ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

カール・マルクス書店が閉店

e0038811_20395172.jpg
Karl-Marx-Buchhandlung (2007年4月29日)

先月22日のBerliner Zeitung紙の記事で知ったのですが、カール・マルクス大通りにあるカール・マルクス書店が2月末をもって閉店になったそうです。

カール・マルクス大通りといえば、かつての東ベルリンの目抜き通りで、このブログでもかつて3回に分けて紹介したことがあります。昨年亡くなったウルリヒ・ミューエ主演の映画「善き人のためのソナタ」のラストシーンに登場する本屋、といえばピンとくる方も多いかもしれません。

e0038811_20403460.jpg
閉店前にできたらもう一度足を運んでおきたかったのですが、結局今年の1月頭に入ったのが最後となりました。以下の写真は、このとき一緒に歩いたKenさんが提供してくださったものです。

e0038811_20405370.jpg
カール・マルクス書店は1953年にオープンした、東ベルリンで最大の本屋でした。当時は2階まで本が並んでいたといいますが、統一後は客足が遠のき、この度55年の歴史を閉じることになったのです(建物自体は残りますが)。近年、この周辺の買い物客はアレクサンダー広場のカウフホフや去年できたアレクサといった大型ショッピングセンターになびいており、この大通りで個人経営を営む人は苦戦を強いられていると新聞記事にも書かれていました。

e0038811_21162610.jpg
かつてカール・マルクス・アレーは「東のクーダム」と呼ばれるほど栄えていたそうですが、いまは昼間でさえ人通りは少なく、巨大なアパート群の威容が空しく感じられるほどで、そんな時代があったことが信じられないほどです。通りの幅は4車線、90メートルもあり、ちょっと散歩にというわけにもなかなかいきません(特にお年寄りにはつらいでしょう)。ベルリンの歴史を知る上では大変興味深い通りですが。

とはいえ、Kenさんの写真からも伝わってくるように、文化の香り漂う本屋がまた一つベルリンから消えていくのは、寂しいことです。

参考:
「善き人のためのソナタ」(2006) (2007-03-12)
カール・マルクス通りを歩く(1) (2005-09-13)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-03-13 14:14 | ベルリン文化生活 | Comments(25)
Commented by zaichik49 at 2008-03-13 23:46
あの書店が閉鎖していたとは知りませんでした。普段の生活エリアに近いとはいえ、あそこで本を買う理由がないのは確かです。店先のロゴが好きだったのですが、それも恐らく取り外されてしまうのでしょうか。近々、足を運んでみます。
Commented by la_vera_storia at 2008-03-14 00:52 x
中央駅さん
これは私に何か書けという以外の何物でもない状況だと理解しました(笑)。いや、冗談はさておき、とうとう来るべきものが来てしまった、ということですね...。この書店(そして隣のカフェ)、DDR時代からもう、どれだけお世話になったかしれません。思い出が一杯詰まった、このあたりの空間でした...。気持ちが落ち着いたら、じっくりと書きます。この書店もとうとう「幻影」となってしまいましたか...。
Commented by la_vera_storia at 2008-03-14 01:15 x
エキサイトのブログへのPCでの書き込み、中国からはできなくなってしまいました。当地の当局の情報統制の一環のようです。実は今夜、上海に着きましたが、これは携帯電話から書き込んでいます。携帯なら可能というのもおかしな話ですね。ともかく、この書店(そして多分隣のカフェについても)については、帰国しましたらゆっくりとコメントします。
Commented by さつき at 2008-03-14 01:25 x
ショックです…
文化遺産みたいに残してくれたらいいのに。

何度歩いても親しみが湧かないとは
ぴったりの表現ですね
私も同じように思います
Commented by akberlin at 2008-03-14 02:27
カール・マルクスアレー。広いですよね。
独特の雰囲気が好きです。あの通りにあったコスモスという
映画館もだいぶ前ですが閉館になりましたね。
その映画館で最後に見たのがオスタルギー映画だったというのも
なんとなくもの寂しいですが。

Das Leben der AnderenのDVD、とうとう買ってしまいました。
ベルリンを描いた映画の中で、一番好きな映画になっています。
Commented by にわやま at 2008-03-14 03:29 x
私も新聞記事読んで寂しがっていました。
「壁がなくなってすっかり変わってしまった」というけれど、
まだ変わってないところもあったんだと
こうして時折思い知らされます。
Commented by のりあき at 2008-03-14 03:52 x
いや、私はカールマルクスアレーは好きです!
ココを歩くとなんだか不思議な感覚に陥るのが好きなのです。
一度この通りのツッカーベックスタイルのWGに住んでいた友人宅に遊びに行ったことがありますが、建物も魅力的だった~。
ココらのパラレルシュトラッセもまた味があると思います!ぜひ今度一緒に散歩しましょう~。
Commented by Cananese at 2008-03-14 08:23 x
はじめまして。Kenさんのブログからこちらにたどり着きました。沖縄で英語ガイドをしています。ドイツで歴史事を語るときの切り口が、わたしの仕事にもヒントになればいいなと思って立ち寄ったのですが、中味のこいブログ記事にとても感動しています。特に歴史事の記事、また立ち寄り読ませていただきます。足跡のこしていきます。
Commented by 第三市民 at 2008-03-14 10:55 x
 20数年前のカールマルクスアレーは車でひたすら走り抜ける大通りでしたし、東側の書店に立ち寄る筈もなく、閉店を知らされても何も感じなかったでしょうが、あの『善き人のためのソナタ』のクライマックス・シーンの書店のウインドウをを思い出して、感慨無量です。
Commented by Ken at 2008-03-15 01:13 x
写真使ってくれてありがとうございます!
ほんの短い間しか店にいなかったけど、あの静かな空間に
背の高い書棚がそびえてるのはよく覚えてます。
昔は2階まであったとは知りませんでした。
うーむしかし残念ですね。
Commented by berlinHbf at 2008-03-15 05:38
>zaichik49さん
コメントありがとう!ロシアに思いを寄せるzaichikさんなら、あの通りや本屋には深く感じ入るところがあるのでしょうね。あの年季の入ってそうなロゴは、できたらそのままにしておいてほしいものです。
Commented by berlinHbf at 2008-03-15 05:42
>la_vera_storiaさん
中国当局の情報規制の中、上海からのコメントありがとうございます。
la_vera_storiaさんから初めてコメントをいただいたのは、確かカール・マルクス・アレーについての記事でしたね。この界隈、そしてこの本屋にまつわるお話をまた聞かせていただけるのを、大変楽しみにしています!もし長くなるようでしたら、メールでくだされば本文に全文掲載させていただきますので。
Commented by berlinHbf at 2008-03-15 05:44
>さつきさん
この通り全体が文化財になっているだけに、この本屋も残してほしかった気はしますが、経営する側からしたらそんなことも言ってられないのでしょうね。残念です。
Commented by berlinHbf at 2008-03-15 05:51
>akberlinさん
コスモスという映画館も、いかにもあの時代を思わせるデザインでいいですよね。僕は結局中に入れずじまいでしたが、そのうち何らかの形で復活すればといいなと思っています。

日本に帰国されるとのこと。大変びっくりしましたが、今後は東京のさまざまな風景を伝えてくださいね。これからもよろしくお願いします!
Commented by berlinHbf at 2008-03-15 05:52
>にわやまさん
ベルリンはまだまだ知られざる場所がたくさんあります。あの「お化け屋敷」も含めて(笑)、また探検に行きましょう。
Commented by berlinHbf at 2008-03-15 05:54
>のりあきさん
この界隈については、のりあきさんの方がお詳しいようですね。
あの巨大なアパートの中はどうなっているのか、一度入ってみたい!
日本から戻ったら、ぜひいろいろ連れて行ってください。
Commented by berlinHbf at 2008-03-15 05:58
>Cananeseさん
はじまして、コメントありがとうございます。
沖縄にはぜひ一度行ってみたいのですが、たまに日本に帰るだけではなかなかその機会が巡ってきません。歴史、基地問題、文化、いずれも非常に興味があります。よかったら過去ログにも気軽にお書き込みくださいね。
Commented by berlinHbf at 2008-03-15 06:00
>第三市民さん
一軒の本屋が閉店するというだけで、皆さんからのこれだけのコメントにびっくりしたのですが、やはりあの映画の存在が大きいのかもしれませんね。DDRを主題にした次の映画に期待です。
Commented by berlinHbf at 2008-03-15 06:02
>Kenさん
あのとき、Kenさんが写真を撮ってくれておいて本当によかったですよ。中の雰囲気をよく伝える写真を使わせていただき、ありがとうございました!
Commented by grappa-tei at 2008-03-17 08:19
写真を見た途端、ひょっとして、と思いましたら、まさしく「善き・・・」のラスト・シーンに使われた書店だったですね。それがなくなるとは、ひとつの時代の象徴だったのに、惜しい気がします。「あそこで本を買う理由がない」と誰かが書かれているので、要するに経営が立ち行かなくなったということのようですね。
Commented by にわやま at 2008-03-18 09:02 x
今日、地下鉄が動いたので無駄に(笑)足を運んでみました。
看板はあったけれど、本棚はすっからかん。
まだ店員さんが閉店作業をしていました。
となりのカフェジビレ、いいですね。あそこは閉まらないでほしいなぁ。
オバケ屋敷、期待しています!!!しばし和食に浸かってください!!!
Commented by berlinHbf at 2008-03-21 11:34
>grappa-teiさん
新刊だけでなく古本も扱っていて、雰囲気のいい本屋だったのですが、アクセスの悪さはやはり否めないところでした。この通りがますます寂れるのではないか心配です。
Commented by berlinHbf at 2008-03-21 11:38
>にわやまさん
事後レポートありがとうございます!
なるほど、そんな感じになっていましたか。隣のカフェも一度閉店して、その後また復活した経緯があります。この本屋は、どうなるでしょう?
Commented by 本の世界の迷子です at 2009-01-13 23:53 x
映画「善き人のためのソナタ」で一番印象的だったシーンは、
私にとって、ラストの本屋のシーンです。
記事に引用させていただきました。
Commented by berlinHbf at 2009-01-14 21:20
本の世界の迷子ですさん
ご紹介ありがとうございます。壁崩壊20年の今年、再びこの映画を観たいと思っています。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング