ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

ドゥダメル指揮シモン・ボリバル・ユース・オケ

e0038811_948138.jpg
フィルハーモニーの2008/09シーズンが開幕。日本に帰る前に、久々にここで何か聴きたいと思い、グスターボ・ドゥダメル指揮シモン・ボリバル・ユース・オーケストラのコンサートへ。フィルハーモニーの大ホールの中に入るのは、例の火災事故以来だったのでちょっと格別の気分だった。

ドゥダメルは6月のヴァルトビューネで初めて聴いたけれど、あのときは豆粒ぐらいにしか見えなかったので、ようやく今回近い距離からじっくり聴くことができた。前半はいきなりストラヴィンスキーの『春の祭典』。ドゥダメルは暗譜で指揮したのだが、これがすごかった。スコアが完璧に頭の中に入っていて、類稀な運動神経と見事に連動している。ラトルでさえ真っ青というレベルだろう。オケがまたうまくて、リズム感という色彩感といい、ユースオケとして並外れたレベルとしか言いようがない。唖然と聞き惚れているうちに曲が終わっていたというか、そもそも春祭をこんなに楽々と聴かせてしまうなんて・・・

メインはチャイコフスキーの交響曲第5番。響きがとにかく明るいというのが印象的。5月にイエス・キリスト教会で聴いたベルリン・ドイツ響のチャイコの、あのほの暗い感じはどこを取ってもないけれど、これはこれで新鮮に響いた。コントラバス14本というマンモス編成ゆえ、ハーモニーがやたらと分厚い(でも不思議と重くはない)。4楽章の主部に入ると、聴いたことのないようなものすごい早いテンポで音楽が突き進む。それでも、オケは乱れないし、一体性が保たれているのだから大したものだ。この統率ぶりはもちろんドゥダメルの功績だろうが、今や世界中から引っ張りだこの彼がずっと練習の面倒を見ているわけではないだろう。一応、日独合わせて9年ぐらい学生オケで演奏していた者としては、このオケが毎日どれだけの時間でどんな練習をしているのか、とても気になる。

すごい熱演ではあったが、彼らにはまだ余力があった。熱狂の渦の中、アンコールへ。お得意の「マンボ」(バーンスタイン)とヒナステラでは、突然舞台がディスコになったような騒ぎっぷりで、20代の彼らの素の姿が垣間見られた。お国柄というべきなのか、やはりリズム感は特別なものを持っている。最後はなぜかラデツキー行進曲(笑)。ドゥダメルの指揮に合わせてお客さんも手拍子に加わり、2時間半のコンサートがようやく終わった。客席にはベネズエラの旗を振っている人も(笑)。

私はずっと立って聴いていたので、通常はぐったりくるものだが、この夜は不思議とあまり疲れなかった。むしろ体が少し軽くなったように感じられたほど。「クラシック界にすごい連中が現れたな」というのが正直な感想で、体の中を爽やかな風が駆け抜けたような、そんな感動だったと言えるだろうか。

今シーズンのフィルハーモニーのユースオーケストラシリーズには、このシモン・ボリバル・オケや、ユンゲ・ドイチュフィル、ブンデス・ユーゲントオケの他に、早稲田大学の交響楽団も登場することになっている(来年3月)。こういう人たちと同じ土俵で評価されるのはつらいだろうが^^;)、がんばっていい演奏を聴かせてほしいと思う。

Simón Bolívar Jugendorchester Venezuela
Gustavo Dudamel Dirigent

Igor Strawinsky
Le Sacre du printemps
Peter Tschaikowsky
Symphonie Nr. 5 e-Moll op. 64

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-09-04 02:42 | ベルリン音楽日記 | Comments(4)
Commented by Tsu-bu at 2008-09-04 23:46 x
12月の来日が益々楽しみ!日本でも既に多くのファンがいるようで、チケットとれるか心配になります。
そうそう、薦めてくださったベルグルンドのシベリウス5番、聴きました。
フィンランドの豊かな自然に包まれているかのようでした。
カラヤンの64年盤も聴いてみたくなりました。
Commented by berlinHbf at 2008-09-06 00:35
>Tsu-buさん
>12月の来日が益々楽しみ!
曲は何をやるんでしょうね。特に若い世代に聴いてほしいコンビだと思いました。

>フィンランドの豊かな自然に包まれているかのようでした。
ベルグルンドの演奏はまさにそんな感じですね。カラヤンのはもう少し我が前面に押し出た演奏です。しかし、こちらも美しいです。
Commented by ni-co at 2009-01-07 22:03 x
先日12月の来日公演の際に、通訳としてツアーに同行しました。
オーケストラのことはそれ以前はほとんど知らなかったのですが、生で演奏を聴いてファンになりました。Gustavoは人間的にとても魅力的な人でした。
クラシックのことはど素人ですが、彼らの演奏はとても馴染みやすかったです。今度はいつ来日してくれるのか、楽しみです。
Commented by berlinHbf at 2009-01-08 21:48
ni-coさん
はじめまして。
>先日12月の来日公演の際に、通訳としてツアーに同行しました。
というと、スペイン語の通訳さんでしょうか。
現場の方の声が聞けてうれしいです。
Gustavoくんは年末年始にベルリンで第9を振りましたし、3月にはベルリン・フィルの定期にもデビューします。まだ未知数な面もあるとはいえ、今後気になる存在なのは確かです。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング