ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

音の記憶を探し求めて - 旧フィルハーモニー跡 -

e0038811_22201861.jpg
Alte-Philharmonie(10月24日)

現在のベルリン・フィルハーモニーと同じく、旧フィルハーモニーも、ポツダム広場からほど近い場所にあった。戦前、Uバーンのポツダム広場の駅を上がると、目の前にはHaus Vaterland(「父なる国の家」)という名の有名な歓楽施設が立っていた。そこを横目に、南側のケーテナー通り(Köthener Str)を歩いていこう。この辺りに戦前から残っている建物としては、「ハンザ音響スタジオ」でご紹介したマイスターザールぐらいだろうか。

参照:
天使の降りた場所(9) - 戦前のポツダム広場を歩く - (2006-10-05)
伝説のハンザ・スタジオ (2008-04-30)

e0038811_22203430.jpg
最初に見える横道を左折すると、これがベルンブルガー通り。この界隈はクロイツベルクの西端にあたり、低所得者層の外国人住民が多い印象を受ける。昔日の面影は、やはり皆無に等しい。

e0038811_22235136.jpg
やがて右手に見えてくるこのアーチの向こうに、1944年までベルリン・フィルの本拠地が建っていた。ポツダム広場から5分強。戦前の大ターミナルだったアンハルター駅からも徒歩5分の距離ゆえ、当時は一等地だったことがわかる。

e0038811_22271832.jpg
前回ご紹介した映画『帝国オーケストラ』で、エーリヒ・ハルトマンが1943年にベルリン・フィルのオーディションを受けにやって来た日のことを語るシーンがある。「ベルリンは私にとって未知の都市だった。アンハルター駅で降り、母たちに付き添ってもらい、自分はコントラバスを担いで急いでフィルハーモニーに向かったんだ」

アーチを後ろに見ながら歩いて行くと、そこが中庭。やがてフィルハーモニーが目の前にそびえる。このアングルからの映像は、『帝国オーケストラ』の中でも紹介されるので、ぜひご覧いただきたいところ。

e0038811_22315898.jpg
戦前の絵葉書より。この中で聴くブラームスがどんなにすばらしかったであろうかは想像に難くない。タイムマシンがあったら、自分ならベルリンで行きたい場所の3本指に入れるだろう!

e0038811_22205941.jpg
現在は、学生寮とスーパー、アパートなどに囲まれた、ただの中庭の空き地でしかない。しかし何も建てられなかったがゆえに、ここを訪れる者は記憶の響きを想像する余地が残されているように思う。

e0038811_22211686.jpg
その響きとは、フルトヴェングラーの指揮するベートーヴェンだろうか。それとも、フィルハーモニーが崩れ去る日の夜の爆撃音だろうか。おそらく今も残るホール唯一の残骸を眺めながら・・・。


帝国オーケストラ ディレクターズカット版公式サイト
ベルリン・フィル創立125周年記念第一弾 10月下旬より渋谷・ユーロスペース他全国順次公開

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-11-07 23:57 | ベルリン音のある街 | Comments(14)
Commented by la_vera_storia at 2008-11-08 17:32 x
マサトさん、よくぞこの建物の土台近くの残存物を御紹介いただきました。私はこの一部を叩き割り断片にして、それを今でも自宅にかざってあるほどですよ(笑)。他の掲示板でもそのことを書いたことがあります。
Commented by la_vera_storia at 2008-11-08 18:00 x
この場所は東西分断時代には壁に近かったこともあり場末感が漂い、スラム化一歩手前という雰囲気でした。ここを私は、生まれて初めてベルリンに来た33年前には、到着したその日に早速やってきたわけでした(笑)。ベルリンにおける音楽ファンの大事な巡礼地の一つですからね。
Commented by la_vera_storia at 2008-11-08 18:12 x
33年前にはここは小さく貧相な池がありました。また当時は地面に場所の由来を示すプレートなどありませんでしたし、通りの側からのアーチもありませんでした。確か五十年代前半頃まで建物は廃墟のままで残されていたそうですね。
Commented by berlinHbf at 2008-11-08 23:01
>la_vera_storiaさん
この場所の分断時代の様子、とても興味深く拝読しました。
>場末感が漂い、スラム化一歩手前という雰囲気
やはりそうでしたか。ところで、33年前というと1975年でしょうか。私はその年の8月に生まれたので、思わずこの数字に反応してしまいました(笑)。 当時は池があったのですか・・・。
Commented by nem_ran at 2008-11-09 10:31 x
遅ればせながらご結婚おめでとうございます。
去年8月、ここに案内していただきましたが、そのとき撮った残存物の写真をティタニアパラストの写真などと一緒にときどき眺めております。la_vera_storiaさんのコメントにあるように、音楽ファン(マニア?)にとっては聖地ですよね。
今、これを昨夜NHKBShiでやってた今年のワルトビューネコンサートの録画を見ながら書いてますが、またベルリン行きたいという気持ちが高まって困っております。
Commented by berlinHbf at 2008-11-10 03:28
>nem_ranさん
お祝いのお言葉ありがとうございます。
>去年8月、ここに案内していただきましたが、
そうでしたね。天気のいい日にご案内できてよかったです。またいつでもご案内できるように、マニアックな音楽史跡を開拓しておきます^^;)。

ドゥダメルのコンサートが放映されたんですね。私ももう一度観直したいです。
Commented by gramophon at 2008-11-10 12:23 x
いまだに此処だけは行けてません。
元は屋内スケート場だったものを、音楽ホールに改装したとは云え、
相当音響もよかったのでしょう。78回転盤からも片鱗が伺えます。
何せニキッシュやフルトヴェングラー縁の地ですからね。
Commented by la_vera_storia at 2008-11-10 18:52 x
昔聞いた話ですが、事情通に言わせると、この旧フィルハーモニーは現在のアムステルダムのコンセルトへボウよりも音の面では素晴らしかったという人もいたそうです。
Commented by berlinHbf at 2008-11-11 06:21
>gramophonさん
戦前の録音にこれだけ詳しいgramophonさんですから、この地にはぜひ一度足を運んでいただきたいですね。10月の蓄音機のイベントに行けなかったのが残念です。
Commented by berlinHbf at 2008-11-11 06:24
>la_vera_storiaさん
コンセルトヘボウは一度だけ本拠地で体験したことがありましたが、それはすばらしかったです。それをさらに上回るとは、一体どんな響きがしたのでしょう・・・。
Commented by 焼きそうせいじ at 2008-11-11 12:26 x
私は80年代にベルリンに住んでいたときには、この旧フィルハーモニーを探すことをしませんでした。ティタニア・パラストも外から眺めただけ、イエス・キリスト教会は、大学のすぐ近くでしたが、一度通りがかっただけでした。ヒストリカル録音のファンとしては、ずいぶんと怠け者であったわけです。

2004年に、フルトヴェングラーの熱心なファンの方を案内した際に、旧フィルハーモニーの敷地とイエスキリスト教会の中に初めて入りました。私のHP(上記リンク先)に、その方が撮った写真と、la_vera_storiaさんの投稿が掲載されています。
Commented by la_vera_storia at 2008-11-12 10:03 x
マサトさん
ベルリンのマニアックな音楽史跡の開拓でしたら私も大好きです。 といいますか、このベルンブルガー通りですら、もう十分マニアックなわけですよ。フルトヴェングラーやベルリンフィルのファンですら、あえてこの場所を訪ねるというのは我々日本人だけでしょうね(笑)。 たとえば、ある方のお書きになっているページ(私の名前の部分をクリックして下さい)は、かなりマニアックです。なかなかやりますね、この方、素晴らしい!
Commented by berlinHbf at 2008-11-13 09:34
>焼きそうせいじさん
赤道近くの新天地に移られた焼きそうせいじさんと、相変わらずベルリンの昔の話をリアルタイムでしていることが、何だか不思議なことに感じられました(笑)。

>2004年に、フルトヴェングラーの熱心なファンの方を案内した際に、
バレンボイムがフルトヴェングラーの自作を指揮した時ですね。「彼は不幸なことに作曲までした」と語っていたあの方と、先日久々に電話でお話しました。
Commented by berlinHbf at 2008-11-13 09:43
>la_vera_storiaさん
>ベルリンのマニアックな音楽史跡の開拓でしたら私も大好きです。
教えていただいたリンクにはびっくりしました(レオ・ボルヒャルト云々も気になります。また教えてください)。la_vera_storiaさんを唸らせるためには、相当なものを見つけなければなりませんが、がんばりたいと思います(笑)。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング