ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

地下鉄駅の「魔笛」

e0038811_7381079.jpg
ベルリンの地下空間で上演するモーツァルトのオペラ「魔笛」が、いま大きな話題を呼んでいる。仕掛け人は指揮者・演出家のクリストフ・ハーゲル。これまでも元変電所、サーカス小屋、ボーデ博物館といった一風変わった場所でモーツァルト作品を演出してきた人物だが、その彼がこのたび、10年前から構想していたという、現在建設中の地下鉄55号線「連邦議会(Bundestag)駅」での上演を実現させた。世界で最もポピュラーなオペラと、ベルリンの未来の都市空間との出合いから、何が生まれるのだろうか?

e0038811_8205169.jpg
ある日曜日の午後、コンクリートの真新しい階段を地下へと下りて行った。開演前から駅のベンチに寝そべっているパンク風の若者が、実はパパゲーノ。彼は国の失業手当で生活し、駅では物乞いもする。ベルリン交響楽団が演奏する序曲が鳴り響くと、せわしない都市生活の映像が壁に映し出される。この「魔笛」は、現代のベルリンの地下鉄が舞台なのだ。

e0038811_7263299.jpg
「魔笛」の舞台より。現代に生きるパパゲーノ(左)とパパゲーナ ©Oliver Wia

やがて、メルヘンの世界から紛れ込んできた王子タミーノが、張りぼての地下鉄に追われて登場する。彼を救う3人の侍女は、最近よくストをするBVG(ベルリン交通局)の清掃員という設定。モーツァルト時代のドイツ語を話すタミーノとスラングのきつい現代っ子のパパゲーノが出会うが、話しぶりも会話内容も全くかみ合わず、おかしみを誘う。

「この地域を治めているのはどのお方であらせられますか?何、夜の女王ですと。あなたは、そのお方にまみえる幸運に預かったのですか?」(タミーノ)

「は? カーニバルの仮装から帰ってきたような格好して何を言ってるんだい。ここはベルリンの政府地区だよ。この上で治めているのはアンゲラ・メルケル。テレビでしか見たことない」(パパゲーノ)

パミーナは、無賃乗車でモノスタトスに捕まってしまう。3人の童子はスケボーに乗ってやって来る。ゴミ箱、BVGの職員と交信するインフォボックスから線路に至るまで、駅の施設がフルに使われ、時事性のあるギャグが盛り込まれる。さらにダンスシーンがあったり、合唱が思わぬ場所から聴こえてきたりと、子ども連れの観客をも飽きさせることがない。

e0038811_727590.jpg
「連邦議会駅」の構内。開業は早くても2009年の夏といわれている ©Oliver Wia

だが、なんといってもこの舞台の成功は、アクセル・シュルテスが設計したモニュメンタルな空間なくしては考えられなかっただろう(ちなみに、駅地上の首相官邸もシュルテスが設計)。巨大な円柱が何本も屹立し、地上からの光がもれる丸天井の地下空間はまるで神殿のようで、「魔笛」のオリジナル舞台を彷彿とさせ、非現実的なまでに美しいモーツァルトの音楽と相まって、日常と非日常、過去と現在の境界を曖昧にしてしまう。すると、登場人物の中で一人異彩を放っていたタミーノさえ、一目ぼれしたパミーナを必死に探し求める過程において、孤独で、どこかつかみどころのない都市生活を送っている現代人とだぶって見えてきた。そう、この地下鉄駅版「魔笛」は、現代のメルヘンとして確かによみがえったのだ。

5月31日まで、ほぼ毎日上演(追記:6月7日まで延長)。詳細はhttp://zf-u.de にて。
ドイツニュースダイジェスト 5月16日)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-05-15 00:49 | ベルリン音のある街 | Comments(14)
Commented by Tsu-bu at 2008-05-15 10:07 x
わー、刺激的!
写真を見ているだけでワクワクします。
観たいなぁ、こういうの。
Commented by Til at 2008-05-15 14:56 x
なんておもしろい試み!
楽しそうですね。
見てみたい!
Commented by umenokai5kumi at 2008-05-15 18:07
まさとさん
お久しぶりです。Mme.Maccabeeです。
連邦議会ってあのガラスのドームのあるビルですよね。あそこも素晴らしかったけれど地下もすごいんですね。
ところで、夜の女王はどなたが歌ったのでしょうか。どんなでした?
私は魔笛はどうも後半があまりおもしろくなくて前半のいくつかのアリアだけでも満足なのですが。昨年はコンビチュニーの演出で空港が舞台の魔笛を見ましたが、これは素晴らしくおもしろかったです。ベルリンはオペラの演出の最前線なんですね。また、ベルリンにオペラを見にいきます。
Commented by にわやま at 2008-05-15 22:45 x
今日の新聞に、6月7日までに延長になったってありましたね。
素敵なご報告に、ますます観たくなりました。急がねば!!!
Commented by Daisaku at 2008-05-16 05:12 x
素敵ですね。ホロコーストメモリアルでのコンサートもそうですが、もう少し滞在を延ばせていたらぜひ足を運びたかったのにと残念に思うほど魅力的に感じます。あの広場の地下にこのような空間が生まれているとは…設計者は違いますが、中央駅の地下ホームの柱周りとちょっと雰囲気が似ています。偶然でしょうか?

いずれにせよ、いまのベルリンでしかなしえないような面白い試みですね。ああ、行ってみたかった…。
Commented by sueshin114 at 2008-05-16 22:50
どうもお久しぶりです。以前はStuttgartから書き込みさせていただいていましたが、現在はスイスのBellinzonaというところに仕事の関係で引っ越しをしましたLeichtbauのsueshin114です。

以前からこの地下鉄駅での魔笛の情報を知り、行きたい行きたいと思っていたのですが、結局仕事で行けそうにありません。
こういったイベントは以前東京にいたときにその際も人気で行けなかった共同溝での狂言というイベント以来ですね。

こういった特殊な環境での舞台、演奏はまた違った味わいがあるんだろうと思います。うらやましい限りです。
Commented by berlinHbf at 2008-05-18 19:11
>Tsu-buさん
そうですね。こういう面白い催しがどこかしらで行われているのがベルリンならではというか、他の街に住む方がうらやましがるところかもしれません。
Commented by berlinHbf at 2008-05-18 19:19
>Tilさん
子供連れの方にも大変ウケていました。機会があれば、おすすめです!
Commented by berlinHbf at 2008-05-18 19:34
>Mme.Maccabeeさん
お久しぶりです!
連邦議会の隣に、パウル・レーベハウスという大きな議員会館があるのですが、その前の地下駅です。キャストについてはこちらをご覧ください。
http://zf-u.de/kuenstler.html
パパゲーノ役の1人は、なんと元ロック歌手なんですよ。そちらも聴いてみたかったです。ただ、歌手陣に比べると、オケの水準がいまいちで、指揮はまるでなっていませんでした・・・。この公演は公の助成を受けておらず、チケットは高めで、イベント色の濃いものでしたが、それでも全体としてかなり楽しめたのは事実です。
Commented by berlinHbf at 2008-05-18 19:36
>にわやまさん
>今日の新聞に、6月7日までに延長になったってありましたね。
そうでしたね!書き直さねば。教えてくれてありがとう。
いろいろ意見はあるでしょうが、にわやまさんにはぜひ一度見ていただきたいです。
Commented by berlinHbf at 2008-05-18 19:56
>Daisakuさん
この地下駅では、数年前に日本の劇団が村上春樹の「アンダーグラウンド」を上演していますね。テーマといい、場所といい、そちらも観てみたかったです。連邦議会駅は中央駅と設計者は違うはずですが、共通点があってもおかしくない気がします。
ベルリンには、ぜひまたいらしてください!
Commented by berlinHbf at 2008-05-18 20:05
>sueshin114さん
この政府地区は、建築をやっている方にとっては、とりわけ面白いところではないでしょうか。地上の方は一通り見たつもりでしたが、まさか地下がこんなになっているとは、驚きました。

スイスに引っ越されたのですね。そちらからのご報告も楽しみにしています。
Commented by キートス at 2008-05-19 05:19 x
貴重な写真と情報をありがとう。僕たちも、行こうと真剣に考えていたのですが、正直、魔笛はあまり好きではありません。でもこの場所なら、・・・行けば良かったなぁと思います。
ところが、あの駅、完成していますね。"Kanzler-U-Bahn"(首相地下鉄)と呼ばれているU55。首相以外は、誰も必要としない路線。しかも、首相も使わないでしょうし。でもさすがSchultes建築ですね。早く見たいです!
Commented by berlinHbf at 2008-05-22 22:33
>キートスさん
シュルテスの建築を見るためだけでも、この魔笛は見に行く価値があるかもしれませんよ。まあ、来年の秋にはさすがにもう完成しているでしょうが。それにしても工事は長引き、費用もかさんでいるそうですね。「世界でもっとも難しいトンネル工事のひとつ」なんて、ある新聞には書かれていました。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング