ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

<   2006年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

ドイツ 2 - 2 日本@レーバークーゼン

e0038811_8341598.jpg
BayArena Leverkusenにて(5月30日)

レーバークーゼンで行われた日本対ドイツ戦を観戦し、先ほどボンに戻って来たところです。

ケルンから程近い工業都市、レーバークーゼンのスタジアムは2万2000人と小ぶりなのですが、ピッチとの距離が非常に近く、見やすさは最高です。おまけに今回は生まれて初めてプレス席で観戦することができ、感激もひとしおでした。試合の様子については、朝のニュースでご覧になった方も多いかもしれません。高原の2得点は本当にすばらしかったし、日本がドイツ相手にこれほどチャンスを作り出すとは、正直あまり予想していなかったうれしい驚きでした。課題も残したとはいえ、本選が非常に楽しみになってきました。

e0038811_97142.jpg
e0038811_97408.jpg
ハーフタイムの様子。ピッチの手前でアップしているのは、ドイツ代表のイェンス・ノボトニー。

e0038811_944729.jpg
それにしても、レーバークーゼンのホームでの試合だけあって、サポーターが本当に熱い。盛り上がるところは絶妙のタイミングで盛り上がるし、逆に高原が2点目を決めた直後の険悪な雰囲気も忘れられません(写真はその時の様子)。試合後は日本とドイツのサポーター何人かにインタビューをしましたが、日本代表への印象はポジティブなものが多かったです。ピッチの外では、あちらこちらでサポーター同士の交流が繰り広げられており、私の気分もいよいよ高まってきました。短いですが、また。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2006-05-31 02:14 | サッカーWM2006他 | Comments(19)

日本代表 ドイツ上陸!

e0038811_6455421.jpg
フランクフルト国際空港にて(5月26日)

ようやく写真のアップが可能になりました。ボンの写真は後回しにして、まずは今回の仕事の特権で立ち会えることができた、こちらの様子をお届けしましょう。

e0038811_6433410.jpg
e0038811_645215.jpg
18時02分頃、雨足が強まる中、日本代表を乗せた特別機がフランクフルト国際空港に着陸。報道陣の数は100人強というところか。

e0038811_6453141.jpg
e0038811_647813.jpg
ジーコ監督を筆頭に選手団がドイツの地を踏む。
Herzlich Willkommen in Deutschland!

e0038811_6472781.jpg
目の前を通り過ぎて行く代表選手に興奮!一目見たかった中田選手は、気付かないうちに中へと消えていた。

e0038811_6474749.jpg
報道陣の人たち。撮った写真をその場ですぐさま選別、フォトショップで加工した後、日本に送る。その早業に驚いた。

e0038811_648765.jpg
その後、代表選手を乗せたバスはボンに移動。早速翌日から本格的な練習が始まった。いよいよだ。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2006-05-29 00:25 | サッカーWM2006他 | Comments(10)

中央駅のいま(13) 「開業!」 

ベルリン中央駅が昨日ついに開業しました。しかし、つい先ほど知ったのですが、開業セレモニーの際に起こってはならない出来事が発生したようです。ここ最近、ドイツでは外国人に対する暴力事件が続けざまに起こっているだけに、W杯を前にして国のイメージダウンは免れないというところでしょうか。今は被害にあった方々の無事を祈るばかりです。

【ベルリン27日共同】サッカーワールドカップ(W杯)開幕を控えたベルリンで26日夜に開かれたベルリン中央駅の完成式典直後、16歳の男がナイフを振り回して暴れ、式典に集まった市民らを次々と刺した。27日までの警察の調べで28人が負傷、うち6人は重傷。
 男は取り押さえられたが動機などは不明。ベルリン在住で、ドイツで相次ぐ人種差別に基づく犯行ではないとしている。
 ニュース専門テレビN24によると、当時は数十万人が花火などの式典を見物していたが、終了直後、いきなり男がナイフを振り回した。現場はパニックになり、逃走しながら通行人を刺した男は数100メートル追われた所で捕まった。 (共同通信)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2006-05-28 01:40 | ベルリン中央駅 | Comments(11)

ボンより

ワールドカップの開幕まであと2週間余り。しかし、私は3日前に日本代表のキャンプ地、ボンにやって来たことで、自分にとってのワールドカップは事実上始まったという感じです。

先ほど写真のアップがうまくいかなかったため、まずは簡潔に近況をお伝えするのみですが、これからボンを中心としたドイツの熱い日々をお伝えしていけたらと思っています。ネットにつなげる時間が限られているので、いただいたコメントに対するお返事ができない時があるかもしれませんが、どうぞ気軽にお付き合いください。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2006-05-27 01:30 | サッカーWM2006他 | Comments(10)

W杯カウントダウン(8) - オリンピックスタジアムにて -

e0038811_9122454.jpg
Olympiastadionにて(5月6日)

先日、オリンピックスタジアムでのブンデスリーガ今季最終戦を観た。久々にサッカーをスタジアムで観戦しようという気になったのはいくつか理由があったのだが、ワールドカップを生では観れそうにないのでせめて大会を直前に控えたスタジアムの雰囲気を感じてみたい、というのが大きかったかもしれない。

対戦カードは地元のヘルタ・ベルリン対ハンブルガーSV。UEFA杯の出場権をほぼ逃してしまったヘルタに対し、ハンブルクにとっては勝てば最終順位の2位が決定するという大事な試合だった。

e0038811_9141945.jpg
こちらがスタジアムの西側。石造りの独特な外観は残しつつ、約5年かけて客席を覆う屋根が取り付けられ、スタジアムは生まれ変わった。

e0038811_9145285.jpg
スタジアムの一角には、1936年のベルリンオリンピックの金メダリストの名前が刻まれている。女子水泳平泳ぎの前畑選手の名前も、確かにそこにあった。

e0038811_9214169.jpg
7月9日の決勝戦を想いながら中に入る。その時、どんな熱狂が待ち受けているのだろうか。そして最後に残る2チームは?

e0038811_9231635.jpg
席につき、周りを見渡してみておどろいた。とにかく人、人、人。

e0038811_9241573.jpg
この日、7万4000人収容のスタジアムは満員だったという。オリンピックスタジアムでヘルタの試合は何度も見ているが、こんなことは初めてだった。

e0038811_9245962.jpg
これまで私が観た試合では、スタジアムのどこかで工事が行われていて、いつも不完全な状態だった。それに加えて、サッカーを観るには寒すぎたり、ヘルタが点を決めなくてストレスがたまったり・・そういうことが多かった。

この日は満員のスタジアムが巨大な共鳴体と化し、選手の一挙一動に反応する度にうねりのようなものが湧き上がった。これこそはスタジアムでなければ、絶対に味わえないものだ。10ユーロの一番安い席だったが、来てよかったと思った。ドイツで初めてサッカーを生で観るという友達も大満足。

e0038811_928575.jpg
さて、肝心の試合の方だが、これがまた最高だった。モチベーションで上回るHSVが有利と言われていたのは当然だし、実際、前半を終わって時点でHSVが2対1とリードしていた。しかも、後半開始早々、ヘルタの選手がレッドカードで退場し、彼らは10人で戦わなければならなくなった。

e0038811_9272857.jpg
しかし、ここからブラジル人のマルセリーニョを中心としたヘルタの攻撃陣が奮起、カウンターから立て続けに点を奪ったのである。その度に周囲は興奮の坩堝と化す。

e0038811_928544.jpg
終わってみれば4対2でヘルタの圧勝。こんな痛快な試合を生で観たのは初めてだ。ちなみに、今度日本が対戦するクロアチア代表のニコ・コバチ選手も1点決めた。

e0038811_9161949.jpg
試合後の様子。
e0038811_9165123.jpg
e0038811_9182173.jpg
e0038811_9185215.jpg
試合の次の日から、ワールドカップに備え、オランダ産の新しい芝を埋め込む作業が始まった。

e0038811_9204421.jpg
オリンピックスタジアムでの初戦は、6月13日のブラジル対クロアチア。

e0038811_9114356.jpg
さて、私は今日からしばらくベルリンを離れるので、ワールドカップの開幕前にベルリンから更新するのはこれが最後になります。どのくらいの頻度になるかはわかりませんが、仕事先からも更新できたらと思っていますので、またお立ち寄りください。それでは行って来ます!

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2006-05-24 04:37 | サッカーWM2006他 | Comments(7)

時間の止まった場所(2) - Nordbahnhof -

e0038811_2241257.jpg
Nordbahnhof付近にて(2005年9月23日)

前回から大分時間が空いてしまいましたが、Nordbahnhof(「北駅」)のお話の続きをしてみたいと思います。70年の前に閉鎖された駅の廃墟がそのまま残っていたり、町の中心部にしては不自然なくらいの空き地が残っていたりするこの不思議な空間については、前回の記事をご参考ください。

e0038811_22415285.jpg
空き地の一角にかつての「ベルリンの壁」がそっくり残っている。昨年、たまたま歩いていてこの壁を見つけた時は驚いた。町の中心部に、これだけの長さの壁は他にもうほとんど残っていないからである。

前回書いたように、この敷地には戦前までシチェチン行きの列車が発着するStettiner Bahnhof(シチェチン駅)があった。しかし、戦争で大きく破壊された後、ここが東西ベルリンの境界線と重なったことから1952年に閉鎖されることになる。

e0038811_22395818.jpg
1961年に壁ができてからは、地下にあるSバーンのNordbahnhofもその意味を失い、以後30年近く列車が通り過ぎるだけのいわゆるGeisterbahnhof(幽霊駅)と成り果てるのだった。この周辺の不思議な雰囲気の空間は、以上のような過程でできあがったのである。

こちらは東側。この壁の向こう側はTodesstreifen(死の危険のある立ち入り禁止地帯)になっていた。冒頭の写真に写っている壁の左側がそれである。今はどうなっているのだろうと思い、壁の隙間を抜けて中に入ってみた。

e0038811_22375386.jpg
かつては長距離列車の駅だった場所ゆえ、とても広く、一部このようにレールが残っている。今となっては文化財となった「壁」の残る場所だけに、この敷地は公園として再開発される見込みのようだ。

e0038811_22384035.jpg
下を覗くと、現在のSバーンの線路の横に、使われなくなったレールが並んでいる。いつの時代のものだろう。

ここまでの写真は、昨年の9月から10月にかけて撮ったものである。

e0038811_22493473.jpg
さて、今月初頭、久々にNordbahnhofの駅に降り立ってみると、変化が訪れていた。この空き地に新しい広場を作るらしく、その工事が始まっていた。

e0038811_224988.jpg
何といっても今注目されるのは、この駅に新しいトラムが延びて来ることだろう。Eberswalder Straßeから、かつての壁に沿って1,75キロ西に延長される新しい路線は、奇しくもベルリン中央駅と同じ日、5月28日に開通する。つまりちょうど一週間後だ。かれこれ60年近く時間が止まったままだったこの場所に、変化の兆しが訪れているのを私は感じた。

e0038811_22565627.jpg
Gartenstraßeに沿って続く、レンガ造りの古い壁。これは、シチェチン駅が完成した当初の1895年に、通りと駅の敷地とを分ける壁として作られたものである。場所が場所だったゆえ、1961年からは奇しくも東西を隔てる壁としての機能を担うことになった。こちらは西側。

e0038811_22562191.jpg
壁の前は、ビーチバレーの競技場に。

e0038811_2257225.jpg
これは、Nordbahnhofから東へと続く有名なベルナウアー通り(Bernauer Straße)。まさにここがかつての東西の境界線だった。画面右手奥に見えるのも壁の遺構で、この少し先には壁記念館がある。

奥から手前へと延びるトラムは、その後さらに西へと拡張され、2009年にはベルリン中央駅にまで達する計画だという。

この線路の先に、ベルリンの未来がある。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2006-05-21 22:22 | ベルリン発掘(境界) | Comments(10)

中央駅のいま(12) 「この10ヶ月、こう変わってきた」

e0038811_8441055.jpg
2005年7月30日(ベルリン中央駅にて)

昨年夏から幾重にも渡りベルリン中央駅の様子をお伝えしてきましたが、開業前の様子を伝えるのは今回が最後になるかもしれません。

上の写真は昨年の7月末に撮ったものです。ちょうど北側と南側の柱を水平に倒して結び付ける作業の直前でした。その2日後にこのブログを始めたのですが、早いものであれから10ヶ月近くが経ち、中央駅はいよいよ一週間後に開業の時を迎えます。実は私、この駅の工事の移り変わりが目で追えるよう、事あるごとに同じポイントから写真を取り続けてきました。それをここで公開してみたいと思います。どうぞゆっくりご覧ください。何が見えてくるでしょうか。

e0038811_845020.jpg
2005年8月15日

e0038811_8464493.jpg
2005年11月14日

e0038811_8475567.jpg
2006年1月20日

e0038811_849648.jpg
2006年2月24日

e0038811_8495576.jpg
2006年4月13日

e0038811_8505938.jpg
2006年5月8日

e0038811_8512935.jpg
ベルリン中央駅はいよいよ来週開業しますが、ブログ「ベルリン中央駅」の方はさらに続きますので、これからもどうぞよろしくお願いします。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2006-05-20 02:39 | ベルリン中央駅 | Comments(13)

ベルリン・フィル 2006/2007シーズン発表

e0038811_20152710.jpg
●サッカーのドイツ代表が発表されるその数日前、毎回注目されるベルリン・フィルの来シーズンのプログラムが発表されたので、ここでざっとご紹介してみたい。オーケストラとサッカーとは一見何も関係ないように見えるが、ベルリン・フィルのメンバーにはサッカー好きが多いらしく、前回の日韓W杯の時も、フィルハーモニーの舞台裏にテレビが特設されて連日盛り上がっていたとか^^;)。昨日のチャンピョンズリーグの決勝戦を見ても思ったことだが、わくわくするようなサッカーのゲームを見ていると、リズム、メロディー、ハーモニーなど、音楽と何か相関するものを感じる。

●さて、音楽監督のサイモン・ラトルが指揮するプログラムは相変わらず多彩だ。彼がベルリン・フィルと初めて取り組むレパートリーとしては、ブルックナーの交響曲7番、マーラーの「復活」、ベートーヴェンの「運命」、シューマンの交響曲4番、ブラームスの「ドイツ・レクイエム」、ドヴォルザークの交響曲7番、ヤナーチェクの「シンフォニエッタ」など。他にも、クルト・ヴァイルのバレエ・オペラ「小市民の七つの大罪」「マハゴニー」、ジョン・アダムズの新作、ストラヴィンスキーの「ペルセフォネ」、ヘンツェのオラトリアなど、ラトルならではというような意欲作が少なくない。2月には得意のハイドンを3回のコンサートに分けて振るのが注目される(「天地創造」、交響曲の88番から92番など)。ハイドンを振るときのラトルは、本当に才気が充満しているとしか言えない。また、ピアニスト・バレンボイムとブラームスのピアノ協奏曲2番を共演する機会もある(6月)。

●ラトルの他に、来シーズンベルリン・フィルに客演する指揮者を挙げてみると、ハイティンク(2回)、メータ(2回)、小澤(2回)、アバド、ティーレマン、ヤンソンス、ブーレーズ、ジンマン、マッケラス、エッシェンバッハ、イヴァン・フィッシャー、マーク・エルダー(Mark Elder)、Peter Eötvös、ペトレンコ、イオン・マリンなど。

ハイティンクからヤンソンスまでの6人のマエストロは、ほぼ毎シーズンこのオケに客演する常連中の常連。注目のプログラムとしては、ハイティンク指揮のベートーヴェン「ミサ・ソレムニス」(3月)、メータ指揮でマーラーの交響曲7番(12月)、ティーレマン指揮でシューマンのチェロ協奏曲、ブラームスの交響曲第1番などのプロ(4月)、ヤンソンス指揮のストラヴィンスキー「ペトルーシカ」、マーラーの「巨人」(5月)などが挙げられる。小澤征爾が振るのは、ブルックナーの交響曲2番、チャイコフスキーの「冬の日の夢想」など、どちらかというと地味な演目。

1回1回のコンサートが特別な場になっているクラウディオ・アバドは、ブラームスの交響曲3番とクルト・ヴァイルの「ヴァイオリンと吹奏楽のための協奏曲」という珍しいレパートリーを振る(5月)。来シーズンは、この他にもヴァイルの作品が多く取り上げられるのが特徴だ。

2年前に78歳でベルリン・フィルにデビューしたチャールズ・マッケラスは、オケ側からの尊敬を勝ち得たのか、3シーズン続けての登場となる。プログラムは、ショスタコーヴィッチの交響曲9番とモーツァルトの「ポストホルン・セレナーデ」。同じく最近ベルリン・フィルにデビューし、マッケラスとは年が50近く(!)離れているキリル・ペトレンコも再び呼ばれた(シェーンベルク:「期待」、ショスタコーヴィッチ:交響曲10番。3月)。30代の若手指揮者を2シーズン続けて呼ぶのは、このオケでは異例のこと。

マーク・エルダーという人は初めて耳にする名前だったが、イギリスのハレ管弦楽団の指揮者らしい。11月末から12月頭にかけて、フンパーディンクのオペラ「ヘンゼルとグレーテル」を演奏会形式で3回指揮する。

イオン・マリン指揮のコンサート(5月)では、プロコフィエフの「ロメオとジュリエット」組曲とヴァイルの交響曲2番の他、マルタ・アルゲリッチがピアノ協奏曲を2曲(プロコフィエフとショスタコーヴィッチの1番)も弾くという豪華さ。キャンセルしないことを願うばかりだ。

●古楽系ではノリントンとクリスティーの2人が指揮台に立つ。中でも注目は、5シーズン振りに登場するノリントンが、バッハの大作「ロ短調ミサ」を振ることだろうか。逆に、常連のアーノンクールは来シーズンはお休みの模様。

●その他としては、ピアニストのピエール=ローラン・エマールが「ピアニスト・イン・レジデンス」として、室内楽も含めシーズンを通して出演する。エデュケーション・プログラムも充実、恒例となったダンス・プロジェクトでは、ストラヴィンスキーのバレエ・カンタータ「結婚」などを題材にベルリンの若者と共演するのだからすごい。ちなみに、全てのプログラムはHP上でご覧になれます。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2006-05-18 14:01 | ベルリン音楽日記 | Comments(5)

W杯カウントダウン(7) - ドイツ代表ノミネート -

e0038811_2105048.jpg
S-Bahnhof Friedrichstraßeにて(5月10日)

Michael Ballack: "Die Nominierung von David Odonkor ist eine große Überraschung, weil ja niemand damit gerechnet hat. Er kann aber eine Geheimwaffe sein, weil er eine enorme Schnelligkeit hat. Was weh tut, ist, dass Kevin Kuranyi nicht dabei ist, der ja letztes Jahr ein fester Bestandteil der Mannschaft war."

ミヒャエル・バラック:「ダービット・オドンコーのノミネートには本当にびっくりしたね。誰もが予期しなかったことだから。でも、彼はものすごいスピードを持っているから、秘密兵器になりえるよ。悲しいのは、昨年チームの確固たるメンバーだったケビン・クラーニーがいないことだ」

日本代表が発表された月曜日、開催国のドイツ代表もノミネートされたのですが、こちらも日本に劣らないサプライズ(Überraschung)が用意されていました。クリンスマン指揮下ではこれまで頻繁に代表メンバーに選ばれてきたクラーニーとエルンスト(共にシャルケ)がまさかのメンバー落ち。代わって入ったドルトムントのFW、ダービット・オドンコー(耳慣れない名前ですが、ガーナ人とドイツ人のハーフです)は代表歴ゼロの22歳というのですから、クリンスマンも思い切った人選をしたものです。若手主体のドイツ代表ですが、土壇場に来てベテランが2人加わりました。DFのイェンス・ノヴォトニーと前回日韓大会にも出ているオリバー・ネビル。ドイツのディフェンスラインは見ていてはらはらすることがこれまで多かったので、経験豊富なノボトニーが加わることで落ち着きが出てくるのではないでしょうか。

ちなみに、Berliner Zeitung紙が予想していた先発メンバーは以下の通りです。

GK:
レーマン(アーセナル)

DF:
ノボトニー(レーバークーゼン)
メルテザッカー(ハノーファー)
フリードリヒ(ヘルタ)
ラーム(バイエルン)

MF:
シュヴァインシュタイガー(バイエルン)
フリングス(ブレーメン)
バラック(バイエルン→チェルシー)
シュナイダー(レーバークーゼン)

FW:
ポドルスキー(ケルン)
クローゼ(ブレーメン)

日本代表とドイツ代表は、5月30日レーバークーゼンでぶつかります(練習試合ですが)。

さて、今夜はこれからチャンピョンズリーグの決勝戦。バルセロナ対アーセナルという最高の組み合わせだけに、今からわくわくしています。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2006-05-17 20:29 | サッカーWM2006他 | Comments(2)

W杯カウントダウン(6) - ホテル・ウンター・デン・リンデン跡 -

e0038811_9225489.jpg
W杯効果なのか、最近このブログのアクセス数が増えている気がするのですが、ここのところなかなかまとまった記事が書けず、毎日見てくださっている方には申し訳なく思っています。今日も箸休め程度の話題です。

ワールドカップの開幕に合わせて解体中だったホテル・ウンター・デン・リンデンの工事が、先ごろほぼ終わりました。本当に何もかもが見事になくなり、3ヶ月前の写真を見直してみると(その時の記事はこちら)、あの無機質なビルが何か幻影のようにも見えてきます。

e0038811_9232255.jpg
ワールドカップ期間中はこのスペースはイベントに使われるそうなので、これから工事はさらに急ピッチで進むのでしょう。

e0038811_9235215.jpg
私がちょっと気になっているのはこれです。
この画面の中央をご覧ください。壁に縦長の画が浮かび上がっているのが確認できないでしょうか。そこには、一番上に古い字体で"Zeitung"(新聞)と書いてあり、その下には男性らしき人物が描かれています。これ、一体何でしょうか?

おそらく昔の広告か何かではないかと思います。ひょっとしたら戦前のものかもしれません。ホテル・ウンター・デン・リンデンが解体されたことにより、その裏に隠れていた昔の広告が約40年ぶりに浮き上がってきた。勝手な想像ですが、そういうことなのかもしれません。何しろベルリンは、歴史が地層のように積み重なっている町ですから。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2006-05-17 03:17 | ベルリンのいま | Comments(5)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング