ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

シーズン終盤のベルリンのオーケストラ

e0038811_2483061.jpg
Berlin Philharmonie(5月20日)

2007/08のシーズンが終わって落ち着いたので、5月から6月にかけて聴いたベルリンのオーケストラのコンサートをいくつか振り返っておきたい。

ベルリン・フィル(BPh)は、3人の指揮者のもとベルリオーズの大曲を取り上げた。そのうち、アバドの《テ・デウム》とラトルの《幻想交響曲》のコンサートは、例のフィルハーモニー火災事故の影響でそれぞれヴァルトビューネ、テンペルホーフ空港格納庫で行われる非常事態となったが、5月のドナルド・ラニクルズ指揮の《レクイエム》は、かろうじて本拠地で聴くことができた。アトランタからわざわざ連れて来た合唱団(しかもアマチュアだとか)、巨大編成のオケ(ティンパニだけで確か8人いた)、さらに4箇所の金管のバンダが作り成す宇宙的スケールの迫力はすさまじく、でもただうるさいだけの音楽だけではなかった。終盤のサンクトゥスで、突如客席最上階から聞こえて来たテノールのソロは、宗教画がイメージできるほど絵画的だったし、アカペラ部分の繊細な味わいも忘れがたい。12月のドヴォルザークもよかったけど、これまた唯一無二の《レクイエム》体験だった。

ベルリン・ドイツ響(DSO)は、5月頭に聴いたロジャー・ノリントン指揮のコンサートが白眉だった。ノン・ヴィブラート奏法による、信じられないくらい美しい響きが随所で聴かれたヴォーン・ウィリアムズの交響曲第5番とエマニュエル・アックスをソロに迎えての心踊るベートーヴェンの《皇帝》。それにしても、ノリントンの指揮って、その指揮ぶりやしぐさを見ているだけでニヤけてきてしまう。ノリントンの他、マンゼ、コープマンといった古楽畑の指揮者をほぼ毎シーズン呼び、彼らの意図に応えようとするDSOの柔軟性もすばらしいと思った。個人的には、次はG.アントニーニあたりを迎えて欲しい。来シーズンは、「1909年」というテーマでプログラムが組まれている。

e0038811_248158.jpg
コンツェルトハウス管は、R.ツァグロゼク、S.ヴァイグレ指揮で2度聴いた。旧東の流れを汲む魅力的な響きを持つオケに、最近日本人の日下紗矢子さんがコンサートミストレスに就任した(まだ20代だとか!)。ヴァイグレ指揮のもと、リムスキー=コルサコフの《シェラザード》で聴かせたヴァイオリン・ソロには、ぐっと惹きつけられた。お客さんだけでなく団員からの反応もとてもいいように感じられたし、試用期間を無事乗り切っていただきたい。コンマスといえば、長年ベルリン・フィルの顔だった安永徹さんが来シーズン途中で退団されるというのが、非常に残念である。

EURO2008のドイツ対ポーランド戦の夜、ヤノフスキ指揮ベルリン放送響(RSB)でブルックナーの交響曲第6番を聴く。外見からは想像しにくいのだが(失礼!)、ポーランド生まれのドイツ人ヤノフスキ氏はサッカーが大好きらしく、このコンサートの休憩中も試合の様子を気にしていたという。ブルックナーの演奏中、ポドルスキーのゴールが脳裏に浮かんだかどうかはともかくとして(笑)、このオケとの近年の緊密な関係を窺わせる充実した演奏だった。ただ、演奏していた弦楽器の友人によると、ブルックナーの7番と8番はさらによかったとのこと。この日特に驚かされたのは、ベートーヴェンの"Ah! perfido"というアリアを歌ったソプラノのA.ハルテロス。音楽性、声量ともにずば抜けたものを持っている、しかも容姿も美しい。

今シーズンもすばらしい音楽をたくさん聴かせてもらって、幸せだった。ベルリンに感謝。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-07-04 20:29 | ベルリン音楽日記 | Comments(9)
Commented by ぐらっぱ亭(⌒~⌒) at 2008-07-05 09:33 x
テンペルホフの格納庫でコンサートですか。やりますねー。音響はダメでしょうけど、面白い企画ですね。ラトルとベルリンフィル、来日しますが、あんな料金では、年金生活者にはとてもとても。
Commented by pfaelzerwein at 2008-07-05 14:13 x
安永さんが退団ですか。入団前の活躍から聞いていた者にとっては時の流れを感じさせます。まだまだ後進の指導と言う年齢でもないでしょうが、楽団が楽団で我武者羅に弾いていかないといけないでしょうから、体力的にも厳しいのでしょうね。
Commented by despina at 2008-07-05 20:18 x
こんにちは。
3日にブリュッセル・ベルリンの旅から帰ってきました。
初めて見たベルリンの街の感想は「都市なのに、とにかく緑が多い!」です。東京もビルばかり建てていないで、見習って欲しいものです。
今回は楽器博物館・STASI MUSEUM・CHARITE医科大学病院(?)の中にある博物館と、社会科見学コースのような場所を見て回り、結局「つまずきの石」は見つけられませんでした。
まだまだ見たいものがあるので、来年の夏休みもベルリンへ行こうかと思っております。
Commented by daesung-lee at 2008-07-06 17:57
オーケストラ良いですね。
でも自分は気持ちよくて寝てしまうかもです。
Commented by berlinHbf at 2008-07-06 22:36
>ぐらっぱ亭さん
テンペルホーフ格納庫でのコンサートの様子は、よかったらこちらでご覧ください。
http://berlinhbf.exblog.jp/8071041/

>あんな料金では、年金生活者にはとてもとても。
S席4万円ですか・・・聴きたくても聴けない人の数を思うと、複雑です。
Commented by berlinHbf at 2008-07-06 22:39
>pfaelzerweinさん
>楽団が楽団で我武者羅に弾いていかないといけないでしょうから、
>体力的にも厳しいのでしょうね。
特にラトルの時代になってから、現代曲の割合が増えたので、譜読みにかかる負担も相当なものになってきたのかもしれません。
Commented by berlinHbf at 2008-07-06 22:42
>despinaさん
>「都市なのに、とにかく緑が多い!」
ベルリンに初めて来る方は、皆さんおっしゃいますね。私もベルリンが誇るべきことの1つだと思います。
充実した滞在になったようで何よりです。つまずきの石は、ふと見つけるときがきます。ぜひまたいらしてください。
Commented by berlinHbf at 2008-07-06 22:44
>daesung-leeさん
ブログ拝見しました。
某国で貴重な体験をされてきたようですね。とても興味深いです。
Commented at 2008-07-08 21:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング