこが違いますね。横須賀の海風が伝わったのならば、うれしいですけれど。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-09-09 21:03 | ニッポン再発見 | Comments(7)

還ってきた十字架 - Berliner Dom -

e0038811_2029171.jpg
Berliner Dom (2007年8月10日)

金色に輝く大きな十字架、これ一体なんだと思いますか?

e0038811_20293947.jpg
ベルリン在住の方はもちろん、ここ最近旅行等でベルリンを訪れた方は、この光景を見てピンとくるのでは?2006年12月から、1年半以上ぽっかり場所を空けていたベルリン大聖堂のてっぺんの十字架が、8月19日の朝ようやく元の場所に還ってきたのです(この写真のみdpaより借用)。

e0038811_20302446.jpg
今までの十字架は、DDR時代の1981年、大聖堂の再建に際して造られたものでした。ところが、20年以上もの間に腐食が進み、今回バイエルン州のある街で完全に造り直されることになったのです。同時にその下の金色の玉、さらにKönigskronen(王の冠)と呼ばれる部分もきれいになって戻ってきました。高さ15メートル、重さ12トンもある十字架ですが、この位置から見ると大聖堂のスケールが何となく伝わるでしょうか。

e0038811_2030151.jpg
8月最後の日曜日に取った1枚。やはりこの十字架があるとないとでは、全体の締まり具合が全然違います。ちなみに、大聖堂付近の今の様子は、ドイツ歴史博物館の固定カメラで常時眺めることができますよ。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-09-08 00:18 | ベルリンのいま | Comments(0)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング