ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

修復中の新博物館が一般公開

e0038811_21415927.jpg
9月末の週末、修復工事中の新博物館(Neues Museum)が一般公開され、3日間で2万5000人もが訪れました。同館は世界遺産に登録されている博物館島の一角にあり、元々は1843年から55年にかけて、著名な建築家シンケル(Schinkel)の弟子シュトゥーラー(Stüler)の設計によって建てられました。しかし第二次世界大戦で建物の70%が破壊され、東ドイツ(DDR)時代は、博物館島の5つの博物館の中で唯一廃墟のままさらされていたと言います。それにしても、修復中の建物の内部を公開するというのは、ベルリンでもかなり異例のこと。どういう背景があったのでしょうか。

それは、同館の再建プランと大きな関係があるようです。再建を手がけるイギリスの建築家チッパーフィールド(Chipperfield)による基本コンセプトは、「戦争で傷を受けた部分を目に見える形で残し、古い部分と新しい部分とを組み合わせる」という「歴史への誠実性」に基づくものなのですが、オリジナル通り忠実に修復するべきだという人々と真っ向から対立し、市民団体による反対運動は今年になって激しさの度合いを増してきました。同じくチッパーフィールド設計で、新博物館前に建つ予定の博物館島への総合入口ホールも、賛否両論の的となっています。そういう状況の中で、同館の内部公開に踏み切ることは、文化財団側にとっても自然な流れだったのかもしれません。私が訪れた日も長い行列ができるほどの注目度でしたが、入口付近ではやはり反対運動の署名活動が行われていました。

e0038811_21422419.jpg
さて、期待とともに中に入ると、入口付近の階段ホールは、むき出しのレンガの壁とまっさらなコンクリートの階段が強烈なコントラストを成しており、担当者の説明を熱心に聞く人々の姿が目立ちました。またモデルネ・ザール(Moderner Saal)と呼ばれるホールでは、天井部分はコンクリート、柱の装飾はオリジナルの部分と修復した部分とがはっきり見分けられるようになっています。
e0038811_2148526.jpg
さまざまな意見はあるでしょうが、内部を一巡してみて、オリジナルの再現に忠実な博物館とは一味違う面白さを感じたのは事実です。ただ、最終的にどういう感じに仕上がるのか、それはやはり完成を待つしかありません。新博物館の再オープンは2009年10月に予定されており、古代エジプト美術と先史時代のコレクションが収められることになっています。
(ドイツニュースダイジェスト 10月26日)


せっかくなので写真をもう何枚かアップしましょう。
e0038811_21565555.jpg
この手の無料体験イベントには毎回格別の関心を示すベルリーナーの行列。正面は旧ナショナルギャラリー。

e0038811_21571519.jpg
ギリシャ・ザール(Griechischer Saal)では、修復作業に携わっているスタッフの写真パネルが展示されていました。

e0038811_21573412.jpg
赤が鮮やかなニオビデン・ザール(Niobidensaal)。

e0038811_21575486.jpg
美術修復の現場はこんな感じ。

e0038811_21595639.jpg
ここは公開されていませんでしたが、帰り際ちらっと外から見えた真っ白なホール。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-10-25 15:18 | ベルリン文化生活 | Comments(6)
Commented by Ken at 2007-10-25 23:29 x
こういう、今しか見られないものが見られる環境はいいなあ!
世界の大都市でもベルリンと北京くらいではないでしょうか、
こんな新旧のせめぎあいが白熱してるのは。
Augenzeuge、応援してます。
Commented by berlinHbf at 2007-10-26 04:01
>Kenさん
そうですね、新旧のせめぎあいは確かにこの街では白熱しています。北京と比較したらかなり面白いかもしれませんね。
Commented by Til at 2007-10-26 15:15 x
>「戦争で傷を受けた部分を目に見える形で残し、古い部分と新しい部分とを組み合わせる」
興味深いですね。

完成が楽しみですね。
でも、この修復中の建物の内部を公開するというのは、とても良いアイデアですよね。
Commented by grappa-tei at 2007-10-27 11:18
昨年訪れた博物館島、すべてに圧倒されました。中でもペルガモン神殿。ネフェルティティの美しさにも魅了されましたっけ。こうした途中の段階で、見学させるという趣向、素晴らしいですねー。いかにもドイツ人的とでも言うのでしょうか。日本でも真似るといいのですが、多分ないでしょうね。日本人の性格からして。
Commented by berlinHbf at 2007-10-29 20:27
>Tilさん
>「戦争で傷を受けた部分を目に見える形で残し、
以前ご紹介したことのあるボーデ博物館とは対照的ですね。この街らしいコンセプトで僕はいいと思います。
Commented by berlinHbf at 2007-10-29 20:32
>grappa-teiさん
ネフェルティティはそのうち新博物館で見られることになると思いますよ。

>多分ないでしょうね。日本人の性格からして。
そうですかね。こちらでは工事中だけでなく、時には解体中の建物まで見せものにしてしまいますから。特に公共の施設のオープンな姿勢には、日本も学んでいいのではと思います。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング