ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

カテゴリ:ベルリン文化生活( 74 )

カント通りのCAMERA WORK

e0038811_18115166.jpg
先日、ツォー駅から徒歩10分弱、カント通りにある写真専門のギャラリー「カメラワーク」に行ってきました。その存在は前から知っていましたが、訪れるのは実は初めて。大通りに面した小さなギャラリーだろうと思って行ってみたら、実際は全然違いました。

e0038811_18121789.jpg
149番地のドアを開けて中に入り、中庭を1つ越え、さらに先に進むと大きな木が3本立つ広々としたホーフに突き当たりました。その向こうに、昔の工業用ホールを改造したようなカメラワークの建物がどんと構えています。すぐ裏はSバーンの高架線。それにしても、こんなに大きいギャラリーだったとは!

e0038811_1816386.jpg
展示内容もボリュームも、期待を裏切らないものでした。カメラワークは1997年に生まれたギャラリーで、世界的に著名な作家のみならず、若手の作品も多く紹介しています。この日は、写真家の友達曰く「ドイツの若手写真家の中ではナンバーワン」という存在のアンドレアス・ミューエ(Andreas Mühe)の個展をやっていました。彼は、あの俳優ウルリヒ・ミューエの息子。まだ30歳そこそこですが、メルケル首相の書斎やポートレート、さらに昨年11月の壁崩壊20周年の際、ブッシュ父、ゴルバチョフ、昨日80歳になったコールの3人を収めた大判の写真などを見ても、若くして重要な仕事を任されているのがわかりました。作品は基本的に、ライティングされた演出写真なのですが、彼の父親の家を収めた写真だけは、ライティングすることなくストレートに撮ったものだと後で友達から教えてもらいました。その写真、もう一度じっくり見てみたいです。

CAMERA WORK AG
Kantstraße 149
10623 Berlin
Tel.: +49 30 31 00 77 - 6
Fax: +49 30 31 00 77 80

Opening hours
Tuesday to Saturday
11 a.m. to 6 p.m.
Admission free.

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-04-04 12:25 | ベルリン文化生活 | Comments(7)

国際シンポジウム『MISHIMA! 』のご案内

ベルリンの日独センターから今週開催の国際シンポジウムのご案内をいただきました。テーマは『MISHIMA! その国際的インパクトと複合文化的源泉』。こちらから詳細の内容を見ることができますが、ドナルド・キーン、三浦雅士、平野啓一郎、横尾忠則などなど、ゲストの面々がすごい。私もかなり興味を抱いています。以下は同センターのHPより。


国際シンポジウム『MISHIMA! その国際的インパクトと複合文化的源泉』

開催予定日: 2010-03-18 - 2010-03-20
会場: ベルリン・ブランデンブルク学術アカデミー、ベルリン自由大学
協力機関: ベルリン・ブランデンブルク学術アカデミー、ベルリン自由大学


 三島由紀夫は今でも、日本を代表する文学者として世界中から認められている。その死から現在に至る何十年かの間、三島という名は、世界における日本文学・文化の受容のかたちに影響を与え続けてきた。しかし、そんな三島の影響を比類ないものにしているのは、彼が世界中の芸術家や知識人達に与えてきたインパクトのためでもある。三島はあらゆる形で、映画、演劇、バレー、オペラ、文学など多くの分野の芸術家に刺激を与えてきたのである。日本においても最近、この作家への新たな関心の増大を見ること出来る。三島は存命中、“高度な文化”とサブカルチャーの間を自由に行き来し、そこにある多くのジャンルを使いこなしていたが、長い間、過激な反動作家と見られてきた三島が、今では“クール”な日本を象徴しているのだろうか?一体、三島の何が世界中の芸術家達を魅了したのか?三島の創造性の源泉はどこにあるのだろう?

 三島由紀夫のセンセーショナルな自死から丁度40年。この会議は、三島由紀夫という文学者の魅力、同時にその問題性を掘り下げることを目指して開催される。集まった一般聴衆を前に、三島文学がこれまで国際文化の世界へ与えてきたものへの反響を具体的に紹介しようとするのが、会議の前半である。会議の後半は、学術的性格のより強いものとなり、ヨーロッパやアジア文学・文化と三島の作品の関連について、世界各国の研究者達が発表する。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-03-15 18:30 | ベルリン文化生活 | Comments(0)

街角にやって来たベルリナーレ

e0038811_80577.jpg
U7 Eisenacher Str.にて(2月19日)

ベルリン国際映画祭(通称ベルリナーレ)で、例年最も注目を浴びるのはコンペ部門であり、メイン会場「ベルリナーレ・パラスト」の赤じゅうたんを歩く世界中から集まったスターたちです。とはいえ、ベルリナーレを世界3大映画祭たらしめているのは、聴衆の大部分を占めるベルリンっ子たち。今年60回目を迎えたベルリナーレでは、そんな地元の映画ファンにあるプレゼントが用意されました。“Berlinale Goes Kiez”というシリーズです。

「キーツ」とは、自分が住む界隈のことを(時に愛着を込めて)呼ぶ際、ベルリンでよく使われる言葉。最新の設備を備え、ハリウッド系の大作を中心に上映する大きな映画館(いわゆるシネコン)だけではなく、規模はずっと小さいながらも、地元の人々と共に歴史を歩んで来た、いわば街角の映画館がベルリンにはいくつも存在します。

“Berlinale Goes Kiez”では、映画祭の期間中、毎日1カ所キーツの映画館が選ばれ、そこで2本の映画が上映されました。コンペ作品もあれば、ノイケルンの映画館では『Neukölln unlimited』、ケーペニックの映画館では旧東ベルリンを舞台にした新作『ボックスハーゲナー広場』といった風に、それぞれの地域に縁のある作品が取り上げられることも。ヴィム・ヴェンダース、カトリン・ザース、トム・ティクヴァなど、毎回異なるゲストが登場してキーツの映画館への思い入れを語ったり、監督や出演者が顔を揃えたりしたのは、やはり国際映画祭ならではと言えるでしょう。ベルリナーレの雰囲気が近所の小さな映画館でも味わえるということで、ほぼすべての上映が完売という盛況ぶりでした。

e0038811_7515188.jpg
赤じゅうたんが敷かれたキャピトル・ダーレム前

そんな中、私も1本だけこのシリーズを体験することができました。ダーレム地区にある「Capitol Dahlem」は、戦前の古い邸宅を改造して作られた座席数160席ほどの映画館。そこで、トルコ人のセミ・カプラノグル監督による『はちみつ』(Bal)という作品を観ました。これは『卵』『ミルク』に続く、同監督の3部作の最後を飾る作品で、アナトリアの山岳地方で養蜂業を営む父と7歳の息子をめぐる物語です。台詞はとても少ないのですが、詩情の豊かさと卓越した映像美に魅せられました。

e0038811_7522377.jpg
「この作品が人間と自然の関係を考えるきっかけになれば」と舞台挨拶をするカプラノグル監督

ご存知の方も多いと思いますが、この『はちみつ』は、記念すべき第60回のベルリナーレで金熊賞に輝きました。ドイツでの一般公開もそう遠くない先に始まるでしょう。この佳作が多くの人々の心に届くことを願っています。
ドイツニュースダイジェスト 3月5日)

e0038811_803094.jpg
冒頭のベルリナーレのポスター、近寄って見ると、過去60回の上映作品がぎっしりと印刷されていた。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-03-05 23:57 | ベルリン文化生活 | Comments(2)

安河内直子「Nachtgarten(夜の庭)」展オープニング

急な告知で恐縮ですが、明日から始まる写真展のオープニングのご案内をさせていただきたいと思います。

1月に「橋口譲二さんが案内するホテル・ボゴタ」でご紹介したHotel Bogotaで、ベルリン在住の日本人写真家、安河内直子さんの「Nachtgarten(夜の庭)」という写真展が始まります。

日本の桜を夜撮ったという安河内さんの作品は、ホテルのLichthofと呼ばれる吹き抜けに飾られます。なぜホテルの吹き抜けを使ってこのようなことが行われるようになったかの経緯は、「橋口便り」の2009年7月12日と2010年1月3日に触れられているので、よかったらお読みください。ベルリンの街で表現の世界で生きている日本人を後押ししたいという橋口さんの思いがまずあったからなのですが、同時にこのホテルが歩んで来た歴史とも大きく関わっています。

明日(5日)の18〜21時のオープニングパーティーでは、ヘルムート・ニュートン美術館の著名な学芸員マティアス・ハルダーさんも見えて挨拶をされるそうです。橋口さんと安河内さんご本人からも案内をいただきました。お時間のある方はぜひ足をお運びください。

関連記事:
橋口譲二さんが案内するホテル・ボゴタ (2010-01-17)

Hotel Bogota Berlin
Schlüterstr. 45
D-10707 Berlin
Tel. +49(0)30-881 50 01
Fax +49(0)30-883 58 87

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-03-04 19:41 | ベルリン文化生活 | Comments(0)

14日(木)の日経アートレビューのご案内

1月14日(木)の日本経済新聞朝刊の「アートレビュー」に、私がコーディネートをさせていただいた「ベルリンとグラフィティー」をテーマにした記事が掲載されます(執筆は河尻定記者。撮影は竹邨章カメラマン)。昨年11月末、今もベルリンに残る壁を見て回ったり、80年代「不法に」壁にペインティングした人々にインタビューをしたり、久々に車を運転したりと、寒く日が短い時期ということもあって、とても印象に残る仕事となりました。

毎月1回掲載されるこの「日経アートレビュー」では、新聞のこれからのレイアウトのあり方を追求していて、カメラマンから送られてきた写真をもとに、毎回新しいレイアウトを外部のディレクターと考えながら作っているのだそうです。今回のベルリンの記事もどういうデザインに仕上がっているのか、とても楽しみにしています。雑誌と違って、新聞はその日限りの発売ですので、興味のある方は明日ぜひお買い求めいただけたらと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-01-12 23:57 | ベルリン文化生活 | Comments(8)

橋口譲二氏講演会のお知らせ - ベルリン日独センター -

ベルリンの日独センターより、興味深い講演会のご案内をいただきました。『ベルリン物語』を始め、ベルリンと縁の深い写真家橋口譲二さんが、今週の木曜日、同センターにて講演会及び対談を行うそうです。80年代よりベルリンをつぶさに見てこられた橋口さんにとって、現在も変貌を続けるこの街はどう写っているのか、これはとても興味深いところです。ぜひ足を運ばれてはいかがでしょうか。以下、日独センターのHPより。

橋口譲二氏講演会「日本人写真家がとらえた変貌するベルリン」
開催予定日: 2009-11-26
会場: ベルリン日独センター
協力機関: 在独日本国大使館(ベルリン)

2009年11月26日、19時開演


講演者:橋口譲二氏
講演後に橋口氏と写真歴史家カタリーナ・ハウゼル氏の対談があります。司会は、ガブリエレ・クナップシュタイン氏(ハンブルガー・バーンホーフ美術館学芸員)。

なお、この講演会は日独の同時通訳がつきます。

入場無料
お電話によるお申し込みをお願いします:Tel. (030) 839 07 123


e0038811_19561129.jpg
„Ex-Border of East and West Berlin, Spree River", 1991 © HASHIGUCHI George

橋口譲二(1949年鹿児島生まれ)大学を中退して、日本全国を放浪の後、写真家になる。近代社会における人間の存在、社会との関わりをテーマに作品を作り続けている。代表作1982年「俺たちどこにもいられない」、1988年「17歳の地図」、1989年「ZOO」、1992年「BERLIN」、「カップル」、2008年「17歳2001~2006」など多数。2000年より現在まで国際交流基金と文化庁のサポートもと、ベトナム、インド、ドイツを中心にカメラを使ったアートワークを各地で試みている。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-11-23 12:10 | ベルリン文化生活 | Comments(4)

新博物館が再オープン

e0038811_912781.jpg
10月17日、新博物館(Neues Museum)がついに再オープンしました。修復作業中の内部の様子は、2年前に紹介したことがあります。実に70年ぶりの開館で、これにより博物館島5つのミュージアムが全て見学できるようになったわけです。もちろんベルリンでも大きな話題となりました。

関連記事:
修復中の新博物館が一般公開 (2007-10-25)

e0038811_914531.jpg
入り口は、新ナショナルギャラリーの横にあります。メルケル首相も参列しての記念式典の翌週、様子を見に行ったのですが、ご覧の通り長蛇の列ができていて、今回入るのは諦めました。新博物館のチケットは時間指定制になっていて、買った段階ですぐに入れるわけではないのです。一番いいのは、こちらのサイトから日時を予め指定してチケットを買っておくことだとか。

e0038811_945311.jpg
現在の人気ぶりは当分続きそうですが、最近観に行った知人は、「ペルガモン博物館より素晴らしかった」とまで言っていました。有名なネフェルティティの胸像を始め、古代エジプト美術や先史時代の美術を収めたコレクションはもちろん、戦争の傷跡と現代的要素を目に見える形で融合させた内部空間も、大きな見ものだろうと思います。

来年には、新博物館のこの西側の部分に、博物館島の総合エントランスホールの工事が始まるそうです。

素顔のベルリン』のP25には、新博物館の開館時間の記載が間に合わなかったので、よかったら以下の情報をお書き込みください。

(開)日~水10:00~18:00、木~土10:00~20:00

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-11-17 23:57 | ベルリン文化生活 | Comments(6)

ベルリンの文化カーニバル

e0038811_420193.jpg
今日は広島の原爆の日ですね。しばらく前になりますが、地元のタウン紙に書いたこんな記事をアップしたいと思います。

聖霊降臨祭と呼ばれる5月31日の祝日、毎年恒例の「文化のカーニバル」(Karneval der Kulturen)というパレードが開催されました。ベルリンには約180の国の人が住んでおり、この町の住人のざっと6人に1人は外国人といわれています。これはドイツの他の町に比べても大変高い割合です。特に多いのはトルコ人、また中東や旧ユーゴからの移民も少なくありません。もちろんヨーロッパ諸国やアジアからの人も。このように人種も宗教も生活習慣もさまざまという社会では、多様な価値観を認め合うということが一番大事(とはいえ、実践するのは容易なことではありません)。以前お話しましたが、ベルリンの現在の市長さんは同性愛者で、「世界に開かれた寛容な都市」というイメージを打ち出すことにとりわけ熱心です。

「文化のカーニバル」は、異文化に対する偏見を取り除き、相互理解を深める目的から1996年に始まりました。それは年々規模が大きくなって多くの人を巻き込み、いまやベルリンを代表するお祭りに発展したのです。
e0038811_4274488.jpg
日曜日の午後、パレードの行われるクロイツベルク地区に足を運んできました。人はあふれ、多くの屋台が立ち並び、なんとも楽しそうな雰囲気。やがて道路の真ん中が封鎖され、太鼓の響きが遠くから聞こえてきました。色とりどりの衣装に賑やかなリズム。踊りの種類も多種多様です。踊る人も眺める人もみんな笑顔なのが印象的で、なんとも平和ないい1日でした。世界もこうあればいいのですが。
はまかぜ新聞 6月19日)
e0038811_428468.jpg
人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-08-06 21:37 | ベルリン文化生活 | Comments(0)

第9回「学術の長い夜」が開催

e0038811_538320.jpg
ベルリンのロングナイト・イベントというと、年に2回開催される「博物館・美術館の長い夜」がよく知られていますが、ユニークな催し物はほかにもいろいろあります。6月13日に行われたのは、「学術の長い夜(Lange Nacht der Wissenschaften)」、副題は「1年でもっとも賢い夜」というものです。

これは、ベルリンとポツダムの総合大学や単科大学、その他の研究機関が日頃取り組んでいる研究内容を一般の人々に紹介し、その世界を実際に体験してもらおうという趣旨のイベントで、9回目となる今年は金曜の17:00から01:00まで、67の研究機関による2000以上ものプログラムが用意されました。大人は12ユーロ、学生は8ユーロでそれらすべてに参加することができ、さらに各会場はシャトルバスで結ばれているくらいですから、これはもう1つのフェスティバルのような存在と言えます。

私が足を運んだのは、ミッテ地区の北側にあるフンボルトハイン。工業デザインの先駆者ペーター・ベーレンスの設計で20世紀初頭に建てられた電気メーカーAEG社の工業ホール内では、そこを本拠地とするベルリン工科大学の土木工学科が、広大なスペースのあちこちにブースを展示していました。

私が会場に着いた時はすでに22:00 を回っていましたが、入り口にはグリルの屋台が並び、中に入ると何より子どもが多いのに驚きました。あちこちから歓声や拍手が聞こえてきて、学術行事ということからイメージする堅苦しさはまったくありませんでした。
e0038811_539176.jpg
土木の世界に日頃縁のない私にも興味深かったのは、最先端の研究内容を垣間見られたことです。超軽量コンクリートと人口筋肉を用いて揺れを制御する橋の実物大のモデルが物々しく置かれているかと思うと、まったく新しいセンサーシステムで方向をキャッチする飛行船の模型が会場内を飛び回っていました。同大学でスタジアムなどのアダプティブな可動式屋根構造を研究している筆者の友人の増渕基さんは、魚の動態原理を建物の屋根の構造に応用しようと試みる模型の解説をしてくれました。
e0038811_538374.jpg
子ども用の体験プログラムも多数あり、中でもスパゲッティを使って最も美しい風車を作るというコンクールは注目を集めていました。また、AEG社が1895年に欧州大陸で初めて掘ったという実験用の地下鉄トンネルを歩くツアーもこの近辺であったそうです。

「学問は社会の重要な『資源』であるだけでなく、常に刺激的な冒険である」とプログラムの前文に書かれていましたが、まったくその通りだと実感した一夜でした。
ドイツニュースダイジェスト 7月23日)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-07-23 22:51 | ベルリン文化生活 | Comments(2)

第1回「オペラ・劇場の長い夜」、今夜開催

e0038811_1872282.jpg
ベルリンでは夏と冬の年2回、"Lange Nacht der Museen"(「ミュージアムの長い夜」)という催しがすでに定着しているのですが、その劇場版が今夜初めて開催されることになりました。題して、"1. Lange Nacht der Opern und Theater"。

HPのリストを数えてみたところ、参加する劇場の数は51(うちオペラ劇場はノイケルン・オペラ含めて4つ)にも上るので、これはもう大変な規模です。人形劇、子供劇、シャンソン、ミュージカル、オペラ、アバンギャルドな演劇、朗読、カバレット、ダンスなど何でもあり。19時から深夜1時まで、各劇場は独自のプログラムを組んでおり、それぞれが30分単位なのでいくつもの劇場をはしごすることが可能です。

劇場間は、州立歌劇場横のベーベル広場から10~15分おきに出るシャトルバスで結ばれます。チケットは全ての催しに参加できて15ユーロ(学割10ユーロ)。貧しくてもこういうことが実現できるベルリンはやはりすごい。オープニングにはヴォーヴェライト市長も見えるそう。今週末のおすすめです。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-04-25 11:31 | ベルリン文化生活 | Comments(11)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング