ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

カテゴリ:ベルリン中央駅( 27 )

グライスドライエック駅の階段

e0038811_7391.jpg
U-Bahnhof Gleisdreieck (2014-02-10)

e0038811_732455.jpg
地下鉄U2とU1が交差するグライスドライエック駅。U2の駅の方は最近改修されましたが、それでも約100年前の創業当時の雰囲気を今に残しています。この階段の上からの光が印象的で、写真を何枚か撮ってみました。

e0038811_733187.jpg
階段を上がるとU1のホームへ。多くの人は乗り継ぎのために利用するだけですが、私の好きなベルリンの駅のひとつです。

関連記事:
天使の降りた場所(12) - 都心の中の無人地帯 - (2006-10-16)
100年の重みに耐えた橋 - 天使の降りた場所(13) - (2006-10-18)
by berlinHbf | 2014-02-16 23:47 | ベルリン中央駅 | Comments(4)

ベルリン中央駅発の夜行列車を眺めて(2)

e0038811_1951728.jpg
Berlin Hauptbahnhof (2013-07-06)

少しでも夏の旅気分をということで、ベルリン中央駅から発着する夜行列車の後編をお届けします。

e0038811_17485629.jpg
この日は本の仕事が一山超えたので、中央駅構内のイタリアンのお店のソファーに座ってワインを一杯。ほろ酔い気分になったところで、地下ホームに向かいました。そのまま寝台車に潜り込めれば最高なのですが、今日もホームから眺めるだけです^^;)。

まずは、22時11分発のチューリッヒ行きのCNL(毎日運行)。車体もきれいで、寝台車も居住性がよさそう。

e0038811_1749428.jpg
発車の時刻が近づいてきました。女性の車掌さんが合図を送ります。これに乗れば翌朝9時17分にスイスの湖畔の町に到着。いいですなあ。

e0038811_17494562.jpg
チューリッヒ行きの列車が出た頃、隣のホームには別の列車が発車を待っていました。6両ぐらいの短い編成で、オール3段の簡易寝台。いかにも夜汽車という雰囲気をたたえた古めかしい列車ですが、乗車率はよく、80%以上は埋まっているように見えました。

e0038811_17495968.jpg
行き先はMalmö Centralとあります。ピンとこない方も多いと思いますが、マルメはスウェーデン南部の町。橋を隔ててコペンハーゲンとも近い距離にあります。2007年に大学オケの演奏旅行でマルメを訪ねたことがありますが(その時の記事はこちら)、まさか直通列車が走っているとは!

e0038811_17491212.jpg
運行は週3回。ドイツ鉄道のHPを見ても、料金は表示されないのですが、車体にはベルリンーマルメ45,20ユーロからと書かれています。

e0038811_1920469.jpg
ドイツとデンマーク、スウェーデンは陸路で結ばれていないので、つまりは列車ごとフェリーに乗り込むことになります。ベルリン中央駅を22時30分に発車すると、途中どこにも停車しないまま、翌朝8時10分マルメ中央駅に到着する不思議な列車です。ベルリンの知人が乗車体験記をブログで綴っているので、ご興味のある方はお読みください。

e0038811_18133242.jpg
ベルリン中央駅の写真を整理しながら、4月に一時帰国したときの記憶がよみがえってきました。上野の東京文化会館の喫茶店で知人と会い、新橋での次の約束に向かう際、駅の行き先案内板で「北斗星」の文字が目に入ったのでした。少し時間があったので、急ぎ足で件のホームに降りていました。

もはや風前の灯とはいえ、ブルートレインの青い車体を前にして、無性に懐かしい気分になりました。小学校の一時期、寝ている間に見知らぬ町に連れて行ってくれるブルートレインは、私にとってたまらなく不思議な魅力を持った存在でした。

e0038811_18133223.jpg
当時、家族で東京に出かけたときはわざわざ東京駅に寄ってもらい、9、10番線ホームから夜行列車が発車する情景を眺めていたこともあったほどです。その後の私に影響を及ぼした出来事もあったので、それについてはいつか綴ってみたいと思っています。
by berlinHbf | 2013-07-28 14:20 | ベルリン中央駅 | Comments(8)

ベルリン中央駅発の夜行列車を眺めて(1)

e0038811_5161767.jpg
Berlin Hauptbahnhof (2013-06)

夏のバカンスシーズン真っ盛り、ベルリンも素晴らしい天気がしばらくずっと続いています。どこかに旅したいなあと思いますが、来月少し遠出するので、いまは我慢。せめて旅行気分をということで、今回はこんな写真をお届けしたいと思います。

e0038811_4292159.jpg
最近発売になった『ベルリンガイドブック』のベルリン中央駅のコラム(エリア6内)の写真を差し替えたいと思い、6月末、中央駅に何回か通いました。この駅の国際的性格を示そうと、ここから発車する長距離夜行列車の写真を使いたかったんです(結局本に採用されたのは、写真のベルリン−ワルシャワ・エキスプレスだったのですが)。

e0038811_5162924.jpg
この日のお目当ては地上ホームから出るモスクワ行きの夜行列車。が、いざホームに行ってみると、何かの事情からベルリン・リヒテンベルク駅始発になったとの表示が。まったくいい加減なものです。この駅では地下ホームから発着する夜行列車の方が多く、このスリリングなエスカレーターに乗って地下へ向かいます。

e0038811_4295011.jpg
ベルリン中央駅の地下ホームはあまり趣きはないのですが、それでも普段Sバーンから見ることのない重々しい列車が横たわっていると、ヨーロッパが地続きであることを実感します。これは18時10分発のプラハ経由ブダペスト行き。ブルーの車体にPRAHAと書かれていたので、チェコ製なのかもしれません。

e0038811_4295827.jpg
20時07分発、パリ東駅行きのCNL(City Night Line)。個室寝台も備えた優等列車ですが、外観は地味で、薄汚れています(「たまには洗車したら・・・」と思うのはICEなどを眺めてもよく思うこと)。それでも、発車の際は、端から見ていてもじんとくる別れのシーンに出合うこともあります。

e0038811_525169.jpg
これは昨年秋に撮ったものですが、こんな夜行列車があるのをご存知でしょうか。パリ発モスクワ行きのユーロナイト(EN 453)。

e0038811_53468.jpg
現在の時刻を調べてみると、パリ東駅を土曜日の9時28分に発車するこの列車は、その日の21時頃にベルリン中央駅に到着。そこからワルシャワ、ミンスクを経由して、終点のモスクワ・ベラルースキー駅に着くのは翌23時58分。実に36時間30分かけて走り切るわけですが、その間運転手や車掌は何回交代するのだろう?

e0038811_534647.jpg
この列車の愛称はOst-West-Express。考えてみたら、地図を見るとベルリンは西のパリと東のモスクワのほぼ中間に位置することがわかります。この3都市のシンボル的な塔が描かれているのが面白いですね。

e0038811_54374.jpg
先頭の機関車は、ドイツのシンボルカラーでした!

e0038811_54935.jpg
ヨーロッパの西と東の代表的な都市を結ぶだけあって、中の寝台はホームから覗き込んでもかなり豪華な印象を受けました。一度乗ってみたいものですねえ。そしてこの食堂車。人件費削減で昔に比べれば減っているのかもしれませんが、それでもいまだ多くの長距離列車で食堂車が連結されていることは、ヨーロッパを鉄道で旅することの楽しみのひとつと言えそうです。

(つづく)
by berlinHbf | 2013-07-25 23:57 | ベルリン中央駅 | Comments(11)

ベルリンの工事ラッシュと「ちいさいおうち」

e0038811_6251726.jpg
Potsdamer Platz (2012-08-20)

この4週間はなんだかとても忙しく、今日から10月というのにあまり実感が沸きません。9月はポーランドとエストニアに取材で出かける機会があったのですが、ベルリンに戻ってきてつくづく感じるのは、この街の工事現場の数の多さです。ひょっとしたら自分がベルリンに来てから一番の建設ラッシュなのでは?と思うほど。この夏に撮った写真をここでいくつかご紹介します。最初は、ポツダム広場のコルホフ・タワーの上からの1枚。ライプツィヒ広場の旧ヴェルトハイム百貨店跡地の建設現場です。

e0038811_6242854.jpg
Unter den Linden (2012-07-26)

ウンター・デン・リンデンとフリードリヒ・シュトラーセが交差するあたりは、新しい地下鉄駅の工事で、足の踏み場もないほど。あちこちでどっかんどっかんやっています。U6のFranzösische Str.とFriedrichstr.の間は、6月末から16ヶ月に及ぶ工事のため分断中。乗客はこの1駅間を歩かなければなりません。2019年開業予定の地下鉄U55の工事のため、ウンター・デン・リンデンは片側通行のところが多くなっています。

e0038811_6254938.jpg
今度はフリードリヒ・シュトラーセから中央駅の方面に電車に乗ってみましょう。今まで空き地だったところが、急速にその姿を変えつつあります。議員図書館のあるMarie-Elisabeth-Lüders-Hausの裏手、場所からいってもおそらく連邦政府関係の建物が建てられるのでしょうか。

e0038811_643832.jpg
そこを越えると、電車は右手に大きくカーブします。正面にガラス張りの中央駅がよく見渡せるポイントだったのですが、ここも間もなくビルが建ちます。

e0038811_6511781.jpg
数年前までここは、Bundespressestrandという砂が敷き詰められたビーチバーで、車窓からもそののんびりした光景が見えたのですが、それももう過去のこと。ここには連邦教育・研究省のビルが建てられるそうです。

e0038811_6372926.jpg
中央駅を過ぎてすぐ、次なる大工事現場が見えてきます。ここには昔、レーター駅の貨物駅がありました。現在、連邦内務省の新しいビルが造られています。電車がこの箇所に来るとつい視線が行ってしまうのが左手の小さな建物。この辺りでは第2次世界大戦で唯一爆撃を逃れた建物で、現在は「Paris-Moskau」というレストランになっています(拙著『素顔のベルリン』のP81に掲載)。

e0038811_6373551.jpg
この小さな建物は文化財になっているので、幸い解体せずに残しておくみたいです。もともとぽつんと建っていた家の周囲が、にわかに騒がしくなっています。こんなに地中深く掘って、あの家が転げ落ちてしまわないかちょっとハラハラしたり(笑)。幼い頃に読んだ「ちいさいおうち」という絵本を思い出します。

e0038811_6374164.jpg
電車は西へと走り続け、「ちいさいおうち」はあっという間に視界の隅に消えようとしています。絵本では、文明化の波にさらされたちいさいおうちは最後田舎に越しますが、ベルリンの建設ラッシュの果てには何が待っているのでしょうか。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2012-10-01 13:21 | ベルリン中央駅 | Comments(2)

地下鉄U5の過去と未来

e0038811_952529.jpg
先頃、アレクサンダー広場から東に延びる地下鉄U5が開業から80年を迎え、特別列車が走りました。1930年12月21日、アレクサンダー広場とフリードリヒスフェルデ間が開業した地下鉄U5(当初は路線E)は、当時ベルリンで最速の地下鉄だったそうです。東ドイツ時代の1970~80年代、新興住宅地の開発に合わせてヘーノウ(Hönow)まで延長されました。現在は全長18.4kmの路線です。

昨年12月19日の午後、アレクサンダー広場の地下ホームに行ってみると、日頃見慣れないオールドタイプの2両編成の列車が停まっていました。この路線の開業当時に造られた戦前の車両で、1両は黄色、もう1両は赤色という珍しいものでした。無料の整理券をもらって中に入ると、車内はすでに家族連れや鉄道ファンで一杯。思ったよりも広々としており、木の内装ならではのぬくもりが感じられます。うなるようなエンジン音に導かれて電車が走り出すと、お客さんはどこかそわそわと落ち着かない様子で、写真撮影をしたり、物珍しそうに車内を行き来したりしていました。当時は地下鉄にまで喫煙車があったことには驚きました。

e0038811_8555017.jpg
1929年に製造された地下鉄は保存状態も良く、木製の内装がどこか郷愁を誘う

途中駅を通過する度に、ホームで待っている乗客が時々「あっ」という表情をしてこちらを眺めています。列車はフリードリヒスフェルデ駅の車両工場に到着し、再びアレクサンダー広場駅に戻ってきました。1時間弱のノスタルジック・ジャーニーを楽しみました。

さて、ここからは未来のお話。このU5がこれから西へ拡張されることをご存知でしょうか。昨年4月、ヴォーヴェライト市長同席の下、赤の市庁舎前でU5の着工式が行われました。現在、市庁舎前には広いスペースにわたって柵が張り巡らされており、小さな展望台も設置されています。この先の公園にあった社会主義思想家のマルクスとエンゲルスの大きな像も、これから始まる工事のため、すでに別の場所に移転。予定では、赤の市庁舎駅が2014年頃に開業した後、博物館島駅、ウンター・デン・リンデン駅を経由して、17年頃にはブランデンブルク門駅まで結ばれることになります。そこで一足先に開業したU55と手をつなぎ、アレクサンダー広場駅から中央駅までが1本の路線で結ばれることになるわけです。

e0038811_856827.jpg
記念列車を降りた後、赤の市庁舎前の展望台に上ってみました。ベルリンの未来図が何か見えるかなと思いきや、一面雪で真っ白に覆われていて、結局、何も判別できませんでした。
ドイツニュースダイジェスト 1月21日)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2011-01-20 01:21 | ベルリン中央駅 | Comments(2)

Blog「ベルリン中央駅」5周年!

e0038811_5353427.jpg
Neues Kranzler-Eckにて(7月29日)

お蔭さまで、8月1日をもって、当ブログも5周年を迎えました。2000年9月末、右も左もわからないままベルリンに住み始めて、もうすぐ10年になるのですが、その半分の年月をこのブログと共に歩んで来たのかと思うと、その重みを実感せずにはいられませんし、『ベルリン中央駅』が自分にとってますます大事な情報発信の場であり、同時に記録媒体にもなってきているのだと思います(逆に言えば、2000〜04年も、もう少し文章や写真で記録しておきたかったな)。

ここ1年半ぐらいは、他の仕事が忙しくなってきて、更新頻度も落ちてきてはいますが、それでも基本的には何も変わらずこうして続けていられるのは、読んでくださっている皆さんあってのことだとつくづく思います。私を刺激し続けてくれるベルリンにも感謝。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-08-05 22:57 | ベルリン中央駅 | Comments(9)

祝U55開業@ブンデスターク駅

e0038811_18191213.jpg
U-Bahnhof Bundestag (2009-08-08)

首相官邸の真下を通ることから、「首相線」(Kanzler-Linie)という呼び名が定着しているこのU55ですが、ヴォーヴェライト市長は開業に際して、この線を"Linie der Einheit"(統一線)と呼びました。ブランデンブルク門の下を通る新線というのは、東西分断時代は考えられなかったからです。実際、U55はドイツ再統一後に開業した最初の地下鉄線ということになります。

さて、超満員の電車に揺られること2分弱、真新しいブンデスターク(連邦議会)駅に到着しました。

e0038811_18193043.jpg
実はここに来るのは初めてではありません。そう、昨年5月の地下鉄駅の「魔笛」で一度ご紹介しましたね。このベンチの上で、パパゲーノやタミーノがひょうきんに演じていたのを思い出しました。それにしても、暑い一日でしたが、駅の内部はひんやりとしていい気持ち。モニュメンタルな柱と相まって、本当に神殿のような地下鉄駅です。

e0038811_18223521.jpg
地上に上がると、目の前が首相官邸、そして向かいのパウル・レーベ議員会館。ここも大勢の人で賑わっていました。

e0038811_1820472.jpg
ここまで来たら、もう一度地下に戻らずに、歩いた方が早いんじゃないかと思うほど中央駅とは目と鼻の先なのですが(笑)、今日はおめでたい日なので最後まで付き合うことにしました。では出発進行!

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-08-11 15:33 | ベルリン中央駅 | Comments(2)

祝U55開業@ブランデンブルク門駅

e0038811_249485.jpg
久々に仕事の締め切りが何もない今週末、気分も晴れやかに向った先はブランデンブルク門前でした。今日は、長年工事中だった地下鉄U55の記念すべき開業日。初日は誰でも乗車無料ということもあって、早速行ってきたのでした。このU55とは何かということについては、数年前に日本の友人たちに向けて書いたメールが出てきたので、以下に引用します。
数日前、現在建設中の地下鉄55番線(U-55)の3つある駅のうち、ブランデンブルク門前の、未だ手付かずだった最後の駅の工事が始まったという記事が新聞に載っていたので、早速現場に足を運んでみました。U-55は、現在急ピッチで建設が進んでいるベルリン中央駅から連邦議事堂前を通って、ブランデンブルク門前のパリ広場を結ぶわずか1,8キロのミニ路線。ただ、ここで終わりなのではなく、将来的にはウンター・デン・リンデンの地下をくぐって、アレクサンダー広場まで延長される予定です。

今建設中のこの辺りは、以前壁が近かったところで、戦後ほとんど放置されたままになっていた地帯。工事現場前の案内板によると、この地下鉄建設の案自体は20世紀の初頭から既にあったそうなのですが、2度の戦争、そして東西を分ける壁が着工を阻み続け、世紀を超えてようやく実現の見通しが付いたというわけなのです。ちなみにこの路線、首相(Kanzler)官邸前を通ることから、別名はKanzler-Linie。中央駅からパリ広場までは2006年ワールドカップが始まる直前までには何とか完成させるつもりで、そのため、例年ブランデンブルク門前で開催されるジルベスター(大晦日)のパーティーも、今年は休まず工事を続けるために中止が決まった、なんていう話も読みました。

e0038811_2501325.jpg
上のメールを書いたのは2004年7月24日なので、あれから早5年。ワールドカップどころか、2009年になってようやく開通に至った大きな理由は、工事の難しさにあったようです。思わぬところから地下水で出てきたりして、計画プランの変更を再三余儀なくされました。世界一難しいトンネル工事などと呼ばれていたほどです。

パリ広場前からウンター・デン・リンデンにかけての柵も取り払われ、ようやく通りがすっきりしました。

e0038811_2503380.jpg
BVGのスタンドで最新の路線図やU55のマークが入ったプレイモービル人形をもらい、いざ地下へ。駅名が「ブランデンブルク門」だけあって、さすがに立派という印象です。面白いのは、写真の上の辺りにベルリンの壁についての展示があったこと。そして階段を下りていくと、ブラントやゴルバチョフ、ホーネッカーといった人たちの壁に関する発言がプレートに掲げられていることに気が付きます。ブランデンブルク門の真下に地下鉄駅があるのはどういうことなのか、その歴史的な意義まで実感できる構成はさすがと思いました。

e0038811_2504916.jpg
ベルリンの他の地下鉄に比べて、地下の大分深いところに駅があります。ホームの壁にはブランデンブルク門の歴史についてのパネルが展示され、ホームの上にはいくつもテレビがあり、ベルリンの壁の様子をリアルに再現した3D映像が流れています。

e0038811_25164.jpg
しばらく待っていると、真新しい電車が現れました。これに乗って、中央駅まで行ってみることにしましょう。

(つづく)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-08-08 21:13 | ベルリン中央駅 | Comments(10)

このサイトについて

e0038811_211106.jpg
●ブログ「ベルリン中央駅」へようこそ。
2005年8月、当時建設中だった新中央駅の工事の様子をレポートしながら、ベルリンのいまを伝えるという趣旨でこのブログは始まりました(なぜ「ベルリン中央駅」というタイトルになったのかは第1回目の記事をご覧ください)。2006年5月にベルリン中央駅は完成し、このブログで取り上げることはもうなくなりましたが、シンプルで覚えてもらいやすいため、タイトルはこのままにしてあります。

内容は主にドイツの首都、ベルリンについてです。時事的な話題から歴史、芸術、生活文化、都市計画、人物に至るまで、できる限り幅広い視野から、この世界に類を見ない都市について書いていきたいと思っています(その反面、おいしいレストランやおすすめのホテルなど、旅行ガイド的な話題が少ないことを付け加えておかなければなりませんが)。ただ、記事によっては準備にかなり長い時間をかけているものもあり、いつかベルリンについての本を出版するのを目標のひとつにしています(後記:2009年に初の著書『素顔のベルリン』(ダイヤモンド社)を出版することができました)。

●コメント&トラックバックについて
・コメントを書かれる際は、パスワード欄に英字4桁をご入力ください。修正や削除される際も、その4桁を入力することが必要になります。
・非公開コメントの欄をチェックすると、管理人にしか見えないコメントになります。
・1回に書けるコメントの量は限られていますので、もし長くなるという場合は複数に分けてお書き込みください。
・皆さんからいただくコメントは、このブログを続ける原動力になっていることが多々あります。
・TBももちろん歓迎です。場合によってはうまく反映されないことがありますので、その際は再度お試しください。

・当サイトはリンクフリーです。

●「人気ブログランキング」について
記事の下にある人気blogランキングへをクリックしていただくと、ポイントが上がる仕組みになっています。ブログランキングからこのサイトに来られる方も意外といらっしゃるようなので、気が向いたらワンクリックしていただけるとうれしいです(ただし、1日に何度もクリックしてもポイントには反映されないそうです^^;)。

●いくつかのカテゴリのご紹介
ベルリン思い出話:私とベルリンとの個人的なつながりについて語っています。
ベルリン天使の降りた場所:ヴィム・ヴェンダース監督の名作映画「ベルリン・天使の詩」の舞台をマニアックなまでに探し求めました。
ベルリンクイズ100:ベルリンの日刊紙Berliner Zeitungに掲載された「ベルリーナーになるための100の問い」を、補足を加えながら訳しました。

→メールはこちらまで
masatoberlin[AT]yahoo.co.jp

© Copyright 2005-2011 Masato. All Rights Reserved
by berlinHbf | 2007-10-09 00:00 | ベルリン中央駅

ベルリン中央駅発ユーラシア行き

e0038811_19134251.jpg
先週のある日、Sバーンで中央駅を通ったら、キリル文字の入った見慣れないブルーの車体が停まっていました。一体どこに行く列車だろうと気になったので思わず見に行くと、行き先はベラルーシの首都ミンスクとなっていたのでちょっとびっくり。

e0038811_19135693.jpg
ホームの表示板にはモスクワ行きとなっていたので、途中で切り離されるのかもしれませんが、ICEなどが頻繁に発着するこの長距離列車用のホームにおいて、ブルーの重々しい車体は古色蒼然とした趣を漂わせていました。モスクワ行きの列車はかつては東のリヒテンベルク駅から出ていたものですが、中央駅の開業に伴って現在はツォー駅始発になっているようです。

e0038811_19141092.jpg
そうこうするうちに発車時刻が迫ってきました。

e0038811_19142112.jpg
ベルリン中央駅発15時24分のこの列車に乗ると、ミンスク着は翌日の11時25分、そしてモスクワのベロルスカヤ駅到着は22時31分となっています。

そこから先は、シベリア鉄道経由でウラジオストック、あるいは北京に抜け、さらには船で日本にも帰れるのだなあと思うと、なにか壮大なものを感じてしまった午後のひと時でした。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-08-14 18:33 | ベルリン中央駅 | Comments(17)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング