ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

カテゴリ:ベルリンのいま( 143 )

ドイツ建国60周年

e0038811_17345326.jpg
先日のベルリン空輸終結60年のフェストからまだ2週間も経っていませんが、今日23日はボン基本法制定、同時にドイツ連邦共和国の建国から60年という記念の日です。ブランデンブルク門と6月17日通り周辺では夜の10時までお祭りが行われています。5時半からは特設ステージで、バレンボイム指揮シュターツカペレがベートーヴェンの第9を演奏するそう。内容はほかにも盛りだくさんです。ベルリン在住でお時間のある方は、ぜひ足を運ばれてみてください(詳細はこちらより)。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-05-23 11:29 | ベルリンのいま | Comments(2)

夏時間へ

e0038811_22304343.jpg

しばらくご無沙汰していました。
先週は自分にとって仕事上の大きなプロジェクトが始動したこともあって、ブログを更新する暇がほとんど取れませんでした。忙しい1週間でしたが、大変充実していました。いつかブログでもその成果について報告できることを願いつつ、楽しみながら取り組んでいきたいと思います。そういうわけで、更新頻度はこれからしばらく落ちるかもしれませんが、引き続きどうぞよろしくお願いします。

先週末で夏時間に変わり、日本とベルリンとの時差は7時間になりました。今年の冬は、例年にないほど長く厳しいもので(晴天の日も少なかった)、さすがにうんざりしていますが、春の到来は確実に近づいているようです。早く自転車に乗って街に出たいなあという思いから、今日はこの写真を選んでみました(笑)。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-03-30 15:48 | ベルリンのいま | Comments(2)

よみがえるベルリンの王宮

e0038811_21493797.jpg
2年半かけて行われてきた旧東ドイツ時代の共和国宮殿の解体作業が終わりを迎える昨年11月末、ベルリンの将来に関する大きな決定が下されました。共和国宮殿に代わって新たに建てられる「フンボルト・フォーラム」の建築コンペで、15人の審査員が全員一致でイタリア人建築家フランコ・ステラの作品を勝者に選出したのです。

プロイセン時代に端を持ち、1950年に東ドイツ政府によって爆破されたベルリン王宮を再建すべきか否かは、この15年間、ベルリンのみならずドイツの将来に関わる中心議題であり続けました。しかし、王宮の復古という形ではなく「フンボルト・フォーラム」という名称の複合文化施設として再建を決定していた連邦政府は、これで2010年の着工に向け本格的に動き出すことになります。

e0038811_225216.jpg
現在、コンペに参加した30作品がウンター・デン・リンデンの皇太子宮殿(Kronprinzenpalais)に展示されているというので、先日見てきました。連邦建設省主催のこのコンペでは、バロック様式のファサード(正面)3面はオリジナルの外観を保つというのが条件。残りの東側のファサードと屋上のドーム、及び中庭のデザインは建築家に任されました。中には斬新で奇抜なデザインの作品も見られましたが、ステラの建築はオリジナルの外観にかなり忠実に沿ったもので、素人目にはやや殺風景に感じられた東側の現代的な部分も、「建築家の自我が前面に押し出ることなく、バロック様式のリズムに沿って形成している」などと評価されたようです。

e0038811_2158647.jpg
「フンボルト・フォーラム」は、プロイセン文化財団が所有する非ヨーロッパの美術コレクション、ベルリン市図書館、フンボルト大学所蔵の学術コレクションという3つの核で成り立っており、その他、アゴラと呼ばれる残りのスペースはコンサートや映画の上映、現代アートの展示、カフェ、レストランなどに利用されます。

東西再統一後、ベルリンは新しい未来を予感させる工事現場にその時々彩られてきました。例えば90年代のポツダム広場、2000年代に入ってからのベルリン中央駅などです。2014年末に完成予定の「フンボルト・フォーラム」が、今度は新たにその役割を担うことになるのでしょう。
ドイツニュースダイジェスト 1月16日)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-01-14 14:07 | ベルリンのいま | Comments(6)

今日は第4アドヴェント

e0038811_9471223.jpg
ウンター・デン・リンデンにて(12月20日)

2日前、約2週間半ぶりに自宅のパソコンがネットに接続できました。
結局自分たちではどうすることもできず、ある方にテクニカル面で尽力いただいたお陰でようやく復旧したのですが、普段ネットにどれだけ依存していたかを図らずも実感することになったのでした。今のパソコンを3年前に購入して以来こんなことは一度もなかったこともあり、ネットにつなげないというだけで生活・仕事面でこれほどまで不便を強いられるものかと、精神的にも結構しんどいものがありました。これが現代人の宿命なのでしょうか・・・まずはほっとしています。

そんなこんなで、今年はクリスマスの様子もなかなかお伝えできなかったのですが、最近撮った写真をここで何枚かまとめてアップしたいと思います。雰囲気が伝わるでしょうか。

e0038811_9472892.jpg
カイザーヴィルヘルム記念教会

e0038811_9475238.jpg
KaDeWe

e0038811_9482350.jpg
ポツダム広場のショッピングモールArkaden

e0038811_9485677.jpg
シャルロッテンブルク宮殿のクリスマス市

e0038811_9492294.jpg
ポツダムのブランデンブルク通りにて

今日は再びポツダムに行ってきます。それではまた!

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-12-21 02:14 | ベルリンのいま | Comments(2)

おんぼろホテルから高級ブティックへ -Unter den Linden-

e0038811_16563155.jpg
Ecke Unter den Linden/Friedrichstraße(10月22日)

1ヵ月半ぶりに戻ったベルリンは、街の風景が微妙に変わっていました。

e0038811_16573675.jpg
この写真を見て、一体どこだと思われた方もいるのでは?ウンター・デン・リンデンとフリードリヒ・シュトラーセの角、かつてのHotel Unter den Lindenの跡地がこのように変貌したのです。この3年間の風景の移り変わりについては、以下のページを見てもらえれば一目瞭然でしょう。

Ecke Unter den Linden/Friedrichstraße (1)(2) (2008.06)

e0038811_1657167.jpg
建物全体に先駆けて、木曜日にDouglas, Zara, Espritなどがオープン。その前の夜にたまたま通りかかったら、ちょうどテープカットが行われる直前でした。

e0038811_16565956.jpg
隣は文化のデパート"Dussmann"。この日は招待客を集めての前祝だったようです。

e0038811_1656310.jpg
DDR時代のくたびれたホテルから、ニューヨークのアッパー・イースト・サイドをモデルにしたという高級ブティック街へ。オフィスやアパートも兼ね備えた複合ビルとして、来年末までに全てが完成する予定です。

参照:
"Good Bye Hotel Unter den Linden!" (2006.02)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-10-25 12:29 | ベルリンのいま | Comments(14)

落葉のベルリン

e0038811_6375767.jpg
Mehringdammにて(10月16日)

約1ヵ月半ぶりに戻って来たベルリンは、すっかり落葉の季節に入っていました。
その間この街で起きた出来事についてはほとんど何もチェックしていませんでしたが、季節が変わったとはいえ、人のたたずまいも街の空気も何一つ変わっておらず、いつもながらほっとします。ただ、今回から生活が1人でなくなるので、見える風景も微妙に違っているような、そんな気もします。

さて、一緒にやって来た妻ですが、私の部屋の散らかり具合にいきなりショックを受けたようで^^;)、今日は昼過ぎからドラッグストア、スーパー、IKEAとはしごし、新生活は大掃除から始まりました。しばらくは新しい環境への土台作りに追われそうです。少し落ち着いたら、沖縄の話から始めたいと思います。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-10-16 23:57 | ベルリンのいま | Comments(14)

還ってきた十字架 - Berliner Dom -

e0038811_2029171.jpg
Berliner Dom (2007年8月10日)

金色に輝く大きな十字架、これ一体なんだと思いますか?

e0038811_20293947.jpg
ベルリン在住の方はもちろん、ここ最近旅行等でベルリンを訪れた方は、この光景を見てピンとくるのでは?2006年12月から、1年半以上ぽっかり場所を空けていたベルリン大聖堂のてっぺんの十字架が、8月19日の朝ようやく元の場所に還ってきたのです(この写真のみdpaより借用)。

e0038811_20302446.jpg
今までの十字架は、DDR時代の1981年、大聖堂の再建に際して造られたものでした。ところが、20年以上もの間に腐食が進み、今回バイエルン州のある街で完全に造り直されることになったのです。同時にその下の金色の玉、さらにKönigskronen(王の冠)と呼ばれる部分もきれいになって戻ってきました。高さ15メートル、重さ12トンもある十字架ですが、この位置から見ると大聖堂のスケールが何となく伝わるでしょうか。

e0038811_2030151.jpg
8月最後の日曜日に取った1枚。やはりこの十字架があるとないとでは、全体の締まり具合が全然違います。ちなみに、大聖堂付近の今の様子は、ドイツ歴史博物館の固定カメラで常時眺めることができますよ。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-09-08 00:18 | ベルリンのいま | Comments(0)

Blog「ベルリン中央駅」3周年

e0038811_319392.jpg
8月1日をもって、当ブログは3周年を迎えました。日頃読んでくださっている方々に、まずは心からのお礼を申し上げたいと思います。

2周年のときはわざわざここで触れませんでしたが、3年間ほぼ休みなく(しかも楽しく)続けてこられたことには、いささかの感慨があります(記事の数はその間800を越えました)。
今にして振り返れば、このブログを始めたきっかけの一つは、当時務めていた会社を辞めたことでした。周りからは、「新しい仕事を見つけるならフランクフルトやデュッセルドルフに行った方がいいよ」とすすめられもしましたが、自分の中に何か意地のようなものがあって(笑)、結局ベルリンに残る道を選んだのです。そんなとき、自分の伝えたいことを気軽に発信できるブログというツールが急速に広がっていたこともあり、この「ベルリン中央駅」を始めてみたのですが、私はたちまちのめり込みました。

一体何がそんなに楽しかったのか。自分でもよくわからないのですが、さまざまなベルリンを自分の言葉でつづり、写真に収め、時にはここに長く住む人との対話を記録したりすることによって、この街とのかかわり方が根本的に変わった。それは確かかもしれません。そして、忘れてはならないのは、読んでくださっている方のコメントが常に私を刺激してくれたこと。貴重で面白い出会いも数々ありました。会社を辞めたことでそれなりに大変な思いもしましたが(まあ今も大変ですが^^;)、何かを伝えたいときに、毎日一定数の人が読んでくれる個人メディアを持てたということは、日々の生活のどこかで心の支えになっているような気がします。

今後、実現していきたいことはいろいろとあります。これまでは自分の知識と経験不足から書けなかった(あるいは書く勇気がなかった)テーマについても踏み込んで行きたいですし、長期的な視野で見たらやはり本を書きたい!ここまでベルリンにこだわってきたからには、短期間の集中取材などでは絶対に書けないようなものを書いてみたいという思いはあります。私のような無名の書き手にすぐにチャンスが巡ってくるとは思いませんが、人生何が起こるかわかりませんからね。ブログに関してはこれまで通り、野茂の三振やイチローのヒットのように、地道に積み重ねていきたいと思っています。そして、何事も楽しむ精神を忘れないこと。今後ともお付き合いいただけると幸いです。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-08-03 22:36 | ベルリンのいま | Comments(71)

最近の新聞の見出しより(2008年7月)

ここ最近のたまった新聞を整理しながら、気になった記事の見出しをメモ代わりにいくつか記しておきます(最後以外はBerliner Zeitung)。タイトルで検索すればその記事が出てくることが多いので、興味のある方は試してみてください。

07-08(文芸)
Lukrative Ehre(もうけのいい栄誉)
1920年代に造られたベルリンの6つの団地が、ユネスコの世界遺産に加わる。

07-14(ベルリン)
"Kurt ist cool. Er ist wie wir, nur älter"
13歳の生徒がノイケルンの年金生活者と通りでスパゲッティを食べる。長机プロジェクトの成功。

07-16(文芸)
Brüskierte Architekten(そっけなくあしらわれた建築家)
シュターツ・オーパーの改修プロジェクトは、新たに公募される。

07-17(文芸)
Treffen sich zwei Schamanen(2人のシャーマンの出会い)
カラヤン・イヤーに紛れもないCDの新譜。グレン・グールドとのベートーヴェン。

07-18(ベルリン)
Doppelt gemoppelt
マレーネ・ディートリッヒの2つの新たな記念プレートが除幕される。

07-21(文芸)
Es gab ein Berlin vor dem Schloss(王宮の前にひとつのベルリンがあった)
「僧院地区」(Klosterviertel)の再建計画は、昔のブルジョワ都市を思い出させる。

07-23(トップ)
Karadzic in Haft - Serbien hofft(カラジッチ被告が拘束。セルビアは希望を持つ)
オバマ氏のベルリン来訪と並んで、先週一番の大きな政治ニュースが、元セルビア人指導者が12年ぶりにベオグラードで身柄が拘束されたこと。

07-28
Was wir uns von China wünschen(われわれが中国に望むこと)
北京オリンピックを前に、シュタインマイヤー外相がFAZ紙に特別寄稿。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-07-29 23:57 | ベルリンのいま | Comments(0)

アメリカフェストで祝った新しい大使館

e0038811_4274439.jpg
アメリカ合衆国の独立記念日だった7月4日、ブランデンブルク門南側の新しい米国大使館が、メルケル首相やブッシュ元大統領ら独米の要人を招いて正式にオープンしました。その翌日は、パリ広場から6月17日通りにかけてアメリカフェスト(Amerikafest)が開催され、大勢の市民が集まりました。

ベルリンに住んでいると、戦後米国がこの街に残したものの大きさを実感することが少なくありません。西側の自由大学(FU)、記念図書館(AGB)、5月に歌舞伎公演が行われた「世界文化の家」(元の名はコングレスハレ)などは全て米国資本によって造られたものですし、冷戦時代、陸の孤島だった西ベルリンを訪れて自由の重要性を唱えた歴代米大統領の演説は、「私は一人のベルリン市民である」の名ゼリフを残したケネディや壁の崩壊を訴えたレーガンの例を持ち出すまでもなく、今でも繰り返し語られます。

ベルリンにおける米国大使館の歴史は実はかなり古く、1797年には最初の米国大使(後に大統領となるジョン・クィンシー・アダムズ)がプロイセンの首都に送り込まれています。1920年代に米国がブランデンブルク門南側に土地を買い取り、後に大使館がこの地にオープンしますが、第2次世界大戦とその後の東西分断により、実際に使われたのはわずか数年でした。今回、67年ぶりに元の場所に戻ったことになります。

e0038811_4284030.jpg
アメリカフェストでは、安全上の理由から市民が新しい大使館に入れる機会はなかったものの、ライブ演奏や各種の屋台は家族連れなどで賑わっていました。中でも、米民主党のブースで配られていた「OBAMA'08」と印刷された風船は大人気。最近の世論調査によると、ドイツ人の72%がオバマ氏を次期大統領として支持しているとの結果が出ています。

e0038811_429917.jpg
今月24日、そのオバマ氏が遊説のためベルリンにやって来ます。メルケル首相との会談のほか、ブランデンブルク門前での演説も計画されているそうで、ベルリン、しいてはドイツと米国の今後を占う意味でも、大きな注目を集めるのは間違いありません。
ドイツニュースダイジェスト 7月18日)

先週初頭この記事を書いた後、オバマ氏の「ブランデンブルク門前での演説」についての論争が巻き起こりました。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、おおよその内容は以下の通りです。

<オバマ氏>ベルリン「旧壁」前での演説希望、独政界に波紋
【ベルリン小谷守彦】米大統領選民主党候補に確定したバラク・オバマ上院議員(46)がベルリンのブランデンブルク門前広場での演説を希望し、独政界で是非をめぐる論争が起きている。シュテーク首相府副報道官は、冷戦終結を象徴する同広場を「選挙戦の舞台」とすることにメルケル首相が「不快感」を示したと表明。一方で、シュタインマイヤー外相やウォーウェライト市長は「(演説は)良好な独米関係の表れ」などと歓迎している。

オバマ陣営は24日の演説を希望しており、許可権限を持つ市は正式な申し込みがあれば利用を認める意向。これに対しシュテーク報道官は9日、「ドイツの首相候補なら、ワシントンやモスクワの広場を選挙集会に使おうとは思わない」と選挙手法を批判した。

冷戦で東西に分断されたベルリンでは歴代の米大統領が名演説を行ってきた。同広場ではベルリンの壁崩壊2年前の87年、レーガン大統領(当時)が「ゴルバチョフ氏(旧ソ連大統領)よ。この門を開け。壁を崩せ」と演説。クリントン大統領(当時)も94年に「ベルリンは自由だ」と冷戦終結をたたえた。オバマ陣営がこうしたイメージにあやかりたいと願っているのは明らかだ。
(2008年7月11日 毎日新聞)

--------------------------------------------------
そして、つい先ほどの報道では、「オバマ氏は、戦勝記念塔か赤の市庁舎の前で演説を行うことになるだろう」(ヴァイスキルヒェン外交報道官)とのことです(参考記事)。
意見はいろいろあるにせよ、ベルリン・ブランデンブルク門前での政治演説は、それだけの「重さ」を持っているということなのでしょう。ちなみに、ブッシュ・シニアもその息子ブッシュ現大統領も、あの場所で演説をしたことはありません。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-07-16 22:04 | ベルリンのいま | Comments(10)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング