ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

指揮者角田鋼亮さんインタビュー(1)

e0038811_3141746.jpg
今回は新春特別企画(?)として、若き指揮者角田鋼亮さん(名前は「こうすけ」と読みます)のインタビューを2回に分けて掲載します。ベルリンのハンス・アイスラー音楽大学に留学中の角田さんと知り合ったのは、2005年の秋でした(彼の詳しいプロフィールはこちらにて)。ポツダム広場の地下鉄のホームで友達を通じて紹介されたときから、どういうわけか意気投合し、コンサートやこのブログのベルリン散策でも何度もご一緒してきました。角田さんは昨年夏から半年間日本で活動中なのですが、多忙な生活の中、メールでのやり取りを通じてインタビューに答えてくださいました。もっと突っ込んで聞いてみたい箇所もありますが、それはいずれまた機会があったらということでしょうか。将来が楽しみな若き音楽家を、「ベルリン中央駅」でご紹介できるのをとてもうれしく思います。


まず始めに角田さんが留学先としてベルリンという都市を選んだ経緯について、話を聞かせてもらえませんか?他の世界的な音楽都市、例えばウィーンやパリやニューヨークではなく、どうしてベルリンだったのですか?

ベルリンというのは子供の頃からの夢の都市でした。最初に意識したのは壁が壊れた時の映像で、ロストロポーヴィッチさんがバッハの作品を演奏していましたよね。政治や社会情勢の事とかあまり分からなかったのですが、子供心にいたく感動したのを覚えています。その後は放送があるとベルリン・フィルの演奏を欠かさずチェックしていました。時差の関係からか深夜にやることも多かったと思いますが、徹夜をしてでも見ていましたね。
e0038811_3193888.jpg
また、中学からオーケストラ部に入るようになってということもあるのですが、アッバード指揮のブラームスの交響曲第2番の映像を、毎日必ず一回は見るようにしていました。あとは来日公演のマーラーの「復活」ですね。これもテープが擦り切れるまでみて、5楽章では必ず感動して泣いていたのを思い出します。

初めてベルリン・フィルを聴いたのは実家の名古屋でのブルックナーの5番が最初でした。演奏後イスに張り付いてすぐに動き出せなかったのを覚えています。そんなわけでいつか必ずフィルハーモニーで聴いてみたいと思い続けていたのが、かなった形になりました。
ベルリンには大学時代から3回ほど旅行で訪れていましたから、街の雰囲気は知っていました。こちらに先に留学している友達からも住みやすく、芸術の面で刺激の大きい街と聞いていたので、不安や心配はあまりなく、楽しみにしていました。

そうそう、高校生の時にサイモン・ラトルがバーミンガム市響と日本に来て東京まで出ていって聴いたのですが、その時に間違いなくこの人が次期監督になるという確信を持っていました。本当に監督になって嬉しかった反面、ファン心からあまり有名になって欲しくないという変な願望もありました(笑)。

ハンス・アイスラー音大での生活についてお話を聞かせてください。

ベルリンで音大に入り、とてつもなく充実した生活を過ごさせていただいています。朝ベルリン・フィルのリハーサルを見て、昼から学校へ行き、夕方からまたリハーサルを見る。もしくは本番を聴くなどという生活をしています。オケの方も親切で気さくに話しかけて下さる方が多いです。またホールが若手の指揮者を育てようという雰囲気があるので、団員の方に止められたことは一度もありません。学校では今のところ8種類個人レッスンがあったり、半期に4、5度プロのオーケストラを振る機会があったり、それはもう本当に恵まれています。教授陣がベルリンのオーケストラの首席の方だったり、一流演奏家だったりするので、たまに授業のお手伝いに行くと、彼らからとても有益な話が聞けたりします。

いつかウィーンやローマ、ミラノ、パリにも行ってみたいですが、今この世界情勢の中でどういう演奏が必要とされているのか、もしくは生み出されようとしているのか、そういう事を身近に肌で感じるにはやはりベルリンがいいのではと思っています。何より生活費があまりかからないのが良いです。

ベルリン・フィルの演奏を間近で観察していて、特に感じることはありますか?

とにかく個人の能力が高いのは言うまでもありませんが、それを全員が生かし合って音楽を創っているのが面白いですね。また音のうねりや波といったものが感じられます。とても横の流れを大事にしています。

2006年11月には、コンツェルトハウス管弦楽団(旧ベルリン響)を指揮されたそうですね。

はい、今思い出してもとても感慨深いです。リハーサルの時から凄く雰囲気が良く、自然とその中に入っていける気がしました。練習が終わってから、奏者の何人かが指揮台のところに集まって話しかけて下さったり、僕が練習を終えてもその後、各自自主的に残ってセクション練習している姿を見たりしていると、仕事のために音楽しているのではなくて、音楽するために音楽しているのだなという事が強く感じられました。本番はとても良いものになったと思います。

(つづく)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-01-02 19:50 | ベルリン音楽日記 | Comments(2)
Commented by bach!! at 2008-01-06 01:19 x
娘の幼なじみは、東海のオケでヴァイオリンを弾いていましたので、彼が在学中、家内と娘は3月の定演に毎年出かけていました。
それで、角田さんというお名前に記憶があるみたいです!
もちろん角田さんには面識はないのですが、こちらのブログでご活躍のお話が聞けて、地元の者として何だか嬉しくなりました。
Commented by berlinHbf at 2008-01-06 07:08
>bachさん
そうでしたか!実は私も彼の中高の同級生を通じて、角田さんの名前は大学時代から知っていたのでした。3月までの間に名古屋近辺で振る機会はまたあるようですから、もしよろしかったら足をお運びください。

フロイエン交響楽団
 日時:2008年3月9日(日)
 開演:未定
 会場:中京大学文化市民会館(オーロラホール)
 曲目:ブラームス…悲劇的序曲
    チャイコフスキー…「くるみ割り人形」組曲
    ブラームス…交響曲第1番

セントラル愛知交響楽団
 日時:2008年3月30日(日)
 開演:未定
 会場:土岐市文化会館
ピアノ:外山啓介
 曲目:ショパン…ピアノ協奏曲第1番など

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング