ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

お気に入りブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

タカーチ四重奏団のヤナーチェク他

e0038811_893370.jpg
数年前にベートーヴェンの後期弦楽四重奏曲のCDを聴いて以来、一度ライブで体験したいと思っていたハンガリーのタカーチ弦楽四重奏団を聴く機会がついにやって来ました。プログラムが決まった半年前から楽しみにしていたコンサートです(20日。コンツェルトハウス小ホール)。
e0038811_834251.jpg
冒頭のモーツァルトはいい意味で予想を裏切られた感じでした。CDで聴いたときはどちらかというと「シャープで洗練された響きのグループ」という印象だったのですが、聴こえてきたのは実に濃厚でロマンチックなモーツァルト。音の最後までしっかりビブラートをかけ、彼らが1つ1つの音をとても大切にしていることがすぐにわかります。モーツァルトにしては珍しい短調で書かれた作品ということもあったのかもしれませんが、むせぶような切々と迫ってくる演奏でした。
e0038811_8165135.jpg
次のヤナーチェクのカルテット第2番「ないしょの手紙」は、第1番の「クロイツェル・ソナタ」と並んで、私を魅了してやまない音楽の1つ。チェコの作曲家ヤナーチェクがこの曲を書いたのは、1928年の1月から2月にかけてで、当時73歳だった彼が想いを寄せていた37歳の人妻カミラとのいわば「不倫愛」から生まれた音楽です。ヤナーチェクはその半年後の8月に突然の死を迎えることになるので、人生の最晩年の作品ということになりますが、実に不思議な音楽なのです。まず、全体にみなぎる異常なまでの「熱さ」は、一体どこから来るのか。テンポは目まぐるしく変わり、幻想の中をさまよっているような静かなふしがあるかと思えば、突然爆発的な感情のほとばしりが襲います。ヤナーチェクが最初に考えていた曲のタイトルが「ラブレター」だったことを思うと、この強烈な音楽の背景にあるものもそれなりに理解できるのですが、人生の終焉が近付いている人の書く作品とはとても思えません。形式はあるようでないようでありながら、4つの楽章を聴き終えた頃にはがっちりと1つの枠の中に納まった印象を受けるのも不思議。CDで聴いても面白い音楽ですが、ライブで聴くと4つの楽器のやり取りが見た目にも一段と刺激的で、しかもそれがタカーチのものすごい技術と集中力の中で交わされるものだから、まさに息つく暇がありません。

休憩の後にドヴォルザークの「アメリカ」。耽美的なまでのモーツァルトとちょっとエキセントリックなヤナーチェクを聴いた後だと、ドヴォルザークの音楽というのはいい意味で中庸というか、それでいて豊かな歌とリズムにも事欠かず、前半よりもリラックスして楽しむことができました。この人の音楽も大好きだなあ・・・。

アンコールはショスタコーヴィッチが25歳のときに書いたという「ポルカ」。ユーモアと諧謔味にあふれた小品で、メンバーもここぞとばかりそういう面を強調するものだから、お客さんからも笑いがもれます。小さなホールでタカーチ四重奏団の響きに浸れる、まことにぜいたくな時間でした。

今日(土曜日)はフィルハーモニーの室内楽ホールで、タカーチと並んで現代屈指のカルテット、ハーゲン四重奏団が(偶然なのか?)ヤナーチェクとモーツァルトの全く同じ曲を演奏します。個人的にはタカーチとの聴き比べも楽しみで、興味のある方には強力におすすめしたいと思います。

DI 20.11.07 | 20:00 Uhr | Kleiner Saal
Takács Quartet

Wolfgang Amadeus Mozart Streichquartett d-Moll KV 421
Leos Janácek Streichquartett Nr. 2 ("Intime Briefe")
Antonín Dvorák Streichquartett Nr. 12 F-Dur op. 96 ("Amerikanisches")

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-11-24 00:32 | ベルリン音楽日記 | Comments(6)
Commented by Til at 2007-11-25 06:07 x
まさとさんの音楽に向ける眼差しは、ステキですね。
なんだか、無邪気な子供のような、情熱的な大人(大人ですけど。。)のような。

純粋に楽しめた様子がうかがえますね。
Commented by berlinHbf at 2007-11-25 09:09
>Tilさん
いつも新鮮な気持ちで音楽を聴くというのは、なかなか難しいものです。受けた感動を言葉にして人に読んでもらうのは、もっと難しいかも・・・
Commented by shio at 2007-11-26 14:04 x
音楽を聴いて笑いがもれる。。。なんだか高度な感じ~!
でも、そんなふうに音楽をつかめたら面白そう!
ヤナーチェクとショスタコーヴィチ、聴いてみたくなりました♪
Commented by berlinHbf at 2007-11-27 23:17
>shioさん
>なんだか高度な感じ~!
そんなことありません。shioさんもあの場にいたら、つい笑ってしまうと思いますよ。どちらもおすすめの曲です。
Commented by zaichik at 2007-11-29 04:50 x
行けなくて本当に残念です!
また良いコンサートがあれば教えて下さいね。
今、本当に忙しくてゆったりと音楽を楽しめる状況でないのが悔やまれます。
Commented by berlinHbf at 2007-11-29 08:40
>zaichikさん
先日は残念でしたね。
なんだかとてもお忙しいようですが、またロシアものとかのいいコンサートがあったら行きましょう。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング