ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

カテゴリ:ベルリン文化生活( 74 )

CONNECTED BORDERS展のオープニング

e0038811_2027528.jpg
金曜日の夜に行われた、光嶋裕介くんのCONNECTED BORDERS展のオープニングは、彼自身の予想を上回るほどの大盛況でした。

e0038811_20382487.jpg
裕介くんの友達や職場の同僚を始め、深夜まで200人以上の人々が集まったそうです。中には私のブログの記事を読んで来てくださった方もいたようで、とてもうれしく思いました。

e0038811_2030792.jpg
次から次へと人がやって来るため、ホスト役の裕介くんはうれしい悲鳴を上げていましたが、英語、ドイツ語、日本語を使い分けて作品について何度も説明してくれました。製作者本人から直接話を聞けるというのが、こういう場の楽しいところです。

e0038811_20275869.jpg
絵は全部で11枚あり、部屋の2面に続いています。彼が最初に描いたのが、画面右側の2枚目の絵で、彼がこれまで旅先でスケッチしてきたヨーロッパの現実の建物がモチーフになっています。中にはベルリンのフィルハーモニーや彼の建築事務所が担当したCSWビルなども見えます。

e0038811_20281025.jpg
最初の絵を描いたことによって膨らんだイメージで、4枚目、6枚目、8枚目、10枚目と描いていったそう。「塔のある風景」、「色のある風景」、「森のある風景」など、さまざまな世界が広がっていきます。

e0038811_20323741.jpg
10枚目まで描いたところで、今度はその間を埋めていくように奇数枚目の絵を描いていったのだそうです。最後に来るのは1番最初に描いた絵の左隣の絵で、これが全体の1番目に並びます。裕介くんは、建築事務所勤務の合間をぬって、約1年かけてこの11枚の精緻なペン画を描いたのだそうです。もちろん両方とも、建築家の彼にとっては補完し合う作業なのでしょうが、初の個展にまでもっていったそのチャレンジ精神には驚き、また大いに刺激を受けました。来年日本に帰ってからの活躍も楽しみです。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-12-02 14:59 | ベルリン文化生活 | Comments(3)

修復中の新博物館が一般公開

e0038811_21415927.jpg
9月末の週末、修復工事中の新博物館(Neues Museum)が一般公開され、3日間で2万5000人もが訪れました。同館は世界遺産に登録されている博物館島の一角にあり、元々は1843年から55年にかけて、著名な建築家シンケル(Schinkel)の弟子シュトゥーラー(Stüler)の設計によって建てられました。しかし第二次世界大戦で建物の70%が破壊され、東ドイツ(DDR)時代は、博物館島の5つの博物館の中で唯一廃墟のままさらされていたと言います。それにしても、修復中の建物の内部を公開するというのは、ベルリンでもかなり異例のこと。どういう背景があったのでしょうか。

それは、同館の再建プランと大きな関係があるようです。再建を手がけるイギリスの建築家チッパーフィールド(Chipperfield)による基本コンセプトは、「戦争で傷を受けた部分を目に見える形で残し、古い部分と新しい部分とを組み合わせる」という「歴史への誠実性」に基づくものなのですが、オリジナル通り忠実に修復するべきだという人々と真っ向から対立し、市民団体による反対運動は今年になって激しさの度合いを増してきました。同じくチッパーフィールド設計で、新博物館前に建つ予定の博物館島への総合入口ホールも、賛否両論の的となっています。そういう状況の中で、同館の内部公開に踏み切ることは、文化財団側にとっても自然な流れだったのかもしれません。私が訪れた日も長い行列ができるほどの注目度でしたが、入口付近ではやはり反対運動の署名活動が行われていました。

e0038811_21422419.jpg
さて、期待とともに中に入ると、入口付近の階段ホールは、むき出しのレンガの壁とまっさらなコンクリートの階段が強烈なコントラストを成しており、担当者の説明を熱心に聞く人々の姿が目立ちました。またモデルネ・ザール(Moderner Saal)と呼ばれるホールでは、天井部分はコンクリート、柱の装飾はオリジナルの部分と修復した部分とがはっきり見分けられるようになっています。
e0038811_2148526.jpg
さまざまな意見はあるでしょうが、内部を一巡してみて、オリジナルの再現に忠実な博物館とは一味違う面白さを感じたのは事実です。ただ、最終的にどういう感じに仕上がるのか、それはやはり完成を待つしかありません。新博物館の再オープンは2009年10月に予定されており、古代エジプト美術と先史時代のコレクションが収められることになっています。
(ドイツニュースダイジェスト 10月26日)


せっかくなので写真をもう何枚かアップしましょう。
e0038811_21565555.jpg
この手の無料体験イベントには毎回格別の関心を示すベルリーナーの行列。正面は旧ナショナルギャラリー。

e0038811_21571519.jpg
ギリシャ・ザール(Griechischer Saal)では、修復作業に携わっているスタッフの写真パネルが展示されていました。

e0038811_21573412.jpg
赤が鮮やかなニオビデン・ザール(Niobidensaal)。

e0038811_21575486.jpg
美術修復の現場はこんな感じ。

e0038811_21595639.jpg
ここは公開されていませんでしたが、帰り際ちらっと外から見えた真っ白なホール。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-10-25 15:18 | ベルリン文化生活 | Comments(6)

バッハの平均律とダンス

スペインのカタルーニャ地方の劇場や音楽シーンを紹介するFet a Cataluyaというフェスティバル現在開かれており、昨日は近所にあるヘッベル劇場のHAU2でマリア・ムーチョス(María Muñoz)という人のダンス・パフォーマンスを観て来ました。

バッハの平均律クラヴィーア曲集に合わせて踊るというので、特に興味があったのです(グレン・グールドの演奏が使われていました)。曲は平均律2巻の中からかなり自由に選ばれており、曲間には結構長い間があります。そして時折、ダンサーの心象風景を写すかのような映像も挿入されます。

こういうダンスもあるのかという思いで、約50分のパフォーマンスを観ていました。それは確かにダンスなんですが、同時に身体を通した思索のようでもありました。彼女の表情とかニュアンス豊かな手の動きとか、全体的に派手さとは無縁ですが、バッハの音楽の内面世界と見事に呼応しているのです。秋の夜長にふさわしい美しいパフォーマンスを見せてもらいました。

それにしても、昨夜は一時期すごい豪雨でした。最近気候の変動が激しく、私もどうやら風邪気味のようなので気を付けなければ。明日はベルリン・マラソンです!

BACH – CHOREOGRAFIE: MARIA MUÑOZ /MAL PELO
28. und 29.09.07, 19.30 Uhr, HAU 2

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-09-29 23:49 | ベルリン文化生活 | Comments(0)

ベルリンの新シーズン始動へ

例年オーケストラや劇場の新しいシーズンが始まるこの時期になると、なんとなく気分がそわそわしてくる。オープニングには無料で楽しめるイベントもあるので、それらを含めていくつかご紹介してみたい。

まず、25日にベルリン・フィルはラトル指揮のマーラー第9で楽団創設125周年のシーズンの幕を開ける。また、シュターツ・オーパー(州立歌劇場)が9月1日(17-22時)に、ドイツ座が26日(15-22時)にそれぞれ無料のオープンデーを開催。舞台裏を覗けたり、リハーサルや公演を観られたり、その他いろいろなものがタダでもらえたりと、こういうときはとりあえず行ってみると大抵楽しいことが待っている。オープンデーといえば、ジャンルは全然違うけれど昨年ご紹介した主要省庁の公開日もこの週末で、メルケルさんの首相官邸の中に入れます。個人的に一番の注目は、24日コンツェルトハウスでのオーケストラフェスト。タイトルは、この前紹介した映画と同じく「ベルリン-大都市交響楽」。ツァグロセク指揮のコンツェルトハウス・オーケストラによって、アイスラー、ヴァイル、シュレーカーなどベルリンに縁のある音楽が奏でられ、その後は公開リハーサルや20年代のダンス音楽特集などとにかく盛りだくさん。私は別の用事で行けなくなってしまい残念です。

ところで少し前に、EMIのラトルのページに6月のヴァルトビューネのレビューを書かせていただいたいので、興味のある方はどうぞご覧ください。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-08-23 01:03 | ベルリン文化生活 | Comments(10)

自然史博物館がリニューアル

e0038811_6284163.jpg
最近ドイツニュースダイジェストに書いた記事を転載します。フンボルト大学のこの自然史博物館は、本当に内容が濃いのでおすすめです。門外漢の私が見ても、かなり興奮したほど。偶然にも私の友達のパートナーがフンボルト大学の教授で、実際にこの博物館に携わっている関係から、彼女を通じて記事を書く際にいろいろなことを教えてもらいました。



インヴァリーデン通りにある自然史博物館(Museum für Naturkunde)が2年間の改装期間を経て7月13日、リニューアルオープンしました。最初の3日間は入場無料ということもあって、約4万人もの人が訪れる盛況ぶりだったといいます。私も初日の午後に足を運んで来ましたが、親子連れが目立ち、至るところから歓声が聞こえてきました。

e0038811_626258.jpg
この博物館の大きな目玉は、入り口ホールにそびえる世界最大級のブラキオサウルスの化石です。約1億5000年前のこの恐竜の化石は1909年、当時ドイツの植民地だった東アフリカ(現タンザニア)で発見されたもの。すでに戦前から博物館に飾られていましたが、恐竜の研究が大きく進歩した結果、従来の骨の組み立て方では恐竜がその巨大な体重を支え切れなかったことが明らかになってきました。そこで最新の研究に従って、骨を組み立て直す必要が生じたのです。

今回の改装では恐竜の高さに合わせ、展示ホールの天井が増築されました。その間化石はカナダの専門家チームによって一旦解体され、海を越えたカナダに運ばれ、そこで修復。また化石を組み立てる際に必要な金属製の止め具も新たに作られたといいます。今年の春、久々にベルリンに帰って来たブラキオサウルスの化石をやはりカナダチームが組み立てたところ、身長は従来より約1メートル高い13.27メートルにも達しました。この数字は近々ギネスブックに載ることになるそうです。

e0038811_6265065.jpg
e0038811_629495.jpg
皇帝ヴィルヘルム2世によってこの自然史博物館がオープンしたのは1889年のこと。当時のドイツの植民地支配を背景に、急速にコレクションを増やしてゆき、現在では世界でも5本の指に入る規模を誇ります。見どころは、もちろん恐竜の化石だけに留まりません。太陽系の生成から始まり、多種多様な動物世界や人類の進化、最近の気候変動による生物への影響といったテーマを、実物とジオラマ、3Dの映像などによって、見て感じながら学ぶことができます。

e0038811_630151.jpg
さて、ようやく人ごみから開放されて外に出ると、あちらこちらからハンマーで石を叩き割る音が聞こえてきました。これは化石の産地で知られる南ドイツのホルツマーデンからこの日のために運ばれて来た粘板岩の山で、見つけた化石は自由に持ち帰っていいとのこと。嬉々とした子供たちの表情が印象的でした。入場無料の期間後も、自然史博物館の前には長い行列ができたとか。クヌートブームの次は、ひょっとしてブラキオサウルスブームがやって来るのでしょうか??
(ドイツニュースダイジェスト 8月3日)

せっかくなので、あと何枚か写真をご紹介しましょう。
e0038811_6311586.jpg
一番人気の正面ホールは人通りが絶えない。展示物を太陽光線から守るため、ガラスの天井から極力日光が入らないように工夫がされているという。

e0038811_6321986.jpg
古生物コレクションも充実。太古へのロマンを感じてしまう。

e0038811_6375615.jpg
初日の午後に行われた特別ショー。本物の人が恐竜を演じています。

e0038811_638166.jpg
Museum für Naturkunde
Invalidenstr. 43
Tel. 2093-8591
火-金 9:30-17:00
土、日、祝日 10:00-18:00
大人5ユーロ、学生3ユーロ

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-08-09 00:08 | ベルリン文化生活 | Comments(6)

ベルリン州立バレエ団の"Shut up and dance! Updated"

昨夜はベルリン州立バレエ団(Staatsballett Berlin)の今シーズン最後のプレミエ、"Shut up and dance! Updated"を観た。バレエというと、「白鳥の湖」や「くるみ割り人形」を連想する人がいきなりこの舞台を見たらびっくりするだろう。というのもこの作品、5つの作品から成る連作なのだが、振り付けはシュターツ・バレエの若きソリストたち、音楽は国際的に有名なDJが書き下ろしたという電子音楽で、会場はいつものシュターツ・オーパーではなく、東の有名なクラブBerghainというのだから実験的要素がとても強い。

Berghainというクラブは、実はまだ行ったことがなかった。オスト(東)駅で降りて、小雨の振る中かつての東駅の広大な敷地をさまようところからこの未知の空間との出会いは始まる。工場やらコンテナやらが並ぶ敷地内を半分迷いながら抜けていくとやがて見えてきたのが半分廃墟のようなこのBerghainで、プレミエということもあり、会場内は特別な高揚感に満ちていた。

e0038811_017072.jpg
(c) E. Nawrath

ほぼ切れ目なく演じられる5つの作品は、神秘的なもの、怪しげな雰囲気のもの、ユーモラスに満ちたもの、それぞれ異なるカラーを持ち観る者を全く飽きさせない。作品によってはショーのようでいながら、それでいて高い芸術性が保たれているのはさすが。デジタルな音楽に載せて、中村祥子さん(着物のようなあでやかな赤い衣装)とかNadja Saidakovaといった、極めて高度な技術を持つこのバレエ団のソリスト級の人たちが次々に出てくるのは圧巻だった。クラシックなバレエと電子音楽と独創的な振り付けが組み合わさり、さらに独特のオーラを持つクラブBerghainで出会う。これはもうベルリンという空間でこそ生まれ得た作品、といえるかもしれない。

実は昨日はコンツェルトハウスでランランとバレンボイムのコンサートを聴くはずだった。チケットが買えなくて帰ろうかと思っていたら、そこで偶然出会ったバレリーナの友達がこの公演のことを教えてくれ、急遽観に行くことになったのだった。彼女によると、残り5回の公演はすでに完売状態なのだとか。思いもよらず新しい芸術創造の場に立ち会えて、昨日は本当にラッキーだった。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-06-28 17:28 | ベルリン文化生活 | Comments(10)

「1800年頃のベルリン ‐新しい建築術‐」展

e0038811_1930044.jpg
博物館島の旧ナショナルギャラリーで、常設展のほかに「1800年頃のベルリン ‐新しい建築術‐」という特別展を観た。これが予想以上に面白かった。

1800年周辺というのはいわゆる新古典主義のが花盛りの時期で、建築、学問、政治、文学などあらゆる分野で新しい時代の息吹が芽生えていた。建築界にはエルトマンスドルフ、ラングハン、ジリー、少し後のシンケルといった才能が次々に現れる。ラングハンの設計による、今でもこの街のシンボル、ブランデンブルク門が建てられるのもちょうどこの時期だ。彼らが設計した建築物の多くは結局実現されなかったり、戦災にあったりして今はもうないのだが、当時の時代の空気を想像するだけでも楽しい。建築だけでなく、当時の市街図や風景画、市門の様子、人々の流行など程よく紹介されていたのもよかった。この特別展は5月28日まで。

私がとりわけ興味深かったのが、弱冠28歳で死去した天才建築家のフリードリヒ・ジリー(1772-1800)のスケッチや透視図の数々である。ジリーが夭逝しなければ、ベルリンの街並みはまた少し変わっていたかもしれない。幸いベルリンはその直後、シンケルという巨大な才能を得ることになるわけだが。冒頭の写真の建築は、ジリーが1797年にアテネのアクロポリスを模範にデザインした「フリードリヒ大王記念碑」。ポツダム広場の隣のライプチヒ広場に建てることを夢見て設計したこのあまりにモニュメンタルな建造物は、実現することはなかったものの、当時の人々に相当大きなインパクトを与えたらしい。後に建てられたコンツェルトハウス、そしてこの旧ナショナルギャラリーは、ジリーのこの記念碑の影響下に建てられることになったのだが、なるほどこうして見ると本当によく似ている。

e0038811_20441842.jpg
ちなみに、久々に観るのを楽しみにしていたベックリンの「死の島」がどこにも見当たらないので係りのおばさんに聞いてみたら、現在ブリュッセルに貸し出し中とのことだった。こちらではよくあることなのだが、ちょっと残念。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-05-18 13:50 | ベルリン文化生活 | Comments(6)

新しい文化の発信基地

e0038811_8581662.jpg
昨年9月、さまざまな文化施設がひしめき合うベルリンに、また一つ新たな文化の発信基地が生まれました。今回はこのユニークなアートスペースをご紹介したいと思います。

アレクサンダー広場から東へ向かうSバーンに乗ると、列車はやがてシュプレー川に沿って走ります。オスト(東)駅が近づく頃、煙突が目印の赤レンガの建物が視界に入ってくるのですが、それがRadialsystemです。

「ラディアルシステム」とは何やら耳慣れない響きかもしれません。実は、20世紀初頭にこの建物が下水処理施設として建てられた時の名前なのです。戦後長らく廃墟のまま放置されていましたが、歴史的な建物とガラス張りの新しい部分とを融合させるという建築家ゲルハルト・シュパンゲンベルクの斬新なアイデアにより、複合的なアートセンターとして生まれ変わりました。2つの大ホールの他、楽屋、リハーサル室、バーなどを備え、シュプレー川を望む開放的な眺望はすばらしいものがあります。

e0038811_8594246.jpg
ラディアルシステムのコンセプトは非常に明快です。すなわち、「伝統」と「革新」。新旧の要素が組み合わさったこの建物のように、様々なジャンルのアートがここで出会います。コンテンポラリーダンスの第一人者サシャ・ヴァルツ&ゲスツが新作を発表する一方でベルリン古楽アカデミーがバロック音楽を演奏したりというような、コントラストの際立つプログラムは魅力的です。古楽といっても、ここでは伝統的なクラシックコンサートのスタイルにはあまりこだわりません。例えばNachtmusik(夜の音楽)というシリーズでは、椅子のない広いスペースで聴衆は寝っころがりながら音楽を楽しむことができます。

「伝統」と「革新」、それはベルリンをベルリンたらしめる根本的な要素なのかもしれません。民間経営のラディアルシステムは、他の公共文化施設に比べるとチケットの値段はやや高めなのですが、大小様々な劇場が林立するベルリンで、これから目の離せない存在になりそうです。
ドイツニュースダイジェスト 2007年3月30日)

e0038811_914349.jpg
これはおまけの1枚。昨年10月、サシャ・ヴァルツの"Dialoge 06"のマチネー公演を見に行った時のことですが、終演後天井からロープがするすると下りてきて、たちまち子供たちのブランコ大会が始まったんです。ラディアルシステムのプログラムを見ると、(K)のマークのついた公演がありますが、これは子供(Kinder)同伴大歓迎という意味で、ベビーシッターも用意されているとのこと。つい先ほどまでプロのダンサーたちが踊っていた場所で、何だか不思議な、でもいい光景に出会いました。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-04-04 02:31 | ベルリン文化生活 | Comments(6)

ベルリン・ドイツオペラの「イドメネオ」再上演

e0038811_8462711.jpg
大衆紙BZの紙面より(12月19日)

10月初頭にベルリン・ドイツオペラの「イドメネオ」論争で取り上げた、ムハンマドのさらし首が描かれるハンス・ノイエンフェルス演出のモーツァルト「イドメネオ」が、18日夜ついに再上演されました。

私がこのことを知ったのは、当夜0時からのテレビのニュースによってだったのですが、国営放送ARDはこの再上演を何とトップニュースで報じたのです。

写真の大衆紙によると、上演に際しテロを警戒して100人もの警官が配置され、約1500人の聴衆は空港並みのチェックを受けたそうです。訪れた多くの政治家の中には、今回の騒動の当事者であるドイツオペラの支配人やベルリンの内務大臣の他、ベルリンのヴォーヴェライト市長もいました。ただ、ショイブレ内務大臣が招待した30人のイスラム関係者のうち、実際に観に来たのは9人だけだったそうです。

まずは無事に上演が終わったことで、関係者はほっとしていることでしょう。社会の中における劇場という存在をはっきりと浮かび上がらせた出来事でした。

この「イドメネオ」は今月29日にもう1回上演される予定です。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2006-12-20 01:31 | ベルリン文化生活 | Comments(17)

10月の鑑賞メモ

ここ数週間の間に観たり聴いたりした中で、ブログに書ききれなかったものを防備録的にメモしておきたいと思う。

コルヴィッツ美術館(10/15)
女流版画家、彫刻家のケーテ・コルヴィッツ(1867-1945)の美術館を、恥ずかしながら初めて訪れる。正直、これほどすばらしいとは思わなかった。彼女が生涯に渡って描き続けた自画像には特に感銘を受けた。またじっくり観たいと思う。

Dido & Aeneas - Staatsoper - (10/18)
パーセルの同名のオペラを、あのサシャ・ヴァルツが振り付けを担当。巨大な水槽にダンサーたちが飛び込む冒頭から仕掛け満載で、2時間の間ずっと、次は何が起こるんだろうとわくわくさせられた。

「美しき水車小屋の娘」 - ノイケルン・オペラ - (10/24)
ベルリンの「第4の」オペラ劇場、ノイケルン・オペラに久々に足を運ぶ。シューベルトの歌曲「美しき水車小屋の娘」を振り付けも交えて現代風にアレンジしたもの。小劇場での上演なのに、映像をうまく使ったりと意外なほど奥行き感が出ていた。

レンブラント展(10/25)
11月5日まで文化フォーラムで開催しているレンブラント展をギリギリで観ることができた。晩年の自画像がないのが少々残念だったとはいえ、いずれも明と暗の超絶的なタッチに感嘆した。

神聖ローマ帝国展 - ドイツ歴史博物館 - (10/28)
今年は神聖ローマ帝国が滅亡してから丸200年。それを記念して、マグデブルクとベルリンで大規模な展覧会が開かれている。少々ごちゃごちゃし過ぎていて焦点が定まっていない印象も受けたものの、一見の価値はあり。

モーツァルト自筆譜展示会(10/31)
ベルリン国立図書館が所蔵しているモーツァルトの自筆譜を特別公開。幼年期から晩年まで幅広く、そうそうたる名曲のホンモノの自筆譜が並ぶ。ジュピター交響曲の冒頭の譜面には特に感動した。ポツダム通りの方の図書館で12月9日まで開催。入場無料。

マッケラス指揮ベルリン・フィル(11/3)
軽快なテンポでさくさく進むショスタコーヴィチの交響曲第9番と、まろやかで温かさに満ちたモーツァルトのポストホルン・セレナーデ。もっと理路整然とした演奏なら他にもあるけれど、こんなに心が満たされたモーツァルトとなるとほとんど知らない。これぞ巨匠の至芸か。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2006-11-05 18:58 | ベルリン文化生活 | Comments(0)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング