ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

<   2006年 10月 ( 33 )   > この月の画像一覧

隣人のありがたさ

ある程度の長期間ベルリンのアパートを空ける際、済ませておかなければならないことがいくつかある。私が毎回悩んでいたのが、留守中の郵便受けの管理と部屋の植物の世話だった。こういう時、例えば郵便物は局に差し止めにしておいてもらって、帰ってから取りに行くという方法もあるが、こちらの人は大抵どうするかというと、同じアパートの誰かに鍵を預けて頼むことが多いようだ。ドイツではまだ隣人同士の助け合いの精神というものが生きているといえるのかもしれない。私の住むアパートの住人は、基本的にみんな感じはいいし、すれ違うと挨拶はするのだが、それほど親しいといえる間柄の人はいなかった。ワールドカップの仕事で1ヶ月間家を空けた時は、郵便物は私の2階上に住む1人暮らしの女性に、植物の水差しは近所に住む日本人の友達にお願いした。今回はどうしよう?友達の家は少し離れているし、郵便物のチェックと合わせてまとめてお願いできる人はいないかなと探していたら、同じアパートの別館に住むドイツ人のある若いカップルを思い出した。彼らとは何回かアパートの前で立ち話をしたことがあり、とても感じのいい人たちだと思っていたのと、「困ったことがあったらいつでも訪ねて来てね」と言ってくれていたのを思い出したからだ。

それで先ほど彼らの部屋を訪ねてきたのだが、本当にフレンドリーな人たちだった。私は立ち話をしたらすぐに帰ろうと思ったのだが、中に入れてくれた上、ワインを勧められ、余り物でよければと結局夕飯までご馳走になってしまった^^)。ゼバスティアンはバイエルン出身のグラフィックデザイナーで、ベルリーナーのヨアンナはフランス語教師になるために勉強中という2人。私と年がほとんど変わらない上、2人とも世界のいろいろな場所を旅しているだけあって話が大変面白く、結局2時間近くもお邪魔してしまった。その中には、すぐにでもこのブログに書いてみたいと思わせるような話も出てきたが、それはまた機会があったらということにしたい。

久々によく話し、よく笑った。ドイツ語でコミュニケートするのがこんなに楽しいと感じたのはいつ以来のことだったろう。難しい言語だと感じることが今でも少なくないドイツ語だが、こういう人たちと心を交しながら会話ができるというのであれば、続けてきた甲斐があるなあと思った。留守中の郵便物と植物の世話も快く引き受けてくれたし、彼らには日本から何かお土産を持って行くつもりだ。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2006-10-31 01:38 | ベルリンのいま | Comments(4)

Festival of Lights Berlin(2)

e0038811_21265945.jpg
Brandenburger Tor(10月26日)

"Festival of Lights"の後半。今回はブランデンブルク門をくぐって、ベルリンの西側を中心に夜のお散歩をしましょう。街の至る所で見つけた、さまざまな「光」をお楽しみください。

このブランデンブルク門ですが、先週の金曜日ナポレオンがベルリンに入城してからちょうど200年目という節目の日を迎え(1806年10月27日)、記念のセレモニーが行われたようです。
e0038811_21292428.jpg
U-Bahnhof Friedrichstraße

e0038811_2128275.jpg
ポツダム広場にあるDB本社

e0038811_21285743.jpg
Sony Center

e0038811_2125668.jpg
Philharmonie

e0038811_2152331.jpg
Neues Kranzler Eck

e0038811_21305531.jpg
Theater des Westens

e0038811_21312699.jpg
Kurfürstendamm(つまり「クーダム」です)

いかがでしたか?
毎年10月最後の土曜日の夜、つまり今日の3時をもって、西ヨーロッパ時間は冬時間に変わりました。日本との時差は今日から8時間。日がどんどん短くなり、冬の到来を実感する季節がやって来ました。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2006-10-29 14:41 | ベルリンのいま | Comments(6)

「サハロフ賞」 BZ Lexikon(131)

10月27日の紙面より。

Lexikon: Sacharow-Preis(サハロフ賞)

Der Sacharow-Preis für Meinungsfreiheit geht in diesem Jahr an den weißrussischen Oppositionsführer Alexander Milinkewitsch, wie gestern bekannt wurde. Der mit 50 000 Euro dotierte Preis wird seit 1988 jedes Jahr vom EU-Parlament vergeben. Er zeichnet Persönlichkeiten und Institutionen aus, die sich für Menschenrechte und den Schutz von Minderheiten, die Achtung des Völkerrechts und geistige Freiheit einsetzen. Benannt ist die Auszeichnung nach dem sowjetischen Physiker und Friedensnobelpreisträger von 1975, Andrej Sachrow (1921-1989). Zu den bisherigen Preisträgern gehören der weißrussische Journalistenverband, UN-Generalsekretär Kofi Annan und Nelson Mandela.

訳)言論の自由のためのサハロフ賞が今年度ベラルーシの野党指導者アレクサンドル・ミリンケビッチに贈られることが、昨日明らかにされた。5万ユーロが授与されるこの賞は、1988年以来毎年EU議会によって授与される。サハロフ賞は人権やマイノリティーの保護、国際法と精神の自由の尊重のために尽力した個人や団体を表彰する。この賞はロシアの物理学者で1975年にノーベル平和賞を受賞したアンドレイ・サハロフ(1921-1989)に因んで名付けられた。これまでの受賞者の中には、ベラルーシのジャーナリスト連盟や国連事務総長のコフィ・アナン、ネルソン・マンデラらが含まれる。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2006-10-29 14:37 | BZ Lexikon (101-150) | Comments(0)

「ベルリン・シャミッソー広場」(1980)を観る 

e0038811_1012421.jpg
今年に入ってからずっと観たいと思っていた映画をついに昨夜観ることができた。ルドルフ・トーメ(Rudolf Thome)監督の「ベルリン・シャミッソー広場」(1980年)である。

ソニーセンター内にあるKino Arsenalは私がベルリンで一番好きな映画館かもしれない。地域、時代、ジャンルにとらわれない、興味深いプログラムが毎月組まれている。日本映画の紹介にも積極的で、3年前に小津安二郎監督の全作品を上演したのもここだった。今月は西ベルリンの80年代の映画を特集しており、そのおかげでベルリンの映画館でもめったに上演されることのない、この知られざる作品を観ることができたわけだ。

e0038811_1038076.jpg
クロイツベルク西側のシャミッソー広場(Chamissoplatz)は、まさに現在私が住んでいる界隈である。町のほぼ中心部に位置しながら第二次世界大戦の爆撃を受けることなく、19世紀末の町並みがほとんどそのまま残っているという貴重な場所だ(こちらで一度紹介したことがあります)。今は文化財保護地域にも指定されている美しい界隈だが、25年前はどうなっていたのか。当時の広場周辺の映像が無数に出てくるこの映画は、私にとってこの上なく興味深いものだった。

主人公は43歳のマルティンと24歳の学生アンナ。25年前のシャミッソー広場周辺の様子は今とほとんど変わっていないものの、建物はかなりくたびれた印象を受ける。それは内部にも表れていて、例えばアンナの部屋にはトイレがなく、階段の踊り場にある共同のトイレしかない(こういうアパートは今でもたまに見かける)。実は当時、この周辺を含めたクロイツベルクは左翼系の学生や若者がたむろする「住宅占拠運動」の中心で、古い地区を再開発しようとする当局と対立していたのだった。その再開発プログラムに関わっている建築家のマルティンが、若くて活動的なアンナと仕事を通じて関わるうちに恋に落ちるというストーリーだ。

e0038811_10574937.jpg
恋愛物としては特別新鮮な内容ではないかもしれないが、不思議と余韻の残る作品だった。話の展開からしてもっとどろどろした内容になってもおかしくないのだが、そうなる前に画面はすぐ次の展開へ変わるという手法が取られており、背後に流れ続けるニュージャズの響きと相まって、乾いたタッチの好感の持てる映画だった。

家に戻る際、私はわざと一つ手前の地下鉄の駅で降り、映画の中でアンナが住んでいたアルント通りの15番地に立ち寄ってみた。この広場では今も地域独自のお祭りがあったり、週末ごとに市場が立っていたりと、地域コミュニティーが色濃く残っているように思う。映画を見終わった後にここを歩いたことで、私は普段とはまた違った気分になることができた。もちろん周囲は暗闇に包まれていたが、25年前と基本的には何も変わっていないこの風景の中に身を置いていると、はかない恋愛劇と自分との(大げさに言えば)歴史の連続性を実感できたというか、とにかく今ここで生活している日々を大切にしようという気持ちになった。

「ベルリン・シャミッソー広場」は「ベルリン・天使の詩」のように世界的にヒットした映画ではないし、今後もDVD化すらされないかもしれないが(80年代の映画にしては画面がかなり傷んでいた)、私にとっては忘れられない映画となった。

e0038811_10405070.jpg

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2006-10-28 03:25 | ベルリンを「観る」 | Comments(2)

Festival of Lights Berlin(1)

e0038811_62250.jpg
Brandenburger Tor(10月26日)

今ベルリンでは"Festival of Lights"という光の祭典が開催中です。このフェスティバルとは・・と書きたいところですが、今回は私の野暮な説明はなしにして、興味のある方はこちらのサイト(英独表記)をご覧いただくことにしましょう。では、撮りたての写真をお楽しみください。

e0038811_623866.jpg
Französischer Dom(フランス大聖堂)

e0038811_63485.jpg
Unter den Linden

e0038811_632263.jpg
Altes Museum

e0038811_635361.jpg
Karl-Liebknecht-StraßeのDomAquarèe

e0038811_645187.jpg
Fernsehturm(テレビ塔)

e0038811_652445.jpg

次回は西側編をお送りするつもりです。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2006-10-26 23:37 | ベルリンのいま | Comments(2)

ボーデ博物館再オープン!

e0038811_10343.jpg
Bode-Museum正面(10月20日)

長らく改装中だった博物館島のボーデ博物館(Bode-Museum)が、先週の火曜日ついに再オープンしました。19日と20日は無料の一般公開日ということで、早速私行って参りました。

e0038811_102821.jpg
改修工事は昨年末にすでに完了しており、空っぽの館内の様子はその時にご紹介しています(興味のある方はこちらこちらをご覧ください)。ボーデ美術館のコレクションの中心は、彫刻、ビザンティン美術、そして膨大な数の硬貨です。今回4年間に及ぶ修復作業が終わったわけですが、彫刻のコレクションが完全に元の状態に戻るのは1939年以来とのことで、再館の意義の大きさがうかがい知れますね。

e0038811_105091.jpg
美術館の前のモンビジュー橋(Monbijoubrücke)もリニューアルされ、華やかな雰囲気に包まれていました。

e0038811_112327.jpg
美術館正面には仮設の見晴台まで置かれ、冒頭の写真はそこに上って撮ったものです。

e0038811_113984.jpg
こちらは西側のフリードリヒ・シュトラーセ方面。

e0038811_122255.jpg
早速中に入ろうと思いましたが、予想以上の行列ができていたので、あっさり諦めました^^;)。奥に見えるのはペルガモン博物館です。

e0038811_12152.jpg
今後は毎日10時から18時まで(木曜日は10時から22時まで)オープンしているので、時間のある時にゆっくり鑑賞したいと思います。ネオ・バロック様式の外観だけでも十分見ごたえがありました。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2006-10-25 20:53 | ベルリン文化生活 | Comments(2)

「パナマ運河」 BZ Lexikon(130)

世界史を勉強すると必ず習うパナマ運河が今日のテーマです。
10月24日の紙面より。

Lexikon: Panama-Kanal(パナマ運河)

Schon Kaiser Karl V., Herrscher über Spanien, träumte 1534 von einem Wasserweg zwischen den Weltmeeren an der engsten Stelle des amerikanischen Kontinents. Der Franzose Ferdinand de Lesseps, Erbauer des Suez-Kanals, versuchte es knapp 350 Jahre später. Französische Ingenieure und karibische Arbeiter kämpften von 1881 bis 1889 gegen Urwald, Regen, Malaria und Gelbfieber. 22 000 Arbeiter starben, das Vorhaben wurde abgebrochen. Gut 15 Jahre später sicherten sich die USA eine Hoheitszone, dämmten die Malaria ein und bauten den Kanal in weniger als zehn Jahren. Am 15. August 1914 fuhr das erste Schiff durch. Ende 1999 übergaben die USA den Kanal an Panama.

訳)すでに1534年、スペインを支配した皇帝カール5世はアメリカ大陸の最も幅の狭い箇所の大洋を結ぶ水路を夢見ていた。スエズ運河の建設者、フランス人のフェルディナン・ド・レセップスがこれを試みたのは、その約350年後のことだった。フランス人のエンジニアとカリブの労働者は1881年から1889年にかけて、原始林、雨、マラリア、黄熱病と闘った。22000人が死亡し、計画は中断された。約15年後、アメリカが統治ゾーンを確保し、マラリアを食い止め、10年以内でパナマ運河を建設した。1914年8月15日、最初の船がここを通行した。1999年末、アメリカはこの運河をパナマに引き渡した。

(参考)
[パナマ市 22日 ロイター] パナマで22日に実施されたパナマ運河拡張計画の是非を問う国民投票は、圧倒的賛成多数で計画が承認された。投票監視機関によると、賛成と反対の割合は4対1と、賛成票が圧倒的多数を占めた。計画は、大西洋と大西洋を結ぶパナマ運河の通航能力を現在の2倍にし、より大型の船舶が通航できるようにするもの。通航能力の拡大は、パナマ政府の歳入増加につながる。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2006-10-25 19:45 | BZ Lexikon (101-150) | Comments(0)

ロマン派の交響曲2題 - ラトル指揮ベルリン・フィル -

サイモン・ラトルとベルリン・フィルのコンビによる、意外とお目にかからない、だが素敵なカップリングによるロマン派の交響曲2曲を聴いた
(10月20日。フィルハーモニー)。
e0038811_710610.jpg
前半はシューマンの交響曲第4番で、珍しい初稿版である。コントラバスはわずか4本という中規模の編成。一緒に聴いていた友達の話によると、シューマンのオーケストレーションでは木管楽器が埋もれてしまうことが多いため、響きのバランスを考えての配置ではないかとのことだった。冒頭の一音から、深い呼吸に満たされた実にいい響きがした。ラトルの手綱のかけ具合が絶妙で、オケの自発性にゆだねつつも、要所ではぐいぐい引っ張り、全曲を一気に聴かせたという感じ。この初稿版というのは、後の版に比べるとどうしても響きの薄さが否めないところはあるのだが、それでもこの第4番はシューマンの交響曲の中で私は一番好きな曲かもしれない。抜群の推進力で突き進む4楽章が終わると、心地よい疲労感が残った。

e0038811_6571965.jpg
メインはブルックナーの交響曲第4番「ロマンティック」。コントラバスの数は4本から一気に9本、つまり18型の大編成へと変わる。2年前に同じ組み合わせで聴いたときは16型だったが、これがラトルのやりたかった編成のようだ。実を言うと、この「ロマンティック」、後期の交響曲に比べて私は昔からそれほど好きな曲ではない。だが、曲に対する評価が変わってしまうほどすばらしかったのがこの夜の演奏だった。1楽章の冒頭、シュテファン・ドールによるため息が出るような完璧無比なソロの後、弦が重なり合い最初のクライマックスに達するところで、私の心はもう完全に掴まれた。2楽章では「こんなにも魅力的な音楽だったのか」と気付かされたし(あの美しいビオラとチェロ!)、続く3楽章では何回も押し寄せる弦楽器のさざなみに心が涌き踊る。私は後ろの方で立って聴いたのだが、楽章ごとに大変な重量感があるので、楽章が終わる度にその場で軽くストレッチ体操をしたりと、聴く側も体力勝負になってくる。だが、重量感といえば、4楽章に勝るものはないだろう。あくまでも悠然とした歩みで、しかし確実に一歩ずつ山を上り詰めていく。最後、頂上から仰ぎ見たその音風景の神々しいまでに壮観だったこと。

村上春樹のエッセーで「ときどき無性にステーキが食べたくなる」という文章があるが(村上朝日堂)、この夜のコンサートを聴き終えた私はまさにそのような気分だった。ブルックナーといいワーグナーといい、米やそばが主食の文化からは絶対生まれ得ない音楽だなと、そんなカルチャーショック(?)まで感じてしまった。私は立って聴いたが、おそらく座って聴いているだけでもかなりのエネルギーが消費される音楽だろう。それでいて一方では、すがすがしい気分にもなった。

久々にブルックナーを満喫した一夜。すばらしかった。

Berliner Philharmoniker
Sir Simon Rattle DIRIGENT
Robert Schumann Symphonie Nr. 4 d-Moll op. 120
(1. Fassung)
Anton Bruckner Symphonie Nr. 4 Es-Dur »Romantische« (Fassung von 1878/80)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2006-10-24 23:57 | ベルリン音楽日記 | Comments(4)

ベルリンの紅葉巡り

e0038811_2234989.jpg
Potsdamer Brückeにて(10月23日)

今日の午後、自転車に乗っていたら、通りの木々の色合いがとても美しくなっていることに気が付いた。昨年、ウンター・デン・リンデンの紅葉ならぬ黄葉について書いたのは11月の初頭で(その時の記事はこちら)、あれよりは少し早いが、今年はどうやら今がピークのようだ。そこで、ほどよい色合いの街樹を探しながら街を散歩して回ることにした。

e0038811_22428100.jpg
まずは、フリードリヒ・シュトラーセの最南端にあるTheodor-Wolff公園。「ベルリン天使の詩」で、マリオンのサーカス小屋の舞台になった場所だ(こちらで書きました)。

e0038811_2245072.jpg
フンボルト大学のメンザ(学食)がある広場にて。

e0038811_225994.jpg
ホロコースト記念碑のあるEbertstraßeにて。右端にソニーセンターが顔を覗かせている。

e0038811_2254117.jpg
ポツダム通りにかかるポツダム橋(Potsdamer Brücke)からは、この前ご紹介したシェル・ハウスが奥に見える。ラントヴェーア運河に沿ったこの道は、私がベルリンに来て一番最初に住んだアパートの界隈なので馴染みがある。

e0038811_2261216.jpg
この運河沿いの道(Schöneberger Ufer)はとても雰囲気があって好きだ。「ベルリン・天使の詩」のDVDの特典として付いている未公開映像には、2人の天使がシェル・ハウスをバックにこの道をひたすら歩き続けるシーンがある。ヴェンダースは気に入っていたようだが、雪が降ったため、結局このシーンはボツになってしまったのだそう。

e0038811_2271928.jpg
e0038811_228113.jpg
ここでは黄葉だけでなく、紅く色付いた文字通りの紅葉の木も見ることができた。日本の紅葉には及ばないかもしれないが、これはこれでとても美しい。来月私が帰国する頃、日本の紅葉はもう終わってしまっているだろうか。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2006-10-23 20:27 | ベルリンのいま | Comments(8)

「イード・アル・フィトル」 BZ Lexikon(129)

外国に住んでいると、日本の祝日に対する記憶がどんどん曖昧になっていく一方で、世界には実に多くの祝日やお祭りがあることを知らされます。イスラム諸国では、間もなくラマダンが開けるようです。10月23日の紙面より。

Lexikon: Eid al Fitr (イード・アル・フィトル)

Für die Muslime in aller Welt endet der Ramadan mit dem Fest des Fastenbrechens – Eid al Fitr. Nach unterschiedlichen islamischen Kalenderberechnungen beginnt das Ramadan-Fest heute oder morgen, abhängig von der Sichtung des Mondes. Eid al Fitr ist neben dem Opferfest das höchste islamische Fest. Gefeiert wird zwei oder drei Tage lang. Die Gläubigen versammeln sich zu Gebeten und Predigten in den Moscheen. Für sie endet ein Monat der Enthaltsamkeit, der Besinnung und der inneren Einkehr. Freunde und Verwandte essen und trinken zusammen und beschenken die Kinder. Weil es viele Süßigkeiten gibt, wird das Fest in der Türkei auch Zuckerfest genannt,

訳)世界中のイスラム教徒にとって、ラマダンは「イード・アル・フィトル」という断食明けの祭りによって終わる。イスラムの様々な暦を考慮し、このラマダンの大祭は月の視界によって今日か明日に始まる。「イード・アル・フィトル」は、犠牲祭と並びイスラム教の最上位のお祭りで、人々は2、3日に渡って祝う。信者は祈りと説教のためモスクに集まる。これによって、禁欲、思慮、内省の1ヶ月は終わりを告げる。友人や親戚が一堂に会して、飲み食いし、子供にはプレゼントを贈る。その中にはたくさんのお菓子が入っているので、トルコではこの祭りは「砂糖祭」とも呼ばれている。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2006-10-23 18:50 | BZ Lexikon (101-150) | Comments(0)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング