ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

渾身のショスタコーヴィチ

e0038811_22202447.jpg
昨日、2008年最初のコンサートを聴いて来ました。エリアフ・インバル指揮のコンツェルトハウス管弦楽団で、メインがショスタコーヴィチの交響曲第11番「1905年」というプログラムです。タイトルから想像がつく通り、1905年の「血の日曜日事件」を情景的に生々しく描いた作品で、正直「年明けからケッタイな音楽をやるなあ」と半ば重い腰を上げて聴きに出かけたのでした。

ところがこれがとんでもなかった!希代の熱演といえるものでした。弦のトレモロは常にいきり立っていましたし、金管は咆哮、木管はところどころで慰めに満ちた歌を聴かせてくれ(4楽章のコールアングレの深い歌は特に印象的でした)、総勢5人以上の打楽器の迫力については言うに及ばず。インバルの一振りで、ホールが横揺れするくらいぐわーっと鳴ります。それも恐ろしいほどの切実感を伴って!指揮がインバルだからか、それともオケが(若いメンバーもたくさん加わっているとはいえ)旧東のオケだからでしょうか。とにかく、ショスタコの音楽を聴いてこうも圧倒されたのは自分でも他に思い浮かばないほどです。

家に帰ってプログラムを見てびっくりしました。あれほど燃焼度の高い演奏が、実は3日間のプログラムの初日だったのです。あんな演奏をあと2回もしたら、どうかなってしまうのではと心配になります。音楽家というのは大変な職業なんだなーと思いました^^;)。聴いているだけでもあれほどクタクタになったのに。

2008年の最初のコンサートがショスタコの11番で始まったというのは、自分に何かを暗示しているような気がします。過去、そして今世界で起こっている苛酷な現実に目を背けてはならない、ということでしょうか。いいことばかりでは決してないこの人間世界に立ち向かっていこうという悲壮な決心、といったら大げさですが(笑)、少なくとも正月明けののんびりムードは一気に吹き飛んだような気がしました。

Konzerthausorchester Berlin
Eliahu Inbal

Jing Zhao Violoncello

Ernest Bloch "Schelomo" - Hebräische Rhapsodie für Violoncello und Orchester
Dmitri Schostakowitsch Sinfonie Nr. 11 g-Moll op. 103 ("Das Jahr 1905")

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-01-11 14:03 | ベルリン音楽日記 | Comments(11)
Commented by la_vera_storia at 2008-01-11 23:24 x
インバルの指揮で私は2002年の秋にやはりベルリンのコンツェルトハウスでショスターヴチの5番を聴きましたが、それも忘れがたい名演でした。インバルの的確な指示でオケは余裕を持って細部まで鳴っていましたし、「証言」というやっかいな問題(ご存知ですよね?)などとは無関係に、あの演奏は純音楽的にも実に見事な演奏でした。
Commented by la_vera_storia at 2008-01-11 23:41 x
インバル指揮のショスタコーヴィチは、おそらく脱「証言」後の演奏としては典型的なものでしょう。音を全て開示して、最後は聴衆に判断を委ねた....私にはそういうようにも聴こえました。
Commented by Puku at 2008-01-12 05:00 x
まさとさん、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします!
いつもいつも楽しいブログをどうもありがとう!

ショスタコ・・大好きです。以前に、ショスタコの友人だったという、バルシャイさんがオケを振りに来られたときものすごく感銘を受けました。戦争の情景が浮かびました。ついでに、カルテットのレッスンもしてもらいました(もちろん、ショスタコ)ドイツ語でしたし、その頃はあんまりドイツ語が出来なくって全てを理解できなかったのが残念でした・・・。

この間、ランチコンサートでお見かけしましたよ~!私は息子と、Sacmacちゃんと上で聴いていましたよ!
Commented by grappa-tei at 2008-01-12 12:41
昨秋、日比谷公会堂で、井上道義マエストロによるショスタコ全15交響曲のプロジェクトがあり、3回聴きに行きました。それぞれ、ザンクトペテルブルグ交響楽団、広島交響楽団、名古屋交響楽団によるもので、都合6曲聞いたわけですが、その中に、11番も入っていました。普段、ショスタコなど聞くことのない愚亭ですが、とても魅入られました。とりわけ11番はよかったですよ。まったく同じ感想を持ちましたね。
Commented by Kaninchen at 2008-01-13 00:36 x
寒中お見舞い申しあげます。
一番年初めのコンサートが素晴らしいもので、よかったですね。これもマサトさんの日ごろの行いの良さからきているのでしょう!
いい事ばかりではないけれど、災いも転じて福となりますから、今年がマサトさんにとってよい1年でありますよう、日本より祈念しております。
今年もよろしくお願いいたします。
Commented by pmd_ima at 2008-01-14 00:01 x
はじめまして。いつも興味深く楽しく拝見させていただいていますが、コメントを残すのは今回が初めてです。
マエストロ・インバルのショスタコ11番、2006年11月にオケは東京都交響楽団で聴きました。前半は同じくブロッホだったんですよ(シェロモではなく、ヴィオラと管弦楽のための組曲)。
この時もとてつもなく凄まじい演奏が繰り広げられました。今でもずっと忘れられません。彼はマーラーが代名詞のようになっていますが、これからショスタコも聴いてみたいと思いました。
というのも、4月から都響のプリンシパル・コンダクターに就任するので、とても期待しています。オケとの相性も良く、都響の素晴らしい演奏技術を更に高めてくれそうです。4月の就任披露公演は、マーラー(千人の交響曲)です。
来月、約3年振りに大好きなベルリンを訪れます。また随分変わったんだろうなぁと、ぶらぶら歩くのを楽しみにしているところです!
Commented by berlinHbf at 2008-01-15 03:47
>la_vera_storiaさん
「証言」は中公文庫から出ているようですが、私はまだちゃんと読んだことはないので、恥ずかしながら詳しいことは知らないのです。

>音を全て開示して、最後は聴衆に判断を委ねた
なるほど。「音を全て開示」という演奏であったことは確かです。ショスタコーヴィチの演奏を考えるには、政治的な背景を知ることがとりわけ重要なのですね。またいろいろご教示ください。
Commented by berlinHbf at 2008-01-15 03:55
>Pukuさん
遅ればせながら、今年もどうぞよろしくお願いします!

>バルシャイさんがオケを振りに来られたとき
それは貴重な体験でしたね!僕が持っている交響曲全集はバルシャイ指揮なので、とても馴染みがある名前です。ショスタコのカルテットもいいですよね。これからじっくり聴き込んでいきたいジャンルです。

>私は息子と、Sacmacちゃんと上で聴いていましたよ!
Sacmacさんから聞きました。また今度ゆっくりお会いしましょう!
Commented by berlinHbf at 2008-01-15 04:00
>grappa-teiさん
>井上道義マエストロによるショスタコ全15交響曲
grappa-teiさんのブログでもその様子は拝見していました。12番と並べて演奏したところがすごいですよね。こういうあまりお金がかかっていなそうだけど意欲的なプロジェクトは今後も続けてほしいです。

今年もどうぞよろしくお願いします!
Commented by berlinHbf at 2008-01-15 04:04
>Kaninchenさん
寒中見舞いありがとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。

>いい事ばかりではないけれど、災いも転じて福となりますから、
なるほど。そのお言葉を信じたいと思います(笑)。お互い、仕事も充実したいい年になるといいですね!
Commented by berlinHbf at 2008-01-15 04:10
>pmd_imaさん
はじめまして。コメントありがとうございます。

インバルは都響でも11番を取り上げていたのですか。やはりホールを揺るがすような演奏だったようですね。ここでは触れなかった前半のシェロモもよかったのですが、やはりあの11番を聴いた後だと印象が薄れてしまった感は否めません。都響との今後は大変楽しみですね。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング