ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

お気に入りブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

カイザー・ヴィルヘルム記念教会の鐘の音

e0038811_23343977.jpg
Kaiser-Wilhelm-Gedächtnis-Kirche

ドイツニュースダイジェストでこの9月から、「ベルリン 音のある街」という新連載を月1で持たせていただくことになりました。紙面のスペースから掲載できなかった写真も含めて、ここに転載します。「音のある街」というちょっと不思議なタイトルにしたのは、ホールや劇場で奏でられる音楽だけでなく、ひょっとしたら音楽とは言えないかもしれない音も含めて、もうひとつのベルリンを描いてみたいと思ったからです。
e0038811_058478.gif

ヨーロッパの響きというと、私はまず教会の鐘の音を思い浮かべる。それは除夜の鐘に代表されるようなお寺の単音の鐘と決定的に異なり、音の高さの異なる複数の鐘が同時に鳴り響く本質的にポリフォニック(多声的)な世界である。初めてヨーロッパを訪れた際、知らない街で聞いた教会の鐘の音は、自分がいま異文化の地にいることを心から実感させてくれた。

さて、ベルリンに数ある教会の中で私の最も好きな鐘の音は、カイザー・ヴィルヘルム記念教会のものである。にぎやかなクーダムの通りを歩いていて、ふとあの壮大ともいえるハーモニーが聞こえてくると、ときには立ち止まって聞き入ってしまう。戦争の惨禍を今に伝えるこの教会の鐘の響きは、私にはベルリンという街の音を何か象徴しているように思われてならない。「ベルリンと音、あるいは音楽」をテーマにしたこの新しい連載は、まずここから始めることにしたい。簡単にこの教会の鐘の歴史をひも解いてみよう。1895年の教会設立当時のオリジナルの鐘は、実はプロイセンがその前の普仏戦争で戦利品として獲得した大砲を溶かして作ったものだった。5つの鐘の中には当時ドイツで最大の鐘もあったというから、一体どんな響きがしたのだろうか。しかし、第2次世界大戦がこの教会の運命を根こそぎ変えてしまう。当時ほかの多くの教会でそうであったように、銅の鐘は武器に作り変えるため再び溶かされ、教会自体も1943年11月23日の連合軍の爆撃によって、一夜にして廃墟と化してしまったのだ。

e0038811_23383164.jpg
戦後、破壊された教会を取り壊すか保存するかで激しい議論が繰り広げられた結果、エゴン・アイアマンの案が採用されることになった。戦争への警告碑として残された廃墟の塔屋部を囲むようにして、八角形の教会堂と六角形の幾何学的な塔が新たに建てられた。6つの新しい鐘は、この細長い塔の上部3段に分けて吊り下げられている。中でも5600キロの最大の鐘には、「街は焼け落ちた。だが、私の救いはいつまでもすたらない。私の正義が終わりを迎えることはないだろう」という旧約聖書のイザヤ書の一節が刻まれているのが象徴的だ。

e0038811_234303.jpg
同教会のマルティン・ゲルマー牧師によると、この鐘の響きから受けた感銘を伝えてくる人は少なくないという。また毎週金曜日13時からの和解の祈りは、「今お聞きになったあの鐘の音が平和の祈りへと誘います」と、訪れた人々に語りかけてから始めるのだそうだ。

記念教会の鐘が鳴るのは、毎日13時、17時半、18時のそれぞれ約8分前から。日曜日は礼拝の始まる10時と18時の2回。通常は5つの鐘のみで、6つ全部が鳴らされるのはクリスマスや復活祭など特別な祝日に限られるのだという。実際に鐘を鳴らすところも見せていただいたが、壁に設置された6つのスイッチを順々に押していくだけだったのは少々意外だった。ベルリンを訪れる際は、平和への願いが込められたこの遥かなる響きにしばし耳を傾けてはいかがだろう。
(ドイツニュースダイジェスト 9月7日)

この記事を読んで、記念教会の鐘を聞いてみたいと思った方へ:
こちらの教会のHPにアクセスしてください。ページの一番下の"Glockengeläut der alten Kirche"の傍線の箇所をクリックすると戦前の鐘の音が、そしてページ上の"Glockengeläut der neuen Kirche"をクリックすると、現在の鐘の音を一部聞くことができます。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-09-10 17:43 | ベルリン音のある街 | Comments(14)
Commented by Ken at 2007-09-11 00:52 x
フライブルクからの夜行列車でツォー駅に着いて、
最初に見に行ったのがこの教会でした。教会内部の青い光と
Spendeのための赤いリンゴのことを思い出しました。
「青い空間に赤いもの」というのが印象的だったのです。

>壁に設置された6つのスイッチを順々に押して
ホントに意外ですね。まさか今日日、人力とは思わなかったけど。。。
でもフライブルクのミュンスターの鐘も自動で鳴ってたなあ。
Commented by Puku at 2007-09-11 05:52 x
「ベルリン 音のある街」  音楽にかかわる私にはとってもとっても楽しみです~~♪ HPから昔と今の鐘の音を聴きました。
昔のひくい落ち着いた音も素敵ですね。
これから私もきっとそれぞれの教会の鐘の音の違いに耳を澄ましそうです。
私も未だに教会の鐘の音は大好きですが、日本からたまに来る母はいつもものすごく感動しています。なじみがないもんね。
Commented by Kaorintan at 2007-09-11 08:19 x
新連載とても楽しみです。そういう切り口もいいですね♪
教会の鐘の音ですが、数年前に訪れた時に偶然聞くことができました。
心が清くなっていくような気がします。
Commented by KIKI at 2007-09-11 17:38 x
数日前にミュンヘンのレストランでこの記事の載ったニュースダイジェストを見つけて読んだよ!ニュースダイジェストって初めて見たけど、結構いろいろ載ってておもしろいね。
「音のある街」かー、いいじゃない、いいじゃない。楽しみにしてるよ。
Commented by berlinHbf at 2007-09-12 07:26
>Kenさん
新しい教会堂のブルーは本当に印象的ですよね。はじめてだったらなおさら印象も強かったことでしょう。

鐘は毎回手動で鳴らされるのとも思っていませんでしたが、まさかスイッチを下ろすだけだったとは・・・ちょっとばかり夢が打ち砕かれたような気分でした^^;)
Commented by berlinHbf at 2007-09-12 07:34
>Pukuさん
ご感想ありがとうございます。これからどういう展開になるか、自分自身この連載をとても楽しみにしています。鐘の音というのは、ちょっと意識して聴くといろいろな発見がありそうですね。自分のアパートにも届く近所の教会の鐘は、単音で素朴な響きがします。日本のお寺の鐘にもまたじっくり耳を澄ましてみたいですね。
Commented by berlinHbf at 2007-09-12 07:46
>Kaorintanさん
ありがとうございます。ドイツの街には、他にも荘厳な響きの鐘はいくつもあることでしょうね。知らない街を訪れる際の楽しみのひとつになりそうです。
Commented by berlinHbf at 2007-09-12 07:50
>KIKIさん
お仕事お疲れ様です^^)。
ニュースダイジェスト初めてでしたか!最近は全編カラーになり、内容も充実してきているようです。僕もそれにいくらかでも貢献できればと思っていますが。
せっかくなのでミュンヘン生活、楽しんできちゃってください。
Commented by gramophon at 2007-09-12 11:06 x
職場の真ん前でしたから、Kantineからもよく聞こえました。しかも、仕事前の挨拶代わりでしたので、賄いの思い出に直結してしまいます。

「音のある街」楽しみです。
Commented by at 2007-09-12 11:18 x
前回行ったときに、偶然聞きました。
Currywurstを食べながら聞き入ってしまいました。
連載も楽しみにしていますね。
Commented by berlinHbf at 2007-09-17 19:38
gramophonさんの元職場からは、確かにあの鐘がよく聞こえたでしょうね。あれを日常的にずっと聞いていたら、私だったらいつか夢の中にも出てきそうな気がします。思い出と共に。
Commented by berlinHbf at 2007-09-17 19:43
>鮭さん
コメントのお返事遅くなりました。
この連載を始めることで、自分自身ベルリンのもっといろいろな音に耳を傾けられそうな気がします。
Commented by at 2007-09-17 23:27 x
スウェーデンからお帰りなさい!
ベルリンの音ってきっと様々ありますよね。
私が印象に残っている音は、この間泊まったホテルから夜も聞こえるS-Bahnとトラムの音でした。
最初はうるさいな〜って思ってたけど、終わりの方ではあると安心してしまう音になっていましたね。
そういう普段の些細な日常の中にある音も面白いですね。
Commented by berlinHbf at 2007-09-19 08:42
>鮭さん
ベルリンの電車の音は、なんか独特ですよね。
特にUバーンは線路も古いので、カーブで「キキキー」とすごい音を立てる箇所がありますが、妙に耳に残ります。

そんな音についても、いずれ取り上げることがあるかもしれません。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング