ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

イエス・キリスト教会で聴くバッハ

e0038811_035982.jpg
ベルリン・フィルの録音会場として有名なダーレムにあるイエス・キリスト教会で、オルガンではなく、珍しくオケのコンサートが行われることを知り、「これは聞き逃せない」と思って聴いて来ました(22日)。

U3のThielplatz駅から歩いてすぐの場所にあるこの教会は、外観も内観もかなりモダンな印象を受けますが、1930年に建てられたというれっきとした戦前の建築です。クリスマス直前の今回のコンサートは、バロック・ヴァイオリン奏者でもあるアンドリュー・マンゼ指揮ベルリン・ドイツ響ソロメンバー主体の小編成オケでした。

全てバッハに関連した実に魅力的なプログラム!冒頭のSinfonia F-Durは初めての曲だと思って聴き始めたら、実はブランデンブルク協奏曲第1番ほぼそのままでした。あの曲はバッハが後にこのSinfoniaを改作・拡大したものなのだそうです。その後、マンツェ編曲の「フーガの技法」から1曲、フィナーレのスピード感がたまらないブランデンブルク協奏曲の第3番、そしてヴェーベルン編曲の「音楽の捧げもの」より「6声のフーガ」で前半終了。イエス・キリスト教会の響きも存分に楽しみました。残響は豊かですが、教会にありがちな「こもる」感じがここにはありません。まろやかでありながら、くっきりともしているのです。こういう音楽を聴くにはまさに理想的な環境という気がしました。中でもバスのあたたかい響きが印象に残っています。

後半最初の「ダンバートン・オークス」は、ストラヴィンスキーが「バッハのブランデンブルク協奏曲スタイルの小コンチェルト」を意図して書いたという洒落た一品。そしてメインの組曲第4番は、トランペット3本が加わり、祝祭的なムードがいやがうえにも高まります。全体の大半の長さを占める序曲は、バッハが後にクリスマス用のカンタータに書き換えたらしく、このコンサートのメインとしてはぴったりなわけです。

音楽というのは聴く場所によって印象ががらっと変わるものですが、この晩はまさにその典型のようでした。マンゼ指揮のベルリン・ドイツ響とイエス・キリスト教会の響きに、完全にノックアウトされてしまいました^^)。

Andrew Manze
Solisten des Deutschen Symphonie-Orchesters Berlin

Johann Sebastian Bach: Sinfonia F-Dur
Johann Sebastian Bach: Contrapunctus XVIII aus der »Kunst der Fuge« (bearb. Andrew Manze)
Johann Sebastian Bach: Brandenburgisches Konzert Nr. 3 G-Dur
Bach / Webern: »Fuga a 6 voci« aus dem »Musikalischen Opfer«
Igor Strawinsky: »Dumbarton Oaks«
Johann Sebastian Bach: Orchestersuite Nr. 4 D-Dur

参考:
ベルリン・ダーレムのイエス・キリスト教会

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-12-25 17:48 | ベルリン音楽日記 | Comments(4)
Commented by bach!! at 2007-12-30 02:48 x
残念ながら私は聴けませんでしたが、この記事から素晴らしいコンサートの様子が目(耳?)に浮かびます。イエスキリスト教会ごとマンツェ/ベルリン・ドイツ響の来日が待たれます!!(笑) 
私は、その日はバッハ/クリスマスオラトリオを初演の場所(ライプチヒのニコライ教会)で聴き、さらに23日にはフィルハーモニーベルリン、24日にはドレスデン・フラウエン教会、25日はマリエン教会でバッハを堪能できました。教会で聴くバッハは最高ですね。私もドイツに住みたくなってしまいました。
Commented by berlinHbf at 2007-12-30 07:14
>bachさん
このコンサート、本当に運よく聴くことができたのです。bachさんもクリスマスオラトリオをたくさん聴けたようで、何よりです。教会で聴くバッハはまた格別ですよね。ホールとは違う雰囲気も大好きです。
Commented by bach!! at 2007-12-31 20:20 x
クリスマスオラトリオは、日本での第九のようにこの時期頻繁に演奏されているようで、ファンにとってはとても嬉しいです。(次のドイツ訪問までは、家にある20種類のLP、CD、DVDで我慢ですね)

教会では家族連れも多く、小さい子供も礼儀正しく聴いていてとても微笑ましく感心しました。小さい頃からバッハに親むことができて羨ましいですね。

日本での教会コンサートはほとんど知りませんが、神戸松蔭女子大学のチャペル(小さいですが)ではバッハコレギウムジャパンがカンタータ全曲演奏のシリーズをやっているらしいので、一度聴きに行こうと思っています。

この度はいろいろお世話になりました。どうぞよいお年をお迎えください。
Commented by berlinHbf at 2008-01-02 07:40
>bachさん
クリスマスオラトリオが本当にお好きなんですね!
私は昨年はベルリン放送響の演奏で聴きましたが、特に合唱が出色の出来だったと思います。充実したドイツ滞在だったようで何よりです。またいつでもお書き込みくださいね。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング