ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

「4つのベルリン」展

e0038811_771337.jpg
先週の月曜日、ブランデンブルク門の真横Haus der Commerzbankにて行われる「4つのベルリン」展のオープニングに足を運んで来た。今月はEuropäischer Monat der Fotografieという大規模な写真展が街の多くのギャラリーや美術館で開催中だが、これもその一つ。昨年紹介したGalerie Degenharttの主催で、ベルリン50年の変遷を4人の写真家の作品で振り返るという興味深い試みだった。

e0038811_8171389.jpg
Theodor Karl Löber, Trümmerfrauen, 1958

1人目はTheodor Karl Löberという人が、1950年代から60年代初頭にかけて東で撮ったもの。戦争の瓦礫の除去作業がいかにものすごかったかがわかる。この写真は、大改造が始まる前のスターリン・アレー(現在のカール・マルクス・アレー)の様子。1962年のアレクサンダー広場のパノラマ写真も面白かった。

e0038811_810510.jpg
Udo Hesse, Schwedter Straße, 1982

2人目は昨年ご紹介したウド・ヘッセ。80年代初頭の東の日常風景がつづられる。この壁の写真が一体どういう運命を辿ったのかについては、以下の記事をご覧ください。

参照:
壁とタイムカプセル (2007.10.04)

e0038811_81684.jpg
ヘッセの作品では、この写真なども好きだ。KastanienalleeとSchwedter Strの交差点。クリスマス直前の様子だろうか。建物自体は今とほとんど変わっていないが、当時のプレンツラウアーベルクはこんなにひっそりしていたのだ。

e0038811_8102418.jpg
Ulrich Wuest: Oranienburger Straße, 1995

3人目は壁崩壊後の1994年から96年にかけてUlrich Wuestが撮った、人の気配が皆無の写真群。その多くが壁沿いの無人地帯で撮影されたもので、もはやほとんどが失われた風景となった。なかなかシュール。

e0038811_79248.jpg
最後は、Nicola Meitznerが2001年に撮ったスナップ写真。この時はすでに自分もこの街にいたし、そんな昔でもないような気がするのだが、いつの間にか歴史的な写真となりつつあるのを感じる。この街の行く末は一体どうなるのだろう。


写真展は来年1月18日まで。入場無料です(開館は毎週土曜と日曜の11時~20時)。ブランデンブルク門のすぐ横なので、よかったらお立ち寄りを。特にこの街に住んでいる人にはぜひ観ていただきたいです。

Ausstellung im Haus der Commerzbank am Brandenburger Tor, Pariser Platz 1
12. November 2008 bis 18. Januar 2009, Sa / So, 11 – 20 Uhr

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-11-17 01:23 | ベルリンを「観る」 | Comments(12)
Commented by ジョニィー at 2008-11-17 13:19 x
こんにちは。
ベルリンの東西を分断した壁は、今はどのくらい残っているんですか。
当時東ドイツで警備をしていた警備隊員で、東から西ベルリンへ逃れよ
うとした市民を撃ち殺した隊員は、どんな思いで居られるのでしょうかね。
Commented by la_vera_storia at 2008-11-17 13:30 x
分断時代、やっぱり写真を撮るのでしたら東側でしたね。もちろん西側にも被写体としてのすばらしい光景はいくらもありましたが、東側のほうには被写体を通して過去の時代の堆積を感じさせる光景がふんだんにあったように思います。人間の肌のぬくもりを拒否したような社会主義国独特の首都の風景はdepressiveではあったものの、そうした「衣」の下に時としてしぶとく透けて見えた、第三帝国時代、ワイマール時代、そしてドイツ帝国時代の「歴史と文化の感触」とでもいいましょうか、そういうものにいったん魅せられてしまいますと検問所を越える東側通いが止められなくなったわけです。もし当時マサトさんがいれば、おそらく私と同じで被写体を求めて東側に入り浸りじゃないでしょうか(笑)。
Commented by noriko-happylog at 2008-11-17 22:51
わー、ベルリンに行った時に見たかったです。残念. . . 。すごく興味があります。
2番目の写真の「瓦礫夫人」?というのですよね?昔NHKの特集で見たことがあります。本当にすごい瓦礫の量ですね。うる覚えですが、瓦礫を積み上げてできた「瓦礫の山」があったような. . . 。もう今は草も生えてほんとうに山になっていて、上からは子供達がソリで滑っていく映像も流れていたような気がします。

2000年とは本当に変わっていて驚きました。店も夜遅くまで開いているし、サービスも向上していたし(笑)。「外の明かりは外灯だけ」のベルリンが大好きだったので少し寂しいとも思ったり。
ほんとうにこれからどんなふうに変わって行くのでしょうか。
Commented by orangepekoe at 2008-11-18 07:38 x
こんにちは。
ニュースダイジェストの「ベルリン音のある街」を楽しみにしています。
先日、初めてベルリンに行きましたが、
この写真展とは入れ違いになってしまい、ちょっと残念です。
ベルリンはエネルギーに満ちた興味深い街でしたが、
戦争の記憶が肌で感じられる都市でした。
ドイツの街、ではなく「ベルリン」としか表現できない味わいがありますね。
ベルリンの奥深さに魅せられてしまったようです。
Commented by berlinHbf at 2008-11-19 03:02
>ジョニィーさん
ベルリンの壁はもう本当にわずかしか残っていません。その中でも一番長い「イーストサイドギャラリー」では、損傷が著しく、最近大規模な修復工事に入りました。来年の壁崩壊20周年に合わせて、新しくお披露目されるようですよ。
Commented by berlinHbf at 2008-11-19 03:18
>la_vera_storiaさん
東ベルリン側に入る時というのは、タイムマシンに乗るような気分だったのでしょうか。古いアパートに残る広告の時にもコメントをいただきましたが、お書きになっていることはよくわかります。自分があの時代に いたら、間違いなく東に入り浸っていたでしょうね(笑)。リンクを貼ってくださった写真、面白かったです。近々あの駅の歴史をたどりたいと思っています。
Commented by berlinHbf at 2008-11-19 03:24
>noriko-happylogさん
そうそう、瓦礫の除去作業にあたる女性をそのように呼んでいました。「瓦礫の山」はベルリンにいくつかあり、このブログでも紹介したことがあります。
http://berlinhbf.exblog.jp/3379356/
残念ながらまだここに上ったことはないのですが。

私は2000年からこの街に生息しているので、その間の変化についてはよくわかります。土曜日にスーパーが22時まで営業していることなんて、当時はありえなかったですから。
Commented by berlinHbf at 2008-11-19 03:27
>orangepekoeさん
はじめまして、「音のある街」のご愛読ありがとうございます(残念ながら連載はあと少しで終わりなのですが)。

>ドイツの街、ではなく「ベルリン」としか表現できない味わいが
>ありますね。
本当にそうなんですよね。「ドイツの一都市」というよりも、「世界都市」としか形容できない何かがこの街にはあります。ぜひまたいらしてください。
Commented by ジョニィー at 2008-11-20 05:05 x
おはようございます。
ベルリンの壁が崩壊してから20周年ですか。
その崩壊した頃にテレビニュースで映像が報道されていた野を見た記憶が甦ってきます。
戦争は、永遠に無くなることを祈ります。
以前に広島の原爆による悲惨な犠牲者の写真を見ましたが、直視することができませんでした。
当時、ベルリン壁の付近で犠牲になった人達の事をおもいだし、涙を流しながらキイを打ち込んでおります。
ご冥福を祈ります。
Commented by berlinHbf at 2008-11-21 08:11
>ジョニィーさん
壁で犠牲になった人の数は、いまだに定まっておらず、私も説明する時に苦労します。いずれにしろ大きな悲劇であることは変わりません。来年はベルリン、及びドイツにとって特別な年になるかもしれません。
Commented by at 2008-11-23 15:49 x
この写真展は見てみたかったです。残念。
KastanienalleeとSchwedter Strの交差点は今回の滞在で何回も通った場所です。
昔はこんなにも寂しい雰囲気だったんですね。。。
Commented by berlinHbf at 2008-11-24 07:39
>鮭さん
こういう写真展はベルリンではたまに開かれているので、きっとまたチャンスはあると思います。考えてみたら、僕がこの3年で撮ってきた写真も、街の記録としては結構な量になってきました。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング