ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

ティーアガルテンの「迷宮」にさまよう

e0038811_4333968.jpg
Tiergarten(2009年1月6日)

ある都市で道が分からないということは、大したことではない。だが、森のなかで道に迷うように都市のなかで道に迷うには、習練を要する。この場合、通りの名が、枯れ枝がポキッと折れるあの音のように、迷い歩く者に語りかけてこなくてはならないし、旧都市部の小路は彼に、山あいの谷筋のようにはっきりと、一日の時の移ろいを映し出してくれるものでなければならない。この技術を私が習得したのは、ずっとのちのことである。

ヴァルター・ベンヤミンの「1900年頃のベルリンの幼年時代」の「ティーアガルテン」の章はこのように始まる(「ベンヤミン・コレクション③記憶への旅」ちくま学芸文庫より引用)。

私がこの本に出会ったのは、2001年の春だったと思う。ベンヤミンに詳しい方から、当時私が住んでいたアパートがベンヤミンが幼年期に住んでいた場所と非常に近い距離にあって、当時のその界隈の様子が描かれていることを教えてもらい、これはぜひ読んでみなければと思ったのだった。私がベルリンで最初に住んだアパートの濃密な思い出とベンヤミンの祖母の家との関連性については、以前書いたことがある。

関連記事:
ベルリン生活は家探しから(3) -100年前のアパート- (2005-11-14)
ベルリン生活は家探しから(4) -歴史との接点-
ベルリン生活は家探しから(5) -ベンヤミンとベルリン-
ベルリン生活は家探しから(6) -「生き残った」アパート-

e0038811_582816.jpg
高度に詩的で難解な部分もあるこのエッセーだが、冒頭に引用した「ティーアガルテン」の最初の文章は出会った時から好きで、特に「森のなかで道に迷うように都市の中で道に迷う」という感性に惹かれた。その後の文章をいくつか引用してみよう。
そこに至る道はベンドラー橋を渡っていくもので、やわらかに反ったこの橋の昇りが、私にとってはじめて体験する丘の斜面になった。そのたもとからほど遠からぬところに、目指すものがあった。フリードリヒ・ヴィルヘルムの像と、ルイーゼ王妃の像である。円形の台座のうえに聳え立つ彼らは、ひと筋の水の流れがその足許の砂地に描いている魔法の曲線によって呪縛されているかのように、花壇のあいだから姿を覗かせていた。
ベンヤミンがたどったのと全く同じ道を通って、初めてルイーゼ王妃の像の前にたどり着いた時は感動したものだ。また、アパートから徒歩5分の距離にこれだけ静かで心休まる場所があることにも驚いた。

e0038811_445945.jpg
けれども私は、この王侯たちに目をやるよりも、その台座を見ることの方が好きだった。台座に描かれているもののほうが、その意味関連はよく分からなかったにしろ、空間的に身近だったからである。
「ベンヤミン・コレクション③記憶への旅」の充実した注によると、この台座側面のレリーフは対ナポレオン解放戦争時の「婦人の働き」を描いたものだそう。

e0038811_446565.jpg
この迷宮には何かしら重要なものが潜んでいることを、前々から私は像の前広場に感じ取っていた。それはとりとめのない、ごくありふれた広場で、秘密をそっと漏らしているものはそこには何もなかったが、辻馬車や儀装馬車の行き交う大通りからわずかしか離れていないここにこそ、この公園の最も不可思議な部分が眠っているのだ。
ルイーゼ像の前の広場は、初夏になると花々が咲き乱れる非常に美しい庭園なのだが、冬場のこの日はご覧の通り。小さな川の向こうに、フリードリヒ・ヴィルヘルムの像が立っている。

e0038811_4462320.jpg
ティーアガルテンの中をしばらくさまよっていると、マタイ教会(写真奥)のお昼の鐘が白銀の風景の中に溶け込んできた。ベンヤミンのエッセーにも描かれているこの教会の遥かなる響きを聞いていると、どこかしら遠い過去と対話しているような、そんな気分になった。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-01-12 23:56 | ベルリン発掘(西) | Comments(8)
Commented by TanteOL at 2009-01-13 10:32 x
遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
新年早々、素敵なベルリンの雪景色を見せていただき、ありがとうございました。
年末帰省した折、両親とベルリンに旅行した際の写真を懐かしく3人で見ました。旅行したのは、ちょうど10年前でした。父の方が色んなことをよく覚えていました。おそらく、とても印象が深かったのだと思います。
父がインターネットをやらないので、Masatoさんのブログを見てもらえないのが、大変残念です。
私事ながら、私も昨年結婚しました。パートナーがいるということは嬉しいことですね。
今後も楽しみに拝見させていただきます。
お健やかで幸せな1年でありますように・・・
Commented by 第三市民 at 2009-01-13 11:51 x
 ティーアガルテンの木立は、林のようでいて、森のような迷路になる不思議な場所です。

 1980年代に、日本から食品メーカーの会長が随行と共に西ベルリンを訪れ、ベルリンの森が観たいというので、バンゼーの森を車で走り回って、最期に(旧)国会議事堂に車を停めて、ティーアガルテンの中を歩きました。

 その時に私が全く失念していたティーアガルテンの話を伺いました。
 場所によっては鬱蒼としているティーアガルテンも、ドイツ第三帝国末期にはソ連軍の砲撃であらかた倒壊していて、戦後は燃料不足に市民が薪として切り倒したので、今ある木々の大半は戦後の植林によるものだから幹が細いそうです。

 あれから、更に30年程経って、木々は戦前のように立派になったでしょうね。
Commented by la_vera_storia at 2009-01-13 12:07 x
マサトさんの以前の「ベルリン生活は家探しから」は心に残る実にすばらしい記事でした。ベンヤミンとパリ、このテーマの探訪はおもしろいです。通常ではむしろ、このほうがずっと本命なわけです。それは彼の評論著作の対象と密接に結びついた具体的な場所・事物との関連においてパリは見事な「舞台」を彼に提供したわけです。しかし、彼の生地ベルリンの「ベンヤミンの風景」に関する記事は今まで意外に少ないわけです。そういう意味でも以前も申し上げましたように、ベルリンという街は依然としてやはり「未開拓」な場所ですね。マサトさんが「ベルリンの歴史的・文化的風景発見者」の立場でどんどん紹介していただけるとありがたいです。名前でリンクした本、これはもう極め付きの本です。
Commented by vivaviva at 2009-01-14 00:51 x
お久しぶりです。孫Ludwigも育ってきている様子です。1昨年1月のティーアガルテン。私は初めてのBerlinでしたがサヴィーニpl.駅からTiergartenまで電車で行きました。ジーゲスゾイレを目指して歩きました。正に、まさとさんのこの写真のような真冬の晴天のティーアガルテン。360度のガルテンと遠景、真っ直ぐにブランデンブルクが・・・。雪の森の中なのにベビーカーを押しての散策、颯爽とがっちりとした靴で歩く者・・おしゃべりをしながら寒さなんてなんのその!!そんなひとりの若者に戦勝記念塔をBackにシャッターを押しても頂きました。目指すはブランデンブルク。地元の人々がガルテンの小道から歩いてきます。馴れた雪の小道を楽しそうに歩いているのを目の当たりにして、”ああ、ドイツ人の冬の暮らしの明るいこと!!よく歩くこと!!”ブランデンブルクに着きました。”今日はなんと素晴らしい6/17Strを歩いたのだろう。会話も交わしたし・・・”この日はUnter denLinden、アレキサンダー広場・・・界隈を日昏まで歩き続けて、200番バスでZoo駅まで帰った。思い出の道となりました!
Commented by berlinHbf at 2009-01-16 03:13
TanteOLさん
今年もどうぞよろしくお願いします。
そして遅ればせながらご結婚おめでとうございます!

ベルリンを旅行されてから10年になるのですね。
家族全員で海外旅行に出かけたのは私も2度ほどありますが、いずれも忘れられない思い出になっています。各人覚えていることが微妙に違うので、「あの時はそうだった!」と記憶が蘇って来ることってありますよね。
Commented by berlinHbf at 2009-01-16 03:21
第三市民さん
>場所によっては鬱蒼としているティーアガルテンも、ドイツ第三帝国末期にはソ連軍の砲撃であらかた倒壊していて、戦後は燃料不足に市民が薪として切り倒したので、今ある木々の大半は戦後の植林によるものだから幹が細いそうです。

重要なご指摘をありがとうございます。そのことには触れていませんでしたね。終戦間際のむごい光景を写真で見たことがありますが、現在の夏場の鮮やかな緑を思い出すと、戦争はいかんとつくづく思います。
Commented by berlinHbf at 2009-01-16 21:13
la_vera_storiaさん
ご感想ありがとうございます。3年前の「ベルリン生活は家探しから」でla_vera_storiaさんが残してくださったコメントも忘れられません。「過去と自分との接点を探す旅」に目覚めたのは、ひょっとしたらあの記事を書いた時と言えるかもしれません。今年、もし機会があればパリも再訪したいなと思っているところです。
Commented by berlinHbf at 2009-01-16 21:20
vivavivaさん
お久しぶりです。vivavivaさんの文章は、独特のリズミカルな文体が感じられて楽しいです。真冬の中の楽しい一日だったのですね。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング