ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

ベルリンの地下ツアーに参加

e0038811_20335538.jpg
夏の暑い日、ベルリンの地下空間にもぐって涼んでみるのはいかがでしょうか。地下といっても地下鉄駅やデパチカのことではありません。戦時中の防空壕、核シェルター、建設されたものの結局使われなかったトンネルなど、ベルリンの地下にはそんなおどろおどろしい過去の遺構がいくつも眠っているのです。

1997年以来、知られざるベルリンの地下世界を研究している「ベルリンの地下世界協会」(Berliner Unterwelten e.V)が定期的に開催するツアーに参加してみました。いくつか用意されているコースの中からこの日選んだのは、「気送郵便」(Rohrpost)の舞台を巡るツアー。

気送郵便と聞いてピンとくる方はどれだけいらっしゃるでしょうか。これは、圧縮空気によって、手紙や葉書、電報の入った筒のケースを地下のパイプを通して瞬時に送る郵便方式で、ベルリンでは1865年に実用化され、1945年までが最盛期でした。当時張り巡らされていたパイプの全長は400キロにも及び、パリに次いで世界2番目の規模だったというから驚きです。

e0038811_1893080.jpg
かつて郵便物を入れたケースを手に説明するアーノルトさん

毎週日曜日の11時と13時に行われるツアーの集合場所は、ミッテのオラニエンブルク通り、新シナゴーグのほぼ向かいにある、かつての中央電信局の横です。気送郵便の本も著しているイングマール・アーノルトさんが1時間半にわたって案内してくれました。

e0038811_188249.jpg
ドイツ語のみの説明を聞き取るのは容易ではありませんでしたが、複雑怪奇な機械類を見て回るだけでも、電信からEメールにいたる人類のコミュニケーションの歴史が垣間見られて興味深かったです。かつて手紙の入った筒のケースが次々と送り込まれてきた受信室に立っていると、往年の活気が眼前によみがえってくるようでした。

e0038811_20452145.jpg
いまにもお化けが出てきそうな雰囲気の地下

気送郵便は、ベルリンが東西に分断された後も活躍しましたが、1976年に東側で廃止されたのを最後に、人々の記憶から急速に忘れ去られていきます。数十年間放置されたままの地下内は、涼しいというよりも肌寒いほどで、床にはキノコが生えていました。

ドイツニュースダイジェスト 8月22日)

追記:
建物の再開発のため、この気送郵便ツアーは2008年11月をもって終了となったそうです。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-08-31 15:06 | ベルリン発掘(全般) | Comments(12)
Commented by ウメ at 2008-08-31 23:38 x
これがウワサに聞いたベルリンの気送管ですか!
以前「気送管郵便葉書」を見て気になっていたんです。
まだベルリンの地下には行ったことありませんが、
ベルリンの歴史は地下にも行かないいとわからないんですね。
www1.plala.or.jp/stein/GSK_honbun/ReichI/B14.html
Commented by Kaorintan at 2008-08-31 23:52 x
とても興味深いです。
抽選かなにかですか? 申し込めば全員参加できるのでしょうか。
貴重なものを拝見させていただきました、ありがとうございます!
他のツアーも気になります♪
Commented by キートス at 2008-09-01 22:05 x
レポートを興味深く読みました。ベルリンのRohrpost網はそんなに長かったんですね。行政機関を結ぶだけかと思っていたのですが、住宅街の郵便局や高級ホテル、新聞社などもつながっていたようです。かなり日常的に使われていたとは驚きです。Ûnterweltenの地図を見てみたら、うちの真向かいの道路の下にもラインがあったんです!まだ、パイプラインが置いてあるのかな・・・気になります!
Commented by berlinHbf at 2008-09-02 08:04
>ウメさん
自分の知らないすごいサイトが、まだまだあるもんですね。びっくりしました。ここで紹介されている消印が、ひょっとしたらこの前訪れた地下で押されていたのかと思うと、なかなか感慨深いです。
Commented by berlinHbf at 2008-09-02 08:06
>Kaorintanさん
どなたでも参加できますよ!僕が行ったときは、総勢10人ぐらいだったでしょうか。他のツアーも参加してみたいと思いましたね。
Commented by berlinHbf at 2008-09-02 08:09
>キートスさん
地下鉄以前に、これほど網の目のような地下ネットワークがあったとは、僕もびっくりしました。キートスさんのご近所にもありましたか。同じ原理でものを送る仕組みは、いまも病院などで使われているのではないでしょうか。
Commented by Daisaku at 2008-09-04 01:56 x
これは…興味津々です。20数年前、大阪の南港ニュータウンができた時にゴミの収集がこの気送方式と紹介されていた覚えがあります(いまも使っているのかな?)。

ベルリンの地下といえば、「時の翼にのって(In Weiter Ferne, So Nah!)」を思い出します…。
Commented by berlinHbf at 2008-09-04 08:31
>Daisakuさん
お久しぶりです。ゴミの収集に気送方式が使われているとは驚きです。それなりの量と重さでしょうに。

>「時の翼にのって(In Weiter Ferne, So Nah!)」
実はこの映画、まだ観ていないのです。地下が出てくるのですか。近いうちにまたメールしますね。
Commented by ウメ at 2008-09-06 04:44 x
圧搾空気かどうか知りませんが、
確か大型電気店Saturnのレジでも使われていますよね。
新型でしょうけれど。。。
Commented by berlinHbf at 2008-09-07 22:49
>ウメさん
お金をケースに入れて運ぶあれですね。見たことあります。お店や病院などで、いまでもこのシステムは結構使われているのかも。
Commented by タタラネコ at 2009-02-02 21:22 x
偶然たどり着いた迷い猫です。貴重な写真をありがとうございます。日本では電報のみで使われていました。電信局でモールス信号を受信して電報用紙にカタカナで書き取り,筒に入れて気送管に入れ,圧搾空気
でひゅーん..各郵便局に送っていました.時々,分岐点で詰まったとか.始まりは株取引、忙しかったのは選挙の時期だったと昭和10年頃に東京中央電信局に勤めていた父の話でした.ツートンの訓練は3ヶ月、レシーバーをかけていても中々聞き取るのが大変だったそうです.主要都市には相当距離の気送管網があったようですが,詳しくはわかりません。父の生きているうちに教えてあげられたらと思いました.ありがとうございます.
Commented by berlinHbf at 2009-02-04 08:07
タタラネコさん
はじめまして。気送郵便にまつわる印象深いエピソードをありがとうございます。現場に携わった方の苦労や息遣いもが伝わってくるようでした。昔は日本でも盛んに使われていた郵送システムだったのですね。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング