ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

ベルリン国際映画祭2004より

e0038811_758422.jpg
Berlinale Palast(2004年2月)

このブログを始める前、「ベルリン便り」と称してこちらでの体験や感じたことを日本の友達や先輩、家族宛に一括送信のメールで報告していた時期がありました。いわばメルマガみたいなものです。先日、たまたまそれらを見返す機会があったのですが、内容は未熟ながらも当時の思いが伝わってきて新鮮に感じることもあり、そのうちの1つをここに掲載してみようと思いました。今年も近づいてきたベルリン国際映画祭(2009年2月5日~15日)をテーマにした文章(2004年に書いたもの)を2回に分けてお送りします。

------------------------------------------------------------------------
ベルリンは毎年2月のこの時期、特別華やかな雰囲気に包まれます。ベルリン国際映画祭(通称ベルリナーレ)が開催されるからです。

カンヌ、ベネチアと並んで、ベルリンが世界3大映画祭の一つだということは知っていましたが、これほどのスケールのものだとはここに来るまで知りませんでした。とにかく、街が映画祭一色に染まってしまう感じです。通りにはベルリナーレのポスターや旗が至る所に飾られ、メイン会場のポツダム広場には常に多くの報道陣が待機し、連日のようにやって来るスターたちを待ち受けます。そして、歓声とカメラのフラッシュを向ける多くの映画ファンたち。テレビやラジオの夜のニュースでは、「今日のベルリナーレ」と題して、その日の出来事や記者会見の様子などが報道されます。

ベルリナーレは単なる映画のお祭りというレベルを超えて、国家的なイベントという感さえあります。映画祭にかけるドイツ政府の財政的な援助も相当なものだそうですし、公式プログラムの挨拶文は、ヴァイセ・文化メディア大臣とヴォーベライト・ベルリン市長が書いています。数年前はシュレーダー首相の挨拶文が掲載されていたほどです。

こういうことは日本ではなかなか見られないと思います。ドイツでは経済や産業だけでなく、「文化」も国の政策上、大きな位置を占めています。誰もが質の高い芸術や、貴重な文化遺産を気軽に享受するのは当然のことだから、国をあげて保護、育成していこうという基本姿勢です。ですから、国の外にドイツの「文化力」をアピールする場としても、ベルリナーレは重要な意味を持っているのです。

もちろん、ベルリナーレを毎年一番楽しみにしているのは、ベルリン市民に他なりません。この時期、友達に会うとまず最初に「ベルリナーレ、もう何か観た?」という会話になることが多いですし、街のあちこちにある特設のチケット売り場には、連日長蛇の列ができ、この様子がテレビなどでよく報道されます。最近はインターネットでもチケットを予約できるようになりましたが、手数料がかかる上、結局チケット売り場まで行って受け取らなければなりません。そして、そこにも行列ができていることがあります。

それでは、今回の映画祭の内容を少しだけご紹介しましょう。
映画祭総監督のディーター・コスリックの挨拶文によると、今回の特徴として2つの対照的な地域の作品が取り上げられます。一つは南アフリカの映画。これは2004年が人種隔離政策(アパルトヘイト)廃止から10周年に当たるため、ヒューマニズムの歴史を祝う記念の年として、南アフリカの多くの映画、ドキュメンタリー作品が上演されるそうです。そしてもう一つの重点はラテン・アメリカ。もちろん、ハリウッドの最新映画なども上演されます。

映画祭はいくつかの部門に分かれていて、まず注目度のとりわけ高い「コンペ部門」、それから「パノラマ部門」、「国際フォーラム部門」、「ドイツ映画部門」、「短編映画部門」、「子供映画部門」、「回顧展」(今年のテーマは「ニュー・ハリウッド 1967-1976」)と非常に多彩です。また「ベルリナーレ・スペシャル」と題する部門では、特定の監督を祝ったり、一風変わった試みがなされます。その中でとりわけ興味深いのは、映画祭最終日に、映画館ではなくコンサートホールの「フィルハーモニー」で上演される《春の祭典》という映画。これはその名の通り、ストラヴィンスキーのバレエ音楽《春の祭典》のために作られた無声映画です。監督のオリバー・ヘアマン監督は映画完成直後の昨年9月に40歳という若さで亡くなったそうで、今回のプレミエでは、サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルハーモニーの生演奏をバックに上演されるというのですから、これはベルリンならではの話です。

日本映画はというと、今年は例年より大分少なめです。まず、2年前に「千と千尋の神隠し」がグランプリ(金熊賞)を受賞したコンペ部門で、日本映画が一本も含まれていません。これは僕が知っている過去4回のベルリナーレでは初めてのことで、やはり非常に残念という印象は否めません。

(つづく)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-01-21 23:57 | ベルリン文化生活 | Comments(2)
Commented by la_vera_storia at 2009-01-22 13:18 x
カンヌとベルリンの映画祭はやや性格が異なるように思います。カンヌの場合は映画製作者など業界関係者が非常に多く参加しています。私は映画祭の時期に顧客のアテンドでカンヌに居合わせたことがありますが、それはもう風光明媚な土地に集まる人々など雰囲気は非常に華やかなもので、本当に忘れ難い思い出でした。ただし、一般人が参加作品にどれだけアクセスしているか、どれだけ地元の人々が関心を持っているかという点でいえば、マサトさんのレポートを読んで感じる限りでは、ベルリンのほうが大都市であるせいか、多角的であるという点でやはり上でしょうね。(ベルリンの映画祭は体験したことがありません。)
Commented by berlinHbf at 2009-01-23 06:50
la_vera_storiaさん
カンヌ、ベネチアの映画祭は体験したことがありませんが、おっしゃる通り、ベルリンのが一番市民参加型ではないかという気がします。チケットが10ユーロ前後で買えるのも良心的ですし。
la_vera_storiaさんがベルリナーレを体験されていないのは少々以外でした。ベルリンのことなら何でもご存知というイメージがありましたので(笑)。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング