「ほっ」と。キャンペーン


ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

お気に入りブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

<   2007年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ベルリンの通りはこうして作られる

e0038811_20371338.jpg
Hugo-Preuß-Brückeにて(4月27日)

ベルリンは晴天の日々が続いています。

数日前、久々に中央駅の近くを通ったら、こんな光景に出会いました。先日ベルリンの路上の敷石のお話をしたばかりだったこともあって、これはと思い新しい通りが作られる作業を眺めていました。

e0038811_20372981.jpg
「写真を撮らせてもらってもいいか?」と聞いてみたら、トルコ人のメーメットさんは気楽に応じてくれました。彼が行っているのは、歩道の両側にベルンブルガーと呼ばれる小さな敷石を埋め込む作業です。このような無数の小さな石を1つ1つ手作業で埋めていくのです。

e0038811_20374220.jpg
この新しい道は鉄道の線を越えて、向こう側のインヴァリーデン通りまで続いています。「2人だけでこの長い道の埋め込み作業をしたのか」とか、「向こうからここまで何日ぐらいかかったのか」など、聞いておけばよかったなと後になって思いました。

e0038811_20391848.jpg
石が埋め込まれると、今度は後方に見える機械(何という名前かはわかりませんが)でプレスをかけて平らにします。こうして作られた新しい通りは、大規模な区画整理や戦争でも起きない限り、あのクロイツベルクの路上のように少なくとも100年は使われることになるわけです。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-04-29 14:07 | ベルリンあれこれ | Comments(12)

「パリ五段活用」(鹿島茂著)

e0038811_9244753.jpg
ベルリンに住み、ベルリン関連の本を読み、ベルリンについて書いてばかりいると、たまにはこの街を離れたくなる。せめて空想上だけでも、ということで、先日読んだ「パリ五段活用」(中公文庫)という本について少し書いておきたい。筆者の鹿島茂さんはパリについての本を何冊も書いている方だから、ご存知の方も多いことだろう。背表紙の紹介文によると、『「食べる・飲む」「歩く」など8つの動詞からパリのもつ「唐突で曖昧な」魅力を展開した知のガイドブック』。

雑誌などに書かれたものをまとめた本なので、やや統一感に欠ける印象も受けたが、さすがに内容は読ませる。自分としてはベルリンとの接点を探しながら読んでも面白かった。とりわけ鮮やかだったのは、それまで前近代的だったパリが、19世紀半ばの都市改造をきっかけに街に光が入り込むようになり、同時期に誕生したデパートと第1回印象派展の間に実は大きなつながりがあったという話。河合純枝さんの「地下のベルリン」で知った気送郵便の話も出てくる。パリのプヌマティック(気送郵便)は比較的最近の1984年まで現役だったのだそうだ。読みながら思わずゴクリとなった、フランスパンの歩き喰いというのも一度やってみたい。

こういう都市の歴史探索的な本は、パリに関してなら日本語で書かれたものだけでも無数にあるだろうに、ベルリンに関してとなると途端に少なくなる。ベルリンだって探せば面白い話はいくらでもあるのになと思う。日本人一般の関心度でいえば、ベルリンがパリにかないっこないのはわかっているけれど。

奇妙に印象に残ったのは、「かぐ」という章のパリの地下鉄の匂いに関するエピソードだった。ベルリンの地下鉄の匂いはかなり独特だと思うが、パリのそれもかなり独特なものであるらしい。
なんのことはない、パリのメトロの匂いとは、浮浪者たちの体臭と、小便の染み込んだ新聞紙の匂いと、芳香剤入りの消毒薬の混じり合った匂いだったのだ。もちろん、これにパリの浮浪者たちに欠かせない葡萄酒の甘酸っぱい匂いを加えれば、メトロの匂いのアマルガムとしては完璧に近いものが出来上がるだろう。だが、この匂いがまったく不快なものかと言えば、必ずしもそうとは断定できない何かがある。それは奇妙に懐かしく、またどことなく恥ずかしい、人間そのものへのノスタルジーをかきたてるような匂いだった。
こういう話を読んでパリに行きたくなったら、それは作者の罠にはまったということなのだろう。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-04-27 19:10 | ベルリンを「読む」 | Comments(9)

クロイツベルク時空散歩(2) - かつての壁に沿って歩こう -

e0038811_17265757.jpg
クロイツベルクの街角にて(1988年夏。メヒティルトさん所蔵の写真より)

この日メヒティルトさんにクロイツベルクを案内してもらう数日前、私は彼女の自宅で1988年に撮ったという壁の写真を何枚か見せてもらった。上の写真はまさにこの辺りで撮ったものだという。歩道にめり込んで壁が無理矢理建てられた状況がよくわかる。過去の写真と現在の様子を見比べて、何が見えてくるだろうか。

e0038811_17281592.jpg
ベルリンの代表的な都市文学「ベルリン・アレクサンダー広場」の著者にちなんだA.デーブリン広場には何度か来たことがあるが、この辺りはいつも閑散としている。かつて壁の緩衝地帯だったところもほとんどが空き地のままで、時代の名残を残している。広場の一角に、"Markthalle"と書かれた古いマーケットホールを見つけた。今はもちろん使われていないが、戦前は賑やかな界隈だったのかもしれない。

さて、それでは壁に沿って歩いてみることにしよう。

e0038811_1728352.jpg
18年前まで、この歩道の左淵に沿って壁が建っていた。ここを歩きながら、メヒティルトさんが「ちょっと見てごらん」という風に歩道の敷石を指差した。その瞬間私はあっと思った。前回ルッカウアー通りでメヒティルトさんが「100年前の敷石」と教えてくれたものと全く同じ石の並び方だったからだ。戦争で建物が壊滅的な被害を受けても、ここに沿って壁がそびえた分断時代の30年を経ても、路上の敷石は100年前と変わっていなかった。そして石の敷き方から、かつてここが建物の出口付近で、人々の生活が営まれていたことを確かに物語っていた。それはある日突然終わりを迎えたのだ。

この路上が戦争と壁の残酷さを静かに語りかけているような気がして、私は軽い身震いを覚えた。

e0038811_17285128.jpg
この先はドレスデン通り。手前が西側で奥が東側になる。

「この前見せた路面電車の線路の上に壁が築かれている写真、覚えている?あれはちょうどここで撮ったのよ」とメヒティルトさん。

e0038811_17271130.jpg
その時見せてもらった写真がこれ。繰り返すが、かつてここには生活があったのだ。路面電車は人々の生活を乗せて走っていた。

ところで、左下に写っている階段らしきもの、この写真は何かの高台から撮ったのだろうか?

e0038811_1732478.jpg
この写真を見て、私はある映画のワンシーンを思い出した。1986年に撮影された映画「ベルリン・天使の詩」で、人間になった天使ダミアンがA.デーブリン広場の方向を一瞬見るシーンがある。上の写真はこの見晴台から撮られたものに違いない。

e0038811_17291234.jpg
e0038811_1729272.jpg
ここから先については、「ヴァルデマー通りの壁 - 天使の降りた場所(19) -」で一度書いているので、よかったらご参照ください。

e0038811_17294142.jpg
この場所はこれからどうなるのだろうか。戦争と壁の時代が残した空き地を横目に見ながら、私はぼんやりと思いに耽っていた。

(つづく)

参考:
ヴァルデマー通りの壁 - 天使の降りた場所(19) -

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-04-26 00:16 | ベルリン発掘(境界) | Comments(8)

輝きを取り戻した「赤の市庁舎」

e0038811_8141624.jpg
昨年ずっと塔の部分が幕で覆われていたベルリン市の政治的シンボル、「赤の市庁舎」(Rotes Rathaus)の修復作業がこの度終わりました(といってもしばらく前のことらしいですが)。この前久々に前を通ったので写真を撮ってきました。青空に赤の煉瓦がよく映えること。前は何とも思わなかったですが、こうして見るとなかなか美しい建築だなと思います。ここは先日ご紹介したクラウス・ヴォーヴェライト市長の仕事場でもあります。

e0038811_8142749.jpg
市庁舎前のネプチューンの噴水。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-04-24 01:38 | ベルリン発掘(東) | Comments(8)

クロイツベルク時空散歩(1) - 始まりはコッティから -

e0038811_659864.jpg
2月末のある土曜日の午後、私はUバーンのコトブサー・トアー(Kottbusser Tor)の駅前広場でメヒティルトさんと待ち合わせた。マーケットなどが立ち並ぶこの雑然とした広場に、「コッティ」という愛称があることを私が知ったのは比較的最近のことである。80年代半ばに書かれた橋口譲二さんの「ベルリン物語」を読むと、当時のパンク青年がたむろする場所としてこのコッティがよく出てくる。

約束の時間より少し遅れてメヒティルトさんが現れ、私たちはアーダルベルト通りを北に歩き始めた。メヒティルトさんとクロイツベルクの中でも外国人率が高い、ディープなこの界隈を歩くのは不思議な気分だった。大体いつもお会いするのは閑静なシャルロッテンブルクのご自宅で、他にコンサートやオペラにご一緒したこともあるが、それらはまあ言ってみれば「上品な」場所。「(シャルロッテンブルクに比べると)別世界でしょ」と言ってメヒティルトさんは笑う。彼女が1949年にこの近くで生まれてから過ごしたのは、わずか1年半に過ぎない。だが、両親や祖父母の代もずっとここで暮らしており、メヒティルトさんにとっては自分のルーツの一つともいえる場所のようだった。

e0038811_6592329.jpg
e0038811_6593411.jpg
アーダルベルト通りとオラーニエン広場の交差点にて。4つの角、建物が全て同じ形状をしているのが特徴的だ。オラーニエン通りにはトルコ系の食料品やレストラン、インビスなどがぎっしり立ち並び、ベルリンの中でもエキゾチックな雰囲気の通りとしてよく知られている。

e0038811_722115.jpg
だがそれは壁ができて以降の話。メヒティルトさんの父親がこの通りにオフィスを持っていた時代は、当然トルコ人はまだ住みついていなかった。もしオラーニエン通りを歩く機会があったら、こんなものに注目してみると面白いかもしれない。

e0038811_72339.jpg
それは戦前の古い建物に共通して見られる、独特の装飾が施された古代風の柱だ。メヒティルトさんによると、この通りはおそらく同一の建築家によって設計されたのではないかということだ。

路上から見えてくるもの
e0038811_7182622.jpg
オラーニエン通りを西に歩き、ルッカウアー通りを曲がってしばらくしたところで、メヒティルトさんは路上を指差して言った。「この路上の敷石、100年ぐらい前のものね」

先日のインタビューで、「ベルリンに対して郷愁を抱くものとは?」という私の最後の質問に対して、メヒティルトさんは「路上の敷石」を一つに挙げた。私は何のことだかどうもピンとこなかったのだが、彼女によるとベルリンの敷石は他の街のものと違っていて、路上が街の歴史を語りかけてくることがあるのだという。これはベルリンの古い時代に典型的な敷石の形状。中央に並ぶ大きな石は、シュレジア産の花崗岩。両サイドに敷き詰められている細かな石は「ベルンブルガー敷石」ということまで教えてもらったが、まず役に立たない知識だろうな^^;)

e0038811_7183984.jpg
それはともかく、こんなことにも注意を払っていると街を見る目も少し変わってくる(かもしれない)。アパートの入り口付近はドアに向かってこんな風に敷石が敷かれている。これは次回の話と少し関連があるので、できたら覚えておいていただきたい。

e0038811_732494.jpg
路上に注意して歩いていると(犬のフンにはくれぐれもご注意を!)、文字が記された小さな石を見かけることがある。これは有名なのでご存知の方も少なくないことだろう。「つまずきの石」といって、かつてその場所に住み、後に強制収容所に送られる運命をたどったユダヤ人の名前と死亡年などが記されたものだ(この石に興味のある方は例えばこのページをどうぞ)。

e0038811_763994.jpg
メヒティルトさんから聞いた話をここで全てご紹介することはできないが、私が日頃イメージするクロイツベルクとは違う何かが少しづつ見えてくるのを感じた。

そうこうするうちに、アルフレード・デープリン広場に着いた。ここからはかつての壁に沿って歩くことになる。

(つづく)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-04-22 02:20 | ベルリンの人々 | Comments(10)

ベルリンでオイローパフェスト

e0038811_2005486.jpg
3月25日、欧州連合(EU)の礎となったローマ条約の調印から50周年を迎え、ベルリンで記念の式典が行われました。EU27カ国の首脳が集まり「ベルリン宣言」が採択されたことは本紙でもすでに取り上げられていますから、今回は50万人以上の市民が参加したといわれるオイローパフェスト(Europafest)の様子をお伝えしたいと思います。

24日の前夜祭は「ヨーロッパ美の夜」で幕を開けました。博物館島の美術館群や文化フォーラムなどベルリンが誇る美の殿堂が深夜までオープンし、ヨーロッパ各国の音楽やダンスのグループが彩りを加えるというものです。ベルリンからは前回少し触れたサシャ・ヴァルツのグループがペルガモン博物館の壮麗な「ゼウスの大祭壇」の前でダンスを披露しました。そして23時からは「ヨーロッパクラブナイト」。EU全加盟国のDJがベルリンの30以上のクラブに集結しての大パーティーです。ヨーロッパが生み出した伝統の美だけでなく、 最新の音楽も紹介する趣向がユニークだと思いました。これが政府主導のイベントというのですから、ある意味驚きです。

e0038811_2022756.jpg
翌25日はいよいよお祭り本番。ブランデンブルク門や6月17日通り周辺にはEU各国や諸機関のブースと屋台が並び、特設ステージに人気グループが続々と登場しました。ヨーロッパ各国の名物を頬張りながら政治にも親しめるという趣向です。私がブランデンブルク門を訪れた14時過ぎには、EU首脳会談を終えたばかりのメルケル首相とバローゾ欧州委員会委員長が駆けつけ、EUという共同体が持つ意義と今後の抱負を語った後、全員によるカウントダウンでブルーの風船が青空に打ち上げられました。

「50年前のローマ条約の時と違うのは、このような機会を政治家だけでなく市民も一緒に祝えるようになったこと」。これは司会者の女性の言葉ですが、わずか18年前までこの街の中心に国境があった現実を思うと、ベルリンがEUの中心としてこの日を迎えたことにやはり感慨を抱かずにはいられませんでした。
(ドイツニュースダイジェスト 4月20日)

e0038811_2025267.jpg
連邦首相官邸前にて

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-04-20 13:11 | ベルリンのいま | Comments(0)

「クロイツベルク時空散歩」へのお誘い

e0038811_20422017.jpg
U-Bahnhof Görlitzer Bahnhofのホームにて(3月14日)

先月、私の知り合いのベルリーナー、メヒティルトさんのベルリン・インタビューを全8回にわたってお送りしましたが、そのシリーズの締めくくりとして、メヒティルトさんと歩いたクロイツベルクを「クロイツベルク時空散歩」としてまとめたいと思います。全4回を予定しています。

(1)始まりはコッティから-かつての壁に沿って歩こう-路上から見えてくるもの-A.デープリン広場-今度はかつての運河に沿って-2つの聖ミヒャエル教会

(2)クロイツベルク子供農場-あるユダヤ人女性とのエピソード(1900s-1957)

(3)三角形の野菜園(1930s-1988-2005)

(4)聖トーマス教会-マリアンネ広場-家屋不法占拠時代のクロイツベルク-最後はカフェ・クーヘンカイザーにて

聖ミヒャエル教会の裏手で話してくれた「あるユダヤ人女性とのエピソード」は、正確に記録したかったので再度彼女のもとにインタビューに伺い、かつてのこの界隈の貴重な写真も合わせて見せてもらいました。メヒティルトさんのような街の歴史にも精通した生粋のベルリーナーと歩くと、ベルリンの風景がどう違って見えてくるのか。それを自分なりにまとめてみたいと思います。では、普段何気ない風景に眠っている街の記憶をたどる旅へ!今週からスタートします。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-04-18 15:05 | ベルリンの人々 | Comments(6)

ティーレマン指揮ベルリン・フィルのブラームス

e0038811_8111128.jpg
●先月ウィーン・フィルとのブルックナーが大評判だったクリスティアン・ティーレマン指揮のベルリン・フィルを聴く(14日)。私はその客演を聴けなかったので、大変楽しみにしていたコンサート。後半のブラ1(つまりブラームスの交響曲第1番)に絞ってちょっと書いてみたい。

●まずティーレマンから。このコンサート、私は舞台裏のコーラス席のティンパニのすぐ後ろ、つまりティーレマンとほぼ正面で向き合う形で聴いたのだが、すごいインパクトだった。ティーレマンの指揮を間近で見ていると、音の瞬発性よりは、彼の棒の振り方そのもののように底から突き上げてくる重量感のある響きを志向しているのがリアルに感じられた。またこのブラームスでは、ヴァイオリンを両翼に配置する彼のやり方がとても効果的だったと思う。第1楽章が鳴り響いた瞬間、私は突然大河の中に巻き込まれてしまったような気分に陥り、ベルリン・フィルの弦楽器のいつになく深みのある響きに圧倒された。

●ティーレマンの作り出す音楽にはピアニッシュモに特徴があるように思う。舞台に電流が流れているかのような独特の緊張感と深い森のような静けさが同居しているように感じられるのだ。ティーレマンはこういう息の張り詰めるようなピアニッシュモを生み出すかと思うと、一方で頭を縦に揺らして妙に脱力感のある動きをしたり(これは映像で見たことのあるフルトヴェングラーの仕草を想起させる)、音楽の緊張と脱力の関係をうまく使い分けているように感じた。

●2、3楽章はほとんど夢幻的でさえあり、ゆったりとしたテンポの中からこれまで聴いたことのないような美しい響きが随所で聴こえてくる。フィナーレでもアゴーギク(テンポの揺らし)やゲネラルパウゼを駆使し、稀に見る濃厚な演奏となった。お客さんの熱狂ぶりはすごかったし、私もいい演奏だと思ったが、個人的には4楽章などより躍動感と勢いのある演奏の方が好きかもしれない。来月、ノリントンがベルリン・ドイツ響とこの曲を共演するので、どういう演奏になるのかこちらも楽しみだ。

●枚挙にいとまがない木管のソロでは、とりわけジョナサン・ケリーのオーボエソロに感銘を受けた。私が言うのもおこがましいが、この人数年前に入団した時に比べて圧倒的にうまくなっている。私自身今たまたまあるアマオケでこの曲に乗っているため余計思うのかもしれないが、他の木管奏者も含め、何でこんないい音が出せるのかとため息が出た。すぐ真後ろで浴びたライナー・ゼーガースのティンパニも圧巻。

Berliner Philharmoniker
Christian Thielemann Dirigent
Alban Gerhardt Violoncello

Robert Schumann
Ouvertüre zur Oper Genoveva op. 81
Konzert für Violoncello und Orchester a-Moll op. 129
Johannes Brahms
Symphonie Nr. 1 c-Moll op. 68

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-04-17 01:22 | ベルリン音楽日記 | Comments(6)

クロイツベルクの日曜日

e0038811_5553238.jpg
今日(日曜日)も晴天でした。あまりに気持ちのいい陽気なので、お昼を食べた後、クロイツベルクの近所を散歩してみました。いずれもこれまでこのブログで紹介した場所ばかりなので、よかったらお付き合いください。

e0038811_5554549.jpg
シャミッソー広場にも春がやって来た!

e0038811_556162.jpg
この界隈のメインストリート、メーリングダムにて。

e0038811_5563062.jpg
そこからほど近い、ヴィクトリア公園の頂上にある「クロイツベルク」に上ってみました。

e0038811_5564145.jpg
標高66メートルながらちょっとした山登りの気分も味わえる、私の好きな場所の一つ。この人口の滝にも水が流れるようになり、子供たちが水遊びをしていました。

e0038811_5565353.jpg
19世紀初頭にシンケルが設計したカテドラル風の記念碑からはテレビ塔、ポツダム広場、ジーゲスゾイレなどがきれいに見渡せました。丘の斜面では多くの人たちが日向ぼっこ。今年は例年にない暖冬でしたが、北国の人々が春を迎えた時のうれしさは共通するものがあるのでしょう。今日もいい一日でした。

参考:
元祖クロイツベルクに登る(2006年3月28日)
「オールド・ベルリン」が残る界隈(2)(2005年12月20日)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-04-15 23:46 | ベルリンのいま | Comments(8)

新緑の季節

e0038811_7384197.jpg
プレンツラウアーベルクのMauerparkにて(4月13日)

天気がいいというだけでこんな幸せな気分になれるのかという、そんな初夏の陽気を思わせる天気がここ3日ぐらい続いています。通りも公園もカフェも、ベルリーナーでいっぱい。新緑の美しさが目に沁みます。天気予報によるとこの晴天は水曜日ぐらいまで続くのだとか。さて、日曜日はどこを歩こう。そう考えるだけでも楽しくなってきます。

e0038811_7385343.jpg
次回は、この天気の中歩いたプレンツラウアーベルクの散歩道のことを書こうかなと思っています。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-04-15 02:21 | ベルリンのいま | Comments(2)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング