ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

カテゴリ:ドイツ全般( 54 )

しばらく旅の日々 - ライプチヒ編 -

e0038811_18335260.jpg
ウィーンから飛行機で一旦ベルリンに戻って、4日はライプチヒへ。ベルリンのSüdkreuz駅からICEに乗ってちょうど1時間。こんなに近かったのかと驚きました。

e0038811_18405977.jpg
前回ライプチヒに来たのは2005年の年末だから、あれからもう3年。その間、旧東独の都市では唯一ワールドカップを経験し、街は一段と垢抜けた印象を受けました。旧市街の目抜き通りにはブティックがいくつも並び、20年前までここには国営の店しかなかった過去がもはや信じられなくなりつつあります。中央駅の前には大きな観光案内所ができて(ひょっとしたら以前からあったのかもしれませんが)、どの方も皆親切。何もしなくても世界中から観光客がやって来るウィーンと違って、こちらは人を呼び込むのにも必死なのでしょう。カフェやレストランので応対も概ねよく、「頑固でプライドの高い」(ごめんなさい^^;)ウィーンの人々にやや辟易させられることもあった私としては、どこかほっとするものがありました。写真は、中央駅の前で久々に見たトラバントと壁崩壊の発端となったニコライ教会。

e0038811_18344120.jpg
トーマス教会前の有名なバッハ像を訪れた後、もう一つのバッハの像へと向かいました。以前、「ライプチヒ・聖トーマス教会のクリスマス」で、教会前の像を「1843年にメンデルスゾーン・バルトルディが寄贈したもの」と紹介しましたが、ある方から「メンデルスゾーン寄贈の像は教会の別の場所にある」とのご指摘をいただきました。教会前の緑地に、果たしてその「世界最古のバッハ像」はありました!が、改装中なのか、像の周りには覆いがかぶさって見ることはできず、残念。

e0038811_18411779.jpg
駆け足ながらも、ゴルトシュミット通りにあるメンデルスゾーン・ハウスも見学。母と妻はメンデルスゾーンが残した水彩画にしきりに関心していましたが、係りの人によるとこれはレプリカで、本物はベルリンのアーカイブにあるとのこと。そういえば、今ベルリンの国立図書館で特別展「Felix」が開かれています。3月14日までなので、近々観に行こうと思っています。

e0038811_18281398.jpg
『ファウスト』に登場する地下酒場アウアーバッハス・ケラーのあるメードラー・パサージェ。こういう重厚なパサージェは、ベルリンではまず見られません。

e0038811_18182064.jpg
この日は20時からゲヴァントハウスにてワセオケのコンサート。残念ながら客入りはよくなかったものの、お客さんがとてもあたたかく、舞台と客席との間に不思議な一体感が生まれた演奏会でした。《英雄の生涯》のヴァイオリン・ソロの安田さんには一際大きな拍手が送られ、最後の太鼓の曲が終わってからも皆さん名残惜しそうにしていた光景が印象的です。

日曜日のベルリン公演は、何とベルリン・フィルの「デジタル・コンサートホール」にてネット中継されることになったので、日本の方々もぜひご覧ください(詳細はこちら)。今の流れからくると、きっといい演奏会になると思います。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-03-06 12:18 | ドイツ全般 | Comments(2)

ライプチヒ・聖トーマス教会のクリスマス

e0038811_20343017.jpg
Thomaskirche in Leipzig(2005年12月26日)

3年前、ライプチヒでクリスマスを過ごしたことがあります。その時ブログに書いた旅行記がなぜか(2)で止まっていたので、今回3年ぶりに続きを書いてみようと思います(笑)。聖トーマス教会のことを書きたくなったのは、先週末に日本からいらした熱烈なバッハ愛好家のご夫妻にお会いする機会があったからでした。

関連記事:
ライプチヒのクリスマス(1) (2005-12-27)
ライプチヒのクリスマス(2) (2005-12-29)

e0038811_20345428.jpg
教会の横にある記念像は、1843年にメンデルスゾーン・バルトルディが寄贈したもの。バッハの記念像としては世界でもっとも有名なものではないでしょうか。

e0038811_20242696.jpg
25日の夜に雪が降り、翌朝は見事なホワイトクリスマスでした(冒頭の写真)。バッハのクリスマス・オラトリオというと、現在は1~3部、あるいは4~6部のようにまとめて演奏されることが多いですが、もともとはクリスマスから1月6日の顕現節まで1部ずつ演奏されるべきものだったそうです。聖トーマス教会ではその伝統に倣い、25日朝の礼拝でゲヴァントハウス管弦楽団と聖トーマス教会の合唱団(Thomanerchor)によって、あの喜びに溢れた第1部が奏でられます。私が参加した26日の礼拝では、地元のアマチュアの楽団(?)によって第2部が演奏されました。

e0038811_202419.jpg
世界的に有名なトーマス教会のクリスマスの礼拝とあっては中に入るのも大変なのではと大分早めに教会に着いたのですが、まだほとんど誰もいませんでした(笑)。やがて人がやって来るも、地元の人ばかりの様子。9時半から礼拝が始まって、牧師の説教があり(と書いたところで内容はもう詳しく覚えていませんが・・・)、やがて上の方からクリスマス・オラトリオ第2部冒頭のあのやさしさに満ちたシンフォニアが降り注いできました。

演奏はゲヴァントハウス管に比べたら聴き劣りこそしましたが、クリスマスの日に聖トーマス教会でバッハを聴くこと自体が感動的な体験でした。あの絶対的ともいえる普遍性を持つ音楽を遺したJ.B.バッハという人が、かつてドイツの一地方都市の教会を活動の拠点にしていたのだということを肌で実感できたのですから。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-12-26 21:52 | ドイツ全般 | Comments(7)

ポツダム再発見!

e0038811_1121883.jpg
このブログで紹介したことはまだほとんどないが、ポツダムが最近自分の中でちょっとしたブームになっている。最近立て続けに訪れる機会があり、この街のことをもっと知りたいと思うようになった。

ポツダムを深く知ろうとすると、どうしても避けることができないのがプロイセンの歴史だ。正直、フリードリヒ大王のようなビックネームはともかく、「フリードリヒ」と「ヴィルヘルム」のどちらかの名が必ず入る歴代のプロイセン王の名は昔からなかなか覚えられなかった(それにどちらかというと、お城や宮殿というものへの関心が薄かったせいもある)。だが、少しずついろいろなことがわかってくると、例えばベルリンに戻って来て、ウンター・デン・リンデンを歩く時の気分、見方が変わってくる。一方で、ポツダムの旧市街では、(もはやほとんどが失われた)ベルリンの18世紀の家並みを想像しながら歩くのが楽しい。今さらながら、両者が深く関わり合っていることを実感するのである。

プロイセンの歴史をたどっていって興味深いのが、「ブランデンブルク」と「東プロイセン」という2つの辺境の地に端を持つことだ。同様に、ヨーロッパの辺境の一都市に過ぎなかったベルリンが、なぜ今日のような大都市に発展したのか。そして一旦は破滅しかけたのか。それはプロイセンがたどった歴史的プロセスを知らずして語ることはできないだろう。

そういうわけで、熱が冷めないうちに前から少し気になっていたクリストファー・クラーク著の「Preußen」という本を自分へのクリスマスプレゼントとして買ってみた(これは昨年発売されてドイツでも話題になった本で、最近ペーパーバックの新装版が出た)。手元にあるものでは、「物語 ドイツの歴史」(阿部謹也著。中公新書)を読み直している。ベルリンのみならず、ポツダムも今変化のさなかにある。これからは折に触れてポツダムとその周辺のことも紹介していけたらと思っています。

写真はルイーゼン広場に面したポツダムのブランデンブルク門。ここからブランデンブルク通りにかけてつづくクリスマス市もなかなか楽しめました。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-12-17 17:23 | ドイツ全般 | Comments(14)

ドイツ連邦大統領と国家公式訪問の舞台(2)

e0038811_17445843.jpg
ベルビュー宮殿の北側は広大な公園になっており、軍隊セレモニーはそこで行われます。指定された場所で待っていると、公園内を大きく旋回して、大名行列のような物々しさで軍隊がやって来ました。

e0038811_16404958.jpg
最初にドイツのケーラー大統領が1人で現れて、セレモニーの予行練習のようなものが行われます。隊長の掛け声で、一斉が一糸乱れず動く様は圧巻でした。ちなみに、軍隊の中にもしこの日誕生日の人がいたら、大統領が個人的にお祝いの言葉をかけるんだそうです。

12時ちょうどベルビュー宮殿に到着したモザンビークの大統領は、ドイツ大統領夫妻に迎えられると、まず入り口で記帳をします。やがて公園に両国大統領が姿を見せ、モザンビークとドイツの国歌が続けて演奏されました。

e0038811_16411463.jpg
セレモニーが終わると、両国の大統領が赤じゅうたんの上をゆっくりとこちら側に向かって来ました。ちょっとドキドキ^^;)。

e0038811_16413860.jpg
左からモザンビークのアルマンド・ゲブーザ大統領とドイツのホルスト・ケーラー大統領。ケーラーさんは、聡明さとその率直な物言いから現在国民に最も人気のある政治家と言われ、来年の大統領選挙にも再選の意思を見せています。私の前にいた高校生のグループに一言二言話しかけた後、そのまま宮殿に戻り、やがて首脳会談が始まったようです。

e0038811_16415922.jpg
私はそのまま宮殿を後にしましたが、約1時間後、再びその前を通ったら、一旦帰途につくゲブーザ大統領のお見送りシーンに遭遇しました。その夜はベルビュー宮殿で公式晩餐会が催されたようです。

これら一連の流れに興味のある方は、連邦大統領のHPで公開されているStaatsbesuch in Schloss Bellevueという映像がおすすめです。2006年3月のイタリアのチャンピ大統領のベルリン訪問を例に、現場に携わっている人の話も交えて、国家公式訪問の1日が目で見ながらわかるようになっています。

e0038811_17423645.jpg
最後にお知らせ。今週末(23日、24日)は、毎年夏の恒例となったドイツ政府の一般公開日です。首相官邸や外務省など、ベルリンの省庁の多くが公開されるほか、家族向けのイベントなども用意されているようです。今回ご紹介したような雰囲気もどこかで味わえるかもしれません。

関連記事:
べルビュー宮殿へようこそ(1) (2006-01-09)
べルビュー宮殿へようこそ(2) (2006-01-10)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-08-20 13:14 | ドイツ全般 | Comments(4)

ドイツ連邦大統領と国家公式訪問の舞台(1)

e0038811_18164971.jpg
Bellevueallee(2007年11月1日)

このブログではこれまで、ベルビュー宮殿、首相官邸、連邦議会、そして前回の連邦参議院など、ドイツ連邦政府の活動の舞台を紹介してきましたが(詳細はタグの「政治」を参照のこと)、このシリーズの一応の締めとして、最後にあるとっておきのものをお見せしたいと思います。

昨年の11月1日、アフリカのモザンビーク共和国の大統領がドイツを公式訪問した朝の様子です。普段は100番のバスが行き交うベルビュー宮殿前の道路は封鎖され、警察のバイクや、黒塗りの車、軍隊の人々を乗せたバスなどが物々しく止まっていました。外国の国賓をMilitärische Ehrenと呼ばれる軍隊式の方法で迎えるためです。

e0038811_18374339.jpg
11時少し前、マーチを演奏する軍楽隊が先導しながら、軍隊がベルビュー宮殿前の道路を行進してきます。初めて見る光景でした。

e0038811_1838334.jpg
やがて彼らは大統領府の門のところで右折し、中に入っていきます。行進しながら楽器を演奏するのは大変そうですが、彼らはそんな気配を微塵も見せません。

e0038811_1848324.jpg
普通はここから先へは入れませんが、私はこの日特別に内部のセレモニーを見学することができたので、次回ご紹介しましょう。

(つづく)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-08-19 13:53 | ドイツ全般 | Comments(0)

ハルツ地方への旅

e0038811_215245.jpg
先週末は、ドイツ鉄道(DB)の週末割引チケットなどを利用して、友達4人とハルツ地方に1泊の小旅行に行って来ました。

大まかなルートを書くと、
21日:ベルリン・ツォー駅―(私鉄のハルツ・ベルリンエキスプレス。所要時間3時間半)―Vienenburg―(DB)―ゴスラーとランメルスベルク鉱山(どちらも世界遺産)―(DB)―ヴェルニゲローデ(木組みの美しい街並み!)

22日:ヴェルニゲローデ―(ハルツ狭軌鉄道)―ブロッケン山―再びヴェルニゲローデ―(ハルツ・ベルリンエキスプレス)―ベルリン・フリードリヒシュトラーセ

というもので、ベルリンからの週末旅行のコースとしては、かなりおすすめできると思います。初めて乗った私鉄のハルツ・ベルリンエキスプレス(HEX)は、往復25ユーロと割安なのに、サービスはDBよりもずっとよいです。

最大のハイライトは、やはりヴェルニゲローデからブロッケン山に向かう蒸気機関車の旅でした。これは鉄道マニアでなくとも興奮します(笑)。天気にも恵まれたので、近々2回に分けて魔女伝説の山へのコースをご紹介したいと思っています。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-06-24 19:24 | ドイツ全般 | Comments(14)

ロートハウス・ピルスナー - 高原のビール -

e0038811_18545154.jpg
先日、ある友達と好きなビールについて話していたら、好みの相違はあったものの、「ああ、あれはおいしいよね」と意見が一致したビールがあった。それが今日ご紹介するロートハウス(Rothaus)というピルスナー。ご覧のように、赤ずきんちゃんを想起させるようなかわいらしいラベルが特徴で、創業は1791年というからモーツァルトが亡くなった年にまでさかのぼる。南ドイツの黒い森地方のビールなのだが、ベルリンの売店やスーパーでも比較的見かける方ではないだろうか。

このビールを初めて飲んだときのことは、なぜかよく覚えている。3年前の8月、旧東ベルリンのパロキアル教会で「海辺のアインシュタイン」という現代オペラを観たときのことだ。オペラといっても一風変わっていて、教会内の椅子は取り払われ、聴き手は演奏中も自由に動けることになっていた。フィリップ・グラスのミニマル音楽は心地よかったが、夏の暑い日で私はどんどんのどが渇いてきた。「そうだ、教会の入り口で飲み物を売っていたな」と思い出し、そこで出会ったのがこのビール。かわいいイラストだなあと思いつつ、のどに流し込んだときの爽快感は忘れられない。苦味が効いているのだが、のど越しがやわらかく、ほのかな甘みさえ感じられた。ラベルには、「黒い森の標高1000メートルの水源からクリスタルのように透明でマイルドな水」を使っていると書いてあるから、どうやら水の質が違うようなのである。私はすっかり生気を取り戻し、このビールを飲みながら聴くライブの音楽は、また格別だった。

そんなわけでおすすめのビールです。暑い夏にグイッとどうぞ。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-06-06 13:03 | ドイツ全般 | Comments(13)

アスパラの季節

e0038811_832640.jpg
アレクサンダー広場にて(2006年5月)
※アスパラの季節に合わせて、最近別紙に書いた記事を転載します。

今回は春の訪れとともにやってくるとびきりの味覚をご紹介しましょう。それはシュパーゲルと呼ばれる白アスパラガスです。「なんだ、アスパラか」と思うことなかれ。この時期ドイツを訪れたら、一度は試していただきたい逸品なのですから。

毎年4月半ばになると、街には仮設の直売店が並び、「ドイツ産のシュパーゲルが入ったよ!」と叫ぶおじさんの甲高い声が響きわたります。日本でアスパラというと細身の緑色のものが一般的ですが、ドイツの白アスパラはその何倍も太く、見た目も立派。実際、太いものの方が味はよいとされているようです。

以前、アスパラの農家で早朝の収穫作業を見学したことがあります。盛られた土の中で日々少しずつ成長を続けるアスパラ1本1本の様子を見ながら、その先端部分が土から顔を出すぎりぎりのタイミングで収穫するのですが、全てが手作業ゆえそれは手間のかかる仕事。それゆえ、ほかの野菜に比べて値段も割高ですが、ドイツの人たちは毎年アスパラの季節を心待ちにして買い求めていきます。ではそのお味は?

e0038811_835465.jpg
レストランで出される典型的なアスパラのメニュー。付けあわせは、ゆでたジャガイモやハムなど。

白アスパラの食べ方はいたってシンプルです。皮をむいてさっとゆで上げ、あとは溶かしたバターか、卵黄とバターで作るオランデーズソースをかけてアツアツのまま食べるだけ。舌触りはつるんとしており、あっさりとした味わいで、日本人の味覚にもよく合います。季節感のやや乏しいドイツの食の中にあって、白アスパラほど春の到来を実感させてくれる味はありません。
はまかぜ新聞 5月16日号)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-05-30 23:57 | ドイツ全般 | Comments(18)

ハノーファーの大噴水

e0038811_7272380.jpg
2週間前の週末、ハノーファーの広大な王宮庭園(Herrenhäuser Gärten)を訪れたときのこと。ここの名物の噴水が、2時ちょうどに動き出すというので、少し待って見てみることにしました。やがて、シュワ~という音とともに、水が勢いよく噴き出します。最初はまあこんなもんです。

e0038811_7274442.jpg
どんどん高くなるなあと思って眺めていたら・・・

e0038811_7282884.jpg
ひえ~、何とこの高さにまで!後で調べてみたら、高さ82メートルは欧州一なんだそうです。

e0038811_731529.jpg
この女の子のようにびっくりしました^^;)。

e0038811_732835.jpg
飛行機雲と一緒に。この水しぶきの生み出す迫力はすごい。

e0038811_7322528.jpg
別の角度から見ると、うっすらとした白いカーテンのようにも見えます。まさに水の芸術という感じ。

この大噴水、1700年ごろ建設が始まって、水が出るまでに20年かかり(当時は36メートル)、1856年には56メートル、さらに技術的な改良が加えられ現在に至るのだとか。

このとき案内をしていただいたKさんの説明で、ハノーファー選帝侯のジョージ1世が1714年にイギリス王位を継承したという、昔世界史で習った歴史的事実を思い出しました。そういえばヘンデルもここの宮廷楽長だったんですよね。Kさん曰く、この噴水がヘンデルに「水上の音楽」を作曲させた、なんていうデタラメなことを書いているガイドもあるそうですが、思わず信じてしまうほどのインパクトでした。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-05-28 01:41 | ドイツ全般 | Comments(8)

ハノーファー初訪問

e0038811_864032.jpg
先週末は1泊2日でハノーファーに行って来ました。初めてハノーファーに行くんだと周りに話したら、「まあ、そんなに見るところはない街だよ」という反応が返ってきたのですが、決してそんなことはありませんでした。ハノーファーの印象がよかったのも、ブログを通じて知り合い、今回本当にお世話になったジャーナリストのKさんご夫妻のお陰。その街に長く住んでいる人の知識と視点は、さすがに違うと思わされました。

Kさんから伺った話でまず印象に残ったのが、ハノーファーと広島が姉妹都市だったということ。「もしドイツが東西に分かれていなければ、広島の姉妹都市になったのはドレスデンだったかもしれない」とKさんは言います。でも、結局は西ドイツの都市の中から、旧市街の90%以上徹底的に破壊されたハノーファーが選ばれた。このあたり、何か不思議な縁を感じますね。

e0038811_932887.jpg
そんな背景があって、ハノーファーの街は歴史的な建造物が少なく、街並みは一見地味ですが、一方では緑に恵まれ、びっくりするようなスケールのイギリス風の王宮庭園があり、すばらしい現代美術館も観て来ました。あと、意外と面白かったのが公共アートです。冒頭の写真は、ジャスパー・モリソンがデザインしたというトラム。かっこいいでしょう^^;)。ハノーファーでは他にも、トラムの停留所を9人の世界的なデザイナーに依頼するなど、なかなかユニークな街づくりを実践しています。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-05-14 02:12 | ドイツ全般 | Comments(4)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング