ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

<   2008年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

映画「エーミールと探偵たち」(1931)

e0038811_19243452.jpg
しばらく前にドイツのアマゾンで購入した映画「エーミールと探偵たち」のDVDを観ました。原作はエーリヒ・ケストナーの数ある児童文学作品の中でも一番よく知られ、日本語訳で読んだことのある方も多いと思うので、ストーリーの説明はここでは省きます。ドイツでは過去3回映画化されており(1931年、1954年、2001年)、今回購入したDVDは1931年版と1954年版が1枚に収められているのがミソです。戦前と戦後のベルリンの街並みを比較できるのも興味深そうで、私はまず1931年バージョンから観ました。

ケストナーが、自伝的な要素を交えてこの作品を書いたのが1929年なので、映画はその直後に撮られたということになります(ロケが行われたのは31年の夏だとか)。まずはやはり戦前のベルリンの映像がふんだんに出てくるのが楽しい。

e0038811_22501899.jpg
(www.gedaechtniskirche-berlin.deより)
自分の寝ているスキにお金を奪ったグルントアイス氏を追いかけるため、予想外に動物園駅で降りトラムに飛び乗るエーミール。駅を出てすぐ左手に見えるカイザー・ヴィルヘルム教会は、当然のことながらまだ完全な姿をたたえています。そこからクーダムを抜けて南に向かうわけですが、街には「黄金の20年代」の最後の輝きが漂っており、不安げなエーミールの心境とは裏腹に、観ている側としてはあの時代に突然放り込まれたようで、わくわくしてきます。いとこのポニーとおばあさんが待っているフリードリヒ・シュトラーセの駅は一瞬映るだけですが、駅の外観は今とほとんど変わっていません(ドイツの駅は改札がありませんが、昔は切符を回収する改札員がいたことに新鮮な驚きを感じたりも)。グルントアイス氏が朝食を取るカフェ"Café Josty"は、ケストナーが1929年の夏、ここのテラスに腰掛けて「エーミールと探偵たち」を書いたという伝説的なカフェです。69分というコンパクトな中に、原作のよさはかなりよく描かれているように思いました。

ところで、昨日1月30日は、1933年の同日にヒトラーがドイツで政権を獲得してからちょうど75年という節目で、新聞などでも大きく取り上げられていました。2週間ほど前にはシュピーゲル誌も、「なぜヒトラーに権力を与えてしまったのか」という特集を組んでおり、これはドイツ史が今後もずっと向き合い、検証しなければならないテーマなのかもしれません。1931年版の映画が撮られたのはドイツがまさに暗黒の時代に突入する直前ですが、少なくとも映像を見ている限りではその気配は何も感じられません。悪を憎む精神とでもいうか、「1人1人の力は小さなものだけれど、仲間と力を合わせれば何かが起こるかもしれないよ!」というケストナーのメッセージは今でも強烈に伝わってきます。

ナチスの台頭を目の当たりにし、自分の著作は焚書の対象にされ、それでも敢えてドイツに留まった彼の心境はいかほどのものだったか。近々1954年バージョンを観たら、また感想を書きたいと思います。

参考:
天使の降りた場所(9) - 戦前のポツダム広場を歩く -

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-01-31 14:56 | ベルリンを「観る」 | Comments(14)

カイザーザール - 天使の降りた場所(23) -

e0038811_19463798.jpg
ちょうど1年前まで夢中になって書いていた「ベルリン・天使の詩」の撮影場所を探し巡るシリーズに(興味のある方は下のタグから探してみてください)、1回限りですが思わぬ続編ができました。

e0038811_19481420.jpg
先日、ポツダム広場のLutter & Wegnerというレストランでたまたま食事をしたのがきっかけでした。このレストラン、ご存知でしょうか?ちょっと目立たない場所ですが、ソニーセンターの東の端、DB本社ビルの真向かいにあります。

e0038811_19483387.jpg
ベルリンの中ではかなり歴史のあるお店で、1811年創業の本店はジャンダルメンマルクト広場のすぐ裏手にありますね。まあ、自分にとっては普段はめったに入る機会のない雰囲気のレストランです。ワインや料理はさすがにどれもおいしく、デザートまで堪能しました。

e0038811_1947979.jpg
さて、このレストランはホテル・エスプラナーデ - 天使の降りた場所(22) -で紹介したカイザーザールに隣接しているのですが、ちょうどレストランからその中に通り抜けられるようになっていました。普段はこのように外観から見る機会しかなく、興味があったのでちょっと覗いてみました。

e0038811_19485223.jpg
ここがPalmenhofと呼ばれるホールです。「外から見るよりも簡素な感じなんだな」と思ったのもつかの間、この位置に立った瞬間すぐにピンとくるものがありました。

e0038811_19491766.jpg
家に帰って早速「ベルリン・天使の詩」のラストシーンを見直してみたら、やはり同じ場所でした!

e0038811_19473770.jpg
この場所がベルリンの人々にとってどういう意味を持っているかということは、上記の記事で書きました。ヴィム・ヴェンダース自身、「この映画の撮影の10年後に取り壊されることになった時、私はただ泣くしかなかった。カイザー・ザールのようにこのダンスホールも保存されていたらよかったのに、と思う」と語っていたので、私もそう信じていたのですが、最後のシーンに出てくるPalmenhofだけは現代風に模様替えをされながらも、ちゃんと残されていたのですね。
なんだかじーんときました。

参考:
ホテル・エスプラナーデ - 天使の降りた場所(22) -

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-01-30 01:15 | ベルリン天使の降りた場所 | Comments(6)

特選ベルリン街灯図鑑(10) 「シンケル街灯変奏3」

e0038811_251960.jpg
シンケル街灯の話は前回で終わるはずだったのですが、先日ベルリンをガイドさせていただいた方から、戦勝記念塔の前で撮ったという写真が2枚送られてきました。どうやらこの街灯シリーズを見て思い出してくださったようで・・・
とても素敵な写真だったので、ここで紹介させていただくことにしました。

e0038811_253681.jpg
ベルリンの街を見守る女神ヴィクトリア(通称"Goldelse“)。

その方からのメールにこんなことが書かれていました。
戦勝記念塔を1周したのですが、女神と目が合ったよう気がしました。次は登るぞっ!とまだまだやり残したことの多いベルリンです。
e0038811_1029192.jpg
せっかくなので別の季節の様子も。これは私が撮った写真です(2006年9月)。

この女神の姿にヴィム・ヴェンダースの映画をダブらせる方は少なくないのかもしれませんね。次回、あの名作の舞台を訪ねるシリーズが1度だけ復活します。

参考:
天使の降りた場所(4) - 戦勝記念塔 -


人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-01-29 02:43 | ベルリンあれこれ | Comments(2)

特選ベルリン街灯図鑑(9) 「シンケル街灯変奏2」

e0038811_73447.jpg
Schloss Charlottenburg (2006.08.19)

前回シンケル街灯が3つ組み合わさったタイプをご紹介しましたが、上には上ががあるもので、ベルリン西側のシャルロッテンブルク宮殿前の街灯は、ご覧の通り5つも付いています。うーん、なかなかゴージャス。

e0038811_7345827.jpg
シャルロッテンブルク宮殿といえば、昨年ここで初めて開かれたクリスマスマーケットがちょっとした話題になりましたね。このイルミネーションは、いくつかの候補の中から一般のネット投票で選ばれたものです。

e0038811_7342223.jpg
宮殿の正面から真っ直ぐに伸びる通りの先端には、100年以上昔のオリジナルのシンケル街灯が1本だけ立っています(宮殿前のはオリジナルを再現した模造品です)。

e0038811_73529100.jpg
最後はミッテのジャンダルメンマルクト広場にやって来ました。といっても、根拠なしにここに来たのではありません。

e0038811_7354435.jpg
この広場のシンケル街灯は・・・、ちょっと数を数えてみてください。全部で9つ!私の知る限り、これ以上数が連なっている街灯はベルリンにはありません。
というわけで、3回に渡ってご紹介してきたシンケル街灯は、シンケル自身が設計したこのコンツェルトハウスの前で幕となります。(^o^)/


人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-01-26 23:57 | ベルリンあれこれ | Comments(4)

元旦から「環境ゾーン」が導入

e0038811_462222.jpg
今年の1月1日から、ケルン、ハノーファーと並んで、ベルリンでも「環境ゾーン(Umweltzone)」が導入されました。

ドイツを始めとするヨーロッパの自動車はディーゼル車が主流ですが、ガソリン車より二酸化炭素の排出量が少ないというメリットがある一方、ぜんそくや肺ガンの原因になり得る粒子状の有害物質を排出します。環境ゾーンの中にクルマが進入する場合、粒子物質の排出量によって緑、黄、赤の3色に分類される「環境ステッカー(Umweltplakette)」を5ユーロで購入し、車のフロントガラスに貼ることが義務付けられたのです。これにより、基準に満たない旧式ディーゼル車などはゾーンから締め出され、ベルリンでは2月から、違反車には40ユーロの罰金が科せられることになります。

e0038811_4123140.jpg
(berlin.deより)

環境ゾーンが定められた地域は、Sバーンリング(環状線)の内側。この町の人口340万人のうち約3分の1が住んでいるという密集地帯ですから、ゾーンの設置が大気と人体に及ぼす効果は小さくありません。ベルリン市のカトリン・ロンプシャー健康・環境相は、「今回の措置は市民の健康を守るのが目的。市内を走るクルマ約120万台のうち、環境ゾーンの導入によって締め出されるのは全体の7%に過ぎないが、有害物質による(人体への)負担は最大25%削減できる」と見込んでいます。

この3都市以外にも、ハンブルク、ミュンヘン、シュトゥットガルトなどの各都市で環境ゾーンの設置が検討されており、さらに2010年からは、緑色のステッカー(排気ガス規制グループ4)のクルマしかゾーン内に入れなくなります。

e0038811_473284.jpg
環境ゾーンの導入で、ふとあるクルマの存在が頭を過ぎりました。東ドイツ時代の大衆車トラバント(通称トラビ)です。最近まで約1700台がベルリンで走り続けていたといいますが、有害物質規制の基準に満たないためか、最近めっきり見かけなくなりました。ドイツ再統一のシンボルにもなったトラビが、市内中心部から消える日は確実に近づいているのかもしれません。
ドイツニュースダイジェスト 1月25日)


今回の記事を書くにあたって、ベルリン自由大学で環境マネジメントを専攻している西村健佑さんから、ドイツの環境政策についての興味深いお話をいろいろ聞かせていただきました。この場を借りてお礼申し上げます。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-01-23 20:25 | ベルリンのいま | Comments(14)

フィルハーモニーのランチコンサート

e0038811_0591411.jpg
昨年秋に別の場所に書いた記事を転載します。

10月16日、ベルリン・フィルの今シーズンの新企画「ランチコンサート」が始まった。ランチコンサートとは、シーズン中(来年5月13日まで)のほぼ毎週、火曜日の13時からフィルハーモニーのホアイエで開催される室内楽コンサートで、ベルリン・フィルのメンバーだけでなく、同フィルのアカデミー生やベルリンの他のオーケストラのメンバーも出演する。演奏時間が30分から40分と手ごろな上、なんといっても入場無料というのが目玉だ。お昼休みのサラリーマンやフィルハーモニーを見学に来た旅行者にも気軽に足を運んでもらえたいと主催者側は呼びかけている(ランチコンサートだけあってコンサートの前後には食事も用意されるが、こちらはもちろん有料とのこと)。

e0038811_0584976.jpg
さて、第1回目は1980年生まれのベルリン・フィルの若きトロンボーン奏者、トーマス・ライエンデッカーによるソロ・プログラム。トロンボーンのソロを聴く機会自体、普段そうそうないだけに、一体どれだけの人が集まるだろうかと思ってフィルハーモニーに足を運んでみたのだが、これがすごい人出でびっくり!設置された椅子はすぐに埋まり、階段に座って聴く人や立ち見の人も続出した。結局600人近くが集まったらしいのだが、関係者もさすがにここまでは予想していなかったようだ。

この日は中世のダンス音楽、バッハの無伴奏チェロ組曲からの編曲、現代曲2曲が演奏された。トロンボーンという楽器が持つ、表現や音色の多彩な可能性に目覚めた人は多かったのではないだろうか。拍手は鳴り止まず、ライエンデッカーはアンコールも1曲プレゼントしてくれた。

ランチコンサートのプログラムは1ヶ月ほど前からベルリン・フィルのHPで発表され、編成も曲目も多種多様。モーツァルトやブラームスといった王道から、通常のコンサートではなかなか実現できない意表を衝くプログラムに出会えることにもなりそうだ。
(2007年10月)

先日久々にランチコンサートに足を運んだら(ヴィオラの清水直子さんが出演)、最初の頃にあった椅子はほとんどなくなっていました。皆さんを見ていると、立って聴いたり、階段や地べたにべったり座りながらだったり。お昼の時間帯に気楽に足を運べるこのカジュアルさがいいのかもしれません。クラシックを生で聴いてみたいけど何から聴いたらいいかわからないという方にもおすすめです。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-01-21 23:28 | ベルリン音楽日記 | Comments(16)

特選ベルリン街灯図鑑(8) 「シンケル街灯変奏1」

e0038811_1913350.jpg
Unter den Linden(2006年5月7日)

前回ご紹介したクラシックなシンケル街灯のバリエーションを、ベルリンの歴史的な通りではよく見ることができます。こちらはウンター・デン・リンデン東端のSchloßbrückeや戦勝記念塔のあるGroßer Sternなどで見られるダブル型。「あー、これ知ってる!」という方、いらっしゃいませんか?

e0038811_19132920.jpg
やはり2006年ワールドカップ直前のウンター・デン・リンデンにて。サッカーボール模様のテレビ塔が懐かしい。大聖堂の十字架もまだてっぺんの位置にありますね(もうかれこれ1年ぐらい、あの場所はいまだに改装中なのです)。

e0038811_19255449.jpg
この街灯シリーズの最初に出てきたブランデンブルク門前のシンケル街灯。よく見ると、装飾の形状がウンター・デン・リンデンのものとは微妙に違うことがわかります。こちらも美しい。

e0038811_19135787.jpg
夜の様子。U4 Rathaus Schöneberg駅近くの橋にて。

e0038811_19143012.jpg
クロイツベルクのユダヤ博物館前のシンケル街灯は、壮麗なトリプル型(2006年9月)。これはなかなか見ることができません。

シンケル街灯には実はまだ続きがあります。
次回もどうぞお楽しみに(^^)v。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-01-20 12:01 | ベルリンあれこれ | Comments(4)

特選ベルリン街灯図鑑(7) 「シンケル街灯」

e0038811_21441838.jpg
ミッテのLinienstraßeにて(2007年9月26日)

今日から1週間ほど翻訳の仕事に掛かりっきりになるので、アップするのにあまり時間がかからないテーマを、ということで考えたところ、かれこれ1年半(!)もの間ベルリンの路上で撮りためてきた数々の街灯(Straßenlaterne)をここでどーんと紹介しようと思います。

このシリーズ7回目にして登場するのは、通称シンケル街灯(Schinkel-Laterne)と呼ばれるもの。ここでのシンケルとは、ベルリンの街並みに多大な影響を与えた建築家のシンケル(1781-1841)を指しますが、別に彼がデザインしたというわけではなく、1893年にベルリンのガス会社がシンケル風の新古典様式に基づいてデザインしたという街灯です。ベルリンでもっともクラシカルな街灯の一つで、特に古い通りでよく見かけることができます。そのシンケルモデルが多く見られる、私の近所のクロイツベルク西側の風景をいくつかご紹介しましょう。

e0038811_2137143.jpg
FidicinstraßeとKopischstraßeの角にあるレンガ造りの給水塔は、19世紀末の街並みが今に残るシャミッソー広場周辺のランドマーク。

参考:
「オールド・ベルリン」が残る界隈(1)

e0038811_2149679.jpg
シャミッソー広場東側、Willibald-Alexis-Str.とKloedenstr.の2つの通りが交わる辺りのアパート群は、ベルリンのアパート建築の中でもっとも美しいものの一つだと個人的には思っています。シンケル街灯はこういう街並みの中でこそ映えますね。

e0038811_21405295.jpg
次回は、このシンケル街灯の種々のバリエーションをご紹介しましょう。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-01-18 17:22 | ベルリンあれこれ | Comments(6)

駅を改装したクロイツベルクのカフェ

e0038811_8273868.jpg
先日、前から一度入ってみたいと思っていたカフェに行く機会がありました。場所はクロイツベルクのゲルリッツ公園内(Goerlitzer Park)。この広大な公園が戦前まで鉄道の駅だったということは、「緑豊かなベルリンの公園」で以前お話しました。風格あるレンガ造りの建物がそのカフェ(Das Edelweiss)なんですが、ホームのように一段高くなっている点といい、背後の倉庫のような建物といい、これは公園内に残る数少ない駅の遺構なのです。

e0038811_94877.jpg
駅といっても中はすっかり今風に改装されています。でも、古い空間というのは、私にとってはなんだかそれだけで落ち着くもので、このカフェもそうでした。ウェイトレスの女性がとても感じがよかったのも◎
夜はバーになっているようで、雰囲気も悪くなさそう。

e0038811_8555648.jpg
昔の写真を整理していたら、昨年4月にゲルリッツ公園で撮った写真が出てきました。

e0038811_914039.jpg
パンクや酔っ払い、失業者が多い地区なので、ここを歩く度に、「この人たちは一体どうやって生計を立てて暮らしているのだろうか」とふと思いますが、なんだかんだでベルリンの好きな場所のひとつです。

e0038811_915917.jpg
もうしばらく経ったら、今年もこんな光景が見られるようになるのでしょう。

Das Edelweiss
Görlitzer Str. 1-3
10997 Berlin
Tel: 0179-5227987

参考:
緑豊かなベルリンの公園

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-01-17 01:47 | ベルリン発掘(西) | Comments(2)

ベルリンに24時間営業スーパーが登場

e0038811_2372093.jpg
「ドイツの街にコンビニがあったら・・・」
私を含めドイツに長く滞在したことのある人なら、誰もが一度は抱く感想ではないでしょうか。ドイツと日本の買い物事情は、実はかなり違うのです。

ドイツの商店の営業時間は、長らく「閉店法(Ladenschlussgesetz)」という法律に支配されてきました。細かな規則は州によって違うのですが、その法律はいまも生きています。店員の休みを守るために定められた閉店法のそもそもの歴史は、100年以上昔にさかのぼるというから驚きです。このため、ドイツのスーパーやデパートの営業時間は、平日は18時半、土曜日は14時までというのが長い間不動の原則だったのです。現在でも日曜日や深夜も営業しているのは、大きな駅やガソリンスタンドの売店などごく一部に限られています。日曜日に買い物ができないなんて、日本では考えられないことですよね。

しかし、時代の流れとともに、この閉店法も少しずつ緩和されるようになってきました。営業時間の拡大は消費者に便利なだけでなく、不況にあえぐベルリンのような街にとっては有効な雇用対策につながるからです。

e0038811_2374837.jpg
この8月、ベルリンのヴィルマースドルフ地区のスーパー「ライヒェルト」(Reichelt, Berliner Straße 24-25)が平日の24時間営業(土曜は23時まで)に踏み切ったのは、まさに画期的ともいえる出来事でした。

先日その様子を覗いてきました。入り口にセキュリティーの警備員が立っていたのには、ちょっとびっくりしましたが、平日の23時という時間帯にしてはかなり多くの人が訪れていて、昼間と違い行列もなく買い物はスムーズに済みました。これは便利です!
「ライヒェルト」の試みはまだ実験段階のようですが、ドイツの消費生活も確実に変わりつつあるのを実感しました。
(はまかぜ新聞 2007年9月No.541)

ここしばらくブログをゆっくり書く暇がなかなか取れないので^^;)、昨年「はまかぜ新聞」に書いた記事を転載してみました。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-01-14 19:04 | ベルリンあれこれ | Comments(24)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング