ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

お気に入りブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

<   2008年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

ユーロ2008 今夜決勝戦!

e0038811_21523018.jpg
ユーロ2008の決勝戦が、あと2時間半後に迫りました。ベルリンの天気は、ほぼ快晴。怪我の状態が心配されたミヒャエル・バラックは出場可能だと、先ほどからテレビのニュースでさかんに伝えられています。

e0038811_2152638.jpg
準決勝のドイツ対トルコ戦、急遽設置された6月17日通りのFanmeileには、何と50万人もの人が終結したそうです。試合開始1時間前にはもう一杯で入れなかったとか。当初私はそこには行かないつもりでしたが、天気もよくなってきたので、今どうしようか迷っているところです。

考えてみたら、私がベルリンに来てから大舞台でのドイツサッカーは、低迷か(2002年W杯予選、2004年ユーロなど)、いいところまでいきながら最後に敗れる(2002年W杯本選、2006年W杯)のどちらかだったので、久々につかんだビックチャンス、今日は素直に(?)ドイツを応援しようかと思っています。バラックには初タイトルを勝ち取ってほしいですしね。どこで観るか様子を見ながら、そろそろ家を出ます。それでは!

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-06-29 18:18 | サッカーWM2006他 | Comments(4)

ラディアルシステムで聴くヴァイオリンとチェンバロのデュオ

e0038811_21571482.jpg
Holzmarktstraseにて(6月14日)

東駅から徒歩5分のラディアルシステム(RadialsystemV)に久々に足を運ぶ機会があった。2006年の9月にオープンしたこの文化複合施設は、古楽から前衛まで幅広いジャンルのアートを扱い、ベルリンの人々にもすっかり認知されてきた感じがある。最近は、ベルリン放送響などのオーケストラも時々ここでコンサートを行うようになっているが、音楽を聴くのは初めてだった。

e0038811_21574990.jpg
この日聴いたコンサートは、ミュンヘンのECMレーベルとラディアルシステムとの共催によるShared Soundsというフェスティバルの一環で、カロリン・ヴィドマン(ヴァイオリン)と北谷直樹(チェンバロ)のデュオ。「新旧のイタリア音楽。コレッリからシャリーノまで」というタイトルが付いていた。

それはまさに至福の時間だった。
コレッリのソナタで始まり、ベルリンのフリードリヒ大王のもとでも活躍したフランツ・ベンダのソナタ、クープラン(チェンバロ・ソロ)、大バッハのソナタ、フレスコバルディ(チェンバロ・ソロ)、最後はイタリア後期バロックの作曲家ヴェラチーニの華やかなヴァイオリン・ソナタで結ばれる。そしてその合間に、シチリアの現代作曲家サルヴァトーレ・シャリーノの超絶難曲(少なくともそう聴こえた)、《6つのカプリッチョ》(ヴァイオリン・ソロ)が織り込まれるという、何とも刺激的なプログラム。それだけに演奏家に要求される集中力も相当なものだと察せられたが、夜の10時に始まったコンサートは約1時間45分、休憩なしで一気に続いた。

e0038811_21581074.jpg
極めて高い技巧を持ちながら、決して外面的な効果に陥らないヴィドマンというヴァイオリニストもすばらしかったが、北谷直樹という卓越したチェンバロ奏者に出会えたことが大きな収穫だった(このコンサートを教えてくれた友人に感謝!)。ソナタでは絶妙のサポートを見せ、フレスコバルディのソロでは日本人離れした高い表現力を垣間見させてくれた。北谷さんはスイス在住で、作曲やジャズの演奏まで行う方らしい。以前ここでご紹介したことのあるリコーダー奏者のモーリス・シュテーガーとはしばしば共演し、CDも出しているという。あのシュテーガーとのデュオはさぞやスリリングなものに違いない。終演後に北谷さんと少しお話しすることができたが、機会があればぜひ聴いてみたいと思った。

客入りはそれほどよくはなかったものの、ラディアルシステムのお客さんの雰囲気がとてもよかった。本当に音楽を聴きたい人だけが集まってきている感じで、曲目が進むにつれ熱気の度合いは高まっていく。演奏後には、ベルリン古楽アカデミーのコンサートマスター、シュテファン・マイと演奏者によるトークセッションまで用意され、12時半近くまで心から楽しむことができた。久々にバロック熱がよみがえった一夜でもあった。

関連記事:
モーリス・シュテーガー&ベルリン古楽アカデミーのテレマン(2005-9-12) 
新しい文化の発信基地(2007-04-04)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-06-28 17:03 | ベルリン音楽日記 | Comments(0)

テンペルホーフ空港の離陸シーンを見る

e0038811_8581854.jpg
1948年6月26日に始まった「ベルリン空輸」の60周年に際して、一昨日当時の関係者を招いて記念式典が行われたそうです。

そんなことがあった翌日、10月の閉港前にテンペルホーフ空港を離陸する飛行機を見てみたいという日本からの知人を連れて、以前一度だけ行ったことのあるポイントに行って来ました。空港の東端、ノイケルンのOderstraßeとHerrfurthstraßeの角は、飛行機を眺めるにはなかなかいい場所だと思います。

e0038811_8551020.jpg
空港前から104番のバスに乗って、10分ほど。2年ぶりにその場所に着くと、ちょうど18時55分発のブリュッセル行きの飛行機が、ゆっくりこちらに向かいながら離陸態勢に入るところでした。

e0038811_8553333.jpg
飛行機に詳しい友人に言わせると、これはエンジンが4つ付いている四発機と呼ばれる小型ジェット機で、ブリュッセル・エアラインは破産したサヴェナの後を継いだ格安航空会社だとか。この大きさだと50人も乗れないそうです。

e0038811_8555285.jpg
滑走路に立ち、やがて強いエンジン音が聞こえてくると、やや強風が吹く中、飛行機はなだらかな線を描いて空に飛び立って行きました。

関連記事:
テンペルホーフ空港を自転車でぐるりと(2006-05-02)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-06-28 03:13 | ベルリン発掘(西) | Comments(2)

ユーロ2008 準決勝 ドイツ 3-2 トルコ

e0038811_75583.jpg
ドイツ対トルコの試合後、U6 Hallesches Torにて

トルコ、ついに敗れる。ドイツが96年大会以来の決勝進出。

負けた・・・。主力の警告累積や怪我ゆえ、ほぼBチームのトルコだったけれど、逆に吹っ切れたのかドイツ相手に予想以上に戦った。前回のクロアチア戦とは比較にならないほどのスピーディーな試合展開で、これはスリリングな試合になりそうだぞという予感。先制は何とトルコ、しかしドイツが直後に追いつく。後半に入ってから、ZDFのテレビの映像が何度も途切れる珍しいハプニングが起きた(原因は何だったのだろう?)。そして試合終盤、クローゼのヘディングでドイツが逆転するが、終了4分前、今大会のトルコの驚異的な粘り強さを象徴するような得点で土壇場で同点に。今回はドイツサポが多いカフェで、私は我を忘れて歓声を上げてしまった。何とか延長に持ち込んでくれと願ったが、終了間際ラームのシュートで万事休す。ドイツが3対2で接戦を制してしまった。

e0038811_755369.jpg
試合後のGörlitzer Bahnhof(左)とKottbusser Tor駅周辺の様子。特に後者の駅周辺では警官隊も導入されるものものしさだったが、険悪なムードは皆無だった。ときどきドイツ(たまにトルコ)サポーターの車がクラクションを鳴らして通り過ぎて行くものの、金曜日のクロアチア戦の後に比べると騒がしさは10分の1程度(?)で、祭りの後に似た寂しさを感じる。

それにしても、今回のトルコ代表チームは最高だった。
最初は軽い気持ちで応援し始めたが、あれほど点を入れるのが難しいサッカーというスポーツにおいて、ほとんど奇跡のような試合を何度も見せられるうちに、私は彼らに対してヨーロッパ選手権に挑むアジア代表チームを応援するようなシンパシーを感じるようになっていった。日常を越えた興奮を何度も味わせてもらったし、最後まで決して勝負を諦めない彼らのフットボール魂は感動的だった。負けたこの試合だって、スポーツ特有のすがすがしさ(ある種のカタルシス)があったので、もう何も言う気になれない。彼らは全ての力を出し切ったのではないだろか。本当にありがとう!とせめてそれだけは言いたい。いつか日本代表でも、こんな試合が観られる日が来て欲しい。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-06-26 02:11 | サッカーWM2006他 | Comments(6)

メーリングダムの野菜ケバブ屋さん

e0038811_1893581.jpg
さて、いよいよ今日はユーロ2008でのドイツ対トルコ。私も午前中からどうもそわそわしているのですが、決戦に備えて腹ごしらえをしなければということで(?)、先日こちらで触れた近所のケバブ屋さんを紹介したいと思います。場所は、U6のメーリングダム(Mehringdamm)駅を上がってすぐなので、迷うことはないでしょう(この少し先に有名なCurry36があります)。

e0038811_1810148.jpg
名物(?)の野菜ケバブ(Gemüse Kebap. 2,3ユーロ)のほかに、チキンケバブ(2,7ユーロ)もあります。ここのお店は素材が新鮮で、盛り付け方を眺めていてもいかにもおいしそう。野菜ケバブといっても、生野菜だけでなく、この店独特の炒めた(?)ジャガイモやパプリカも入っていて、これがまたおいしいのです。最後にレモンをギュッとしぼるのもニクい。

e0038811_1811922.jpg
今朝の新聞の扱いは、予想通りすごいものでした。Berliner Zeitungは、新聞の2面(トルコ)と3面(ドイツ)を丸々使って双方からの視点で記事を寄せています。その他、著名人の予想なども(下)。ちなみに左上のヴォーヴェライト市長は2:0でドイツの勝利を予想。

ベルリンにケバブスタンドの1号店ができてから一体何十年経つのかわかりませんが、いまやこの街の街角に欠かせない食べ物となりました。今日の準決勝は、10人に1人がトルコ人といわれるベルリンにとって、そして国内に約250万人のトルコ系住民を抱えるドイツ及びトルコ双方にとって、歴史的な試合となることでしょう。サッカー的には、最強の布陣で望むドイツが、満身創痍のトルコに対して圧倒的に有利だとは思いますが、試合そのものや街角の風景で何かいい瞬間に出会えたらいいなと思っています。試合後は、どうか暴動にだけはなりませんように(笑)。

関連記事:
メーリングダムの"Curry 36"(2006-05-09)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-06-25 12:07 | ベルリン発掘(西) | Comments(8)

ハルツ地方への旅

e0038811_215245.jpg
先週末は、ドイツ鉄道(DB)の週末割引チケットなどを利用して、友達4人とハルツ地方に1泊の小旅行に行って来ました。

大まかなルートを書くと、
21日:ベルリン・ツォー駅―(私鉄のハルツ・ベルリンエキスプレス。所要時間3時間半)―Vienenburg―(DB)―ゴスラーとランメルスベルク鉱山(どちらも世界遺産)―(DB)―ヴェルニゲローデ(木組みの美しい街並み!)

22日:ヴェルニゲローデ―(ハルツ狭軌鉄道)―ブロッケン山―再びヴェルニゲローデ―(ハルツ・ベルリンエキスプレス)―ベルリン・フリードリヒシュトラーセ

というもので、ベルリンからの週末旅行のコースとしては、かなりおすすめできると思います。初めて乗った私鉄のハルツ・ベルリンエキスプレス(HEX)は、往復25ユーロと割安なのに、サービスはDBよりもずっとよいです。

最大のハイライトは、やはりヴェルニゲローデからブロッケン山に向かう蒸気機関車の旅でした。これは鉄道マニアでなくとも興奮します(笑)。天気にも恵まれたので、近々2回に分けて魔女伝説の山へのコースをご紹介したいと思っています。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-06-24 19:24 | ドイツ全般 | Comments(14)

トルコ奇跡の逆転勝利、クロイツベルクは大騒ぎ

e0038811_9372510.jpg
ここまでくると、もうわけがわからない。
トルコ対クロアチアの延長後半最後の時間帯、あれは確かにトルコのキーパーのミスだったが、クロアチアがゴール前で粘ってつないだ先制ゴールが決まったとき、私のいたカフェMorgenlandの周囲は声にもならない落胆のムードが流れた。さすがに、これはもう終わったなと。ところが、ロスタイム残り10秒を切ったもうほんとに最後の最後、キーパーが蹴ったロングボール(だったと思う)がゴール前のトルコ選手の前に達した(こう書くと単純だが、それまでトルコにはこんなきれいなシュートチャンスは皆無だった)。彼はこぼれ玉をうまくトラップし、ディフェンダーをかわして振り向きざまに勢いよく蹴り込んだシュートがなんと決まってしまったのだ。その瞬間、建物が崩れるんじゃないかというぐらい周囲は大騒ぎに。私も興奮してわけがわからなくなった。この時点で、運は再びトルコに傾いたのだろうか。PK戦をトルコが制して、初の準決勝進出を果たし、半分冗談で言っていたドイツ対トルコの組み合わせが現実のものとなった・・・。トルコはこれで3試合続けての逆転勝ち。しかも、「奇跡的」ともいえる勝利が2度続いた。やれやれ、本当にまったくなんてこった。

クロアチアの選手はみんな泣いていた。あれは悔しいだろう。9割9分手にしていた勝利を土壇場で逃してしまったのだから。そのクロアチアの選手たちを抱き締めながら回っていたトルコのキーパーはすばらしかったと思う。昨日のMVPを1人挙げるなら、私ならあのキーパーだな。実際、途中で何度もトルコのピンチを救っていたし。

e0038811_9451125.jpg
その後のクロイツベルクがどうなったかということは、もう言うまでもないでしょう。先日のスイス戦とも先月のメーデーとも比較にならない人が押し寄せ、歓喜に湧きまくっていた。

今日は早起きしてベルリンの外に出るので、さすがにもう寝なければ。サッカーというスポーツが持つ、人を巻き込む底知れぬパワーに圧倒された夜でした。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-06-21 03:45 | サッカーWM2006他 | Comments(6)

シュプレー河畔で観るポルトガル対ドイツ

e0038811_22542722.jpg
昨晩のポルトガル対ドイツの試合は、U1 Schlesisches Torの駅から徒歩5分にある、シュプレー川河畔のバーFreundliche Botschaftで観た。最近オープンしたらしいこのバーは、オーバーバウム橋やテレビ塔の方面がよく望める絶好のロケーションにあり、ソファーに腰掛けながらベルリンらしいゆるい雰囲気の中でサッカーを楽しむことができた(屋内の部屋にも大画面が備えられている)。

e0038811_22545363.jpg
それにしても、ここからの眺望はすばらしい。ドイツが早々と2点を先制したこともあって、私はときどき試合を抜けて、テレビ塔方面の風景をカメラに収めた。天候が不安定だったせいもあり、刻々と変わる空の色は飽きることがない。
まず、20時36分の様子から。

e0038811_22551048.jpg
21時08分。

e0038811_22552513.jpg
21時27分。

e0038811_22554857.jpg
21時43分。途中で激しい雨も降って、一時大変でした。

e0038811_2256258.jpg
東駅の横に建設中のアリーナO2 Worldも、ほぼ完成。10月には、ダライ・ラマがここで講演を行う予定です。

関連記事:
東駅周辺のいま(1)(2007-10-24)

e0038811_22564063.jpg
それにしても、ドイツは予選リーグとは別のチームのようだった。出足の鋭さ、ゴールまで最短距離の攻めを目指す効率性、決定的なチャンスを逃さない勝負強さ。ポルトガルがどんなにきれいなサッカーをしようとも、結局ドイツが最後に勝つのがサッカーというスポーツなのか・・・なんて言いたくもなるけれど、試合内容的にも文句なし。これでベルリンはさらに盛り上がる。

試合後、シュレジア門駅の方に向かうと、早速騒ぎが始まっていた。Falckensteinstr.46のCafe SAN REMOで祝杯を挙げる。一緒に観戦していたドイツ人の友達は上機嫌で、Becksを1本おごってくれた。

さて、今晩はいよいよ、開幕前に今回のマイチームと宣言したトルコがクロアチアとぶつかる。正直、ドイツが快勝しても、なぜか心からうれしいという気分にはなれなかった(今のドイツ代表はかなり好きなのだけれど)。それよりも、半分はアジアで、欧州選手権に参加していること自体ちょっと不思議なトルコの方にシンパシーを感じてしまう。がんばれトルコ!ここまで来たら、準決勝でドイツ対トルコを見せてくれ。ベルリンに非常事態が発令するような日になるだろう。4年に1度のユーロで、そんな非日常的な興奮を味わってみたいのだ。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-06-20 17:18 | ベルリン発掘(西) | Comments(2)

ユーロ2008 今日から準々決勝

e0038811_285421.jpg
●一昨日のフランス対イタリアは用事で観られなかったが、予選リーグ最終日のロシア対スウェーデンは自宅で観戦。グループDは今回のユーロの中では一番地味なグループだし、引き分けで十分なスウェーデンが予定調和的に決勝リーグに進むのかな、というぐらいの軽い気持ちで観始めたらとんでもなかった。ロシア、さすがヒディンクのチームとしか言いようがない。

●試合前に並んだロシアの選手は、小柄で童顔、若くて無名な選手が多いように見えた。それが大柄で、私でも何人かは名前の知っているスター選手が混じったスウェーデンを圧倒するのである。すばしっこくて、よく走る。パスも正確で、どうしても勝つんだという気力でもスウェーデンを上回った。実況解説者は、ロシアには"Spielfreude"(プレーする喜び)があると言っていた。確かに、ギリギリの状況においても、彼らは楽しんでいるように見えた。まずは選手を褒めるにしても、これでオランダ、韓国、オーストラリアに続いてロシア代表でもチームを成功に導いたヒディンクは、やはりすごい監督だ・・・。

●後半直後の2点目は、ギュンター・ネッツァーに「これがサッカーというものです」と言わせるだけの見事なコンビネーションから生まれる。終盤に入っても攻撃の手を緩めず、あと2点ぐらい入ってもおかしくなかった。ロシアの準々決勝の相手は、ヒディンクの故国オランダ。ボロボロに負ける可能性もあるが、面白い試合だって期待できるかもしれない。それにしても、今回のユーロは予選リーグの最後まで見ごたえがあったなあ。

●さて、今日からいよいよ準々決勝。これからポルトガル対ドイツ。明日はクロアチア対トルコ。ベルリンにとっては天王山の2日間です。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-06-19 19:14 | サッカーWM2006他 | Comments(2)

都心のオアシスで観るユーロ2008

e0038811_1831335.jpg
昨日は、ミヒャエル・バラックのすばらしいFKで、ドイツが開催国のオーストリアを破りました!トルコとドイツがこれで揃って準々決勝に進出したことで、ベルリンの盛り上がりはひょっとしたら次が頂点を迎えるかもしれません。というのも、相手を見れば(それぞれポルトガルとクロアチア)、両方負けてしまう可能性だって充分ありますから。
ただ、万が一、両チームともさらに駒を進めたら、ドイツとトルコがバーゼルでの準決勝(25日)でぶつかるという(!!!)、とんでもない事態になることだってあり得るわけです。

これからの大事な1試合1試合をどこで観るかというのは悩ましいところですが、先日の開幕戦を観戦したちょっと面白い場所をご紹介しましょう。クロイツベルクの西側、Möckernstraßeを歩いていると、古いレンガ造りの壁の向こう側へ入る道が見えてきます。

e0038811_18315474.jpg
上ってみると、そこは茫漠としたさら地が広がっていました。ここは、ベルリン都心部に眠る最後のジャングルだと私は思っています。

e0038811_18414675.jpg
この場所のことは、実は以前紹介したことがあります。ここはグライスドライエック(Gleisdreieck)の広大な操車場跡で、戦争直後までこの上を鉄道が走っていたのです。2006年、ベルリン市はこの半世紀にわたって放置されていた土地を公園として緑地化するプランを発表しました。すでに工事は少しずつ始まっているので、この風景もまたガラッと変わることでしょう。丸印を付けたのが、現在地です。

関連記事:
100年の重みに耐えた橋 - 天使の降りた場所(13) - (2006-10-18)

e0038811_18322476.jpg
注意して歩いていると、昔ここに鉄道が走っていたのだなという跡を至るところで見つけることができます。

e0038811_18324069.jpg
枕木のようなものまで転がっていました。

e0038811_18325428.jpg
この敷地の一角に、なんとビーチバレーのコートがあります(ただし、入り口は上記の場所と違うので注意が必要)。

e0038811_1834947.jpg
人気のない通りの入り口からは想像もつかない、この賑わいと楽しげな雰囲気。まさにベルリンはワンダーランドです。

e0038811_18342324.jpg
開幕日のポルトガル対トルコは、この中のテントで観戦。クリスタル・ヴァイツェンビールを片手に、ちょっとしたリゾート気分まで味わえました^^)。

e0038811_18344029.jpg
こうして見ると、「ジャングル」というよりは、「ベルリン都心部の最後のオアシス」と言い換えたほうがいいのかもしれません。

Beach Park 61
Strandbar / Open Air
Möckernstr. 44
10965 Berlin
Friedrichshain-Kreuzberg
Tel 0177 / 232 24 61

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-06-17 13:03 | ベルリン発掘(西) | Comments(2)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング