ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

<   2007年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

海と坂の街、タリン再訪記(2)

e0038811_5174091.jpg
聖オレフ教会からタリン旧市街を望む(7月18日)

タリンの街並みを把握するには、前回ご紹介した展望台以外に旧市街で一番高い聖オレフ教会に上ってみるのがよい。狭い階段を一段一段上っていくのは骨が折れるが、それだけの価値はある。

e0038811_518310.jpg
遠くに目をやると山の手(トーンペア)と下町とがよく見える。3つの尖塔は、右から大聖堂(1219年に建てられたエストニア最古の教会)、前回ご紹介したアレクサンドル・ネフスキー教会、そして聖ニコラス教会。屋根の色も見事に統一されている。これぞ世界遺産の街並みだ。

e0038811_5182133.jpg
北側は真っ青な海が広がる!

e0038811_5184365.jpg
新市街方面は、屋根の色もよりカラフル。ソ連時代に建てられた高層ビルも見える。

e0038811_5203714.jpg
オレフ教会からほど近いところにある、通称「三人姉妹」。現在は高級ホテルになっている。タリンがハンザ同盟に加盟したのが1285年のこと。以来ドイツ人の入植が進み、ご覧のように建物のスタイルも非常にドイツ的だ。タリンはドイツ名でレヴァル(Reval)という。

e0038811_521262.jpg
タリンの旧市街の入り口は、このヴィル門。ここは日中人通りが絶えない。マクドナルドも見つけて、結局一度お世話になってしまった^^;)。

タリン観光はもう1回だけ続きます。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-07-31 01:00 | 欧州を感じる旅 | Comments(3)

ドイツ語ブログのご案内

以前、英語でもブログを書こうと思って試してみたものの、結局続かなかったことがあります。

つい先日、本当に久しぶりに半ば恐る恐るそのページを覗いてみたところ、スパムに荒されることもなく、消去もされずにちゃんと残っていました(笑)。そこでちょっといじくってみたのですが、Bloggerのブログはログイン方法も変わり、機能も増えて使いやすくなっていました。実はここしばらく、ドイツ語でも自分のサイトを持ちたいという欲求が日増しに増えていたんです。ベルリンのことをどれだけ日本語でつづっても、例えばベルリン在住の普通のドイツ人には何も届かないわけですから、それだけではダメだと思いました。ドイツ語で何か書けばそこから何か生まれるかもしれないし、日本語で書いているこのブログのように仕事につながっていく可能性もないわけではない。最近読んだ「フューチャリスト宣言(ちくま新書)」という本に刺激を受けたせいもあって、一旦は死にかけたBloggerのサイトを今回ドイツ語ブログとして再生することにしました。

毎回ドイツ語で日記を書こうとするとまた続かない気がするので、以前このブログで連載していたLexikonをそちらに移し、まずはそれを中心に綴っていこうと思います。ある程度長い文章のときは友達に添削を頼みますが、間違いだらけのままアップすることもあるかもしれません。コメントは日本語でも書けますので、そちらでもお付き合いいただけたらと思いますm(_ _)m。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-07-30 13:15 | Deutsch | Comments(10)

海と坂の街、タリン再訪記(1)

e0038811_0493892.jpg
トーンペアの丘にて(7月17日)

海が見える坂のある町、というのが私は昔から好きだ。出身地の横須賀がまさにそういう地だからかもしれないが、旅をしていて印象に残るのも高台から海が望める街であることが少なくない。日本だと長崎とか尾道(通ったことがあるだけだけど・・・)。ヨーロッパだと、ナポリとかトリエステなどが好きな街としてすぐに思い浮かぶ。雰囲気は異なれど香港もいい。今後行ってみたいなと思うのは、リスボンやイスタンブールあたりだろうか。

e0038811_114374.jpg
旧市庁舎のあるラエコヤ広場。

2002年に初めて訪れたエストニアの首都タリンも、そんな私のお気に入りの街のひとつ。今回5年ぶりにそのタリンを再訪する機会に恵まれた。2004年のEU加盟、その前後だったか格安航空大手のEasy Jetが飛ぶようになって、タリンはベルリンからますます気楽に行けるようになった。2002年当時は安い移動手段となるとバスぐらいしかなくて、実際タリンから30時間近くかけてベルリンに戻って来たのを思い出す。この5年で街がどう変わっているかを見るのも楽しみな再訪だった。

e0038811_0595378.jpg
7月17日、前回とは違って、1時間40分のフライトであっという間にタリン空港到着。タリンの旧市街はユネスコの世界遺産に指定されている。まずはともあれ、坂を上って街を見下ろしてみたい。そこで向かったのが、トーンペアと呼ばれる丘。ここからの眺めはやはりすばらしかった。写真中央に見える港から高速船に乗れば、対岸のヘルシンキまで1時間40分ほどで行ける距離でもある。

e0038811_101413.jpg
トーンペアに展望台は3つある。これは2つ目の地点から見た眺め。中世の城壁もいい状態で残っている。高くそびえる聖オレフ教会からの眺めは次回ご紹介しよう。

e0038811_10388.jpg
これは政府機関の建物らしい。3つ目の展望台からは海がよく見える(冒頭の写真)。ドイツ語の本を持っているバックパッカー風の青年がいたので話しかけてみたら、オーストリアの大学で勉強しているドイツ人で、韓国に2ヶ月滞在した後、北京からシベリア鉄道経由(!)ではるばるタリンまでやって来たとのことだった。

e0038811_104963.jpg
丘から降りるときに横を通った、玉ねぎドームが印象的なロシア正教会のアレクサンドル・ネフスキー聖堂。

この日の夕食は、前回も訪れたオルデ・ハンザという旧市街のレストランにて。ハンザ都市だった中世のタリンを再現したレストランで雰囲気はとてもいいのだが、前よりも値段が大分上がっていてちょっとたじろぐ。団体客が非常に多い。地元の人はまずここには来ないのだろう。料理はまずまず。素焼きの器で飲むはちみつ入りのビールがうまかった。

(つづく)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-07-28 19:22 | 欧州を感じる旅 | Comments(10)

ウルリヒ・ミューエ死去

e0038811_721438.jpg
Karl-Marx-Alleeにて(7月26日)

先月末、テレビのデジタルチューナーが突然ショートを起こしてしまい、以来テレビが見られない状態が続いているのですが(ただ、それによって不便を感じることはほとんどありません)、昨日の新聞の一面で知ったニュースには驚きました。

「善き人のためのソナタ」のヴィースラー役の記憶がまだ新しい、俳優ウルリヒ・ミューエ(Urlich Mühe)さんの死去です。まだ54歳だったそうです。家族が公表したところによると、ミューエさんがザクセン・アンハルト州のヴァルベックでガンのため亡くなったのは先週の日曜日。奇しくも、その日のベルリナー・モルゲンポスト紙のインタビューで自分がガンと闘っていることを公表していたのでした。

昨日、ベルギーからやって来たお客さんにベルリンを案内する機会があったのですが、カール・マルクス・アレーの書店の前を通ったとき、故人となった人のことを想いました。私は「善き人のためのソナタ」でのミューエさんしか知りませんが、あの映画での切実な演技は胸に響きました。ご冥福をお祈りします。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-07-27 01:35 | ベルリンの人々 | Comments(18)

テンペルホーフ空港のいま

e0038811_534949.jpg
Platz der Luftbrücke(2月18日)

今日からタリンの滞在記を書こうと思っていたんですが、前回のテンペルホーフ空港の記事への反響が意外に(?)大きかったので、特異な建築様式によるこの空港内部の様子からまずお伝えしましょう。写真は今年の2月と昨年4月に撮ったものが混じっています。

テンペルホーフ空港の最寄り駅はU6の"Platz der Luftbrücke(空の架け橋広場)"。1948年から49年にかけての有名な「ベルリン空輸」を記念して建てられた記念碑が、空港前の広場にそびえている。

e0038811_5362356.jpg
ナチス政権の命を受けて、1934年にエルンスト・ザーゲビールが設計した石造りの重厚な本館正面。

e0038811_5295079.jpg
入り口近くに置かれている巨大な鷲の彫像は、1940年から1962年まで写真後方の本館のてっぺんを飾っていた。その後ニューヨークの博物館に展示されたが、1985年に再びベルリンに帰って来たという経緯がある。

e0038811_5302267.jpg
どこかの神殿かと見まがうばかりの本館ロビー。しかし利用客はまばらで、悲哀感が漂う。

e0038811_5304581.jpg
空港の中をうろうろ歩いていたら、滑走路が見えるバーのような場所を見つけた。遠くはかすんで見えて、おぼろげながらこの空港の広さを実感することができた。

この空港にまつわる話はそれこそ無数にあるだろうから、今はこれ以上は触れない(以前ご紹介した「地下のベルリン」(河合純枝著)という本に出てくる話も面白い)。最近、ベルリンのガイドをしている知人に聞いた話によると、このテンペルホーフ空港は実に地下7階(本当か?)まであり、それをも含めた総面積では世界最大級の空港なのだとか。おそろしや。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-07-24 00:48 | ベルリン発掘(西) | Comments(12)

テンペルホーフ空港の将来は?

e0038811_2357669.jpg
Flughafen Tempelhof(2月18日)

ベルリンに空から入る際、テーゲル空港ではなくテンペルホーフ空港を利用したことのある方は果たしてどのくらいいらっしゃるでしょうか。現在、この空港に離着陸する旅客機はわずか4社に過ぎません。長さ1230メートルという世界最大級の建築物であるナチス様式の本館を始め、戦後はあの「ベルリン空輸」の舞台になるなど、ベルリンにある3つの空港の中ではずば抜けた歴史を持つテンペルホーフ空港ですが、累積する赤字と新空港の開港に伴って、2008年10月末で閉鎖されることが決まっています。

最近新聞をよく賑わせているのは、空港閉鎖後の跡地をめぐる問題です。何しろ空港の総面積386ヘクタールは、ティーアガルテン(210ヘクタール)がすっぽり収まってしまう広さ。そんな広大な土地が市内中心部に突如出現することになるわけですから、人々の関心の高さも納得できます。

e0038811_23581295.jpg
現在ベルリン市はインターネット上で、 跡地の利用法について市民の声を募っています。その途中経過が先日の新聞に載っていたので、ここでご紹介しましょう。

まず最も多くの票を集めたのが、「緑地にしてスポーツ、文化、お祭りなどの公共のスペースに」というもの。第2位はいまだに根強い空港続行論。そして第3位は「休暇のレクレーションの場所に」というものでした。ほかには「空港の本館を大学や図書館に再利用する」といったものから、「世界一の高層ビルを建てる」、「2020年にオリンピックが開催された際のオリンピック村に」といった、本気なのか冗談なのかわからない意見までさまざま。「ベルリンの東と西の動物園をここに統合してはどうか」などという提案も寄せられましたが、これは「飛行場としての運営続行と同じくらいチャンスはない」と、新聞では一蹴されていました。

さて、これからどういう展開になるでしょう。今回のオンライン調査を元に、秋にはより具体的に踏み込んだ第2弾が予定されています。詳しくはベルリン市のHP (www.berlin.de/flughafen-tempelhof) にて。
(ドイツニュースダイジェスト 7月20日)

この空港内部の様子も近々お伝えするつもりでいます。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-07-21 17:06 | ベルリン発掘(西) | Comments(17)

バルトの国より

e0038811_2153272.jpg
今週はエストニアのタリンで短い休暇を過ごして来ました。2002年3月にバルト3国をまとめて訪れた際に、タリンはその中でも一番気に入った街でいつか再訪したいなと思っていたのでした。その間のエストニアのEU加盟を経て、街から受ける印象は前回と微妙に違いましたが(まず観光客の数にびっくり!)、旧市街の美しい街並みは健在だったように思います。それにしても、この2週間はずっと動きっぱなしだったこともあって(気候の変動も激しかった)、久々に体調を崩してしまいました^^;)。書くことはたまっていますが、しばらく安静にしてからタリンの街の様子もお伝えしていきたいと思います。

写真は旧市庁舎のあるラエコヤ広場に面した、ヨーロッパでも最古といわれる薬局(市議会薬局、Raeapteek)の中から撮ったもの。Raeapteekは、現代ドイツ語に直すとRatsapothekeということでしょうか?

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-07-21 15:30 | 欧州を感じる旅 | Comments(0)

ようやく夏本番のベルリン

e0038811_995780.jpg
Oberbaumbrückeにて(7月16日)

先週までの不安定な天気から一転して、この2日間のベルリンはすさまじいまでの猛暑でした。特に昨日は30度台後半まで気温が上がり、外にいるとそれだけでエネルギーが吸い取られるようでした。写真は昨日初めて体験したシュプレー川の遊覧船から撮ったもの。この橋が見える風景は私の大好きなものの一つです。

さて、今日からはバルト海に面したある国に3日間ほど行って来ますので、ブログの更新はまたしばらくお休みさせていただきます。帰って来たら報告しますので、お楽しみに。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-07-17 02:27 | ベルリンのいま | Comments(2)

ベルリン州議会へようこそ(2) - 名誉市民たち -

e0038811_5345360.jpg
Abgeordnetenhaus Berlin(6月23日)

ベルリンには、この街に対して特別の功績をあげた人々を「名誉市民(Ehrenbürger)」として称える制度があります。1808年以来、この名誉を受けた人々は総勢115人。彼らの肖像画の一部は州議会の廊下にギャラリーとして展示されています。その肖像画を誰が描くかということは、名誉市民となった人自らが決めることになっており、描き方も多種多様。なかなか面白かったので、ここで何人かご紹介しましょう。

e0038811_5532896.jpg
名誉市民で目立つのはやはり政治家(ヒトラーやホーネッカーのように後になって剥奪された人々もいる)。これは戦後最初の西ドイツの首相コンラート・アデナウアー(1876-1967)。

e0038811_5494797.jpg
今年の3月に80歳の誕生日を迎えた元外相のハンス=ディートリッヒ・ゲンシャー(1927-)。 ベルリンの壁崩壊を語る上で、欠かせない人物のひとり。

e0038811_550123.jpg
日本でもっとも馴染みの深いドイツの政治家といったら、やはりこの人だろうか。西ベルリン市長を経て連邦大統領を2期務めたリヒャルト・フォン・ヴァイツゼッカー(1920-)。

ベルリン名誉市民といってもドイツ人だけとは限らない。例えば、ゴルバチョフ、レーガン、ブッシュ・シニアといった冷戦終結(つまるところはベルリンの壁の崩壊)に直接関わった海外の政治家のポートレートも見かけた。

e0038811_5504569.jpg
名誉市民には芸術家も少なくない。これはベルリンの一井の人々を多く描いたハインリヒ・ツィレ(1858-1929)。ニコライ地区のツィレ博物館も最近再オープンした。

e0038811_551572.jpg
ピカソやクレーの充実したコレクションで知られるベルクグリューン美術館の創設者、画商のハインツ・ベルクグリューン(1914-2007)。

e0038811_535344.jpg
私が中高校生だった頃、ベルリンといえばまずこの人だった。指揮者のヘルベルト・フォン・カラヤン(1908-1989)。長年ベルリン・フィルを率いたカラヤンだが、彼はベルリンをあくまで仕事場と考えていたようだ。先日ある人から、「カラヤンに縁のあるベルリンの場所をどこか知りませんか?」と聞かれたのだが、コンサートとレコーディングの会場以外はほとんど何も知らないことに気が付いた。どなたかご存知ないでしょうか?

e0038811_5512134.jpg
現在のところは非常に男性率が高いベルリン名誉市民だが、ところどころに女性の肖像画も混じっている。ここでは20世紀のコスモポリタンの一人、マリーネ・ディートリヒ(1901-1992)を挙げておこう。

e0038811_5465018.jpg
最後は政治家としてもっとも新しい名誉市民、昨年亡くなった前連邦大統領のヨハネス・ラウさん(1931-2006)。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-07-16 01:57 | ベルリン発掘(全般) | Comments(10)

ベルリン個人ガイドのご案内

e0038811_055547.jpg
変化著しいこの街の魅力を伝えたい気持ちから2005年夏に始めたブログ「ベルリン中央駅」ですが、ありがたいことに最近観光ガイドの依頼をいただく機会が増えてきました。そこで今回(2007年7月)よりご要望にお応えしてベルリンの個人ガイドを承ることにしました。

(2011年1月追記)
昨年の夏以来、100名以上の方をご案内してきました。後日お客さまからいただいたメールをいくつかご紹介します。

「ガイドブックには載っていない場所や、美味しい食事ができて大満足でした!」

「今回は、自分ひとりでは行かないようなところへ行くことができたのでとても楽しかったです。クロイツベルクも、本当に良いところですね。決して派手ではないけれど、落ち着ける町だと思います」

「ベルリンでは、私たちの希望通り、”東”を満喫する(大)散歩、ハンブルグ駅museumの現代物、そして夜のバロックオペラ&ダンスと、ヨーロッパ最後の夜を、ヨーロッパらしく彩っていただきました。私たちだけではわからなかったであろうことも沢山聞かせていただいて、いっそうの興味を持てましたし、古いものばかり見続けていたこの旅で、最後に”現代”を感じることも出来て、本当に大満足です」

「3人で後日話したのは、マサトさんに本当に効率良くまわって頂いたなということです。自分たちだけでは、1日であんなにたくさんの場所を見ることはできなかったでしょう。バス、トラム、地下鉄などいろいろな交通機関も乗れたし、充実した1日でした」


以下にモデルコースをいくつかご紹介しますが、あくまで参考程度にお考えください。見て回る内容はお客さまのご希望に応じて組み合わせることが可能です。

主要観光地めぐり
ブランデンブルク門、政府地区、ウンター・デン・リンデン、ツォー駅周辺、アレクサンダー広場など、東と西のオーソドックスな名所をバランスよく見て回ります。
e0038811_7442215.jpg

ベルリンカフェめぐり
ベルリンは個性的なカフェの宝庫。その他にも、おいしいパン屋やケーキ屋さんに自家醸造のビール、ビオマーケット、週末は蚤の市(購入時の交渉を代行)などをご案内します。
e0038811_121680.jpg

音楽都市ベルリン
ベルリンは世界屈指の音楽都市です。例えば、フィルハーモニーのガイドツアーに参加したり(内容を通訳)、音楽関係の史跡や著名な音楽家の墓などをご希望に応じてご案内します。夜はオプショナルでコンサートやオペラ鑑賞。ベルリン・フィルをはじめとしたオーケストラに3つのオペラハウスなど、充実のナイトライフへのお手伝いをいたします。
e0038811_21433739.jpg

ベルリン乗り物天国
バス、地下鉄(Uバーン)、Sバーン、トラムの公共交通機関を全て使ってベルリンを見て回ります。疲れたらカフェで一休みしましょう。トラムを使うと行動範囲がぐっと広がり、ベルリーナーの日常が見えてきます。
e0038811_756866.jpg

ディープなクロイツベルク散策
私が住むクロイツベルクに絞って、そこに住む多種多様な人々と同じ目線で歩くツアーです。運河沿いの道やかつての壁に沿った道、トルコ人マーケットや広々とした公園など見所は少なくありません。お昼はケバブやアラブ料理のおいしい店にお連れします。
e0038811_0422112.jpg

ベルリン3つの顔
ベルリンの多様な街並みに触れていただくため、19世紀の街並みが残る地区、クロイツベルクの東側の通称S36地区、社会主義建築の並ぶ東ベルリンを、歴史の話を交えながら見て回ります。
e0038811_1295976.jpg

サイクリングツアー
ベルリンは地形が平坦な上、自転車の専用道が整備されており、さらに地下鉄やSバーンに自転車を持ち込めるなど、サイクリングには最適な環境がそろっています。夏の風に吹かれながらベルリンの街を駆け抜けるのは大きな醍醐味。上記のコースを自転車で走るのもよし、緑豊かな郊外に出るのもこの時期は最適です。
e0038811_2357716.jpg

ベルリンの近郊の街めぐり
ポツダム、ドレスデン、ライプチヒ、ワイマールなど。日帰りでポーランドとの国境の町フランクフルト・オーダーや北のシチェチンを回ることもできます。
e0038811_095662.jpg



基本料金(いずれも3名様まで)
4時間コース(130ユーロ)
6時間コース(175ユーロ)
8時間コース(220ユーロ)
*法人でのご依頼については別途お問い合わせください。

ベルリンでの私の交通費をお支払いいただく必要はありませんが、美術館や博物館の入場料等は別途となります。まずはお気軽にお問い合わせください。
メール:masatoberlin[AT]yahoo.co.jp
([AT]を@に置き換えてお書きください)

by berlinHbf | 2007-07-15 00:00 | ベルリン個人ガイド

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング