ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

お気に入りブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

森の音楽会―ヴァルトビューネの楽しみ

e0038811_254799.jpg
Berliner Waldbühne(6月15日)

毎年6月末になると、コンサートホールや劇場が夏休みに入る一方で、ベルリンの街のあちこちで野外コンサートが開かれるようになる。中でも広く知られているのが、シャルロッテンブルク地区の森の中にあるヴァルトビューネ(「森の劇場」の意)だろう。毎年6月半ば、シーズンの最後に行われるベルリン・フィルのコンサートはテレビでも放映されるので、ご覧になったことがある方も多いはずだ。
e0038811_1595816.gif
そもそもヴァルトビューネは、古代ギリシャの円形劇場をモデルに、1936年のベルリン・オリンピックに合わせて造られた建造物のひとつ。当初はディートリヒ・エッカートビューネという名称で、オリンピックでは器械体操などの競技がここで行われたという。

第2次世界大戦後、現在の名称になったこの野外劇場は、当初は主にボクシングの試合などに使われていたが、1960年代に入ってコンサート会場としても用いられるようになる。ところが、65年9月のローリング・ストーンズのコンサートで事件が起きた。コンサートの短さに失望したファンが暴動を起こし、警官隊が放水して鎮圧する事態にまでなったのだ。損傷額は膨大なものとなり、その後しばらくはほとんど使われなくなった。
ヴァルトビューネが再びコンサート会場として活況を呈するのは、80年代に入ってから。サーカス小屋を思わせる現在の白い屋根が舞台上に設置され、やがてベルリン・フィルが毎年ここで演奏するようになると、テレビ放映もあって世界的に知られるようになった。いまやベルリンの夏の音楽シーンに欠かせない舞台である。
e0038811_2342340.jpg
先日、弱冠27歳のベネズエラ人指揮者グスターボ・ドゥダメルの登場で話題を呼んだ、ベルリン・フィルのコンサートに足を運んでみた。2万2000枚のチケットは数カ月前からすでに完売。お客さんは2時間ぐらい前から会場にやって来て場所を確保し、持ってきた弁当をほおばりながら和気あいあいと楽しんでいる。この開放感は野外ステージならではで、コンサートが始まると、音楽に混じって小鳥の鳴き声なども耳に入ってくる。

e0038811_215322.jpg
劇場の一番上に立つと、意外と傾斜がきついのに驚くだろう。舞台との高低差は30メートルもあり、石の階段の上り下りはなかなか大変だ。だが、曲目が進むにつれて、この構造が舞台とのすばらしい一体感を生み出す。夕暮れ時、空の色合いは刻一刻と変わり、音楽と溶け合うかのように感じられるときさえある。やがて、ろうそくや花火を灯す人が増えてくると、コンサートは佳境に。「リズムの夜」と題してラテンアメリカの音楽を並べたこの日のプログラムは、若武者ドゥダメルのまっすぐな音楽作りと極彩色のオーケストラの響きによって、アルトゥーロ・マルケスの《ダンソン第2番》で壮大なクライマックスが築かれた。最後は、手拍子と口笛が入り乱れての恒例のアンコール曲《ベルリンの風》で幕。

これから夏本番にかけてヴァルトビューネでは、R.E.M(7/16)、ヘルベルト・グリューネマイヤー(7/22)、エリック・クラプトン(8/15)、ダニエル・バレンボイム指揮ウエスト=イースタン・ディヴァン・オーケストラ(8/23)などのコンサートが予定されている(公演情報はこちらより)。夏の心地よいベルリンの風を感じながら、この上なく贅沢な時間が待っているはずだ。
ドイツニュースダイジェスト 7月18日)

人気blogランキングへ



Berliner Philharmoniker
Gustavo Dudamel
Dirigent
Ana María Martínez Sopran

Los Ritmos de la Noche

Carlos Chávez
Symphonie Nr. 2 »Sinfonía India«
Manuel de Falla
Siete canciones populares españolas
Silvestre Revueltas
Sensemayá
Heitor Villa-Lobos
Bachianas brasileiras Nr. 5
Alberto Ginastera
Estancia, Ballettsuite op. 8a
Arturo Márquez
Danzón No. 2
by berlinHbf | 2008-07-15 19:21 | ベルリン音のある街 | Comments(8)
Commented by キートス at 2008-07-16 05:21 x
あのコンサート良かったですね。あのステージにはぴったりだと思いました。
初めての方にも後悔無くお楽しみいただくため2点だけアドバイスを追記します:
1.持込の規制は厳しい:飲み物は一人当たり500mlのPETボトル1本までです(ガラス瓶は厳禁)。ピクニックバスケットも禁止。花火は原則として禁止だが、Wunderkerze(英語sparkler、針金で持つ細い、「星」が飛び散るミニ線香花火)は少量なら許される。
2.日が暮れると急激に寒くなります。シートクッション、湿気止めとしてその下に敷くビニール(大型ビニール袋でもo.k.)、ひざにかけるブランケット、ジャンパー、靴(サンダルなどは不十分)、雨具(傘は迷惑)は基本の基本です。

ベルリンの真夏の夜、Sバーンで妙に厚着している人を見かけたら、きっと、ヴァルトビューネへと向かっています。
Commented by TAIZO at 2008-07-16 15:30 x
ノイケルンで検索してたどり着きました。
15年くらい前にノイケルンに住んでいました。
とても懐かしいです。
Commented by Daisaku at 2008-07-16 21:44 x
ああ、いいですね…野外コンサート! そういえば、5月に個展のオープニングで滞在していた時、勘三郎のポスターとともにクラプトンの公演のポスターを町のあちこちで見ました。ヴァルトビューネでの開催だったのですね。

日本もそろそろ梅雨明け…私も夏の夕暮れの風の中、「ベルリンの風」を楽しんでみたいです。
Commented by toska at 2008-07-16 22:52 x
いつも楽しんで読ませていただいています。素晴らしい写真と文章に、たまに羨望などを覚えたりもしております(ははは)。私は6年ほどドイツに住んでいます。学生の身分でお金がなく、旅行をほとんどしたことがないのですが、ベルリンには以前1日だけ行ったことがあります。その時に、この間火事になったコンサートホールでベルリンフィルを聴いて感動しました。ベルリンはすっごい大都会なのに、こんな緑深い場所もあるんですね。野外コンサート、素敵だな~。いつか大学卒業して、お金を稼げるようになったら、絶対に行きたいです。
Commented by berlinHbf at 2008-07-18 06:46
>キートスさん
非常に実用的な現地情報を付け加えていただき、どうもありがとうございます。なるほどと思って拝読しました。来年行く方にも役に立つ情報ですね。あの花火はWunderkerzeというのですか!知らなかった。

>日が暮れると急激に寒くなります。
あの日もそうでしたね。ただ、直前まで雨が降っていたにも関わらず、その後天気が回復してくれて本当によかったです!
Commented by berlinHbf at 2008-07-18 06:47
>TAIZOさん
元ノイケルナーの方ですか!
ノイケルンの情報はまだまだ少ないですが、これから少しずつ加えていきたいと思っています。またお越しください。
Commented by berlinHbf at 2008-07-18 06:52
>Daisakuさん
ヴァルトビューネは、ロックやポップスのコンサートも盛んなんですよね。いつか機会があったら、何かご一緒しましょう。それにしても、ここ2週間はどんよりした天気が続き、夏の「ベルリンの風」とはほど遠い日々です・・・。
Commented by berlinHbf at 2008-07-18 06:55
>toskaさん
はじめまして!
ヴァルトビューネのコンサートのチケットは、いくつかのカテゴリーに分かれていますが、私が聴いた最上ブロックは1枚18ユーロと決して高くありません。いつかぜひ聴きにいらしてくださいね。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング