ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

カテゴリ:ドイツ全般( 54 )

ハノーファーの町田久美展

e0038811_15585025.jpg
現在、ハノーファー(ハノーバー)のケストナー協会(kestnergesellschaft)という美術館で、 荒木経惟と伝統的な浮世絵を組み合わせた"araki meets hokusai"、さらに日本画家の町田久美展という「日本三部展」が開催中です。特に後者の町田久美展は、今回カタログの翻訳をさせていただいたこともあり、ここでご紹介したいと思います。

日本の現代アートシーンのことはあまり詳しくない私ですが、町田久美さん(1970年生まれ)の絵にはとても強い印象を受けました。単にインパクトがあるだけでなく、品が保たれつつ美を感じさせるところが、巷に氾濫する現代アート作品との大きな違いだと思います。

伝統的な筆で描かれている彼女の作品は、一筆で一気に描いたかのような印象を受けますが、実際は細い線を何度も重ね合わせて出来上がったものです。シンプルでありながら肉感的な線。構図は大胆で、非常に大らかなのに、一方ではミクロなレベルで精密に描かれている部分があったりして、思わずゾクッときます(笑)。描かれているキャラクターは不可思議だし、シュールでグロテスクな要素もありますが、その世界に不思議な心地よさと懐かしさを感じてしまうのは私だけでしょうか?

町田久美さんの作品は近年海外でも評価が高く、今回がヨーロッパでの初の単独個展だそうです。先日そのカタログが私の元にも送られてきましたが、予想以上の美しい仕上がりとなっていました。でも、2月のオープニングに作品を観た方からは、「町田さんの作品は、現物は印刷物で見るより遥かにすばらしい」と聞いているので、5月12日までの開催期間中に私も一度はハノーファーに足を運ぶつもりでいます。

北斎―荒木―町田という意欲的なハノーファー「日本三部展」、興味のある方はぜひ足をお運びください!

カタログ情報:
deutsch | englisch | japanisch
Verlag der Buchhaltung Walther König
120 Seiten, zahlreiche farbige Abbildungen
mit Texten von Veit Görner, Eveline Bernasconi
und Satoru Nagoya
Verkaufspreis kestnergesellschaft 25€

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-03-15 12:04 | ドイツ全般 | Comments(5)

ミュンスター彫刻プロジェクト(2)

e0038811_5232442.jpg
しばらく間が空いてしまいましたが、ミュンスター彫刻プロジェクトの話の続きです。これはアートと公共性というテーマの先駆けともいえるアートイベントで、10年に1回という長いスパンで開催されています。77年に始まって、今回がまだ4回目(9月30日まで)。

e0038811_524368.jpg
アートと公共性がテーマだけに、作品は街中の至る場所に展示されています。前回お話したようにミュンスターは自転車の街なので、このように地図を片手にレンタサイクルで回っている人が目に付きました。一緒に見て回ったMさんによると、「日本で現代アート展をやると観に来る客層は大体限られてしまうけれど、ここは老若男女本当にさまざまですね」と驚かれていました。

ただ、困ったことに、地図を見ても街中では肝心の作品が見つけられないことが結構あるんです。「これってアートなの?それともただの民家のバルコニー?」という具合に。正直ピンとこない作品が多かったですが、いくつかここにご紹介します。作品のコンセプトなど、どなたか補足していただけるとありがたいのですが。

e0038811_524273.jpg
Marko Lehankaによる花をモチーフにした作品。教会の目の前にあって、これは一際目立っていました。スピーカーから声が出ていたけれど、何を言っていたのかはよくわからず。

e0038811_5251223.jpg
このさくらんぼの彫刻はちょっとかわいい。Thomas Schütteによる1987年の作品は、いまやミュンスターのシンボル的存在になっているのだそうです。

e0038811_5253117.jpg
そのThomas Schütteが20年後の今年、同じ広場で製作したガラス張りの噴水。

e0038811_5262882.jpg
中央駅近くの空き地でこんなものを見かけました。Mike Kelleyによる、これも作品だそうです。

e0038811_527249.jpg
Aaseeという湖の畔にあるこのポンプのような作品。実際水を吐き出しているんですが、説明を読んでも何を意図しているのかよくわかりませんでした。

この湖の周りもいくつか作品が並んでいて、ぜひ歩いて回りたかったんですが、この日は天気があまりに不安定だったので断念。実際その後すぐに雷雨が襲ってきました。

e0038811_5272983.jpg
Isa Genzkenの作品。これは一体?

e0038811_527455.jpg
王宮近くで見かけたMarko Lehankaのアーカイブ作品。王宮の裏の広大な庭園にも作品が点在しているはずだったんですが、結局そのいくつかは見つけられず・・・

e0038811_528788.jpg
時計も夜の9時を回りつつある中、最後に見たのがNairy Baghramian作のこれ。うーん・・・日程も短くやや消化不良の感は否めないミュンスター滞在でしたが、アート作品を探しながら歴史ある街を歩くというのは今までにない体験で、楽しい一日ではありました。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-08-31 00:50 | ドイツ全般 | Comments(2)

ミュンスター彫刻プロジェクト(1)

e0038811_19292233.jpg
大分時間が経ってしまいましたが、先月訪れたミュンスターとカッセルのお話をしましょう。

まずはノルトラインヴェストファーレン州の街ミュンスター(Münster)から。
私にとってミュンスターといえば、昔世界史で習ったウェストファリア条約の街というイメージが真っ先に来ます。1648年にミュンスターとオスナブリュックで締結されたこの条約で30年戦争が終結し、領邦の主権が認められた結果、神聖ローマ帝国は事実上死に体と化したのです。「史上初の国際条約」なんていう風にも言われます。旧市街を歩いていたら、この条約締結の350周年を記念したかっこいいマンホールを見つけました。

e0038811_19305880.jpg
街を歩いてまずびっくりするのが、自転車の数。これがもう半端じゃないんです。ミュンスター市は以前から環境政策に力を入れている街で、89年からは「自転車の街づくり」を推進しているのだとか。28万という人口の倍の数の自転車があるというから驚きです。旧市街ではほとんど車を見かけることがなく、土地も平坦で自転車用の道路や標識も整備されており、中央駅前の地下には巨大な駐輪場もありました。興味のある方は例えばこちらを読むと、「ドイツで一番自転車にやさしい」というこの街のことがよくわかります。チャリ好きの人にとっては天国のような街なんでしょうね。

e0038811_1930699.jpg
旧市街の街並み。ベルリンではこういう風景がまず見られないので、たまに歩くと新鮮に感じられます。正面に見えるのはLambertikircheというゴシックの教会。

e0038811_1932925.jpg
次回は、10年に1回しか開催されないミュンスター彫刻プロジェクトの様子を少しご紹介します!

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-08-20 14:08 | ドイツ全般 | Comments(8)

フランクフルトより帰宅

e0038811_20394590.jpg
Frankfurt Hauptbahnhof(7月11日)

ミュンスター、カッセル、フランクフルトと回って、昨日の深夜ベルリンに戻って来ました。今回は私の実家からもそう遠くない、横浜市の文化芸術財団の職員の方にお供して、カッセルとミュンスターの大型芸術展を巡ってきました。連日歩きっぱなしでかなりハードなスケジュールでしたが、たくさんの刺激を受けた3日間でした。

写真はフランクフルト中央駅で撮ったもの。ICEはDB(ドイツ鉄道)の看板列車なのに、先頭部分がススけた状態で走っていることはしょっちゅうです。たまに駅などで見かけるたびになぜか気になっていたので、こんな風に洗車もするんだなあと思って見ていました。もっとも、磨いていたのはガラスだけのようでしたが。そのDBですが、遅延や運休はあったものの(これはよくあること)、何とかストには巻き込まれずに帰って来ました。

今回のことも折に触れて書いていきたいと思います。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-07-12 14:24 | ドイツ全般 | Comments(2)

現代アートの年

e0038811_7324897.jpg
今夜はベルリン州議会の続きを書こうと思ったんですが、仕事でずっとPCの前に向かっていたのでもう気力なしです。

昨日、駅の本屋でこんな雑誌を見つけて買いました。
アートマガジン誌のドクメンタ12特集です。今年は2年に1度のベネチアのビエンナーレ、5年に1度のカッセルのドクメンタ(Documenta)、10年に1度のミュンスターの彫刻プロジェクトといった、現代アートの大規模な祭典が一挙に見られるというすごい年なのだそう(こんなツアーまで見かけました)。

来週、あるアテンドのお仕事でドクメンタとミュンスターの彫刻プロジェクトを観てきます。今雑誌をパラパラめくっているところですが(別冊ガイド付きで重宝しそう)、そのスケールには圧倒されてしまいます。ベルリンを離れるのは久々ということもあって(それだけでもうれしい・・・)、3日間の強行軍ながら楽しみにしているところです。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-07-04 01:11 | ドイツ全般 | Comments(0)

ドレスデンの現在

e0038811_6552999.jpg
ドレスデンのゼンパーオーパー前にて(3月21日)

1985年に再オープンした、ドレスデンの芸術のシンボルともいえるゼンパーオーパー。秋の来日公演の演目に入っているR.シュトラウスの「ばらの騎士」(1911年にここで初演)を、私は今回幸運にも聴くことができたのだが、オーケストラの響き(もちろん歌もよかったですよ^^)、そして劇場の雰囲気にはやはり抗し難い魅力を感じた。加えて今回貴重だったのは、オペラの舞台裏を見せてもらえる機会に恵まれたことだ。大道具と小道具を作る別館の工房のスケールはただただびっくり。ドレスデンの人々がこの劇場へかける思いの集積、その一端を垣間見れたような気がした。

e0038811_6575025.jpg
旧市街の再建が着々と進む中、私が今回一番驚いたのが、ホテル・ヒルトン前にできた一連の建物群だ。私が2000年に初めて来た時は、まだ何もなかったはず。前回来た時も、奥に見える「君主の行列」の壁画の辺りからフラウエン教会がよく見えたものだが。

e0038811_657743.jpg
ノイマルクト広場にそびえるフラウエン(聖母)教会。1945年2月のドレスデン空襲で瓦礫の山と化したこの教会を再建することは、統一後のドイツの一大国家プロジェクトだった。手前で掘り起こされているのは何かの遺跡のように見えたのだが、実際は何だったのだろう。

e0038811_6573890.jpg
黒い部分はオリジナルの石。これらが破壊前どこにあったかを1つ1つ厳密に検証し、新しい部分と組み合わせたという、信じられないような気の長い作業の末、2005年に再建された教会。まさにドレスデンの復活のシンボルだ。

e0038811_6562582.jpg
そのフラウエン教会のてっぺんに初めて上ることができた。こちらはゼンパーオーパーや王宮方面。

e0038811_6563594.jpg
その反対のカローラ橋方面。エルベ川のこの向こうに、新しい橋を作るか作らないかで今大きな論議を呼んでいる地点がある。

e0038811_6564470.jpg
こちらは南側のノイマルクト広場。歴史的建築物が並ぶこの広場の中で、DDR時代に建てられた「文化宮殿(Kulturpalast)」が一際目立つ。ゼンパーオーパーが再館する前、シュターツカペレ・ドレスデンのコンサートはここで行われていた。私の大学時代のオケの演奏旅行で、ここで演奏したのも懐かしい思い出だ。

e0038811_658284.jpg
今回はつくづく天気に恵まれなかったけれど^^;)、カローラ橋からのこの眺望はやはりすばらしい。

ドレスデンはやはり美しい街だった。だが私は同時に奇妙な印象も抱いた。重厚な建築物が並ぶ旧市街は夜になると人通りがぱったりなくなる。まるで死んだ街のようだった。観光客があふれる昼間の旧市街を除くと、全体的に活気がない。その中で私が一番活気があると感じたのは、アルトマルクト広場に面した今やドイツのどこにでもあるようなショッピングモールだった。車で少し中心部から離れると、DDR時代の廃墟をいくつも見かけただけに、資本主義(あるいはグローバリズム)との強烈な対照を感じずにはいられなかった。ドレスデンを中心とするザクセン州は失業率が高く、ネオナチの影も気になる。一方で私は今回、ドレスデンに熱い思いを寄せる地元の人々にもたくさん出会った。この街のこれからを静かに見守っていきたいと思う。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-03-28 02:38 | ドイツ全般 | Comments(13)

嗚呼!ドイツ・ポスト・・・

ドイツの真実(2) - ドイツ・ポスト編 -

先日送ったのにまだ届かない荷物を気にかけている、私の実家の家族への報告も込めて、書いてみたいと思います。

先週の月曜日、私の母が小包を2つ送りました。1つは通常の小包、もう1つは少し大事なものが入っているからということでEMS(国際スピード郵便)で送ったそうなんです。EMSは割増料金がかかりますが、郵便物がバーコードで管理されており、いざというときに追跡することができます。「スピード」という名が付いているからにはこちらの方が速く届きそうな気がするし、何となく安心でもあります。

しかし、先週金曜日、最初に届いたのは普通の小包の方でした。正味4日。普通はこのぐらいで届くんです。その一方で、EMSの荷物は今週に入っても一向に届きません。そろそろ荷物を追跡してもらおうと思った矢先の昨日(火曜日)、DHL(ドイツ・ポストの子会社)から手紙が届いていました。それによると、「あなたの小包は8日(木曜日)に届けられましたが、不在でした。つきましてはこちらに電話して、再発送の日程をお決めください」というもの。

「う~ん」。私はうなってしまいました。たったこれだけのことを知るのに、どうしてさらに5日も待たなければならないかったのかと。通常の小包だと、こういう場合手書きの「不在通知」がポストの中に入っていて、翌日近くの郵便局に行って受け取れば済むことなのですが、料金が高くなると公式の手紙を送らないと気が済まないのでしょうか。

早速DHLに電話して、とにかく早く荷物がほしかったので、今日の午前中に届けてもらうようお願いしました。もちろん私はその間ずっと家にいました。玄関のチャイムを聞き逃すことがないようにと、シャワーも浴びずに待っていたんです。しかし待てども待てども配達人はやって来ない・・・午後の2時になって、ついに業を煮やして再度DHLに電話したところ、「午前10時にすでに届けに来た」とのたまうではないですか。

「そんなバカな!こっちはずっと家で待っていたんですよ」「玄関のチャイムはちゃんと鳴るようになっていましたか?おっかしいなあ。原因が何だったのか、こちらからは何も申し上げられませんが」と、例によって一言の謝罪もなし。
明日の午前中、今度こそは届くと思いますが(一抹の不安あり)、楽しみにしていたある日本食品(賞味期限が短い)はもはや絶望的です。ギャボー!

それにしても、テレコム(Deutsche Telekom)を筆頭に、ポスト(Deutsche Post)、鉄道(Deutsche Bahn)と「ドイツ」と名の付く輸送・通信機関はどこもかしこもこのような不条理に満ちているのでしょうか。もうできることなら縁を切りたいところですが、この3つ全てとなると難しいのが悲しいところ。先日のテレコムとのトラブルに端を発したワタシのイライラも、もはや頂点に達しております。ふ~。次回はもう少し楽しいことを書きたいです。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-02-14 17:23 | ドイツ全般 | Comments(33)

ドイツ・テレコムという企業

ドイツ・テレコム(Deutsche Telekom)という元国営の企業は、顧客へのサービスがとりわけひどいことで有名です。この会社を巡ってイヤな思いをしたとかトラブルになったとかいう話は周りで本当によく聞きます。これまで私は割とそういったことと無縁だったのですが、先日ネットの接続に関してトラブルが発生し、ついに「テレコムの洗礼」を浴びることになってしまいました。1月半ば、ドイツ人の友達の助けを借りて苦情の手紙を書きましたが、かれこれ1ヶ月近く経って何の反応もなし。今度はサービスセンターに電話をしましたが、30分(!)かけ続けても一向につながりません。ついにしびれを切らして近くの支店に行ってみると、男性の店員は一言も謝らず、まるでこちらに非があるかのような言い方をします。

今回助けてくれた友達が言いました。「私が大嫌いな企業が2つある。それはテレコムとバーン!」("Bahn"とはドイツ鉄道のことで、ここもサービスが悪く、運賃は上がり続ける一方)。私はもちろん即同意しました。

最近は電話会社各社の競争が激しくなり、テレコムの顧客離れが進んでいるそうです。しかし、今までのことを考えると当然の結果と言えるでしょうね。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-02-13 02:28 | ドイツ全般 | Comments(15)

「フラヌール」ドイツ編

e0038811_20263494.jpg
今日はちょっとしたお知らせです。NOVA BOOKSから最近発売された「フラヌール」というシリーズのドイツ編、その中の「ドイツの基本情報」を私が担当させていただきました。このブログを読んでくださっている方々から見たら、すでにご存知の話ばかりかもしれませんが、もしよかったらどうぞご覧ください。写真が豊富で、とてもかわいらしい感じの本です。ちなみに、この中に出てくるベルリンの写真は私が撮ったものです。何気ない写真ばかりですが、こうして本になるとちょっと違って見えますね。

FLANEURS(8)
GERMANY(ドイツ)

NOVA
1,260円(本体1,200円)
ISBN 4-86098-133-2

ココロにいい暮らし
中世の家々や教会、丘の上にそびえる古城、谷間のブドウ畑……絵本のような風景のなかで、旧きよき伝統やモノを大切にしながら生きる人びと。フランクフルトから数時間車を飛ばせば訪ねられるライン河とロマンチック街道。そこでの暮らしには、ココロにいい毎日を過ごすヒントがつまっていた。
●毎日食べたい! ドイツパン
●台所自慢のキッチンツール
●行ったつもりで「ドイツ仮想生活」

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2006-07-17 13:49 | ドイツ全般 | Comments(6)

ライプチヒのクリスマス(2)

e0038811_8521111.jpg
e0038811_8531217.jpg
旧市街にある市庁舎前では、新しい路線のための巨大な穴が掘られていました。

(前回のつづき)
最初にライプチヒ中央駅をご紹介したので、いかにも私が列車で行ったかのような印象を与えてしまったかと思いますが、実はそうではありません。DB(ドイツ鉄道)の運賃は割高なので、もっと安く行く方法はないか考えた結果、今回はMitfahrtという手段でライプチヒまで行くことにしました。

これはおそらく日本にはないシステムだと思うので、簡単に説明しますと、車の相乗りで目的地まで行くことです。仲介料を取って希望に沿った車を探してくれるそれ専門の会社もあれば、無料のインターネットサイトで探すこともできます。いずれにしろ、実質はガソリン代を分担するぐらいの値段で目的地まで行くことができるので、ある程度旅慣れていて、交通手段を安くあげたいという方には、おすすめできる方法(かもしれません)。もちろん、自分が行きたい日と時間に合致する車が見つかるかどうかは運に左右されますが、ベルリン-ライプチヒ間は車の往来も多く、今回は比較的簡単に見つかりました(私が利用したのはmitfahrgelegenheitというサイトです)。

25日の待ち合わせ場所は、ベルリンの少し南にあるポツダム中央駅の前。11時に車でやって来たのはドイツ人の男性。それに、私と実家に帰省するというドイツ人の若い女性が同乗するという形です。

Mitfahrtは普通は初対面同士なので、自然と会話になることもあれば、ほとんどしゃべることなく目的地に着くこともあります。私はこの日、前の晩あまり寝ていなかったので、ライプチヒまで寝て行こうかと思っていました。ところが、ここでちょっとおもしろいことが起こったのです。

e0038811_915643.jpg
実は今回私がライプチヒに行くことになったのは、知り合いの方が急遽行けなくなったオペラの公演を観るためでした。そしたらなんと、隣で車を運転しているおじさんが、ライプチヒ歌劇場で照明の仕事をしているというじゃありませんか。何という偶然!たちまち意気投合してしまい、ライプチヒに着くまでの約2時間会話が止むことはほとんどありませんでした(とにかくよくしゃべる方で、実際は私が聞いているばかりでしたが)。

彼の名前はクリストフさん。現在はライプチヒ歌劇場のBeleuchtungsmeister(照明専門のマイスター)として働いているのですが、ベルリン在住の娘さんに会うため、よくライプチヒとの間を往復するのだとか。2000年まではベルリン州立歌劇場で働いていて、1997年の日本公演にも同行しており、その時のエピソードなどをたっぷり聞かせてもらいました。

e0038811_8543065.jpg
(↑旧市街にあるこのモニュメントは一体何を意味しているのでしょうか。ご存知の方がいたら教えてください!)

ライプチヒ中央駅前での別れ際、「明日のトラヴィアータ(椿姫)は僕の担当だから、開演の1時間前に来てくれたら、舞台裏を案内するよ」なんていうありがたい申し出まで受けることに。ライプチヒまで8ユーロで行けた上に(列車だと鈍行でも26ユーロかかる)、オペラの現場の方と知り合えるなんて、今回は本当にラッキーでした。

この日は25日で、まさにクリスマスの初日。ライプチヒの街はかなり閑散としていました。中央駅のショッピングモールのお店は例外として、ほとんど全ての店が閉まっています。レストランやカフェもちらほら開いているのみ。結局この日に見ることができたのは、旧市街にある2つの教会ぐらいでした。しかしどちらの教会も、この町を語る上で欠くことのできないものです。

e0038811_904716.jpg
中央駅から旧市街に向かって歩いていく途中にあるのがニコライ教会。もう一つのトーマス教会と並んで、J.B.バッハのライプチヒでの活動拠点となった教会です。1989年10月のこの教会での平和集会は、後のベルリンの壁崩壊や東欧革命につながる重要なものでした。

e0038811_858199.jpg
この日の夜は、件のオペラ座でR.シュトラウスの「ばらの騎士」を観たのですが、ここでもちょっと(いやかなり)不思議な出来事が待ち受けていました。

第1幕が終わった時のこと。客席からロビーに出ようとしたら、入り口付近で1人の男がこちらを待ち構えるようにしてじっと立っています。

「あのー、ひょっとしてマサトさんですか?」

変わらぬ姿だったため、一瞬でわかりました。なんと、大学時代のオーケストラで一緒だった後輩のKくんではありませんか!彼と最後に会ったのは(もちろん日本で)1998年の末か99年の初頭です。それから約7年ぶりにドイツ東部の地方都市で再会するなんて、一体何ということでしょう。彼は現在ウィーンに留学中で(専門はギター)、休みを利用してドイツを旅行中とのことだったのですが、いやそれにしても・・

(つづく)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2005-12-29 03:31 | ドイツ全般 | Comments(2)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング