ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

カテゴリ:ドイツ語関連( 24 )

NHK「テレビでドイツ語」2013年3月号 - タリン -

e0038811_5171887.jpg
NHK「テレビでドイツ語」のテキストに昨年4月から連載させていただいた「ハンザ都市を巡る」の連載が、一応の最終回を迎えました。今回訪れたのは、エストニアのタリン。振り返ってみると、当初の想像以上に地理的に大きな広がりを持った旅となりました。ハンブルク、リューベック、ブレーメン、ロストック、リューネブルク、ヴィスマール、ブルージュ(ベルギー)、ゴスラー、グダニスク(ポーランド)、そしてハンザ都市の最北端に位置するタリン。

e0038811_5195398.jpg
トーンペアの丘からのタリン旧市街の眺め

こうして都市名を並べてみるだけでも、いろいろな記憶が蘇ってきます。新旧の港の風景が印象深いハンブルク。華やかさと哀愁が同居したリューベックの破風屋根。ロストックの船乗りの酒場で出会った3人組にビールをご馳走になったこと。リューネブルクの「新ハンザ同盟」の祭りの賑わい。ブルージュの旧市街で何度も聴いたカリヨンの調べ。山間の町ゴスラーの清涼な空気。夜の10時半に駅に着いたものの、ホテルの場所を勘違いし、路頭に迷ったグダニスク。その美しさに改めて感動し、旧市街の路地を夢中で歩き続けたタリン・・・

海外取材まで実現できたのは、ハンザ都市の歴史的意義を理解してくださったNHK出版のスタッフの方々あってのことで、細かなサポートと共に、心よりお礼を申し上げます。原稿料をいただいて旅行記を書くのは、小学生のときに宮脇俊三さんの旅行記に出会って以来、漠然と抱いていた夢でもあったので、毎回楽しく貴重な経験をさせていただきました。限られた紙面ゆえ、原稿をいかに削るか毎回格闘していましたが、それもまたいい勉強でした。

「一応の最終回」と書いたのは、訪れてみたいハンザ都市がまだいくつもあるからです。例えば、北ドイツのシュトラールズント、ハンザ同盟の在外商館があったベルゲン(ノルウェー)、ノヴゴロド(ロシア)、ゴトランド島のヴィスビー(スウェーデン)などなど。今後も旅と調査を続けて、いつか1冊の形にまとめられたらと願っています。

1年間お付き合いいただき、どうもありがとうございました。
by berlinHbf | 2013-02-26 22:31 | ドイツ語関連 | Comments(0)

NHK「テレビでドイツ語」1〜2月号 -ゴスラーとグダニスク-

e0038811_1936193.jpg
NHK「テレビでドイツ語」のテキストに連載中の「ハンザ都市を巡る」も残りわずかとなりました。

e0038811_19262027.jpg
先月は告知し損なってしまいましたが、2013年1月号ではゴスラーを取り上げました。ハルツ地方にある美しい街で、郊外のランメルスベルク鉱山と共に、世界遺産にも登録されています。ハンザ同盟がこのような内陸部にも影響が及んでいたことをご紹介したくて、取り上げた次第です。これは教会の塔上からマルクト広場方面を眺めた様子。山間の街というのは北ドイツでは珍しく、小道を歩いていても心がすがすがしくなるような、清涼な空気が流れていました。

e0038811_19263735.jpg
2月号はポーランドのグダニスク。ベルリンから直通列車で6時間半かけて、はるばるまで出かけてきました。ドイツ語名のダンツィヒでもよく知られている街です。このマリーエン教会の塔上からは、彼方にバルト海を望むことができました。その「付け根」に位置する地点で第2次世界大戦が勃発し、その40年後にはこの街の造船所で東欧の民主化の出発点となる「連帯」が発足するなど、歴史に興味のある人間にとっては興味の尽きない街。眼下に見える教会や破風屋根の建物は、その大部分が造り直されたものだというのも信じられない思いがしました。観光案内所ではドイツ系住民の子孫という方に出会い、ベルリンに戻ってからもメールのやり取りが続いています。

どちらもご一読いただけるとうれしく思います。
by berlinHbf | 2013-01-22 12:19 | ドイツ語関連 | Comments(0)

NHK「テレビでドイツ語」2012年12月号 - ブルージュ -

e0038811_1371474.jpg
鐘楼(ベルフォールト)からの眺め(2012年7月)

NHK「テレビでドイツ語」のテキストに連載させていただいているシリーズ「ハンザ都市を巡る」。12月号ではベルギーのブルージュをご紹介しています。ハンザ同盟というと、リューベック、ハンブルクなど、ドイツの沿岸の町のイメージが強いかもしれませんが、地図を見るとびっくりするぐらい幅広い地域に分散しています。今回取り上げたブルージュは、ハンザ同盟都市のほぼ最西端に位置しますが、ロンドン、ベルゲン(ノルウェー)、ノヴゴロド(ロシア)と並び、ハンザの在外商館があった重要都市ということで、ぜひとも紹介したかったのでした。

e0038811_1404290.jpg
中世の面影がほぼそのまま残る非常に美しい町でしたが、ハンザ同盟=商業史という観点から興味深かったのは、この写真の中央に写っている建物。一見なんということのない外観ですが、「金融」(ドイツ語ではBörseと言いますが)という言葉の語源になったブールス一家が住んでいた家なのです。ドイツからのハンザ商人が滞在していた地区も、この近くにありました。ブルージュが「中世の世界市場」と呼ばれた所以かもしれません。

よろしかったらご一読いただけると幸いです。
by berlinHbf | 2012-12-07 17:51 | ドイツ語関連 | Comments(0)

NHK「テレビでドイツ語」11月号 - ヴィスマール -

e0038811_1583562.jpg
Alter Hafen Wismar

NHK「テレビでドイツ語」11月号のテキストが発売中です。ハンザ都市を巡る私の連載も終盤に近づきました。ハンブルク、リューベック、ブレーメン、ロストック、リューネブルクと巡ってきて、今回は旧東独のヴィスマールをご紹介しています。ベルリンから直通列車で約3時間。これまで歩いてきた都市と違い、ヴィスマールは海に直接面しているのが特徴で、鄙びた味わいの濃い町でした。中世の時代のコッゲ船ツアーも体験してきました。一読いただけると大変うれしいです。

e0038811_1584557.jpg
変化に富んでいて飽きることのない破風屋根の家々

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2012-11-01 18:06 | ドイツ語関連 | Comments(2)

NHK「テレビでドイツ語」9月号 - ロストック -

e0038811_6284868.jpg
8月はろくに更新できないまま終わりに近づいてしまいました。久々の更新が宣伝ですみませんが、最初にNHK「テレビでドイツ語」9月号のテキストが発売中というお知らせを。ハンブルクを舞台にした半年間のシリーズも、今月で最後です。私の連載「ハンザ都市を巡る」(こちらは来年3月まで続きます)ではロストックを取り上げています。ロストックを訪れるのは12年ぶりでした。大学時代、初めて訪れた旧東独の町がここで、当時はうら寂しい印象の方が強かったのですが、見違えるように魅力的な町に変わっていました。

特に印象に残っているのは、訪れた日の夜のこと。港の近くに、古くからの船乗りの酒場があるというので、行ってみたのです。店の前にたどり着き、ドアの向こうから賑やかな声が聞こえる。でも、こういう場所は1人ではどうしても入りにくいものです。それでも意を決して中に入ろうと思ったところ、いきなり後ろから見知らぬ男に肩を叩かれ、Komm!(来なよ!)と否応無しに引きずり込まれていったのでした。そこでボコボコにされて・・・というのではなく(笑)、地元の学生の3人組が私を飲みに誘ってくれたのでした。全くの初対面なのに、話していて本当に気持ちのいい連中で、ロストックでの生活や街の話もいろいろ教えてくれました。ある程度時間が経ったところで、明日早いからと私のビール代まで払ってさっと帰って行ったという・・・。港町特有の大らかさゆえなのでしょうか、彼らのすがすがしさには感心することしきりでした。とにかく、こんな出来事があったので、ロストックの印象は余計強いのです。

来週はこのシリーズの最後の取材旅行に行ってきます。興味の尽きない連載だったので、ひとまず終わりかと思うと少し寂しいです。それまでブログもいくつか更新しておきたいので、またご覧いただけると幸いです。

e0038811_2564529.jpg
ロストック郊外、バルト海に面したヴァルネミュンデにて

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2012-08-29 23:57 | ドイツ語関連 | Comments(0)

NHK「テレビでドイツ語」7月号 - リューベック -

e0038811_683696.jpg
NHK「テレビでドイツ語」2012年7月号のテキストが発売中です。私の連載「ハンザ都市を巡る」では、リューベックの後編を扱っています。今年度の講座の舞台がハンブルクであること、リューベックがかつて「ハンザの盟主」だったことから、この2都市に限っては前後半に分けて紹介しているのですが、リューベックへの思い入れが強い方は、意外といらっしゃるようですね。

例えば、5月に高校時代の英語の先生に12年ぶりにお会いする機会があったのですが、ハンザ都市の連載の話をしたら、「ハンザといって思い浮かぶのはリューベックだね。トーマス・マンの『ブッデンブローク家の人びと』には昔ハマったなあ。あそこには一度行ってみたい」としみじみおっしゃっていたのがとても印象に残りました。

もう1人、3月にハンザの連載の告知をした際にすぐに反応してくださったのが、twitterを通じて知り合った作家の千葉望さん。やはり、『ブッデンブローク家の人びと』がリューベックに興味を持つきっかけになったそうで、私が「まだ未読なんです」と言ったところ、「ハンザ同盟都市の市民社会の変貌を理解するには、とてもよい本ですよ」と廃刊中のこの本をわざわざ古本サイトで探して贈ってくださったのでした。

e0038811_6115281.jpg
この夏の読書の大きな楽しみになりそうです。千葉さん、ありがとうございました。8月に数日間バイロイトに行くかもしれないので、ワーグナーの音楽をイメージしながらこの小説の世界に浸れたら最高です^^。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2012-06-25 23:39 | ドイツ語関連 | Comments(0)

NHK「テレビでドイツ語」新連載「ハンザ都市を巡る」のお知らせ

e0038811_17394879.jpg
4月から新開講のNHK「テレビでドイツ語」のテキストで、1年間連載を持たせていただくことになりました。2年間口絵の連載を担当された久保田由希さんを引き継ぐ形で、テーマは「ハンザ都市を巡る」です。

4月と5月は、新年度の講座の舞台でもあるハンブルク。その後もリューベック、ブレーメンといった著名な街から知られざるハンザ都市まで、全12回のシリーズです。ハンザ同盟は国境を越えた交易圏を形成していたため、時にはドイツを離れることもあるかもしれません。私にとっても毎回発見の旅になりそうです。「テレビでドイツ語」テキスト(NHK出版)は毎月18日発売。4月からはこちらでもお付き合いいただけると幸いです。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2012-03-24 09:56 | ドイツ語関連 | Comments(5)

NHK「テレビでドイツ語」3月号

e0038811_2034747.jpg
NHK「テレビでドイツ語」2011年3月号のテキストが発売になりました。今年度締めくくりの号は、ベルリンのSバーンが表紙ですね。「映画で歩くベルリン」の最終回、できたら21世紀に入ってからの「いまの」ベルリンを描いた作品を紹介したかったのですが、残念ながら日本に紹介された適当な作品がない・・・。ということで、結局1998年の『ラン・ローラ・ラン』を取り上げました。でもそれが不本意というわけでは必ずしもなく、再び見直してみたらいろいろな発見がありましたし、このシリーズでは肝心のミッテ地区をまだほとんど取り上げていなかったので、そういう意味でもよかったかなと思っています。これで最後かと思うと、寂しい気持ちもありますが、熱心なスタッフと読者の皆さんに後押しされながら、毎回楽しく書かせていただきました。1年間どうもありがとうございました。4月からの放送では、ベルリンからミュンヘンへと舞台が移るそうです。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2011-02-20 13:04 | ドイツ語関連 | Comments(7)

NHK「テレビでドイツ語」2月号

e0038811_1902793.jpg
NHK「テレビでドイツ語」2011年1月号のテキストが発売になりました。「映画で歩くベルリン」も残り2回となり、今回は人気作の『グッバイ、レーニン!』を取り上げています。DDR(東ドイツ)を味わえるレストラン、アレックス一家のモデルとなったアパート、ビリー・ワイルダーとの意外なつながり、「オスタルジー」、DDRの反体制運動に携わった人に聞いた話などなど。お手に取ってご覧いただけると幸いです。

最新号のトピック(NHK出版のHPより)
今月はベルリン観光の穴場、地下世界ツアーや日本ショップを案内し、ベルリンならではのファッションブティックも訪れます。「いつ」「どこで」といった疑問文を中心に学び、また、買い物の際などに感想を述べる表現も覚えましょう。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2011-01-22 11:54 | ドイツ語関連 | Comments(3)

NHK「テレビでドイツ語」1月号

e0038811_4572162.jpg
NHK「テレビでドイツ語」2011年1月号のテキストが発売になりました。「映画で歩くベルリン」も大詰めを迎え、今回はあの『ベルリン・天使の詩』を取り上げています。2006〜07年にかけて綴ったこの映画のロケ地をめぐるシリーズ(こちらより)は、いまでも読んでくださる方がいるようで、たまにメールをいただくことがあります。今回久々に映画を観直して、あの時とは少し違う視点から描いてみました。一読いただけるととてもうれしいです。

今月の表紙は、ライヒスターク(連邦議会議事堂)の屋上のドーム。先日のテロ警告騒ぎを機に一旦閉鎖され、最近また見学可能になりましたが、申し込み制になったとのこと(詳細はこちら)。まあ、この寒さの中を長時間待つよりはいいのかもしれませんが、この物騒な状態が早く終わることを願っています。

最新号のトピック(NHK出版のHPより)
今月もベルリンの穴場スポットを紹介。文化の黄金時代、1920年代のエンターテインメントを彷彿とさせるヴァリエテ、現代デザインに大きな影響を与えたバウハウスの展示館、旧東ドイツの生活に触れる博物館を訪れます。新しい助動詞の使い方なども覚えながら、ベルリンを楽しみましょう。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-12-19 21:25 | ドイツ語関連 | Comments(5)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング