ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

<   2007年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

展覧会/CONNECTED BORDERS - Yusuke Koshima -

e0038811_23535821.jpg
今週末、友人の光嶋裕介くんが個展を開くので、今回はその案内をさせていただきたいと思います。

ベルリン在住約4年の光嶋くんは、私より数歳年下の若き建築家でザウアブルッフ・ハットンアーキテクツ(sauerbruch hutton architekten)という建築事務所に勤めています。今回の個展は来年の日本への本帰国を前にしてのもので、以下の英語の紹介文を読むと、裕介くんのこれまでの「旅」が重要なモチーフになっていることがわかります。

某SNSでの彼の日記でもたまに旅の話が出てくるのですが、旅行にスケッチブックを必ず持って行くという話が印象に残っていました。最近、これまで旅先で描いてきたスケッチブック1冊分がついに完結したと聞いて、夏にお願いして見せてもらったのです。それがもう本当にすばらしかった。10年近く前、東京の大学周辺のスケッチから始まり、初めてのヨーロッパの一人旅、そしてベルリンとの出会いがあり、ベルリン滞在中に見て回ったヨーロッパの旅先でのスケッチ、最後は確かギリシャで終わっていました。1枚1枚が実に丹念に丁寧に描きこまれており、中には1日がかりで描いたような絵もあるとのこと。それらはまさに建築家としての彼の20代の軌跡と言えるものでした。旅を自己の成長の場と位置づけ、このような形で記録に残せる彼のことを羨ましく思ったものです。

今回の個展のオープニングは金曜日19時から、場所はクロイツベルクです。弁護士事務所を借りての個展ゆえ、来週以降に見る場合は事前にアポを取る必要があるのと、また普段は働いている光嶋くん自身が確実に会場にいられるのもこの日だけのため、多くの方に見ていただきたいとのことです。ベルリン在住の方は、友達などもお誘いの上、ぜひお越しください!あのスケッチブックを前にしたときの感動に再び出会えるのではと、個人的にも楽しみにしています。

ZUKUNFTSPARTNER
Wiener Str. 20 10999
Berlin - Kreuzberg

CONNECTED BORDERS

My black sketchbook was always with me during my big journeys through Europe. I have finally completed this sketchbook of 100 pages after seven years and one idea came to my mind. To create a scene that consists from my traveling memories. It is meant to be my personal “Map of Europe”, which I wanted to achieve by making a collage out of my own sketches.

The second drawing was then thought towards the future exploring my world of imagination. The question was, “What can be an interesting urban landscape?” Then came the City of a Tower and the Bridge through fantasy. Followed by a colorful landscape of architecture. Soon five individual drawings were completed.

At this point, I was thinking about connecting each drawing in order to create a whole new horizon. From Memory to Fantasy, the borders were carefully connected.

I believe there is a border between everything. Whether it is good or bad, to connect is the first step towards diverse understanding and exploring new values for greater possibilities in life. To understand and accept that there are borders and differences between everything is what I have tried to express through these urban architectural drawings.

I hope everybody can see their own personal story behind these drawings.

Yusuke Koshima, Berlin


人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-11-28 22:24 | ベルリンの人々 | Comments(4)

東駅周辺のいま(3)

e0038811_2582934.jpg
(前回のつづき)

廃墟のホームから東側に向かって歩いてみることにした。目新しい通りには大型の量販店が並び、その向こうにはかつての大型暖房施設(現在は有名なクラブBerghain)が見え、一方でこのような鉄道駅の廃墟もあったりと、不思議とアンバランスな光景が広がっている。

e0038811_2584916.jpg
まっすぐ歩いて行くと、線路を越えた右側に現在建設中の大型アリーナ、O2 Worldが見えてくる。こちらは建物の裏側になる。

e0038811_2591392.jpg
かつてこの敷地には、ヴリーツェン(Wriezen)という現在はポーランドとの国境に近い街へ行く列車の駅があったという。この通りはつい2年ほど前に整備されてできたそうだが、今まで来ることはなかった。

e0038811_312983.jpg
この道は、円形の広場で行き止まりになっている。どうしてこのような一見無用と思える道を作ったのだろうか?横長の青い建物の横には、先ほどのBerghainが見える。

e0038811_2593461.jpg
こちらはワルシャワ通り(Warschauer Str)の駅方面。いつもはあの橋の上から手前側を見ることが多いだけに、ちょっと新鮮な気がする。

e0038811_34464.jpg
先週末、そのワルシャワ橋の上から、O2 Worldの方に向かって撮った1枚。かつての終着駅跡が大きく変わりつつあるのを実感した。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-11-27 20:17 | ベルリン発掘(東) | Comments(9)

ドイツのクリスマス用ケーキ種々

e0038811_2285745.jpg
昨日の午後、このブログで何度も登場していただいているメヒティルトさんにお会いしました。近々別の媒体にベルリンのクリスマスについての記事を書くため、生粋のベルリーナーの彼女からベルリンの昔のクリスマスにまつわる話を伺いに訪ねて来たのです。

私が訪ねると、クリスマスにまつわるいくつかのケーキを出してくださったので、今日はそれをご紹介しましょう。まず一番手前は、Mohnkuchenと呼ばれるケシの実のケーキでメヒティルトさんの手作り。すりつぶしたケシの実はゴマのような食感で、香ばしいおいしさでした。これは特にクリスマスの時期限定というわけではないようです。その左の、ニュルンベルクのレープクーヘン(Nürnberger Lebkuchen)は、ドイツのクリスマスの代名詞とも言えるもの。はちみつや香辛料がたくさん使われ、しっとりとした風味です。

右上に見える細長いのは、アーヘンのプリンテ(Aachener Printen)という名のレープクーヘンの一種です。食感は固めのクッキーという感じなんですが、シナモン(Zimt)やクローブ(Belken)などが効いていて、びっくりするほどスパイシーでした。その奥には、写真では見にくいですがチョコレートがけのバウムクーヘン(Baumkuchen)も。昔ベルリンで有名だったケーキとしては、プフェッファークーヘン(Pfefferkuchen)というのが挙げられます。Pfefferといっても胡椒が入っているわけではありません。昔は香辛料のことを総称してPfefferと呼んでいたのだとか。香辛料をたっぷり使ったこれらのケーキは体にいい上、日持ちもするという利点があったのでしょう。

おいしい紅茶もいただきながら、(まだ11月ですが)クリスマス気分の盛り上がる楽しいひと時でした。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-11-27 15:07 | ベルリンあれこれ | Comments(4)

東駅周辺のいま(2)

e0038811_772428.jpg
Am Ostbahnhof(10月3日)

前回の予告編から1ヶ月経ってしまいましたが、変貌著しい東駅(Ostbahnhof)周辺のいまをお伝えしたいと思います(ポーランド旅行の話はもうしばらくお待ちを!)。

少し前になりますが、ドイツ統一記念日の10月3日、東駅北側のアンティークマーケットを見に行きました。ここの市は毎週日曜日の9時から17時まで開いているのですが、規模が大きくかなり見ごたえがあります。

e0038811_774469.jpg
駅のすぐ東側の一角に、昔のホームの廃墟が残っているのを知る人はあまりいないだろう。この辺りに過去の遺構が残っているということは友達から聞いていたが、ようやく場所を突き止めることができた。

e0038811_78482.jpg
草をかき分けてホームの上に立ってみると、時間が止まったような感覚を覚えた。東駅はもともとKopfbahnhofと呼ばれるスタイルの終着駅で、現在の駅の北側の広大な敷地にあった。シュレジア方面に向かう列車が発着することから、1881年から1950年までシュレジア駅(Schlesischer Bahnhof)と呼ばれていた。この廃墟もその時代の名残である。

e0038811_78232.jpg
駅の南側、写真右側の建物はかつての郵便駅の駅舎で、Postbahnhofというそのままの名前で現在は展覧会やコンサート会場として使われている。

e0038811_7102038.jpg
駅の隣の一角は、ちょうど解体工事が行われていた。おそらく60年近く1度も列車が走ることなくさらされてきたあのホームも、まもなく消え去ることになるのかもしれない。

(つづく)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-11-25 23:56 | ベルリン発掘(東) | Comments(2)

タカーチ四重奏団のヤナーチェク他

e0038811_893370.jpg
数年前にベートーヴェンの後期弦楽四重奏曲のCDを聴いて以来、一度ライブで体験したいと思っていたハンガリーのタカーチ弦楽四重奏団を聴く機会がついにやって来ました。プログラムが決まった半年前から楽しみにしていたコンサートです(20日。コンツェルトハウス小ホール)。
e0038811_834251.jpg
冒頭のモーツァルトはいい意味で予想を裏切られた感じでした。CDで聴いたときはどちらかというと「シャープで洗練された響きのグループ」という印象だったのですが、聴こえてきたのは実に濃厚でロマンチックなモーツァルト。音の最後までしっかりビブラートをかけ、彼らが1つ1つの音をとても大切にしていることがすぐにわかります。モーツァルトにしては珍しい短調で書かれた作品ということもあったのかもしれませんが、むせぶような切々と迫ってくる演奏でした。
e0038811_8165135.jpg
次のヤナーチェクのカルテット第2番「ないしょの手紙」は、第1番の「クロイツェル・ソナタ」と並んで、私を魅了してやまない音楽の1つ。チェコの作曲家ヤナーチェクがこの曲を書いたのは、1928年の1月から2月にかけてで、当時73歳だった彼が想いを寄せていた37歳の人妻カミラとのいわば「不倫愛」から生まれた音楽です。ヤナーチェクはその半年後の8月に突然の死を迎えることになるので、人生の最晩年の作品ということになりますが、実に不思議な音楽なのです。まず、全体にみなぎる異常なまでの「熱さ」は、一体どこから来るのか。テンポは目まぐるしく変わり、幻想の中をさまよっているような静かなふしがあるかと思えば、突然爆発的な感情のほとばしりが襲います。ヤナーチェクが最初に考えていた曲のタイトルが「ラブレター」だったことを思うと、この強烈な音楽の背景にあるものもそれなりに理解できるのですが、人生の終焉が近付いている人の書く作品とはとても思えません。形式はあるようでないようでありながら、4つの楽章を聴き終えた頃にはがっちりと1つの枠の中に納まった印象を受けるのも不思議。CDで聴いても面白い音楽ですが、ライブで聴くと4つの楽器のやり取りが見た目にも一段と刺激的で、しかもそれがタカーチのものすごい技術と集中力の中で交わされるものだから、まさに息つく暇がありません。

休憩の後にドヴォルザークの「アメリカ」。耽美的なまでのモーツァルトとちょっとエキセントリックなヤナーチェクを聴いた後だと、ドヴォルザークの音楽というのはいい意味で中庸というか、それでいて豊かな歌とリズムにも事欠かず、前半よりもリラックスして楽しむことができました。この人の音楽も大好きだなあ・・・。

アンコールはショスタコーヴィッチが25歳のときに書いたという「ポルカ」。ユーモアと諧謔味にあふれた小品で、メンバーもここぞとばかりそういう面を強調するものだから、お客さんからも笑いがもれます。小さなホールでタカーチ四重奏団の響きに浸れる、まことにぜいたくな時間でした。

今日(土曜日)はフィルハーモニーの室内楽ホールで、タカーチと並んで現代屈指のカルテット、ハーゲン四重奏団が(偶然なのか?)ヤナーチェクとモーツァルトの全く同じ曲を演奏します。個人的にはタカーチとの聴き比べも楽しみで、興味のある方には強力におすすめしたいと思います。

DI 20.11.07 | 20:00 Uhr | Kleiner Saal
Takács Quartet

Wolfgang Amadeus Mozart Streichquartett d-Moll KV 421
Leos Janácek Streichquartett Nr. 2 ("Intime Briefe")
Antonín Dvorák Streichquartett Nr. 12 F-Dur op. 96 ("Amerikanisches")

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-11-24 00:32 | ベルリン音楽日記 | Comments(6)

ベルリン州立歌劇場の舞台裏探検(2)

e0038811_0315988.jpg
州立歌劇場(シュターツ・オーパー)の本館の南側、フランス通りに面した衣装工房(Kostümwerkstätten)の中に入ると、人だかりができていました。中にいたこの怪獣らしきもの、何だと思いますか?

実はこれ、州立歌劇場の重要なレパートリーの一つ、モーツァルトの「魔笛」の冒頭で3人の侍女が倒すあの怪獣なんです。担当の方が火を噴く仕組みを説明してくれ、さらにドライアイスまで炊かれて雰囲気満点でした。

e0038811_0414660.jpg
工房の中にはさまざまなものが無造作に置かれていて、このような変てこりんな乗り物も見つけました。一体何に使うんでしょうか(笑)?

e0038811_0452077.jpg
本館の裏手にあるMagazinという建物は、普段は舞台装置の倉庫として使われています。ものすごく高い天井を見上げると、どの演目の道具をどこに収納するかのマークが記されていました。一度ここで現代オペラを観たことがあります。

e0038811_0332889.jpg
劇場の本館内にある美しいアポロザール(Apollo-Saal)では、室内楽やリートのコンサートがよく行われます。この時は、シュターツカペレのメンバーがモーツァルトの「音楽の冗談」を演奏していました。

e0038811_0344092.jpg
この日の特別な体験は、やはり劇場の地下ツアーでした。赤いヘルメットをかぶって、階段を下りて行きます。奥に見えるのは、「アイーダ」の舞台装置かしら?

e0038811_0353487.jpg
舞台の下手側から上手側を望むとこんな感じ。周りにはロープが張ってあってこれ以上先へは行けません。装置が老朽化しているゆえ、結構危険なんだそうです。

e0038811_035517.jpg
1920年代に作られたという舞台装置は、今回の改修工事でおそらくほぼ完全に生まれ変わることになるはずです。

e0038811_036735.jpg
このピンクの舞台装置は、数年前に「カーチャ・カバノヴァ」の舞台で見たような記憶が・・・。定かではないですが。

e0038811_0372161.jpg
再び地上に戻って来て、深夜0時から最後のプログラムを観ました。「魔弾の射手」の有名な狩人の合唱を一般の人々が歌うというもので、ここの合唱指揮者エバーハルト・フリードリヒ氏の指導を受けた後、本物のシュターツカペレを伴奏に歌を披露するのです。時間が時間だけにお客さんはやや少なかったものの、最後は大変盛り上がりました。

先週目にした新聞記事によると、シュターツ・オーパーの改修工事は予定通り2010年に始まり、その間の公演は西側のシラー劇場が代替地として使われることになるそう。生まれ変わった州立歌劇場の再オープン予定は、2014年と見込まれています。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-11-23 00:16 | ベルリン音楽日記 | Comments(1)

ベルリン州立歌劇場の舞台裏探検(1)

e0038811_75214.jpg
前回、ベルリン州立歌劇場(シュターツ・オーパー)の現状についてのレポートをアップしたので、9月1日に行われた一般公開日の模様をようやくここでお伝えしたいと思います。

e0038811_6542660.jpg
Nacht der offenen Tür(扉の開かれた夜)という名のこの日のイベントは、土曜夕方の5時から始まって、全ての催しが終わったのは12時を回っていました。そのいくつかを順にご紹介しましょう。

e0038811_6544792.jpg
6時からは、特設ステージで子供の合唱団が「カルメン」などからレパートリーを披露しました。ちなみに指揮をしているエバーハルト・フリードリヒ氏はバイロイト音楽祭の合唱指揮者でもあります。こういう重鎮までもが他のスタッフと同じTシャツを着て、ごく自然にイベントに参加していたのが印象的でした。

e0038811_6551333.jpg
この日は劇場内の多くの部屋が公開されていましたが、中でも一番人気はベルリン州立バレエ団のリハーサルだったかも。30分近く行列に並んでようやく中に入ると、プレミエ間近の「不思議の国のアリス」の稽古がニーノ・ロータの音楽に合わせて行われていました。短い時間でしたが、これは本当に楽しかった。

e0038811_6554398.jpg
同じ建物内にある、ややくたびれた感は否めない合唱団のリハーサル室。

e0038811_6582671.jpg
Schneidereiと呼ばれる劇場の衣裳部。質問などにも気楽に応じてくれます。

e0038811_6584584.jpg
こんな風に実際に衣装を着てみることもできるんです(子供限定だったかもしれませんが)。この女の子、本当にうれしそうな表情をしていました。

e0038811_6594517.jpg
ここではあらゆる時代の衣装を製作しているので、ボタンの数だけでも半端じゃありません^^;)。

e0038811_784431.jpg
Casinoという名前の劇場関係者用のカンティーネも、この日は一般の人々も利用できます。

e0038811_705450.jpg
そのカンティーネから一歩入った中庭の壁は、ご覧の通り痛々しい状態。地下部分も注意して歩いていると、壁のほころびが相当目に付きました。この日は劇場修復のための募金も募っており、劇場側としても建物の現状を一般の人々に知ってもらいたいという気持ちは相当強かったはずです。

(つづく)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-11-21 23:57 | ベルリン音楽日記 | Comments(8)

名門歌劇場の行方

e0038811_2057617.jpg
今年9月、ベルリン州立歌劇場(Staatsoper Berlin)が一般公開された。日ごろ見ることができない舞台裏やリハーサルの様子に触れられるとあって、大勢の人が押し寄せた。
e0038811_2125693.gif
この日明らかになったのは、普段目に付く部分以外の、劇場のくたびれ具合だった。壁は至るところで剥がれ落ち、地下通路は何とも言えない古めかしいにおいがする。ヘルメットをかぶって地下の舞台装置を見学した際、担当者の説明に驚いた。

e0038811_20572868.jpg
「この劇場は戦後の1955年に再建されましたが、舞台装置は1920年代に作られたものを、今もほとんどそのまま使っています。当時はヨーロッパ最先端だったのですが……」

同歌劇場は1743年に建てられたプロイセン最初の王立劇場に起源を持つ、ドイツでも屈指の伝統と実力を誇るオペラ座の一つである。日本にもファンは多く、10月の来日公演では大好評を博した。一方、芸術面の充実ぶりとは裏腹に、劇場本体の修復の必要性がだいぶ前から叫ばれている。しかし、事はなかなか前に進まない。いったい、どういう事情があるのだろうか?

ベルリンには同歌劇場のほか、ドイチェ・オーパー(Deutsche Oper)、コーミッシェ・オーパー(Komische Oper)という二つのオペラ劇場がある。これは、壁があった時代は東西に分かれていたのが、統一によってすべてベルリン市に組み込まれたという事情によるのだが、「一つの街にオペラ劇場が3つも必要なのか」という議論は長い間絶えることがなかった。

もう一つ、地方分権の国ドイツの特徴として、文化行政も州に任されているという事情がある。ベルリン市は州と同等の権限を持つため、州立歌劇場の所有主も国(連邦)ではなくベルリン市である。3つの歌劇場に毎年1億1200万ユーロ(約185億円)という補助金が市から注がれているが、これは市の文化予算全体の3分の1に近い額だ。600億ユーロ(約10兆円)という莫大な借金を抱える市にとっては、二重の苦しみである。

そのため、昨年秋から文化部門の責任者も兼ねるヴォーヴェライト市長は、州立歌劇場を国へ移管することを繰り返し訴えてきた。ベルリンの今の懐事情では、3歌劇場の水準を維持することは非常に難しいというのが理由だ。州立歌劇場の修復に関しても、この点が長く争われてきた。だが連邦政府は、ベルリン市の申し出を明確に拒否。代わりに2億3000万ユーロ(約380億円)という修復費の大部分を引き受けることで、決着させようとしている。順調に進めば、改修工事は2010年から始まり、3年以内に終わると見込まれているが、果たしてどうなるか。事態を忍耐強く見守ってきた音楽監督のバレンボイム氏も、そろそろしびれを切らしつつある。

ベルリンが誇る州立歌劇場の伝統の音は、これまで自動的に継承されてきたわけでも、今後も確実に安泰というわけでもない。そこには政治を含めた現実とのせめぎ合いが常にあるということを、最近メディアを賑わせている一連の動きを見ていて思う。
ドイツニュースダイジェスト 11月16日)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-11-20 13:12 | ベルリン音のある街 | Comments(6)

クラクフ発ハンブルク行きの列車に乗って

e0038811_1858370.jpg
昨日の夕方、ベルリンに戻って来ました。クラクフを朝の7時55分に出て、ベルリン中央駅着が17時31分。さらにこのまま乗るとハンブルク着が20時42分という、902キロを12時間以上かけて走るヨーロッパならではの国際列車です。帰りはストの影響もなく順調でしたが、約10時間の移動はやはりそれなりにこたえましたね^^;)。

かつてのドイツ領シュレジア地方の中心、ヴロツワフ(ドイツ名はブレスラウ)から西の車窓はとにかくひなびていて、建物も単に古いというのを越えて前時代的というか、ヨーロッパの裏街道を行くかのような趣がありました。国境の街、Forstという駅を過ぎ、車掌のアナウンスがポーランド語から陽気なドイツ語に変わると、どことなしかちょっとほっとしたのを覚えています。今回はSurf&Rail Internationalというドイツ鉄道のバーゲンチケットを早めに予約したおかげで、クラクフまで往復58ユーロで行って帰ってくることができました。ベルリンからだとアムステルダム、プラハ、クラクフに行く人には特におすすめです(DBの正規運賃はとにかく高いので・・・)。

クラクフは大雪でしたが、世界遺産に登録されている旧市街は美しく、ユダヤ人地区、郊外の岩塩鉱ヴィエリチカなど見どころは多かったです。報告したいことはたくさんあるので、これから少しずつアップしていきたいと思います。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-11-20 11:52 | 欧州を感じる旅 | Comments(4)

ポーランドに行って来ます!

e0038811_732541.jpg
昨日から、ドイツ鉄道(Deutsche Bahn)では貨物・旅客含めて、史上最大級のストが決行されています。運転手の労働組合による賃金引上げを要求するためのストで、現在フランスでも同様のことが行われていますが、知人のドイツ人に言わせると、ドイツ鉄道の運転手の労働条件はフランスよりもさらにひどいのだとか・・・

こういう最悪のタイミングの中で、私は今日から数日間、友達を訪ねてポーランドの古都クラクフに行って来ます。本来ならばベルリン中央駅から直通で行けるのですが(所要時間は約10時間!)、ストの影響で列車はコトブス(Cottbus)始発になってしまい、レギオナルバーン(Regionalbahn)という地域列車に乗って、まずは何としてもそこまでたどり着かなければなりません。昨日はポツダムに行って帰って来るだけでも大変だったので(帰りの電車はラッシュアワー並みでした)、列車がちゃんと走ってくれるのかかなり心配です。

週明けには戻りますが、その間は更新をお休みさせていただきます。それでは行って来ます!

【フランクフルト15日時事通信】ドイツ機関士労組(GDL)は15日未明、国鉄ドイツ鉄道(DB)での全国規模のストライキに入った。期限は17日午前2時までで、ドイツ国鉄では過去最大規模とされる。
 GDLは31%の大幅な賃上げを求める一方、DBはこれを拒否、交渉は暗礁に乗り上げた。「DBが大幅に引き上げた提案を行う場合のみ、交渉のテーブルに着く」(GDL)、「たとえ強硬なストを続けても、GDLの要求には応じない」(DB監査役会)と双方に歩み寄りの気配はない。 

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-11-16 00:56 | 欧州を感じる旅 | Comments(12)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング