ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

古いアパートに浮かぶ文字

e0038811_8494455.jpg
先日、プレンツラウアーベルク地区を歩いていたら、外観がボロボロのアパートに出くわしました(Pappelallee 80)。この地区は、近年アパートの改装が進み、よくも悪くもすっかり小ぎれいになった感がありますが、つい15年~20年前の写真を見ると、どこもこんな感じだったんです。今となっては、逆に新鮮な感じがして、立ち止まりしばし眺めていました。

e0038811_8502615.jpg
何十年も改装していないようなアパートには、当時の広告文字が残っていることがあります。これは「炭酸水の貯蔵所」という意味でしょうか?

e0038811_8512660.jpg
今でもクリスマスの時期に飲む「グリューワイン」ですね。

e0038811_8514536.jpg
「コニャック」とあるので、どうやらここは飲料店だったようです。おそらく、東ドイツになる以前、戦前に描かれたものではないかという気がします。

e0038811_852342.jpg
そんな風に空想を膨らませていると、一瞬だけタイムスリップしたような気になり、当時の人々の生活がしのばれます。このアパートも、そのうちきれいさっぱり塗り替えられるのではと案じ、写真に収めておきました。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-06-04 02:26 | ベルリン発掘(東) | Comments(7)
Commented by 第三市民 at 2008-06-04 10:50 x
 6年前のちょうど今頃、その近辺にアパート借りて3か月過ごすつもりでベルリンに向かいました。
 改装されたアパートとは思いますが、周辺が非常に便利だと言われても、旧東独時代の状況しか知らない私は、腰が引けていて、結局別口のツェーレンドルフに落ち着いてしまいました (^^;

 現在はベルリン有数のトレンディな場所だそうですね。
Commented by Daisaku Photos at 2008-06-04 15:25 x
建物の外壁は人で言えば皮膚ですから…それぞれの傷やしみに、その建物の歴史が刻まれているのだと思います。

ところで、去年、写真展を開いた Linienstrasse のギャラリーの建物の Hof のひとつに、"Leihamt der Stadtgemaeinde Berlin" の文字がありました。辞書を引いても、よくわかったようなわからないような。なになのでしょう? 別便にてメールをお送りしますので、よかったらご教示ください。
Commented by la_vera_storia at 2008-06-04 19:19 x
とうとうこの話題が出ましたか...。 プレンツラウアーベルクではかつて(というのは東西分断時代ということですが)このような、建物に残された過去の文字の痕跡がたくさん見られました。だいたい1870年代から1930年代前半のものです(中央駅さんの推察どおり、これらの文字はDDR時代のものではありません)。そして統一後に建物の改修が行われて急速に視界から消えていったわけです。70年代後半からですが、私もこういう過去の文字の痕跡を相当数カメラにおさめたのですが、現在その場所が実際どうなっているかについて探索する時間がないですし、探索してみてももう痕跡もないだろうことは予想がつきます。意外に普通のドイツ人はこういうものには興味は示しませんし、西ドイツの写真家ですらあまり興味を持っていなかったようですが、素晴らしい作品も少数ながらありますよ。そういう作品の多くは80年代後半からDDR崩壊までに撮られたものです。ほとんどが絶版となってしまいましたが。
Commented by la_vera_storia at 2008-06-04 19:19 x
社会主義時代において、この地区の古く崩れそうな建物にこういう文字を見ることは実に感慨がありました。社会主義国の現在の空間の隙間から、第三帝国時代、ワイマール共和国時代、ドイツ帝国時代という一連の堆積した過去をのぞき見るみたいな独特のスリルです。現在では、そうですねえ、シチリアのパレルモの旧市街の荒廃した歴史地区などの建物には似たような印象を持ちます。あそこは行政がそういう歴史と由緒のある地区の建物の補修をしないため(建物崩壊後の再開発の公共事業を望むマフィアとの関係です)、近寄り難い様相を呈している一角があります。そういうものと共通するようなスリルがかつての東ベルリンにはありました。先日に上海に行ったときに、あそこのユダヤ人地区に久しぶりに行ってみました。いつだったかご紹介しましたが、戦前のあの地区のカフェの看板、かろうじてまだ残っていましたが、あの経済発展著しい上海のことですから、この看板の痕跡も風前の灯でしょうか。
http://4travel.jp/traveler/dapuqiao/pict/10645319/
Commented by berlinHbf at 2008-06-06 18:02
>第三市民さん
東の時代しか知らない方が、今日のプレンツラウアーベルクを見たら驚かれると思います。若いカップルが多く、年配の人の割合は明らかに減っているようですし、家賃が大幅に上がったことで、昔からの住人が他の地区に移らざるを得なくなったという話も聞きます。あと街を歩いていると英語の会話を聞くことが多くなりました。
Commented by berlinHbf at 2008-06-06 18:06
>Daisakuさん
> 建物の外壁は人で言えば皮膚ですから…
いい比ゆですね。確かにそうだと思います。

>"Leihamt der Stadtgemaeinde Berlin" の文字
(メールに書きましたが)Leihamtとは、担保を取ってお金を貸す公共の質屋です。個人営業の質屋の暴利から守るため、こういう施設があったのですね。ただ、現在は法律によって個人営業の暴利は厳しく制限されており、かつてドイツ中で35あった公共質屋は現在4つしかないそうです。
Commented by berlinHbf at 2008-06-06 18:19
>la_vera_storiaさん
詳しい解説をありがとうございます。 la_vera_storiaさんのお話は、毎回生きた歴史の授業を受けているかのようです。

なるほど、あの壁の文字はやはり戦前のものだったのですね。
>一連の堆積した過去をのぞき見るみたいな独特のスリル
うまいことをおっしゃいますね。私が興奮したのも、まさに「都市考古学者」にでもなったような気分だったからです。旧東ベルリンでこういう古い文字を見つけたら、また写真に収めてここでご紹介できたらと思っています。上海は、アジアの中で今もっとも興味を惹かれる街の一つです。

一昨日またオストクロイツ駅に行ったのですが、先日ご紹介いただいた1986年の写真とそっくりそのままの風景が残っていて、不思議な感慨を受けました。近いうちにまた書きますね。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング