ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

フリードリヒスハイン散策(2) - 再びオストクロイツ駅へ -

e0038811_21384882.jpg
前回ご紹介した「日曜日通り」をずっと歩いて行くと、オストクロイツ駅の入り口にぶつかる。中央で抱き合う男女のカップルの姿。そのSバーンの橋をくぐると、私にとって衝撃的な光景が広がっていた。

e0038811_21391821.jpg
この光景の、一体どこが衝撃的なのか?
5月にベルリン・オストクロイツ駅という記事を書いたとき、ある読者の方が、Ostkreuz guideという質の高いフォトブログから1986年のオストクロイツ駅の写真を紹介してくださった。私はその写真をしばらく眺めていた(ぜひ一緒にご覧ください)。そのときは、「どこだかわからないが、こんな古ぼけた駅舎、まさかもう残っていないだろう」と思っていた。

ところが、あのSバーンの橋を初めてくぐった瞬間、自分の前に広がっていたのはDDR時代の22年前と全く変わらない風景だった。ベルリンのある場所についての古い写真を見る場合、大抵はすでにそこを訪れたことがあり、現在の風景を基準に過去の写真を眺めることがほとんどだ。ところが今回は逆だった。私の頭の中に、半分幻影のようにインプットされていた22年前の風景が、突如現実の目の前に現れたのである。

e0038811_21395867.jpg
そんなことがあって、1人で興奮しながら仮設の路線橋を上ってみた。

e0038811_21401976.jpg
以前、オストクロイツ駅は劇場のような駅だと書いたが、向こう側のホームで列車を待っている乗客たちは、空中にぽっかり浮いた舞台上の俳優のように見えてしまう。

e0038811_21405188.jpg
Hauptstraßeに面した駅舎は、ちょうど取り壊されたばかりだった。やはりOstkreuzguideで、取り壊し前取り壊し中の様子を見比べることができる。

e0038811_21411763.jpg
この看板によると、オストクロイツ駅は2016年までに中央駅のような全面ガラス張りの駅に生まれ変わるらしい。まったく悲しいことだと言わざるを得ない。

e0038811_21414932.jpg
100年の時を刻んだ赤レンガの渋い色合い。これもやがてなくなる。

e0038811_21421239.jpg
そして、ほぼ真下から眺めるこの駅のシンボル給水塔の迫力!

e0038811_21423823.jpg
環状線のホームから見える、ひっそりと佇む邸宅風の廃墟もカメラに収めておいた。

関連記事:
ベルリン・オストクロイツ駅(2008-05-25)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-07-03 19:00 | ベルリン発掘(東) | Comments(15)
Commented by さつき at 2008-07-04 06:01 x
そのへんでよく夜遊びしたもんです。
無駄に広くて、夜中にウロウロすると
ちょっと不安な感じですが、
それもヒガシらしくてよかったのに。

ガラス張りの駅なんて、似合わない
断固反対です!  

ね?
Commented by ウメ at 2008-07-04 06:01 x
駅舎がいつの間にか取り壊されていた!?
ついこの間まで健在だったのに。。。
それにしても、この廃墟の家はなんなのでしょう。

古い雰囲気の残る駅なのですけどね。時代には勝てないのかな・・・。
Commented by Tsu-bu at 2008-07-04 10:31 x
開発という名のもとに駅も駅前の風景も同じような顔になってしまうのでしょうか。味気ないですよね。
谷中での秋のイベントに向けて準備に追われる日々ですが、昨日、今日とゆったりした散歩気分を味わえました。
Commented by ickpa at 2008-07-04 14:00
この間、オストクロイツで乗り換えをしましたが、古くいい感じだったのでビックリしました。
次回は絶対ここで下車して写真とります!!
週末オンリーはせかせかと過ごしてしまうので、次はもう少し長くベルリンにいたいです。
Commented by mchn22lecker at 2008-07-04 22:53
こんにちは。

リンクの写真を見て、驚きのあまり勢いでコメントしてしまいました!色は塗り替えられていますが、まさにこのたてものですね。ずっと残ってたんだ。

知人に聞いた話ですが、写真にもある廃墟は保存指定されているそうです・・・真偽は確認していませんし、果たして私のドイツ語力で正確に理解できたかも分かりませんが・・・・・あやふやな情報ですみません。

オストクロイツは毎日利用していますが、ここでの乗り換え(特にリングへの階段付近)は、人があっちゃこっちゃに入り乱れ、ひどいです。
一利用者として、この混雑が緩和されるのであればとても嬉しいことなのですが、やはりこの風景が無くなってしまうということは残念で仕方ありません。私もここの雰囲気はとても気に入っています。

ちなみに、一枚目のお写真に影でご本人様初登場ですね(笑
Commented by berlinHbf at 2008-07-06 22:08
>さつきさん
>ガラス張りの駅なんて、似合わない
>断固反対です!  
勝手な意見だとは思いながらも^^;)、同感です!半分廃墟のようだけど、こういった味わいのある場所が1つずつ消えていくのは寂しいですよ。
Commented by berlinHbf at 2008-07-06 22:19
>ウメさん
>古い雰囲気の残る駅なのですけどね。時代には勝てないのかな・・・。
他の大都市から見たら、これだけ利用者が多いのに、戦前製の駅が残っていたこと自体が不思議です。せめて今のうちに写真に収めておこうと思います。
Commented by berlinHbf at 2008-07-06 22:21
>Tsu-buさん
本当に味気ないです。どこの駅も同じに見える、新幹線の駅みたいにはならないでほしいのですが。
次回、久しぶりに谷中の街が登場します。よかったらまた書き込んでくださいね。
Commented by berlinHbf at 2008-07-06 22:25
>ickpaさん
イスクラさんならきっと気に入る雰囲気の駅だと思います。
残念ながら刻一刻と変わりつつあるので、改装される前にぜひいらしてください。
Commented by berlinHbf at 2008-07-06 22:30
>mchn22leckerさん
お久しぶりです。
「ベルリン・天使の詩」のときに、何度か書き込んでくださいましたよね!

>写真にもある廃墟は保存指定されているそうで
そうだったんですか!となると、何の建物なのかますます気になりますね。自分でも少し調べてみようと思います。

>一枚目のお写真に影でご本人様初登場ですね(笑
よく気付きましたね^^;)
実は、過去に一度だけ自分が写っている写真を載せたことがあるんですよ。後ろからのアングルなので、気付きにくかったかもしれませんが。
Commented by la_vera_storia at 2008-07-07 17:27 x
なるほど...現存していましたか! 安堵感というか、そういうものを感じる一方で、この建物の運命も風前の灯火であろうことは事前になんとなく予想がついてはいましたが、全面的な駅の新築ともなれば、もうただ壊されるのを待っているだけのようで悲しくも感じます。我々の感覚と比較するとドイツ人はこういうものに非常にドライですから、さっさと「近代的」「現代的」な建物に置き換えてしまう事情は理解できなくはありませんが、やはり残念と言わざるをえません。世界中どこにでもあるような駅をベルリンにまた一つ作る...それだけのことにしかすぎず、おもしろくもなんともありませんね。
Commented by la_vera_storia at 2008-07-07 17:27 x
あの「鮮烈なる生涯」を送った佐伯祐三は2度のパリ滞在をはさんだ日本帰国時の1926年に「ガード風景」という作品で新橋駅の陸橋を描いています。今のJR新橋駅の建物その他の施設は、はもちろん当時のものであるはずもありません。ただしかし、現在の東海道線の東京方向寄りのホームから陸橋にあたる線路部分を見ますと、佐伯祐三が描いた新橋のガードの古ぼけた赤いレンガがまさに当時のままの姿でほんの少しだけ残存しているのを見たときには非常に感慨を覚えました。それに私は「歴史」を感じるのも、佐伯祐三の作品があればこそでしょう。もしOstkreuz駅は新しくなったとしても、赤レンガが少しだけでもどこかに残ってくれれば、そこに歴史を感じる人はいるでしょう。そうあって欲しいと思います。
Commented by Daisaku at 2008-07-08 18:02 x
Ostkreuz の風景には、不思議な魅力を感じます。スクラップとビルド、時代と時代、明るさと暗さの狭間で、いま暫くの間だけこの姿を見せているような…。

私のブログでも、Ostkreuz の記事をアップしました。ご覧いただければ幸いです。
Commented by berlinHbf at 2008-07-08 19:57
>la_vera_storiaさん
お久しぶりです。コメントありがとうございます。
1986年のあの写真をご紹介いただけて、本当によかったです。そうでなければ、大した感慨もなく通り過ぎていたかもしれません。

>我々の感覚と比較するとドイツ人はこういうものに非常にドライ
>ですから、
なるほど。例えば、王宮の再建にはあれほど熱意を懸ける人がいる一方で、オスト・クロイツ駅の改修に対して反対運動があるという話は聞いたことがありません。

>もしOstkreuz駅は新しくなったとしても、赤レンガが少しだけでも
>どこかに残ってくれれば、
たとえ一部分でも、こういう残し方は私も大賛成です。
新橋駅とベルリンのSバーンの高架は、実は歴史的な接点があるのですよね。写真もたくさんあるので、近々ゆっくり書きたいテーマの一つです。
Commented by berlinHbf at 2008-07-08 20:01
>Daisakuさん
こんにちは。Daisakuさんのブログ、毎回1枚だけなのに、その写真にはすごく引き付けられます。これからも楽しみに拝見します。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング