ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

「がんばれ、ブランデンブルク州!」(塚本晶子著)

e0038811_3192731.jpg
前回、「ベルリンの壁崩壊」というおそらく今後も語り継がれるであろう輝かしい歴史の瞬間について書きましたが、18年後の現在、ベルリンとその周辺地域を覆う現実は、かなり厳しいものがあるのは確かだと思います。実際、旧東ドイツ地域に関するニュース(特に日本語を通して伝わるもの)には、ほとんど明るい話がありません。「教育水準の高い東出身の若い女性がどんどん西側に流れている」、「アンケートによると、再び壁が建設されることを望んでいる人がこれだけいる」、「ネオナチが台頭し、社会に不安の影が射している」等々。なるほど、それらは確かに事実かもしれません。でもだからといって、そういう暗い話ばかりが現実ではないだろうと、大雑把な報道の仕方に突っ込みを入れたくなるときがあります。

では、私が「新しい連邦州」と呼ばれる旧東ドイツ地域、もっと限定してベルリンの周辺地域の現実をどれだけ知っているかというと、正直心もとないのです。いくら巨大な負債を抱えていても、ベルリンは「ドイツの首都」という(ある意味)特権的な立場にあり、ここにずっといると、周辺の地域がやや見えにくくなるのは事実。相変わらず新しい建物はぼんぼん建っているし、一体この街のどこがそんなに貧乏なのかということさえ、時によくわからなくなります。

前置きが長くなりましたが、ベルリンを取り囲むブランデンブルク州のいまを知るための実に心強い1冊が出版されました。「がんばれ、ブランデンブルク州!」(作品社)という本です。筆者、塚本晶子さんは私の友達で、同じクロイツベルクに住むご近所さんでもあります。もともと旧東ドイツに全く興味がなかったという彼女は、ベルリンに来て出会ったパートナーがブランデンブルク州出身ということもあってこの地域に興味を抱くようになり、現在はフンボルト大学でジェンダー学とヨーロッパ民俗学を専攻しています。休みの度にブランデンブルク州のあちこちに自転車を持って出かけているという話は去年から聞いていましたが、あれよという間に1冊の本にまとめてしまいました(本と同名の彼女のブログはこちら)。
観光地でないブランデンブルク州は、予備知識なしで訪れると何も「見えない」ところです。しかしそれは「何もない」とは違います。この本では、街があり、歴史があり、人々の暮らしがある、私が「見た」ブランデンブルク州をご紹介します。
と前書きにある通り、この本では「旧東ドイツの過去の悲劇」をことさら強調するのでもなく、ましてやアンケートや統計を整理しただけでもなく、彼女が実際に目で見て歩いたブランデンブルク州の現在が非常に地に足の付いた形で描かれています。

本ではまず、ブランデンブルク州の自然や人々、周辺地域を含めた基礎知識、旅する際の実用的な情報などが取り上げられます。続く「DDRを感じる旅」という章で紹介される「製鉄所の街アイゼンヒュッテンシュタット」と「石油コンビナートの街シュヴェート」は、まさにDDRと共に栄え衰退していった街ですが、私はこの本を読んで大変興味を持ちました。近いうちにぜひ行ってみたいと思ったほどです。

州南部に住む少数民族ソルブ人の話も関心を誘いますし、ベーリッツの特産品シュパーゲル(白アスパラ)についてもしっかり取り上げられています。かつての炭鉱地帯ラオジィッツの人口湖開発計画はヨーロッパ最大の地域開発事業と言われているのだとか。石炭採掘に使われたF60という宇宙ステーションのような超巨大マシンにはまさに唖然としました(こちらを参照)。

かつて、ブランデンブルク州はプロイセン王国の時代に、歴史の表舞台に立ったことがあります。この本ではあえて取り上げられていないポツダムのサンスーシ宮殿以外にも、プロイセン時代の宮殿が意外と残っていることを知りました。第11章の「Cゾーンの旅」では、ベルリンから気楽に訪れることのできるスポットが紹介されています。

本文の読みやすさも見逃せません。ブランデンブルクというと、ベルリンの「ブランデンブルク門」やバッハの「ブランデンブルク協奏曲」のイメージしかないという(私を含めた)多くの人も、まず間違いなく最後まで読み通せると思います。

ベルリンが好きという旅行者にはリピーターが多いような気がします。確かにベルリンだけでも何日と費やす価値はありますが、ときには市内を少し離れてみるのはいかがでしょう。それによって、ブランデンブルク州の海に浮かぶベルリンという島も、また違った風に眺められるかもしれません。本書はそのためのよきガイドとなるはずです。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-11-12 20:03 | ベルリンを「読む」 | Comments(16)
Commented by ウーランド村 at 2007-11-13 16:24 x
へえ、面白そうな本ですね。私も買って読んでみようっかな。。。
私の職場が元東ドイツ出身者が大半を占めてるのもあって、東ドイツ関係には興味があります。
Commented by paukenschlagzeu at 2007-11-13 16:59 x
こんにちは。アマゾンで昨日届いたところです(初版第1刷!)。東側だったところに数ヶ月ですが居る機会のあった私にはとても興味深い本だと思っています。旅行代理店のパンフレットにはけして出て来ないほうの(旧東)ドイツですが、魅力はたっぷりなんだろうと思います。早く帰って読もうっと。
Commented by la_vera_storia at 2007-11-13 18:29 x
この本の存在は知りませんでした。是非読んでみたいと思います。
私からも2冊、興味深い本を紹介いたしておきます。
http://books.yahoo.co.jp/book_search/author?author=%BA%D8%C6%A3%B1%CD%BB%D2
この2冊の本の著者、斎藤瑛子さんは長く東ベルリンに住んでいらっしゃった方です。この2冊の本の貴重な点は、あくまでも日本人的な感性であのDDRという国での生活、そしてその滅亡と人々の意識の変化を描いている点です。1983年の書かれた最初の本(「東ドイツの日常から」)から2冊目の本(「東ドイツへのレクイエム」)に至る斉藤さんの心の揺らぎ、心境の微妙な変化...それにご注目下さい。斉藤さんの書いているDDRという国について、私自身は幾分別の意見も持っていますが、しかしあの国(&東ベルリン)について「皮膚感覚」としては私が共感する点が非常に多いです。強くお薦めいたしておきます。
Commented by KIKI-Brandenburg at 2007-11-14 05:46
著者でございます。

紹介してくれてどうもありがとう!!
一体どんな風に書かれるんだろうと、ドキドキしてたんだけど(^^;)、こんなに上手にまとめてくれるとは、まさとさんさすがプロ☆

何かと暗いイメージが付きまとう旧東ドイツだけど、噛めば噛むほど味がある、面白い土地だと思います。ブランデンブルク州なら、ベルリンから日帰りで出かけられるし、観光地化されていないところを探検する楽しみというのがあるし。

私の「フィールド」、ブランデンブルク州。鈍行電車にゴトゴト揺られ、チャリでせっせと周って、現地の人と接した、思い入れたっぷりの土地です。この地が好きだから、「ネオナチと失業」しか出てこない、日本における旧東ドイツの扱いに一石を投じたかったんです。ブランデンブルク州に対する私の愛が詰まった(笑)一冊、ぜひ読んでください。
Commented by at 2007-11-14 19:54 x
私も早速買ってみようと思います!
私の知人のドイツ人はみんな西出身なので、東のことは分からないことだらけです。。。
じっくり読ませていただきたいと思います。
Commented by キートス at 2007-11-15 05:41 x
お友達なんですか?!!いやー、感動しますね。あの本、東京の本屋さんで見かけました。こういうの、本当は旧西ドイツの人に書いて欲しいです。それから、ドイツ語に翻訳すれば、とも思いました。ところで、Reinald Grebeっていう人、知ってますか?Kabarettistであって、名作は"Brandenburg"という歌。ドイツ語お分かりなので、youTubeでご覧ください:
http://www.youtube.com/watch?v=v1p0neclHpo (歌詞に関するご質問には応じます・・・)
ドイツ人(特にベルリン人?)が、Brandeburgに対する偏見を非常に上手く描いてます。シュヴェートも登場します。歌詞は、ベルリナーな僕はゲラゲラと笑えます。
旧西ドイツの人の、旧東ドイツに関する知識は、無さ過ぎます。しかし最近は、丁寧にDDRの歴史を研究し、伝えようとする人もいますね。その代表は、Das Leben der Anderenという映画ですね。僕大好きです。祖父母は東ベルリンに住んでいて、父親はMauerの亡命者で、父をStasiがスカウトしようとしたため、Stasiファイルにも登場する僕ですが、Ostalgieには絶対にのれませんが・・・
デュッセルドルフに出張中のキートスより。
Commented by berlinHbf at 2007-11-15 07:30
>ウーランド村さん
ウーランドさんのような職場で働いている方にとっては、きっと面白く読める本だと思いますよ。欲しい際は僕に直接言ってください。
Commented by berlinHbf at 2007-11-15 07:35
>paukenschlagzeuさん
早速買ってくださったんですね!paukenschlagzeuさんが滞在されていた街は、ザクセン・アンハルト州にあたるでしょうか?でもブランデンブルク州とはお隣同士ですし、読んで感じるところの多い本ではないかと思います。
Commented by berlinHbf at 2007-11-15 07:38
>la_vera_storiaさん
斎藤瑛子さんの本のご紹介、ありがとうございます!
強く興味を抱きました。廃刊中だとは思いますが、何とか手に入れて読んでみたいです。
Commented by berlinHbf at 2007-11-15 07:42
>KIKIさん
いえいえ、こんなので喜んでもらえたのならよかったです。
ブランデンブルク州はまさにドイツの秘境ですよね。自分としてはまず、アイゼンヒュッテッンシュタットとF60、「レトロな路面電車」あたりから攻めてみたいと思っています^^;)
Commented by berlinHbf at 2007-11-15 07:49
>鮭さん
そのうち東出身の人にも出会うことになるでしょうし、読んでおいて損にならない本だと思いますよ。
Commented by berlinHbf at 2007-11-15 07:59
>キートスさん
東京の本屋さんで見かけましたか!もし興味があったら僕に言ってくださいね。

Reinald Grebeのあの歌は、実は一度友達の家で見せてもらったことがあるのですが、僕の理解不足であんまりたくさんは笑えませんでした・・・どうせなら笑いたいので、また聴きなおしてみます。

>旧西ドイツの人の、旧東ドイツに関する知識は、無さ過ぎます。
やはりそうですか。昨日も知り合いの西ベルリン出身のご夫婦と東の話題になったんですが、やはりネガティブなことばかりおっしゃっていました。

>父をStasiがスカウトしようとしたため、Stasiファイルにも登場
>する僕ですが
えっ本当に?キートスさんにインタビューさせてもらったら、すごい話が聞けそう・・・。機会があったらよろしくお願いします(笑)
Commented by pauken at 2007-11-15 11:15 x
いつも最後のgが入らないので、paukenにしました(オケではschlagzeugも演奏していますが)。ザクセン・アンハルト州もなかなかどうしてディープだと思います。33ページの「コロン畑」はベルリンからDBで移動する車窓からみた風景と同じでした。懐かしー!。一説ではネオナチの巣窟と言われて、ハンドボールの試合の日に酔ってトラムを揺するファンを見て「これかな?」と思い、エルベを渡って散歩に行けば周囲の見る目が気になり、と西では味わえない空気を感じました。もっと探検しておくべきでした。今からでも遅くないですよね?。
Commented by KIKI-Brandenburg at 2007-11-16 01:08
>キートスさん

ライナルト・グレーベの「ブランデンブルク」について、私のブログで取り上げました。よければご覧ください。
Commented by berlinHbf at 2007-11-16 07:53
>paukenさん
「コロン畑」というのは、面白い命名ですよね。私はあんまり意識して畑とかを見たことがありませんでした。あの本を持って旅したら、車窓からでもいろいろな発見がありそうです。paukenさんもぜひまた探検してください!
Commented by berlinHbf at 2007-11-16 07:54
>KIKIさん
早速あの歌を取り上げてくれて、しかも訳までしてくれて、まさに感涙ものです!ポーランドから帰って来たらじっくり聴きます。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング