ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

カテゴリ:ベルリンのいま( 143 )

ベルリンに秋葉原が出現!

e0038811_2024725.jpg
見本市「YOU」の中のAKIBA@DE秋葉原のブース

6月8~10日、ベルリンのメッセ会場で見本市「YOU」が開催されました。YOUは1996年にドルトムントで始まった14~22歳の若者向けのトレンドメッセで、音楽、スポーツ、ライフスタイル、教育の4つのセクターから成っています。会期中は約14万人が訪れるなど、この種の見本市としては欧州で最大規模なのだそうです。

今年のYOUの特徴は、ライフスタイル内にアジア・エリアが設けられ、多くのブースが並んでいたこと。「マンガ、アニメ、スシはこちらでもよく紹介されますが、寿司以外の食文化や語学、伝統文化も含めて、ヨーロッパの若者にもっと日本のことを紹介したいと思っていました」と、主催者であるベルリン見本市会社のマライケ・ランツさんは説明します。

中でも目立っていたのが、AKIBA@DE秋葉原と大きく書かれた奇抜なブース。これは、東京・葛飾のシン・ネットワーク社がメイン出展して作られたものです。実行委員会の多賀信樹さん(デュッセルドルフ在住)は、「ポップカルチャーも含め、今の日本の生活文化を日本人の手で紹介したい。その際、われわれの出展のイメージをはっきりさせるために、外国人にとっても重要な観光スポットとなっている秋葉原を全面に出そうと思いました」と語ります。

浴衣の試着コーナーはドイツ人にも好評だったそうで、デュッセルドルフで活動しているアーティストたちによる現代アートの作品も並んでいました。

メイド服を着て手拭いを売る若い女性に話し掛けてみると、日本人かと思いきや内モンゴル出身で、現在はエッセンでドイツ語と日本語を勉強しているという鄭北婷さんでした。漫画『SLAM DUNK』を読んで日本文化に興味を持ったという彼女。「あ、これはメイド服ではなくて、ゴスロリ(ゴシック&ロリータ・ファッションの略称)ですよ」と流暢な日本語で指摘されたものの、私には何のことかさっぱりわからなかったことを告白しておきます。東京発のポップカルチャーが、今や海を越えて広まっていることを実感しました。

e0038811_2025891.jpg
手拭いを売る女性2人。右が鄭北婷さん

最終日は、東京からラーメン屋「豚とこむぎ」、パリからはコスプレお好み焼き屋「お好み娘」がそれぞれの名物をふるまい、こちらも好評だったとか。前述のランツさんは、「来年はぜひ、ここで弁当講座を開きたいですね」と意気込んでいました。
ドイツニュースダイジェスト 7月13日)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2012-07-14 13:07 | ベルリンのいま | Comments(0)

完全凍結したリーツェンゼー

e0038811_18512998.jpg
1月末からヨーロッパに押し寄せている寒波で、ベルリンでも湖の凍結が進んでいます。先週末、私の自宅からも近いシャルロッテンブルク地区の湖リーツェンゼー(Lietzensee)が完全に凍結したというので、身を切るような寒さの中散歩してきました。

e0038811_1851468.jpg
リーツェンゼーはノイエ・カント通りを中心として南北に分かれた、6,6ヘクターの湖。その形はヒョウタンを思わせます。雪が降る中、北側の湖面に降り立つと、いきなり自転車に乗ったおじいさんが目の前を通り過ぎていきました。大きな薪を荷台に積んでいますが、暖をとるのにでも使うのでしょうか・・・。

e0038811_190131.jpg
歩いて行くと、湖面が浮き出た部分が見えてきて、スケートの跡が刻まれています。水深3〜4メートルある湖ですが、今はさすがにどんなに踏んづけてもびくともしません。

e0038811_18511486.jpg
南の方に進むと、親子連れの数が増えてきます。

e0038811_18512122.jpg
即席のスケートリンクができていました!

e0038811_18514177.jpg
その奥にはアイスホッケーを楽しんでいる人たちの姿も。
凍った湖を天然リンクにして遊んでいる人々の姿を見ると、ブリューゲルを始めとした16世紀フランドルの風俗画を思い出します。そういえば、ベルリンの絵画館にもこの時代の北国の情景を描いた絵がありましたね。

e0038811_18514973.jpg
遊んでいる人たちは元気いっぱいでしたが、私たちは30分を越えた時点でもう限界。確かこの翌日の夜だったか、零下25度というこの25年間でもっとも寒い夜になったと、新聞に大きく載っていました。ウクライナやポーランドほどではありませんが、ベルリンでも寒さで亡くなる路上生活者が出てきているようです。早くこの寒さが幾分はやわらぎますように。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2012-02-10 12:18 | ベルリンのいま | Comments(2)

開港が近づくベルリン・ブランデンブルク空港

e0038811_261295.jpg
2012年のベルリンの大きな節目となる出来事のひとつは、6月3日ついに新空港がオープンすることでしょう。ベルリンに興味のある方にとっては特に気になるところだと思うので、比較的最近の様子をお伝えしたいと思います。

e0038811_264141.jpg
今回お届けする写真は、昨年9月空港近くのBBI-Infotowerを訪れたときの様子。このタワーは毎日10~16時の間オープン。入り口で2ユーロ払って、らせん状の階段を上って行きます。

e0038811_262887.jpg
ここに来るのは一面雪景色の2010年初頭以来でした。天気の印象の違いを除いても、工事は随分進んだものです。当時の写真と比較してみると、進行具合がよくわかると思います。

関連記事:
ベルリン・ブランデンブルク空港のいま (2010-02-19)

e0038811_264829.jpg
目を凝らすと、蛍光色の作業着を着た現場の人の姿がちらほら目に入ります。ここまできたら、土日も関係なく作業をしているのかもしれませんね。ターミナルの中では、開港に向けてのさまざまなテスト(旅客用のトランクの移動作業など)も始まっているそうです。

e0038811_26594.jpg
こちらが東側の様子。地下は鉄道駅になります。

この1年半ぐらいずっと論争の的になっていた飛行機のルートを巡る問題(騒音に悩まされるかもしれない周辺住民が繰り返し反対のデモを起こしていた)は、昨日正式なルートが確定したことで、ひとまずの終結を見ることになりました。もっともこのまま終わることはなさそうですが。

e0038811_27894.jpg
タワーから臨む現在のシェーネフェルト空港。東独時代に建てられた空港ターミナルがなんとちっぽけに見えることか。

e0038811_271533.jpg
12月にスペインのマラガに飛んだ際、Easyjetの窓から新空港の様子が見えましたが、外観はさらに完成に近づいていました。

われわれ日本人にとっては、「日本までの直行便が飛ぶのか?」が一番の関心事でしたが、(いろいろな噂は耳にしたものの)結局開港に合わせてどこかが飛ばすことはさそうな気配です。市内から少し空港が遠くなる上、あの煩わしい乗り継ぎも変わらずかと思うとテンションも下がりますが^^;)、ベルリン待望の国際空港のオープンがいよいよ4ヶ月後に迫ろうとしています。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2012-01-27 22:01 | ベルリンのいま | Comments(5)

フリードリヒ大王の生誕300周年

e0038811_2143076.jpg
サンスーシ宮殿とその下に広がる美しい庭園

ポツダムのワイン畑の丘の上に建つフリードリヒ大王の夏の離宮、サンスーシ宮殿を訪れ、魅了された方は多いのではないでしょうか。2012年は、「大王」ことフリードリヒ2世(1712〜86年)の生誕300周年。今年は、彼が足跡を残したベルリン、ブランデンブルク州の州都ポツダムを中心に、多数の記念行事が予定されています。

e0038811_2194695.jpg
フリードリヒ大王と言うと、どんなイメージをお持ちでしょうか。哲学者ヴォルテールを議論の友に迎えた、18世紀を代表する啓蒙専制君主。いくつかの戦争によって領土を拡大し、プロイセンを欧州の列強にのし上げた軍国主義者。絵画やフルートを愛し、自ら作曲までした芸術家としての顔。妃とはすぐに別居、一方で犬をこよなく愛したどこか孤独な私生活……。歴代のプロイセン王の中でも、フリードリヒ大王ほど多彩な側面を併せ持ち、今なお人々の関心を引き付けて止まない人物はいないかもしれません。

実際、メモリアルイヤーに予定されているプログラムの内容も多岐に渡ります。最初のハイライトは、大王の誕生日である1月24日にかけてでしょう。ポツダムでは1月12日から音楽、劇、朗読、講演など多くの文化行事が予定され(詳細はこちら)、24日にはベルリン・フィルハーモニーで記念コンサートが、同日コンツェルトハウスではヴルフ大統領も臨席しての記念式典が行われます。

e0038811_2164332.jpg
ポツダムの旧市街に置かれた新宮殿の特別展「FRIEDERISIKO」の巨大なシンボルマーク

4月28日から10月28日まで、ポツダムの新宮殿で開催される特別展「FRIEDERISIKO」は、一連のプログラムの中でも目玉と言えるものです。1756年から続いた七年戦争の終結後、フリードリヒ大王がプロイセンの国力を誇示するために建てさせたという新宮殿は、長らく修復工事が行われていましたが、今回初公開の部屋も含めて70ものホールが一般公開されます。主催するプロイセン宮殿庭園財団史上「最もお金を掛けた」展覧会と言われるだけあって、いやが上にも期待は膨らみます。

このほか、大王が皇太子時代を過ごしたラインスベルク宮殿、ベルリンのドイツ歴史博物館でも関連の展覧会が予定されており、ポツダムのブランデンブルク・プロイセン歴史館では、「王とじゃがいも」というテーマの展覧会も!フリードリヒ大王がプロイセン国民に初めてじゃがいもを食べさせたというのは、有名な話です。

2012年、フリードリヒ大王にどのような形で新たに出会えるのか楽しみです。皆さんもこれを機に、ベルリンやポツダムを訪れてみてはいかがでしょうか。
http://friedrich300.eu
ドイツニュースダイジェスト 1月13日)

ドイツ/フランスのテレビ局Arteでもフリードリヒ大王の特集が組まれています。1月22日には、昨年新宮殿で行われたエマニュエル・パユとカンマーアカデミー・ポツダムのコンサートも放映されるそうで、これは必見ですね。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2012-01-13 13:25 | ベルリンのいま | Comments(2)

Frohes Neues Jahr 2012!

e0038811_010390.jpg
スーパーで見つけたドイツの新年の縁起物、煙突掃除人くん

新年あけましておめでとうございます。

暮れも押し迫った12月30日、このブログでも何度かご紹介した外林秀人先生が入院先の病院で息を引き取られたという知らせを受け、大きなショックを受けました(外林先生についてはInterviewのタグをご参照ください)。「先生が残そうとされたメッセージは何だったのだろう」という思いが反芻したまま、年越しを迎えたような気がします。決して長い時間ではなかったものの、外林先生からは大切なことをたくさん学ばせていただきました。ご冥福を祈りながら、近いうちに追悼文を書こうと思っています。

2012年1月1日は、ユーロが生活の中で流通するようになってからちょうど10年なのですよね。あの直前、銀行でユーロの各種硬貨が入った入門キット(?)のようなものを受け取った時の新鮮感、そして元旦に当時の同居人が興奮して「オイロ!オイロ!オイロ!」と叫んでいたことはよく覚えています。あの強かったユーロがいまや100円を切ってしまうだなんて、当時はほとんど想像できませんでした。メルケル首相は新年の挨拶の中で、「ヨーロッパ大陸が平和的に統一されたことが歴史の贈り物であることを、私たちは忘れてはなりません。それは半世紀以上に渡って、平和、自由、平等、人権、民主主義をもたらしたのです。現代においても、その価値は評価し尽くせることではありません」と語っていますが、いまだ暴力や専制主義が横行している世界を見ると、その意義を忘れるべきではないのだと思います。ひょっとしたら1年後にはユーロを巡る状況はまた大きく変わってきているのかもしれませんが、この危機を何とか乗り切ることを願っています。

日本もヨーロッパも、年が変わったからといって現状が変わるものではありませんが、それでも友達やお世話になっている人たちから、年賀状やメッセージをもらい、新しい年の希望や目標などを伝え合うのはいいものです。今年は新しく北ドイツをテーマにした連載をいただいたので、旅をする機会が少し増えるかもしれません。日本に帰ったら今度こそ被災地に足を運びたいし、単行本もまた書きたいし、行きたいところややりたいことはいっぱい。でも、あれこれ手を出し過ぎて、どれも中途半端に散らかったまま、ということがないようにしないと、と思います。

そうそう、ベルリンに関して言えば、2012年6月には、いよいよベルリン・ブランデンブルク国際空港が開港します。フリードリヒ大王の生誕300年と森鴎外の生誕150年といった記念年も注目でしょうか。

このブログはといえば、昨年特に後半は更新意欲がやや衰えがちで、マメにチェックしてくださっていた方、ごめんなさい!FacebookやTwitterなど関わるものが増えてきたのと、ブログにおける(書き手と読み手の)相互作用性を以前ほど感じられなくなってきたことも原因だと思います。でも、自分にとって一番「積み重ねてきた」という気持ちを持てるブログというツールのよさを再認識する機会が最近いくつかあり、今年はまた時間のある限り更新していけたらと思っています。お気軽にコメントなどいただけるとうれしいです。

皆さまのご健康とご多幸を祈って。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2012-01-01 17:26 | ベルリンのいま | Comments(5)

ベルリン更新情報

2011年9月に拙著『素顔のベルリン』の第2刷が出版されましたが、ベルリンは大小問わず日々動いています。そこで、観光等でこの街に来られる方に少しでもお役に立てればと、『素顔のベルリン』の初版から大きく変わっている点を中心に情報を随時更新していきたいと思います。以下のページ数は同書のものです。

2011年10月1日更新
P43
「涙の宮殿」
2011年9月15日、かつての国境検問所はGrenzErfahrungen(国境体験)を常設展示とするミュージアムとしてオープンしました。入場無料です。
http://www.hdg.de/berlin/traenenpalast-am-bahnhof-friedrichstr/

P106
カイザー・ヴィルヘルム記念教会
2010年10月から大規模な改修工事が行われています(予定では2012年夏まで)。現在、戦災を受けた主塔部は完全に覆われていてビルのような外観を呈していますが、以前のように内部見学は可能です。

P78
ライヒスターク(現連邦議会議事堂)
2010年末にここを標的としたテロ警告が出されて以来、屋上のドームの見学は事前申し込み制に変わりました。以下のサイトより、オンライン申し込みが可能です。これまで通り入場は無料ですが、希望者が多いため見学希望日の遅くとも2日前までに申し込みを済ませる必要があるとのこと。また、見学する際はパスポートをお忘れなく。

http://www.bundestag.de/besuche/kuppel.html (独語)
http://www.bundestag.de/htdocs_e/visits/kupp.html (英語)

P25など
「毎週木曜日の閉館4時間前から国立の博物館・美術館の入場が無料になる制度」は、残念ながら2010年9月末をもって廃止になりました。
http://www.berlin.de/orte/museum/freier-eintritt/index.php#

P47
「イントフェルト・ショコラーデン」
いつの間にか店じまいになりました。第2刷では別の物件に差し替えてあります。

P81
「ブリューベーカー」
Sバーンのベルビュー駅前からモアビット地区のマルクトハレ内に移転しました。詳細はhttp://www.brewbaker.de/にて。

2012年12月24日更新
P31の地図
P102
ケネディ博物館は、パリ広場からミッテのAuguststraße 11-13にある旧ユダヤ人女学校内に移転しました。
http://www.thekennedys.de

2013年2月20日更新
e0038811_22481923.jpg
P60の「カレーソーセージ食べ歩き」のコラムで紹介している「カリーヴルスト・ベルリン&フレンズ Currywurst Berlin & Friends」は、残念ながら、昨年秋から閉店休業の状態です。映画『ベルリン・天使の詩』にも登場する有名なインビスだけに、オーナーが変わってもお店が引き継がれることを願っていますが・・・。

今後も折に触れて更新していきたいと思います。
by berlinHbf | 2011-09-29 23:57 | ベルリンのいま

Frohes Neues Jahr 2011!

e0038811_2242422.jpg
新年あけましておめでとうございます。

新年のご挨拶が大分遅くなってしまいました。昨年最後のエントリとなったつららの写真は結構インパクトがあったようで、いろいろとコメントをいただきましたが、ベルリンは30日ぐらいから気温が上がり(写真は30日に撮ったもの)、最高気温0度ぐらいの比較的暖かい年明けを迎えました。あの巨大なつららも、いつの間にか地面に砕け散っていましたが、また新たな寒波がやって来ることでしょうね。まだまだ油断は禁物です。

昨年もまたこのブログを通じて、いろいろな出会いがありました。2010年は、ベルリン在住10年、ブログを開設して5年という、自分にとっては節目の年でしたが、2011年も変わらずお付き合いいただけたらと思います。今年はもう少し書くスピードと読むスピードをアップして、インプットとアウトプットのレベルを上げていくのが自分の目標です。

2011年が皆さんにとって、実りある素敵な年になりますように。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2011-01-03 15:36 | ベルリンのいま | Comments(8)

Frohe Weihnachten!

e0038811_0163634.jpg
今年はベルリンのクリスマスの様子をほとんど伝えていなかったので、クリスマス・イブの今夜、ここで何枚かご紹介したいと思います。どうぞご覧ください!

e0038811_0173359.jpg
ミッテのジャンダルメンマルクトのクリスマスマーケット。

e0038811_0171240.jpg
ベルリン中央駅のツリー(スワロフスキー社製作による)。

e0038811_0165255.jpg
第2アドヴェントのノイケルンのクリスマスマーケット。

e0038811_017324.jpg
ノイケルンのリヒャルト広場。

e0038811_025663.jpg
今度はウンター・デン・リンデンへ。

e0038811_015056.jpg
ノイエ・ヴァッヘ前のサンタさん。

e0038811_0162293.jpg
州立歌劇場横のクリスマスマーケット。

e0038811_0152431.jpg
最後はやはりブランデンブルク門へ。

皆さん、どうぞ素敵なクリスマスをお迎えください!

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-12-24 17:07 | ベルリンのいま | Comments(0)

街角スナップ - 記念教会前 -

e0038811_20393841.jpg
早いもので今日から12月。振り返ってみるとなんとも陰鬱な11月だった。ほとんど常に雲は低くたれ込めていたし、月の半ばからは気温がめきめきと下がっていった。おまけに風邪まで引いてしまったし・・・昨年は年末に日本に帰るというウキウキ感で11月も難なく乗り切ることができたのだが、今年は前向きな心でいるのがなかなか難しかった。

写真はカイザー・ヴィルヘルム記念教会のあるブライトシャイト広場。奥に見える建設中のツォーフェンスターも大分出来上がってきた。9月から改装工事に入っている記念教会は、ビルのような真四角のやぐらによって覆われつつある。広場のクリスマス市だけは例年と変わらない。

e0038811_23234949.jpg
今日はマイナス10度まで気温が下がるそうだ。クーダムにもイルミネーションが灯り、街は華やかさを増したが、バスを待っている時間がこれまた相当堪える。バスがやって来るなり、皆一目散に入り口に駆け込む。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-12-01 15:48 | ベルリンのいま | Comments(5)

11月9日、ファザーネン通りのユダヤ人協会にて

e0038811_21312720.jpg
Jüdische Gemeinde Berlin (2010.11.9)

昨日11月9日は「ベルリンの壁」が崩壊して21年、そして反ユダヤ主義の暴動「水晶の夜」(Kristallnacht)が起こってから72年という記念の日でした。その前日、両方の出来事に関する追悼式典の告知が新聞に載っていたので、私はその両方に行ってみました。

クーダムから一歩入ったファザーネン通りにあるユダヤ人協会(Jüdische Gemeinde)の中に入るのは初めてでした。その前を通ることは何度もあっても、常にものものしい警備が張られていて、何か特別な理由がないと入りにくい雰囲気があったのです。昨日18時の追悼式が始まる少し前に会場に着いたら、大勢の人が集まっていたので、今回は特に気後れすることなく門を抜けました(とはいえ、中に入ってすぐに、やはり厳しいセキュリティーチェックが待っていましたが)。入り口の小ホールでは、ガラスケースの中にハヌッキーヤーと呼ばれる燭台などが飾られ、そばにモーゼス・メンデルスゾーンの胸像も置かれていました。その奥は図書館。さらに上の階に行くと、右手にレストラン、左手に進むと大きなホールがあります。

e0038811_2131439.jpg
当然ながら会場には、ユダヤ人が多く集まっていました。キッパと呼ばれる帽子をかぶり、長いひげをたくわえ、いかにもという風貌の人から、「おそらくユダヤ人だろう」と思われる人までさまざま。ドイツ人も多くいましたが、東洋人は他に見当たりません。何というか、自分がまだまだ知らない、もう1つのベルリンの中にいるような気分でした。ナチスが政権を握る前まで、一見してユダヤ教徒とわかる人は、ごくごく頻繁にベルリンの街角で目にしていたはずです。しかし、あのおぞましいホロコーストを経て、ベルリンのユダヤ人の数は激減し、このような特定の場所に行かないとユダヤの人々をまとめて目にする機会はほとんどなくなってしまったのかと・・・。

ヴォーヴェライト市長やユダヤ人協会の代表者らの追悼の挨拶の後、ライプチヒ・ゲヴァントハウスの児童合唱団がナチスの犠牲になったユダヤ人作曲家の曲を何曲か歌いました。悲しみに満ちた音楽だけでなく、希望を感じさせる明るい音楽もあっただけに、余計心に沁みました。最後に演奏されたハンス・クラーザのWiegenliedは、テレジエンシュタットの強制収容所で作曲された子どもオペラの終曲で、上演の後、多くの子供が殺された悲しい歴史を持つ音楽です。

e0038811_3394970.jpg
1時間余りの会が終わって、外に出ると、火が焚かれた前で、ユダヤ人のラビ(?)が、ホロコーストで犠牲になった人々を追悼する朗詠をしていました(冒頭の写真)。もの悲しい、独特の抑揚を持つメロディーが、時々隣のSバーンの音にかき消されながらも、夜空に響き渡りました。1938年11月9日から10日にかけての「水晶の夜」では、かつてこの場所にあったシナゴーグも放火されています。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-11-10 15:16 | ベルリンのいま | Comments(0)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング