ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

<   2007年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ミュンスター彫刻プロジェクト(2)

e0038811_5232442.jpg
しばらく間が空いてしまいましたが、ミュンスター彫刻プロジェクトの話の続きです。これはアートと公共性というテーマの先駆けともいえるアートイベントで、10年に1回という長いスパンで開催されています。77年に始まって、今回がまだ4回目(9月30日まで)。

e0038811_524368.jpg
アートと公共性がテーマだけに、作品は街中の至る場所に展示されています。前回お話したようにミュンスターは自転車の街なので、このように地図を片手にレンタサイクルで回っている人が目に付きました。一緒に見て回ったMさんによると、「日本で現代アート展をやると観に来る客層は大体限られてしまうけれど、ここは老若男女本当にさまざまですね」と驚かれていました。

ただ、困ったことに、地図を見ても街中では肝心の作品が見つけられないことが結構あるんです。「これってアートなの?それともただの民家のバルコニー?」という具合に。正直ピンとこない作品が多かったですが、いくつかここにご紹介します。作品のコンセプトなど、どなたか補足していただけるとありがたいのですが。

e0038811_524273.jpg
Marko Lehankaによる花をモチーフにした作品。教会の目の前にあって、これは一際目立っていました。スピーカーから声が出ていたけれど、何を言っていたのかはよくわからず。

e0038811_5251223.jpg
このさくらんぼの彫刻はちょっとかわいい。Thomas Schütteによる1987年の作品は、いまやミュンスターのシンボル的存在になっているのだそうです。

e0038811_5253117.jpg
そのThomas Schütteが20年後の今年、同じ広場で製作したガラス張りの噴水。

e0038811_5262882.jpg
中央駅近くの空き地でこんなものを見かけました。Mike Kelleyによる、これも作品だそうです。

e0038811_527249.jpg
Aaseeという湖の畔にあるこのポンプのような作品。実際水を吐き出しているんですが、説明を読んでも何を意図しているのかよくわかりませんでした。

この湖の周りもいくつか作品が並んでいて、ぜひ歩いて回りたかったんですが、この日は天気があまりに不安定だったので断念。実際その後すぐに雷雨が襲ってきました。

e0038811_5272983.jpg
Isa Genzkenの作品。これは一体?

e0038811_527455.jpg
王宮近くで見かけたMarko Lehankaのアーカイブ作品。王宮の裏の広大な庭園にも作品が点在しているはずだったんですが、結局そのいくつかは見つけられず・・・

e0038811_528788.jpg
時計も夜の9時を回りつつある中、最後に見たのがNairy Baghramian作のこれ。うーん・・・日程も短くやや消化不良の感は否めないミュンスター滞在でしたが、アート作品を探しながら歴史ある街を歩くというのは今までにない体験で、楽しい一日ではありました。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-08-31 00:50 | ドイツ全般 | Comments(2)

1986年3月東ベルリンにて - ある日本人の回想 -

e0038811_23211341.jpg
Alexanderplatz(8月24日)

先週、このブログを通じて知り合った大学の大先輩に当たる方にベルリンでお会いする機会がありました。その方とは全くの初対面でしたが、かつて早稲田大学の交響楽団で演奏していたという共通点があって、自然と当時の話になりました。前にも一度触れたことがありますが、このオケでは大抵3年に1度、海外への演奏旅行を行っていて、私が98年に初めてベルリンに来たのもそのツアーの一環でした。

その先輩に当たる方は、86年のツアーを経験されているのです。86年の2月から3月にかけて、早稲田大学交響楽団はフランス、東西ドイツ、チェコスロヴァキア、オーストリアを周り、ベルリンでも東西両方で演奏しています。先日アレクサンダー広場前のカフェで当時の話を伺ったのですが、とても興味深かったので、忘れないうちに(箇条書きですが)ここにまとめてみようと思います(ワセオケの現役の方々にも読んでもらえるとうれしいですね)。

当時22歳、海外旅行自体初めてだったという1人の学生から見たベルリンです。

東ベルリンにて(86年3月)
○東ドイツの滞在中は日本語に堪能な文化省の役人がずっとついて回った。こちらの会話がいつ聞かれているかわからなので、「東ベルリン」という言い方はしないように引率の先生から言われていた。チェコスロヴァキア滞在中にやはり同行した役人の日本語は、眼をつぶって聞けば日本人のそれと間違えてもおかしくないレベルだった。

○東ベルリンではアレクサンダー広場前の高層ホテル“Stadt Berlin“(現Park Inn)に宿泊した。夕食は毎回バスに乗って、別の場所に食べに連れて行かれた。ナイフとフォークがママゴト用かと思うぐらい軽かった(アルマイト製だったのでは?)。飲み物は強制両替で換えた東マルクを持って各自で買った。コーラがない代わりにDDR製のコーラがあったが、飲んでみたら薬のような味がした。ビールは普通だった。

e0038811_5555236.jpg
Photo: Wikipediaより借用

○自由時間のとき、アレクサンダー広場のデパートCentrum(現Kaufhof)で買い物をした。確か入ってすぐのところが食品売り場になっていて、牛乳を買ってみた。牛乳はパックではなく、ちょっとつつけばすぐに破れてしまうようなビニールの袋に入っていた。デパートはがらんとしていて照明も控えめで、他に欲しいと思うようなものは特に見つからなかった。

○ホテルに隣接したインターショップがあって、そこで外国の製品を外貨で買うことができた。どういうシステムになっていたのかわからないが、商品引き換え券のようなものを持って地元の人も買い物に来ていた。その光景を見ていて、「日本から来た自分たちが、こんなところでのん気に買い物していていいのだろうか」という気分になった。

e0038811_2321552.jpg
インターショップは確かここにあったような・・・(後ろは件のホテル。現Park Inn)

○東ベルリンではバスにも乗った。そこで車椅子の人が乗っているのを見かけた。今でこそバリアフリーは当たり前だけれど、あの当時の東ドイツで見たことにちょっと驚いた。ただしバスはおんぼろで、ハンガリー製と車体に書いてあった気がする。

○ホテルの朝食では果物が全く出なかった。そのことを知った当時西ドイツに駐在していたある方が、オケの団員にオレンジを差し入れてくれた。ありがたかった。

○駅や店の前に並ぶ行列の様子を写真に撮らないよう予め言われていた。だが実際に街で行列を見ることはなく、少々拍子抜けした。平日だったせいもあってか、東ベルリンはひっそりとしていた。

○東ドイツのホテルの石鹸は泡立たないと聞いていたので、日本から石鹸を持参していた。実際その通りで、トイレットペーパーもざらざらの紙だった。

○シャウシュピールハウス(現コンツェルトハウス)での本番の演奏会の後、ホールの地下にて政府の役人主催の歓迎立食パーティーが催された。豪華な(つまり西側で普通に出されるレベルの)食事だった。普通はざらざらの紙ナプキンなのに、そこには“Schauspielhaus“と朱字で書かれた「白い」ナプキンが置いてあった。いくつか持ち帰って、後輩へのお土産にした。

その前に訪れた西ベルリン(86年2月)
○西ベルリン滞在中、フィルハーモニーでカラヤン指揮のベルリン・フィルを聴いた。プログラムの前半終了後、インテンダント交代のセレモニーが舞台上で行われた。それが終わると、隣で聞いていたカラヤンが客席に向かって一言「パウゼ!」と言って、休憩に入った。前半のハイドンのロンドン交響曲は重すぎてあまり自分好みの演奏ではなかったが、メインの「展覧会の絵」は圧倒的だった。カラヤンは自分たちの演奏会のリハーサルにも聴きに来てくれた。
e0038811_6184397.jpg
そのときの演奏はレコーディングもされた。

○ポツダム広場からフィルハーモニーに行くとき、今では楽屋口のある裏側から中に入るのが普通だが、当時そこには道というものがなく人通りは皆無だった。周りには何もなかった。

○ポツダム広場の見晴台から見た東側の光景はとても印象に残っている。2月末で雪が残っていた。荒涼とした風景の中、双眼鏡を持った国境警備隊がこちらをのぞいていた。日頃日本では感じることのなかった「国境」を意識した。

その後・・・
○壁崩壊の翌年の90年7月、当時ブームだった中欧旅行のツアーに母と参加し、東ベルリンを再訪問する機会があった。ホテルは、偶然にもあの“Stadt Berlin“だった。ホテル内にカジノができていて、資本主義の到来を実感した。隣のデパートCentrumにも行った。ちょうど東西の通貨統合の直後で、製品には東マルクを意味する“M“の上に“DM“のシールが貼られ、ドイツマルクで値段が表示されていた。2ヵ月後になくなるDDRを偲んで(?)、文房具売り場でノートをたくさん買い帰国後職場の同僚に配ったが、「これ、何なの?」という反応をされ、その価値をわかってもらえなかった。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-08-27 00:12 | ベルリン発掘(東) | Comments(43)

コノプケのカリーヴルスト

e0038811_21243213.jpg
先日、ある取材で地下鉄U2のEberswalder Straßeのガード下にあるコノプケ(Konnopke)に足を運んで来ました。有名なカリーヴルストのインビスなのでご存知の方も多いのでは?

e0038811_2124899.jpg
私はなぜかいままで機会がなく、ここで食するのは実は初めてでした。ご覧のように、ソーセージをケチャップの洪水で満たすような、他でよく見られるものとは違う感じ。ケチャップは意外なほど甘めで、ふんわりとした食感のソーセージとよく合いおいしかったです。ポテトサラダとの組み合わせで2.8ユーロ。

e0038811_21245486.jpg
地下鉄のガード下、さらにトラムがごとごと音を立てて過ぎていくこの辺りの光景はなかなか風情があります。最近の新聞記事によると、1930年創業のコノプケは近く支店を出すのだとか。

よい週末を!

Konnopke’s Imbiss
Mo- Fr(月-金). 6 - 20 Uhr
Sa(土). 12 - 19 Uhr

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-08-25 15:00 | ベルリン発掘(東) | Comments(8)

ベルリンの新シーズン始動へ

例年オーケストラや劇場の新しいシーズンが始まるこの時期になると、なんとなく気分がそわそわしてくる。オープニングには無料で楽しめるイベントもあるので、それらを含めていくつかご紹介してみたい。

まず、25日にベルリン・フィルはラトル指揮のマーラー第9で楽団創設125周年のシーズンの幕を開ける。また、シュターツ・オーパー(州立歌劇場)が9月1日(17-22時)に、ドイツ座が26日(15-22時)にそれぞれ無料のオープンデーを開催。舞台裏を覗けたり、リハーサルや公演を観られたり、その他いろいろなものがタダでもらえたりと、こういうときはとりあえず行ってみると大抵楽しいことが待っている。オープンデーといえば、ジャンルは全然違うけれど昨年ご紹介した主要省庁の公開日もこの週末で、メルケルさんの首相官邸の中に入れます。個人的に一番の注目は、24日コンツェルトハウスでのオーケストラフェスト。タイトルは、この前紹介した映画と同じく「ベルリン-大都市交響楽」。ツァグロセク指揮のコンツェルトハウス・オーケストラによって、アイスラー、ヴァイル、シュレーカーなどベルリンに縁のある音楽が奏でられ、その後は公開リハーサルや20年代のダンス音楽特集などとにかく盛りだくさん。私は別の用事で行けなくなってしまい残念です。

ところで少し前に、EMIのラトルのページに6月のヴァルトビューネのレビューを書かせていただいたいので、興味のある方はどうぞご覧ください。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-08-23 01:03 | ベルリン文化生活 | Comments(10)

ベルリン大パノラマ - エルンスト・ロイター広場より(2) -

e0038811_2114013.jpg
2年前にこのブログを始めた頃、エルンスト・ロイター広場の前に立つベルリン工科大学のビル最上階からの眺めを紹介したことがあった。先日久々にあのビルに上る機会があったので、前回とは反対方向の眺めをアップしてみたい。あのときとは違って、画面をズームすることもできるのがありがたい。

ツォー駅からU2で西へ1駅乗ったところにあるエルンスト・ロイター広場は、5本の大きな道路が交わるいわば交通の要衝。その見た目から、かつてこの場所はKnie(ひざ)と呼ばれていた。戦後の西ベルリン最初の市長エルンスト・ロイターを称える現在の名前に変えられたのは、1953年のことである。

e0038811_2133453.jpg
こちらはオットー・ズーア・アレー(Otto-Suhr-Allee)方面。 正面にシャルロッテンブルク宮殿が見える。その手前の塔のある建物は、シャルロッテンブルク区の市庁舎。画面奥では、シュパンダウ(Spandau)の煙突群がもくもくと白い煙を上げている。

e0038811_213451.jpg
そしてこちらが南側のビスマルク通り方面。高くそびえるのは、いつか紹介した西ベルリンのラジオ塔。その左隣には国際会議センター(ICC)の白い建物が見える。彼方には第2次世界大戦のがれきを集めて作ったというトイフェルスベルク(悪魔の山)が望める。ちなみにこれがこの街の最高峰。中心部からは外れるが、私にとってベルリンという街を強く実感させる風景だ。

参考:
ベルリン大パノラマ - エルンスト・ロイター広場より(1) -
天使の降りた場所(2) - ベルリンのエッフェル塔 -
W杯カウントダウン(3) - Glockenturmにて -

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-08-21 23:59 | ベルリン発掘(西) | Comments(10)

ミュンスター彫刻プロジェクト(1)

e0038811_19292233.jpg
大分時間が経ってしまいましたが、先月訪れたミュンスターとカッセルのお話をしましょう。

まずはノルトラインヴェストファーレン州の街ミュンスター(Münster)から。
私にとってミュンスターといえば、昔世界史で習ったウェストファリア条約の街というイメージが真っ先に来ます。1648年にミュンスターとオスナブリュックで締結されたこの条約で30年戦争が終結し、領邦の主権が認められた結果、神聖ローマ帝国は事実上死に体と化したのです。「史上初の国際条約」なんていう風にも言われます。旧市街を歩いていたら、この条約締結の350周年を記念したかっこいいマンホールを見つけました。

e0038811_19305880.jpg
街を歩いてまずびっくりするのが、自転車の数。これがもう半端じゃないんです。ミュンスター市は以前から環境政策に力を入れている街で、89年からは「自転車の街づくり」を推進しているのだとか。28万という人口の倍の数の自転車があるというから驚きです。旧市街ではほとんど車を見かけることがなく、土地も平坦で自転車用の道路や標識も整備されており、中央駅前の地下には巨大な駐輪場もありました。興味のある方は例えばこちらを読むと、「ドイツで一番自転車にやさしい」というこの街のことがよくわかります。チャリ好きの人にとっては天国のような街なんでしょうね。

e0038811_1930699.jpg
旧市街の街並み。ベルリンではこういう風景がまず見られないので、たまに歩くと新鮮に感じられます。正面に見えるのはLambertikircheというゴシックの教会。

e0038811_1932925.jpg
次回は、10年に1回しか開催されないミュンスター彫刻プロジェクトの様子を少しご紹介します!

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-08-20 14:08 | ドイツ全般 | Comments(8)

カール・マルクス・アレーでビール三昧

e0038811_6311469.jpg
Meininger Pils(8月5日)

多くの人が休暇中でやや話題に乏しい8月のベルリンですが、今回は夏らしくこんな話題はいかがでしょう。今年で11回目を迎える国際ビールフェスティバルが先日開催されました。アレクサンダー広場からほど近い、かつて東ドイツが国の威信をかけて造ったカール・マルクス・アレーという大通りに、ドイツを始めとした世界中のビールの屋台が立ち並ぶという(86カ国1780種類のビールが大集合!)、ビール党にとってはたまらないお祭りでした。

e0038811_6321476.jpg
私も2日間続けて堪能して来ました。というのも、途中立ち止まっては飲んでというのを繰り返しながら、一気に全長2.2キロの大通りを歩き通すのは困難なので、1日目はシュトラウスベルク広場側から、2日目は東側のフランクフルト門側から攻める作戦に出たのでした。

まず初日。バイエルンのビールのブースがいくつも並ぶ広場近くは、ライブ演奏もあって盛り上がっており、まさにミュンヘンの酒場そのものと化していました。パウラーナーやエアディンガーといった有名どころには今回は目をくれず、あえてバルバロッサという地味な銘柄のヘレスを飲んでみたところ、まるで甘露のように透き通ったうまさで、感服しました。この日はさらにベルギーのさくらんぼビール、チューリンゲン地方の黒ビールを味わいましたが、他にも飲んでみたいと思わせるビールがいくつあったことか…。

e0038811_6324520.jpg
2日目はマイニンガーというオーソドックスなピルスナーからスタート。途中見かけたギネスやケルシュに惹かれつつもそこはぐっと我慢して歩き続けると、やがてビール大国チェコのブースが見えてきます。そこで飲んだ黒ビールは豊かな風味を持ちつつも、私の抱いていた「黒」の概念を吹き飛ばすような爽快感溢れる逸品だったのです。そして最後はハチミツ入りの中世のビールで締めました。

普段は人通りも少なく、社会主義時代の建築群が威圧的なこの大通りですが、このお祭り期間中ばかりは人々の歓声や笑い声が絶えませんでした。人類が生み出したビールという偉大な飲み物に乾杯!
(ドイツニュースダイジェスト 8月17日)

国際ビールフェスティバル www.berliner-bierfestival.de


ここからはおまけの写真コーナーです。
e0038811_6421462.jpg
私が初めて飲んだ旧東のビールがこのロストッカーだったので、ちょっと懐かしい気分に。

e0038811_6422797.jpg
上の記事で触れたDačickýというチェコの黒ビール。

e0038811_6431239.jpg
「黒いドラゴン」というチューリンゲン地方(アイゼナハ)の黒ビール。地域ごとのネーミングも面白い。

e0038811_6432516.jpg
な、なんだこれはー??
上を見ると"Thüringer Biernotdienst"とありました。チューリンゲン地方からやって来たビール救命隊(?)の看護婦さんたちだそうです^^;)

e0038811_6434139.jpg
ビールのつまみにいかが?シュプレーヴァルト名物の巨大きゅうりのピクルス。

e0038811_644835.jpg
その注ぐ様子を見ているだけで、飲んでみたいと思わせるアイルランドのギネス。いやあ、ビールの世界は広大です。


なんだかいかにもたくさん飲んだような書き方をしていますが、実際はそうでもないので念のため^^;)。実はそんなにお酒に強くないのです。でも、さまざまなビールに出会えて楽しかった!

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-08-18 00:27 | ベルリン発掘(東) | Comments(18)

「ベルリン 大都市交響楽」(1927)

e0038811_19422124.jpg
近所の図書館(AGB)で戦前のベルリンの古いドキュメンタリー映画を借りて観た。原題は"Berlin: Die Sinfonie der Großstadt"だから、 「ベルリン 大都市交響楽」とでも訳せばいいのかしら。Walther Ruttmann監督による、戦前のベルリンを描いた映画としては欠かすことのできない作品といわれている。私は大分前に映画館で観たことがあるものの、記憶がもうあまり定かでなかった。

だが、ばく進する蒸気機関車がまさに「黄金の20年代」の最中にあるベルリンの市街地に入っていく、あのかっこいい冒頭のシーンから一気に引き込まれてしまった。作品は5部(というより5楽章と言う方がふさわしい)から成り、まさにシンフォニーのような構成で都市の1日が描かれる。街が目覚める朝のシーンから始まって、地下鉄での通勤や通学、目が回るような工場のシーン、夜の娯楽や華やかなネオンも印象的。やはりあの時代のベルリンはすごかったという気がする。何気ない街角のシーンに今も変わらないベルリンのDNAを感じることもあれば、ポツダム広場の尋常じゃない交通量や人の多さに驚くこともしばしばだ。大都市が内包するストレス、狂気の側面も感じずにはいられない(現在のベルリンの方がかえってのんびりしていそう)。Ruttmann監督は20年代のベルリンを「生命体としての都市」ととらえ、実験的な手法も交えて生き生きと描き出すことに成功している。

この無声映画は、プレミエ当時と同じように今でもたまにフルオーケストラの伴奏で上映されることがある。9月24日にはベルリン放送響による生演奏付きで観られるそうなので、興味のある方にはおすすめです(詳しくはこちら)。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-08-16 13:44 | ベルリンを「観る」 | Comments(4)

ベルリン中央駅発ユーラシア行き

e0038811_19134251.jpg
先週のある日、Sバーンで中央駅を通ったら、キリル文字の入った見慣れないブルーの車体が停まっていました。一体どこに行く列車だろうと気になったので思わず見に行くと、行き先はベラルーシの首都ミンスクとなっていたのでちょっとびっくり。

e0038811_19135693.jpg
ホームの表示板にはモスクワ行きとなっていたので、途中で切り離されるのかもしれませんが、ICEなどが頻繁に発着するこの長距離列車用のホームにおいて、ブルーの重々しい車体は古色蒼然とした趣を漂わせていました。モスクワ行きの列車はかつては東のリヒテンベルク駅から出ていたものですが、中央駅の開業に伴って現在はツォー駅始発になっているようです。

e0038811_19141092.jpg
そうこうするうちに発車時刻が迫ってきました。

e0038811_19142112.jpg
ベルリン中央駅発15時24分のこの列車に乗ると、ミンスク着は翌日の11時25分、そしてモスクワのベロルスカヤ駅到着は22時31分となっています。

そこから先は、シベリア鉄道経由でウラジオストック、あるいは北京に抜け、さらには船で日本にも帰れるのだなあと思うと、なにか壮大なものを感じてしまった午後のひと時でした。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-08-14 18:33 | ベルリン中央駅 | Comments(17)

東ドイツ最後の3年間 - ホテルの元ウェイターに聞く -

e0038811_21402694.jpg
自分の誕生日だった昨日、近所に住むDDR出身の友達の家で夕飯をご馳走になり、その後彼にちょっとしたインタビューを取らせてもらいました。彼(名前はJensといいます。現在37歳)は1986年から1991年まで、東ベルリンにあった当時の3つの高級ホテルでウェイターとして働いていたのです。特に壁崩壊に至るまでの3年間の話を、いつかゆっくり聞いてみたいと思っていたのでした。

話し出したら止まらない人なので、3時間聞きっぱなしは大変でしたが^^;)、やはり面白い話はたくさん聞けました。当時のホテルの裏話からDDRの人が西側世界の物にどんなに憧れたか、壁崩壊に至るまでの1989年の心の移り変わり、あの夜人々はなぜ壁に殺到したのか、再統一後DDRの人々が経験した苦悩に至るまで、話は実にリアルで心に迫ってきました。当然のことながら、前回インタビューしたメヒティルトさんとはあらゆる意味で状況が違いますが、こちらももうひとつのベルリンの真実です。少し時間はかかりそうですが、そのうちぜひまとめたいと思っています。

写真はその3つのホテルの伝票です。左から順に、このブログでも以前取り上げた「ホテル・ウンター・デン・リンデン」、この8月に20周年を迎えたグランドホテル(現Westin Grand)、そしてやはり高級ホテルだった「メトロポール」。紙の質がどういうものだか、なんとなく伝わるでしょうか?イェンスはいまだに捨てられないらしく私にくれたのですが、こんなものでも自分にとってはなかなかの誕生日プレゼントになったのでした。

参考:
"Good Bye Hotel Unter den Linden!"

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-08-12 15:39 | ベルリンの人々 | Comments(16)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング