ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

お気に入りブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

<   2007年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

週末に20世紀オペラ

e0038811_23402661.jpg
今回はこの週末に行われる、ある公演の案内をさせていただこうと思います。

このブログでも何度か(ときにはさりげなく)登場してもらった私の友人の角田鋼亮さんがこの週末(1日から3日まで)、ノイケルンにあるザールバウ・ノイケルンという劇場でバルトークのオペラ「青ひげ公の城」を指揮します。指揮、演出、歌手、ピアノによる伴奏、衣装、人形劇などすべて若いメンバーによって構成されているのが特徴で、ベルリンにある2つの音大の共作というものです。

この「青ひげ公」はハンガリーの作曲家バルトーク唯一のオペラ。ヨーロッパの青ひげ伝説を元にしたストーリーは不気味ながら何か引き込まれるものがあり、約1時間という短い上演時間の中で濃密な心理ドラマが展開されていきます。

「今回の演出は能や歌舞伎の所作からインスパイアされたものも多いらしいので、日本人にとってはそこが見どころではないでしょうか。特に衣装に工夫がこらされています。演奏面ということでは、心理劇の持つ独特の間と緊張感を作り出したいと思っています」と角田さん。

会場のザールバウ・ノイケルン(Saalbau Neukölln)は19世紀末に建てられたかつての舞踏ホールで、建築としても見ものです。ベルリン屈指の移民街であり最近は社会問題の火種にもなっているノイケルンで、20世紀のオペラを観るというのはなかなか面白い体験ではないでしょうか(変な宣伝の仕方ですが・・・)。

先週末にプレミエを迎え、残りの公演は1日から3日までのそれぞれ20時から。お時間のある方はぜひ足をお運びください。私も今度観に行きます。そうそう、終演後はこの劇場の一角に面したカフェがおすすめです。私のお気に入りのカフェで、前から一度書いてみたいと思っていたのでこの機会にご紹介することにしましょう。詳しくは次回に。

Saalbau Neukölln:
Karl-Marx-Straße 14,
14. erm. 8 Euro

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-05-31 02:35 | ベルリン音楽日記 | Comments(2)

合宿より戻って

一昨日の夜、オケの合宿より帰って来ました。
このブログはプロ・アマ問わず実際のオーケストラに関わっている方も読んでくださっているようなので、今回の合宿がどういう内容のものだったか、簡単に紹介してみたいと思います。

今回訪れたのはベルリンの北東約70キロのGroß Döllnという村(?)にある休暇施設でした。携帯の電波さえ届きにくいど田舎でしたが、さすがに空気はきれいで湖にも面したいいところ(が、ベルリン在住の方ならわかってもらえるでしょうが、先週末は天気が荒れに荒れて大変でした)。そこのコテージに分かれて宿泊し、DDR時代に建てられた施設内のホールを借りて練習します。練習は9時から12時まで、午後は15時から18時まで、夜は19時から22時ぐらいまでと1日3コマ。セクションごとのプローべとトゥッティ(全体での合奏)が半々ぐらい。それ以外にも来学期の候補の曲をいくつか初見で演奏しました。個人的には夜の10時まで練習した後に、チャイコフスキーの「悲愴」を通しで吹いた日が一番きつかったものの^^;)、自由な時間もそれなりにあり、がんじがらめという感じはありません。そして、夜の練習が終わると自然と「飲み」になるわけですが、それも自由参加なので寝たい人は寝てもいいわけです。何かを強制されるわけではないので気分的には楽ですが、私がかつて日本の学生オケの合宿で体験した体育会系の濃密な時間がちょっと懐かしく感じられたのも事実かも(笑)。このオケのメンバーの年齢層とか雰囲気などはまた別の機会にお話しましょう。

3日間の集中的な練習のおかげで、音楽も少しずつ形になってきた感じがします。このオケで残念だなあと思うのは、金管と打楽器の常時メンバーがいないこと。おそらく直前になって音大生を中心としたうまい人たちが助っ人として来てくれるのでしょうが、そこまでうまくなくてもホルンやティンパニの人が常にいてくれたらブラームスなどは特にハーモニーの厚みが全然違うのになあと思います。弦はチェロを中心とした中低音がなかなかがんばっています。それに比べると、ヴァイオリンは人数が若干足りないこともあって、もう少し響きのボリュームがほしいなというところです。

3日間の練習の仕上げに最後、ストラヴィンスキーとブラームスを全曲通して演奏したんですが、事故が多発しまくりで、本番まで1ヶ月なのに大丈夫かなあとちょっと不安になりました。こんなとき、日本の学生オケだったら間違いなく「反省会」が始まるところでしょうが、よくも悪くもみんなのびのび音楽を楽しんでいるのがこちらの学生オケの特徴。このくらいのこと(?)で顔色を変えて怒り出すような人はいません(笑)。

ともあれ、本番に向けての残り1ヶ月が楽しみになってきました。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-05-30 02:08 | ベルリン音楽日記 | Comments(17)

「合宿」に行ってきます

e0038811_7213334.jpg
モルトケ橋よりベルリン中央駅を望む(5月1日)

今日からオーケストラの合宿でベルリンを離れるので、次回の更新は来週の月曜日以降になります。「合宿」という日本語、ドイツ語ではどう訳すんでしょう?"Probewochenende"とか"Probenreise"とかいう言い方はありますが、「合宿」という日本語の中にある、あの汗臭い(!)ニュアンスはありません。とはいえ、ある共通の目的を持った若者(自分もその中に含めるかどうかは別として・・・)の団体が郊外のどこかの宿舎に寝泊りし、昼間は練習なりトレーニングをして夜は飲み語るということに変わりはないので、やはり「合宿」と呼ぶべきなんだろうと思います。

今回は、私がいま所属しているJunges Ensemble Berlinという学生を中心としたオーケストラの合宿です。2月末に週1回の練習(プローべ)が始まり、6月末のフィルハーモニーの室内楽ホールでの本番に向けて回を重ねているところです。今学期取り組んでいる曲は、ストラヴィンスキーのプルチネッラ組曲とブラームスの交響曲第1番。いまさらながら両方ともほれ込んでいます^^)。

ドイツの学生オケは日本のそれとははっきりいってかなり違います。機会があればいつかレポートしたいですね。ドイツは今週末、聖霊降臨祭(Pfingsten)で月曜日もお休みです。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-05-25 01:29 | ベルリン音楽日記 | Comments(10)

「現代ドイツのパフォーミングアーツ」(堤広志編)

e0038811_439172.jpg
先週は友達の紹介で舞台の演出を志す日本人の女性に知り合い、自分にとって新しい世界を垣間見させてもらった。彼女が日本から持ってきた本の中にあって、1週間の滞在中に借りて読んだのがこの本
(結局全部は読みきれなかったけれど)

内容は現在のドイツの演劇とダンスの分野で中心的な役割を担う人物へのインタビューなのだが、フランク・カストロフ、ミヒャエル・タールハイマー、ウラジーミル・マラーホフ、ヨハネス・オーデンタールなど多くはベルリンを拠点に活躍する人たちで、それは結局現在のベルリンの舞台シーンを知ることにもなる。こういうガイドを私は欲していたのかもしれない。現在のドイツの劇場シーンが大変刺激的なのはわかっているけれど、あまりに多彩過ぎて全貌をつかむのがなかなか大変なのだ。何も知らないまま作品を観て、口をあんぐり開けたまま帰ってきたことは一度や二度ではない。演出家なりダンサーなりが、どういう理念なり政治背景を持っていて、それをどのように舞台上に反映させようとしているか。そういうことはやはりある程度は知っていた方がよい。この本の執筆者の中には数年前何度かベルリンで舞台をご一緒した方の名前をちらほら見かけ、さらに本への親しみが増した。巻末の「人名・グループ名解説」は舞台鑑賞の指南としても重宝しそうだったので、コピーさせてもらう。

演劇といえば、ベルリンではペーター・シュタイン演出、ベルリナー・アンサンブルによるシラーの「ワレンシュタイン」がいま大きな話題を呼んでいる。先週末にプレミエを迎えたのだが、上演時間はなんと14時から23時30分までの計9時間半。これから10月までの毎週末に行われるだそうだ。会場がノイケルン地区のかつてのベルリナー・キンドルのビール工場というのも興味を引かれる。一度観てみたいとは思うが、自分にも楽しめるかどうか。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-05-24 23:57 | ベルリンを「読む」 | Comments(2)

クヌート見物記

e0038811_18324049.jpg
Berlin Zoologischergarten(5月6日)

白クマの赤ちゃん「クヌート」のブームはもはや世界中に広まった感があります。当連載でも一度はクヌートのことを取り上げたかったのですが、「動物園では最低でも1時間は並ぶというし、かといってベルリンに住んでいながら本物を見ないで書くのもどうかなあ」と思っていたところ、クヌートがどんどん大きくなっているという話をよく耳にするように なり、ついに私は意を決して先日の日曜日、ツォー駅前の動物園に足を運んできました。

e0038811_18401461.jpg
e0038811_18543081.jpg
予想通り、クヌートのコーナーの前はドイツではめったに見ることのない行列ができていました。実際並んだのは40分ぐらいでしょうか。入り口で2手に分かれ、12歳以下の子供は前列(大人1人の同伴が許されます)、それ以外の人は後列で見ることになります。中に入ると、こちらもすっかり有名になった飼育係のトーマス・デルフラインさんと砂遊びにたわむれるクヌートの姿が目に飛び込んできました。「ここからではちょっと遠いなあ」と思って私は眺めていたのですが、その後、子供がよく見える位置に来てくれたり、逆に後列の大人も近距離で見えるように配慮してくれたりと、約10分の「クヌート・ショー」はまずまず満足できるものでした。クヌートは確かに一回り成長していましたが、デルフラインさんの後を健気に付いて歩く様子を見て、特別にファンというわけでもなかった私でさえメロメロになってしまったことを付け加えておきます。

e0038811_18421745.jpg

最初からクヌート目当てで来られた方も、時間を変えて再度同じ場所に出向かれてはいかがでしょう。完全にクヌートの影に隠れてしまいましたが、実はここは普段はヒグマの住処なのです。閉館が迫ってきた夕方、先ほどの喧騒がウソのように静まる中、のんびりくつろぐヒグマの姿を見ながら、私はクヌート・フィーバーのすさまじさを逆に実感することになるのでした。ベルリンはクマの街。サイズは大分異なりますが、こちらも十分かわいいですよ。
(ドイツニュースダイジェスト 5月18日)

e0038811_18585960.jpg
クヌート以外のおもしろい&かわいい動物もたくさん見てきたので、ベルリンのツォー(Zoo)の楽しさも含めてまたご紹介したいと思います。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-05-21 12:30 | ベルリンのいま | Comments(14)

「1800年頃のベルリン ‐新しい建築術‐」展

e0038811_1930044.jpg
博物館島の旧ナショナルギャラリーで、常設展のほかに「1800年頃のベルリン ‐新しい建築術‐」という特別展を観た。これが予想以上に面白かった。

1800年周辺というのはいわゆる新古典主義のが花盛りの時期で、建築、学問、政治、文学などあらゆる分野で新しい時代の息吹が芽生えていた。建築界にはエルトマンスドルフ、ラングハン、ジリー、少し後のシンケルといった才能が次々に現れる。ラングハンの設計による、今でもこの街のシンボル、ブランデンブルク門が建てられるのもちょうどこの時期だ。彼らが設計した建築物の多くは結局実現されなかったり、戦災にあったりして今はもうないのだが、当時の時代の空気を想像するだけでも楽しい。建築だけでなく、当時の市街図や風景画、市門の様子、人々の流行など程よく紹介されていたのもよかった。この特別展は5月28日まで。

私がとりわけ興味深かったのが、弱冠28歳で死去した天才建築家のフリードリヒ・ジリー(1772-1800)のスケッチや透視図の数々である。ジリーが夭逝しなければ、ベルリンの街並みはまた少し変わっていたかもしれない。幸いベルリンはその直後、シンケルという巨大な才能を得ることになるわけだが。冒頭の写真の建築は、ジリーが1797年にアテネのアクロポリスを模範にデザインした「フリードリヒ大王記念碑」。ポツダム広場の隣のライプチヒ広場に建てることを夢見て設計したこのあまりにモニュメンタルな建造物は、実現することはなかったものの、当時の人々に相当大きなインパクトを与えたらしい。後に建てられたコンツェルトハウス、そしてこの旧ナショナルギャラリーは、ジリーのこの記念碑の影響下に建てられることになったのだが、なるほどこうして見ると本当によく似ている。

e0038811_20441842.jpg
ちなみに、久々に観るのを楽しみにしていたベックリンの「死の島」がどこにも見当たらないので係りのおばさんに聞いてみたら、現在ブリュッセルに貸し出し中とのことだった。こちらではよくあることなのだが、ちょっと残念。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-05-18 13:50 | ベルリン文化生活 | Comments(6)

ベルリンの新アイドル

e0038811_412513.jpg
ついに先日見てきました。
今週中には本物が登場します。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-05-16 21:07 | ベルリンのいま | Comments(12)

クロイツベルク時空散歩(4) - あるユダヤ人女性の記憶 -

e0038811_2038173.jpg
St-Michael-Kircheにて(2月24日)

前回お話したクロイツベルクの子供農園を見た後、私たちは再び聖ミヒャエル教会に戻った。「天使の池」のほとりに立つミヒャエル教会は1851年から61年にかけて建てられたベルリンでは珍しいカトリックの教会である。実はこの教会、正面から見ただけではなかなか気付きにくいが、1945年の2月3日の空襲によって廃墟と化したそのままの状態で立ち続けている。ツォー駅前の有名な記念教会以外にも、こういう教会がベルリンにはいくつかある。

e0038811_145484.jpg
ミヒャエル教会の裏は広場になっている。DDR時代の無機質なアパートが立ち並ぶ、私の目には何ということのない場所だった。この場所にやって来て、メヒティルトさんは「どうやって説明しようかしら」とちょっと考え込んでから、あるエピソードを私に話してくれた。それほど長い話ではないのだが、これは彼女から聞いた中でも最も印象に残る話の一つなのでここに書いておきたいと思う(実際はかなり長くなりましたが、ぜひ読んでいただきたいです)。

メヒティルトさんの父親ルドルフさん(1905年生まれ)の家族と彼の祖母は、戦前このミヒャエル教会広場のすぐ近くに住んでいた。祖母の旦那さん(つまりルドルフさんの祖父)は、19世紀末の冬のある日グルーネヴァルトにスケート遊びに行った際に雪崩で命を失い、彼女はそれ以来未亡人だったという。お互いの家はそれほど離れていなかったので、当然のことながらルドルフさんが子供の頃、母親に連れられてよくこのおばあさんの家に遊びに訪ねていたという。

さて、ここから時代は一気に飛ぶ。
ベルリンが瓦礫の山と化した1956年(あるいは57年)のこと、ルドルフさんはベルリン郊外のクラドウ村のペンションで休暇を過ごしていた。彼は仕事が多忙で長期の休暇が取れなかったため、せめてハーフェル川のほとりの静かなクラドウ村で短い休暇を、ということだったらしい。そこの宿で、ルドルフさんはある年老いたユダヤ人の女性に出会った。

その女性はシュタインという苗字だった。シュタイン夫人はルドルフさんに、自分がベルリーナーであること、ナチスによるユダヤ人迫害が始まってからまずブダペストに、そしてその後上海に逃れた体験を語った。「ベルリンはどこに住んでおられたのですか」とルドルフさんが尋ねると、「ミヒャエル広場教会ですよ」とシュタイン夫人は答えた。「え、その広場の何番地ですか?」

シュタイン夫人が番地名を言うとルドルフさんは絶句した。「シュタインさん、私の祖母がまさにそのアパートに住んでいたんですよ。最上階の4階に住んでいた女性のこと、記憶にありませんか?」

シュタイン夫人の返事は「ナイン」だった。そんな昔のこと覚えているわけがない、という表情をしたという。

翌朝、シュタイン夫人が目を真っ赤にさせてルドルフさんのもとへ駆け寄ってきた。「あの後もう一度昔のことを思い出そうとして、昨晩はほとんど眠れなかったのよ。そしてついに思い出したの。あなたのお母さんがあなたを乳母車に乗せてあのアパートをよく訪ねて来たときのことをはっきり覚えているわ!」

シュタイン夫人が思い出したというのはこういうことだった。
1900年代、今からちょうど100年ぐらい前の話である。シュタイン夫人はミヒャエル教会広場のアパートの地上階(日本でいう1階)に住んでいた。そのアパートをルドルフさんの母親が彼を乳母車に乗せてよく訪ねて来ていた。ちょっとした用事(例えばものを届けに来たというような)のとき、乳母車を4階まで運ぶのは大変なので(もちろん備え付けのエレベーターなどなかった)、幼いルドルフさんを乳母車に乗せたまま「ちょっと子供を見ていてもらえませんか」とシュタイン夫人の部屋のドアをノックすることがあったという。そのことを約50年ぶりに思い出したのだ。

「私はあなたのことを覚えているわ。こんなに大きくなって・・・」と言って、シュタイン夫人は笑った。

当時乳母車に乗っていたルドルフさんは50代前半になっていた。2人はその間、2度の世界大戦を経験し、ホロコーストを命からがら逃れたシュタイン夫人はブダペスト、上海を経由して再び故郷のベルリンに戻って来ていた。それがどんな苦難を伴ったものであるかは知る由もないが、何という長い道のりだったことだろう。ルドルフさんは当時すでに高齢だったシュタイン夫人に再び会うことはなかったという。だが、この再会が奇跡的なものであることに変わりはない。小さなエピソードかもしれないが、私には人間の記憶の尊さを何か示唆しているように感じられた。

e0038811_20381660.jpg
そのミヒャエル広場教会からほど近い場所に、ルドルフさんの1人娘であるメヒティルトさんは戦後間もない1949年に生まれた。戦後この地区はぎりぎりでソ連セクトに属することになった。今もDDR時代の街灯が通りを照らしている。自分が今いる場所がかつての東側か西側かわからないとき、ベルリンでは街灯が道しるべになってくれることがある。

e0038811_23145053.jpg
これは1954年に撮られたこの界隈の空撮。手前の「天使の池」の左手にミヒャエル教会が見える。その隣のミヒャエル教会広場が完全に焼け野原になったのをはっきり見て取ることができる。ミッテのこの界隈は爆撃の被害が最も大きい地区だった。この写真のことは次回またお話したいと思う。

e0038811_20373190.jpg
メヒティルトさんから自分が写っている1枚の貴重な写真を見せてもらった。おそらく1950年の夏に撮ったものではないかということ。背後に注目していただきたい。当時ベルリンでは、瓦礫の山から、使えるレンガとそうでないものを分別するという気の遠くなるような作業が至る場所で行われていた。

e0038811_2355054.jpg
時空を越えたクロイツベルクの散歩はあと2回ほど続きます!

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-05-14 19:19 | ベルリン発掘(境界) | Comments(6)

アレクサンダー広場の「駅ギャラリー」

e0038811_6512298.jpg
U-Bahnhof Alexanderplatzにて(4月6日)

次回予定の「クロイツベルク時空散歩(4) - あるユダヤ人女性の記憶 -」は決して長い話ではないのですが、時間のある時にゆっくり書きたいので今回は写真中心にこんな話題を。

ベルリンの地下鉄は駅ごとにカラーが明快に違っていておもしろいのですが、そんな中でもU2のアレクサンダー広場駅のホームはまた独特です。普通は広告が貼られるホーム背後の壁が、ここではアート作品のスペースとして確保されているからです。手元の新聞の記事によると、なんと1958年から続いている「伝統」だとか。現在はベルリン在住のアーティスト、Marc Brandenburgの作品が展示中で(6月30日まで)、ここを利用する人々になかなか強烈なインパクトを与えています。

e0038811_755158.jpg
アレクサンダー広場周辺は、いまベルリンで最も大きく変貌しようとしている場所かもしれません。しかしそれは地上での話。地下鉄の駅、中でのこのU2のホームはレトロチックな雰囲気を残しています。

e0038811_74311.jpg
1913年に開業したこのU2の駅はユーゲント様式で造られており、鉄骨の柱さえもこのような装飾が施されています。それに対して1930年代に造られた同じ構内のU5とU8路線のホームは、ノイエ・ザッハリヒカイトの機能的な様式。この違いに注目すると、地下鉄の待ち時間を少しはつぶせるかもしれません。

e0038811_653342.jpg
アルフレード・デープリンの小説の舞台であるアレクサンダー広場は、戦前のベルリンの都市伝説の舞台でした。21世紀はここから何が生まれようとしているのか?

e0038811_6473689.jpg
"Zurückbleiben bitte!"

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-05-12 01:24 | ベルリン発掘(東) | Comments(10)

ベルリナー・ヴァイセはいかが?

e0038811_724525.jpg
先日の午後、クロイツベルクの近所のカフェ(MOLINARI&KO)に行ったら、メニューにベルリナー・ヴァイセがあったので久々に飲んでみました。

ベルリナー・ヴァイセとは小麦ビールの一種で(アルコール度は約3%と低め)、エール酵母の他に乳酸菌を使って発酵させているため酸っぱいのが特徴です。オリジナルのベルリナー・ヴァイセもたまにスーパーなどで売られていますが、本当に酸っぱいので知らずに飲むとびっくりします。そのため、木いちご(赤)やクルマバソウ(緑)のシロップを加えて飲むのが一般的です。このビールは日本のガイドブックにはよく紹介されていますが、ベルリンのカフェで見かけることはなぜかあまりありません。私は結構好きで、夏の午後にふさわしい飲み物だと思うのですが、ベルリーナーには邪道と見られているのかな?

「クロイツベルク時空散歩」ですが、これからの2回はこのシリーズの中でも一番力を入れて書きたいと思っているので、もう少しお時間をください。

明日の夜はオケの練習。最近はまっているストラヴィンスキーの「プルチネッラ」組曲を吹けるのが楽しみです。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-05-10 00:57 | ベルリンあれこれ | Comments(19)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング